③創造目的

602
-1

Published on

被造物の創造が終わるごとに、神はそれを見て良しとされた、と記録されている創世記1章4節~31節のみ言を見れば、
->神は自ら創造された被造物が、善の対象となることを願われたことが分かる
->このように被造物が善の対象になることを願われたのは、神がそれを見て喜ばれるためである。

それでは、被造物がいかにすれば、神に一番喜ばれるのであろうか。
->神は万物世界を創造されたのち、最後に御自分の性相と形状のとおりに、喜怒哀楽の感性をもつ人間を創造されたのち、生育せよ、繁殖せよ、万物世界を主管せよと言われたのである。(創1:28)
->それで人間がこの三大祝福のみ言に従って、神の国、すなわち天国をつくって喜ぶとき、神もそれを御覧になって、喜ばれるということはいうまでもない。

神の三大祝福は、創造の根本基台である四位基台が成就された基盤の上でのみ成就されるのである。
それゆえに、神が被造世界を創造なさった目的は、人間をはじめ、すべての被造物が、神を中心として四位基台を完成し、三大祝福のみ言を成就して、天国をつくることにより、善の目的が完成されたのを見て、喜び、楽しまれるところにあったのである。
それゆえに、人間を中心とする被造世界が存在する目的は、神を喜ばせることであった。

->すべての存在は二重目的をもつ連体である。
->すべての存在の中心には、性相的なものと、形状的なものとの二つがあるので、その中心が指向する目的にも、性相的なものと形状的なものとの二つがある。
->性相的な目的は全体のためにあり、形状的な目的はそれ自体のためにあるもので、前者と後者は、 ->原因的なものと結果的なもの、内的なものと外的なもの、主体的なものと対象的なものという関係をもっている。
それゆえに、全体的な目的を離れて、個体的な目的があるはずはなく、個体的な目的を保障しない全体的な目的もあるはずがない。

喜びは独自的に生ずるものではない。
->無形のものであろうと、実体であろうと、自己の性相と形状のとおりに展開された対象があって、それからくる刺激によって自体の性相と形状とを相対的に感ずるとき、ここに初めて喜びが生ずるのである。
->作家の喜びは、彼がもっている構想自体が対象となるか、あるいはその構想が、絵画とか彫刻などの作品として実体化して対象となったとき、その対象からくる刺激によって、自己の性相と形状とを相対的に感じて初めて生ずるようになる。

->神もその実体対象からくる刺激によって、神自体の本性相と本形状を相対的に感ずるとき、初めて喜びに満たされるのである。
->すなわち、四位基台の基盤の上で、三大祝福による天国が実現すれば、これがすなわち、神が喜びを感ずる善の対象になるのである。
そこで、これがいかにして神の喜びのための善の対象となるかを調べてみることにしよう。

神の第一祝福は個性を完成することにある。
->人間が個性を完成しようとすれば、神の二性性相の対象として分立された心と体とが、授受作用によって、合性一体化して、それ自体において、神を中心として個体的な四位基台をつくらなければならない。
-> 完成した人間は神の聖殿となり(コリントⅠ3:16)、神と一体となるので(ヨハネ14:20)神性をもつようになり神の心情

