Amazon RDS for PostgreSQL ( JPUG 2014夏セミナー) #jpug

7,352 views

Published on

JPUG 2014夏セミナーで発表したAmazon RDS for PostgreSQL の資料。

Published in: Internet
0 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,352
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
142
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
15
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • http://www.ieice.org/iss/de/DEWS/DEWS2008/proceedings/files/d2/d2-4.pdf
  • 非常に安いサーバからラインナップしているからなんですね。
    一番安いので2円くらいです。
    今回SAPの本番機で利用できるのはこの上位のハイスペックなインスタンスのみになります。
    SAPもAmazonもSAPにはハイスペックなサーバが必要だと認識しています。

    どのくらいハイスペックか?
  • 確かに仮想サーバでマルチテナントだとIO性能が遅いという印象があるかと思います。
  • 安く売りたい、というDNAがある。ITの中ではユニークではないかと思います。


    今後この傾向は続くという流れです。
    今だけ値下げしているのではなくて、創業当時からこれは続けてきたモデルであり、
    このように少し変わったバックボーンを持ったポジションを持っています。
  • ちょっと偏った比較ですが、、、
  • SQL ServerのBYOL
    http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/SQLServer.Concepts.General.Licensing.html
    SA Software Assuaranceでカバーされた Volume License が必要。 License Mobilityプログラムで取り決められている。
  • SQL Serverは、標準からPIOPSへの変換は Export->Import?
  • 障害後切り替わる。
    復旧後、また同期状態に自動的に戻る。
  • 障害後切り替わる。
    復旧後、また同期状態に自動的に戻る。
  • 障害後切り替わる。
    復旧後、また同期状態に自動的に戻る。
  • データ容量は減らせないので、注意。
    DBによって最低容量が異なる。MySQL=5GB, Oracle=10GB, SQL=20/200GB
  • PostgreSQLは、1つのデータベースクラスタの中に複数データベースを持つことができますが、そのデータベース単位でのアクセス設定やユーザごとのアクセス設定はできません。
    Security Groupによるインスタンスごとのアクセス設定か、GRANT文によるスキーマ単位やテーブル単位でのアクセス設定で代替できないか考えましょう。
  • General Information FAQ
    Billing
    Reserved Instances
    Multi-AZ Deployments
    Hardware and Scaling
    Automated Backups and Snapshots
    Security and VPC
    DB Parameter Groups
    Provisioned IOPS
    Replication
    MySQL Database Engine
    Oracle Database Engine
    SQL Server Database Engine
  • Amazon RDS for PostgreSQL ( JPUG 2014夏セミナー) #jpug

    1. 1. 1 JPUG 2014 夏セミナー Amazon RDS for PostgreSQL アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 2014年6月21日 ソリューションアーキテクト 松尾康博
    2. 2. 2 Who am I? • 名前 – 松尾康博 ( @understeer ) • 所属 – アマゾンデータサービスジャパン株式会社 – ソリューションアーキテクト – ビッグデータ、HPCのお客様を担当 • 経歴 – 九州大学でスパコンの効率化研究 – SIerで 分散キューの開発・導入、分散処理研究 – Web系スタートアップCTO – SIerで仮想化基盤の研究・導入・運用 – 現職
    3. 3. 3 Solution Architect?
    4. 4. 4 PostgreSQLと私 • 6.x – FreeBSD 2.8-3.xの頃に読んでました – シーラカンス本は第2版から(にわか) • 7.x – 分散キューの永続化に使おうと、当時のJDBCドライバと格闘 – 分散キューの永続化を独自実装しようとして MVCC周りを読み漁る • 8.x – PostgreSQL分散化を企んで、部下を大学に送りこむ – 地図サービス案件でPostGISを実運用する • 9.x – RDSで初めて触るw
    5. 5. 5 Agenda AWS の概要 EC2とEBSのおさらい RDS for PostgreSQL まとめ 1 2 3 4
    6. 6. 6 アマゾンについて 創業:1994年7月 本社:米国ワシントン州シアトル 創業者&CEO:ジェフ・ベゾス 744.5億ドルの総売上高(2013年度) 2億1500万超のアクティブカスタマー(2013年10月時点)
    7. 7. 7 なぜアマゾンがクラウドを?
    8. 8. 8 コンシューマー ビジネス 1億を超えるアクティブな アカウント 8カ国で展開 : 米国, 英国, ドイツ, 日本, フランス,カナダ, 中国, イタリア セラー(売り手)様 向けビジネス アマゾンの ウェブサイト上で販売 自社小売ウェブサイトに Amazonの技術を利用 フルフィルメントセンター (物流センター)の活用 IT インフラ ビジネス ウェブスケールでの クラウド基盤の提供 190以上の国にて、 数十 万に及ぶ登録アカウント
    9. 9. 9
    10. 10. amazon.com, 1995 Copyright © 2012 Amazon Web Services
    11. 11. 世界最大のEコマースサイトに アメリカ カナダ 中国 フランス ドイツ イタリア 日本 スペイン イギリス 数十億の商品 1週間で5000万品の更新 amazon.com, today
    12. 12. 数十億アイテムの管理を支えるIT基盤が必要
    13. 13. AWSは Amazonの課題解決のために作り上げたITを 誰でもサービスとして利用できるようにしたものです。 一般的にはクラウドコンピューティングと呼ばれています 。
    14. 14. クラウドコンピューティングとは?
    15. 15. 15 発電機所有が差別化要因だった時代の終焉
    16. 16. 16 「発電機を持つ」ことは 差別化要因ではなくなった 「電気を利用してて何を創造するか」が 大きな差別化要因に。
    17. 17. 17 必要な資源を必要な時に必要な時間だけ利用 発電所 工場 送電線 電 気 データセンター インターネット IT部門 コ ン ピ ュ ー タ
    18. 18. 18 AWSの特徴 オンデマンドで、 必要な時に必要なだけ、初期投資ゼロ ワンクリックで、 数分後にはITリソースが手元に 貴重な人的リソースは、 インフラではなくビジネス成長に集中
    19. 19. 19 クラウドファースト ITインフラの導入を検討する際はまずクラウドでできないか考える 日経コンピュータ 2013年 1/24号 「クラウドファーストが常識に – ユーザ企業 100社の選択」 事例企業一覧(抜粋) ・ケンコーコム様(SAP on AWS) 対象:ECサイト、 SAP on AWS ・UMCエレクトロニクス様(SAP on AWS) 対象: SAP on AWS, Global 統合環境構築 ・あきんどスシロー様 対象: Corporate Web、BI/DWH、 ・ミサワホーム様 対象:人事、会計、SFA、BI/DWH、文書管理 ・東急ハンズ様 対象: ECサイト、POSシステム、基幹MD、AD …etc
    20. 20. 20 国内大手企業でのAWS本格活用が急速に加速 クラウドファースト、基幹系システム AWS最新事例:http://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies-jp/ SAP、ERP Web、マーケティング タブレット活用、特定業務 コンシューマーサービス
    21. 21. AWSクラウドの特徴
    22. 22. 22 様々なAWSのサービス EBS, S3, Glacier, Storage Gateway コンテンツ配信 CloudFront Route 53, Direct Connect と CloudTrail, Cloud Formation EC2, Auto Scaling, Elastic Load Balancing, Workspaces RDS, DynamoDB, Redshift, ElastiCache Elastic MapReduce, Kinesis, Data Pipeline アプリケーションサービス AppStream, Cloud Search, SWF, SQS, SES, SNS, Elastic Transcoder
    23. 23. 23 1 1 1 1 1 米国で、クラウドストレージ=Amazon S3 クラウド仮想サーバ=Amazon EC2のサービスを開始 仮想プライベートクラウドサービス=Amazon VPC RDBサービス=Amazon RDSを開始 世界で5番目のリージョンとして、 日本に東京リージョン(データセンタ群)を開設 RDS for PostgreSQL登場! 世界10か所のデータセンター群と、 50拠点を超えるエッジロケーション網で、 30を超えるサービスを提供中 AWS(Amazon Web Services)の歴史 2006年 2009年 2011年3月 現在 2013年11月