Published in: Spiritual
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
602
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 被造物の創造が終わるごとに、神はそれを見て良しとされた、と記録されている 創世記 1 章 4 節~ 31 節 のみ言を見れば 、 -> 神 は自ら創造された 被造物 が、 善の対象 となることを願われたことが分かる -> このように被造物が善の対象になることを願われたのは、神がそれを見て 喜ばれる ためである。
  • それでは、被造物がいかにすれば、神に一番喜ばれるのであろうか。 -> 神 は 万物世界 を創造されたのち、最後に御自分の性相と形状のとおりに、喜怒哀楽の感性をもつ 人間 を創造されたのち、 生育せよ、繁殖せよ、万物世界を主管 せよと言われたのである。 (創 1:28 ) -> それで人間が この 三大祝福 のみ言に従って、神の国、すなわち 天国をつくって喜ぶとき 、神もそれを御覧になって、 喜ばれる ということはいうまでもない。
  • 神の三大祝福は、創造の根本基台である四位基台が成就された基盤の上でのみ成就されるのである。 それゆえに、神が被造世界を 創造なさった目的 は、人間をはじめ、すべての被造物が、神を中心として 四位基台 を完成し、三大祝福のみ言を成就して、天国をつくることにより、 善の目的 が完成されたのを見て、 喜び 、楽しまれるところにあったのである。 それゆえに、人間を中心とする被造世界が 存在する目的 は、神を喜ばせることであった。
  • -> すべての存在は 二重目的をもつ連体 である。 -> すべての存在の中心には、性相的なものと、形状的なものとの二つがあるので、その中心が指向する目的にも、 性相的 なものと 形状的 なものとの二つがあ る。 -> 性相的な目的は全体のためにあり、形状的な目的はそれ自体のためにあるもので、前者と後者は、 -> 原因的なものと結果的なもの、内的なものと外的なもの、主体的なものと対象的なものという関係をもっている。 それゆえに、全体的な目的を離れて、個体的な目的があるはずはなく、個体的な目的を保障しない全体的な目的もあるはずがない。
  • 喜びは独自的に生ずるものではない。 -> 無形のものであろうと、実体であろうと 、自己の 性相と形状 のとおりに展開された対象があって、それからくる 刺激 によって自体の性相と形状とを相対的に感ずるとき、ここに初めて 喜び が生ずるのである。 -> 作家 の 喜び は、彼がもっている 構想 自体が対象となるか、あるいはその構想が、絵画とか彫刻などの 作品 として実体化して 対象 となったとき、その対象からくる 刺激 によって、自己の 性相と形状 とを相対的に感じて初めて生ずるようになる。
  • -> 神 もその実体対象からくる 刺激 によって、神自体の 本性相と本形状 を相対的に感ずるとき、初めて 喜び に満たされる のである。 -> すなわち、 四位基台の基盤の上で、三大祝福による 天国 が実現すれば、これがすなわち、神が喜びを感ずる 善の対象 になるのである。 そこで、これがいかにして神の喜びのための善の対象となるかを調べてみることにしよう。
  • 神の第一祝福は個性を完成 することにある。 -> 人間が個性を完成しようとすれば、神の二性性相の対象として分立された心と体とが、授受作用によって、合性一体化して、それ自体において、神を中心として 個体的な四位基台 をつくらなければならない。 -> 完成した人間は神の 聖殿 となり(コリントⅠ 3:16 )、神と 一体 となるので(ヨハネ 14:20 )神性をもつようになり神の 心情を体恤 することによって -> 神のみ旨を知り、そのみ旨に従って生活 をするようになる。
  • このように個性を 完成した人間 は、神を中心としたその 心 の実体対象となり、したがって、 神 の実体対象となる。 -> ここで、その心と神は、このような実体対象からくる刺激によって、それ自体の性相と形状とを相対的に感ずることができるので、 喜び に満ちることができるのである。 それゆえ 個性を完成した人間は、神の喜怒哀楽を直ちにそれ自体のものとして感ずるようになり、神が悲しむ犯罪行為をすることができなくなるので、 -> 絶対に堕落することがない。
  • -> 神 の第二祝福 を成就するためには、個性を完成した アダム と エバ が夫婦となり、 子女 を生み殖やし、 神 を中心として 、 -> 家庭的な四位基台 をつくらなければならないのである。 .
  • -> このように、四位基台をつくった 家庭や社会 は、個性を完成した人間一人の容貌に似るようになるので、これは、神を中心とした 人間 の実体対象であり、したがって、 神 の実体対象ともなるのである。 それゆえに、人間や神は、このような家庭や社会から、それ自体の性相と形状とを相対的に感ずるようになり、 喜び に満ちることができる。 -> したがって、人間が神の第二祝福を完成すれば、それ は 神の喜びのための 善の対象 となるのである。
  • 神の第三祝福 は、万物世界に対する人間の 主管性の完成 を意味 し、 人間 と 万物 が 合性一体化 することにより、 神 を中心とする 主管的な四位基台 が完成されなければならない 。
  • -> 神を中心とする 人間 は、その実体対象である 万物世界 からくる刺激によって、自体の性相と形状とを相対的に感ずることができるために、 喜ぶ ことができるのである。 -> そして、 神 は人間と万物世界とが合性一体化することによって、神の 第三対象である被造世界 によって、神自体の本性相と本形状に対する刺激的な感性を相対的に感じて、 喜び に浸ることができる。 -> それゆえ 人間がこのような神の第三祝福を完成すれば、それも神の喜びのための 善の対象 となるのである。
  • -> このように神の創造目的が完成されたならば、罪の影さえも見えない理想世界が地上に実現されたはずであって、 -> このような世界を地上天国という のである 。 -> 元来、人間は 地上天国 で生活して、肉体を脱ぐと同時に、霊界で自動的に 天上天国 の生活をするように創造されているのである。 -> 天国は 、 神 の命令が人類の 真の父母 を通して、すべての子女たちに伝達されることにより、みな 一つの目的 に向かって 動じ静ずる ようになるのである。
  • ③創造目的

    1. 1.
    2. 2. 被 善の対象 喜び ( 創 1 : 4 - 31 ) Ⅰ . 被造世界を創造された目的 神
    3. 3. 万物世界 三大祝福 ( 創 1 : 28 ) 生育 繁殖 万物主管 神の喜び 天国を実現 神 人間
    4. 4. 被 神の創造目的と被造世界の存在目的 創造目的 存在目的 <ul><li>四位基台 </li></ul><ul><li>三大祝福 </li></ul><ul><li>善の目的 </li></ul>喜び 神
    5. 5. 性相的目的 ( 全体 ) 形象的目的 ( 個体 ) 存 在 二重目的を もつ連体 原因的 · 内的 · 主体的 結果的 · 外的 · 対象的 存在の二重目的
    6. 6. Ⅱ . 神の喜びのための善の対象 対象 対象 無形 実体 自己 作家 構想 作品 刺激 喜び 刺激 喜び 性相 形状 性相 形状 性相 形状 性相 形状
    7. 7. 天  国 ( 三大祝福 完成 ) 刺激 喜び 神 善の対象 本性相 本形状
    8. 8. 『 神の第一祝福 : 個性完成 』 <ul><li>聖殿 ( コリントⅠ 3 : 16 ) </li></ul><ul><li>一体 ( ヨハネ 14 : 20 ) , 神性 </li></ul><ul><li>心情体恤 </li></ul>個体的な四位基台 神のみ旨に従って 生活 心 体 神
    9. 9. 絶対に堕落することがない 体 善の対象 実体対象 喜び 喜び 心 心 神 神
    10. 10. 家庭的な四位基台 完 · ア 完 · エ 『 神の第二祝福 : 家庭完成 』 神
    11. 11. 完 エ 善の対象 実体対象 喜び 喜び 完 ア 神 神 人間 家庭 社会
    12. 12. 主管的な四位基台 人間 万物 『 神の第三祝福 : 主管性完成 』 神
    13. 13. 人 万 善の対象 人 実体対象 喜び 喜び ( 第三対象 ) 神 神
    14. 14. 創造目的完成 一つの目的 : 動じ静ずる 天上天国 地上天国 肉身を 脱げば 神 子女 真の父母 子女 子女
    1. A particular slide catching your eye?

      Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

    ×