    24. 24. 拡大を続けるAWS グローバルインフラストラクチャー GovCloud 米国西部 米国東部 南米 EU アジアパシフィック 中国 US ITAR Region 北カリフォルニア オレゴン 北バージニア サンパウロ アイルランド シドニー 東京 シンガポール 中国 10 Regions (地域) | 26 Availability Zones(データセンター群) | 51 Edge Locations アカウント一つで世界中のデータセンターを利用可能 セキュリティーレベルは全て同じ 使い勝手も全て同じ
    25. 25. Gartner Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, May 28, 2014. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report. The Gartner report is available at http://aws.amazon.com/resources/analyst-reports/. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
    26. 26. S3 : 耐久性の高いオブジェクトストレージ • Amazon S3にバックアップ保存するだけで、 3ヶ所以上のDCに冗長化 • 容量無制限なのでディスクが足りなくなる心配なし • 月額 約3.3円/GBから提供 1 S3 S3 S3 データを 自動複製 リージョン 耐久性 99.999999999%
    27. 27. 27 Amazon EC2(Elastic Compute Cloud) • 数分で起動し、1時間ごとの従量課金で利用可能な仮想マシン • ノード追加・削除、マシンスペック変更も数分で可能 • 管理者権限(root / Administrator) で利用可能 1 任意のゾーンに 分散配置可能 リージョンアベイラビリティゾーンBアベイラビリティゾーンA
    28. 28. 28 AWSの親和性と利点の両立 技術の親和性 OS ミドル アプリ 仮想OS ミドル アプリ 仮想OS ミドルウェア アプリケーション ・・・・・・ PaaS ・・・・・・ SaaS アプリ ケーション 従量制課金と拡張性、迅速性 PaaS / SaaSお客様既存環境
    29. 29. 29 既存のOS/アプリ/ミドルウェアも利用可能 HTML5 × 開発言語フロントUI × ミドルウェア OS
    30. 30. 30 Amazon VPCによる ハイブリッド構成 クラウド内にプライベートネットワークを構築 既存DCの延長/1拠点としてAWSを利用 ほとんどのお客様が、AWSと既存環境のハイブリッド構成でご利用中 東京リージョン VPC ( 172.16.0.0/16)既存システム プライベート サブネット パブリック サブネット インターネット 分離したNW 領域を作成 ゲートウェイ VPN接続 専用線
    31. 31. 31 EC2インスタンスタイプ • 様々なスペックの仮想マシンを選択可能 128 64 32 16 8 4 2 1 1 2 4 8 16 32 64 128 EC2 Compute Units (ECU) Memory(GB) Small 1.7 GB 1 EC2 Compute Unit 1 virtual core $0.092/0.115 Micro 613 MB Up to 2 ECUs (for short bursts) $0.027/0.035 Large 7.5 GB 4 EC2 Compute Units 2 virtual cores $0.368/0.460 Extra Large 15 GB 8 EC2 Compute Units 4 virtual cores $0.736/$0.920 High-CPU Med 1.7 GB 5 EC2 Compute Units 2 virtual cores $0.190/$0.285 High-CPU XL 7 GB 20 EC2 Compute Units 8 virtual cores $0.760/$1.140 Cluster GPU 4XL 22 GB 33.5 EC2 Compute Units, 2 x NVIDIA Tesla “Fermi” M2050 GPUs $2.10/2.60 Cluster Compute 4XL 23 GB 33.5 EC2 Compute Units $1.60/1.98 Cluster Compute 8XL 60.5 GB 88 EC2 Compute Units $2.40/2.97 Medium 3.75 GB 2 EC2 Compute Unit 1 virtual core $0.184/0.230 Hi-Mem 4XL 68.4 GB 26 EC2 Compute Units 8 virtual cores $2.072/$2.280 Hi-Mem 2XL 34.2 GB 13 EC2 Compute Units 4 virtual cores $1.036/$1.140 Hi-Mem XL 17.1 GB 6.5 EC2 Compute Units 2 virtual cores $0.518/$0.570
    32. 32. 322006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 m1.small m1.xlarge m1.large m1.small m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small cc2.8xlarge cc1.4xlarge cg1.4xlarge t1.micro m2.xlarge m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small hs1.8xlarge m3.xlarge m3.2xlarge hi1.4xlarge m1.medium cc2.8xlarge cc1.4xlarge cg1.4xlarge t1.micro m2.xlarge m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small cc1.4xlarge cg1.4xlarge t1.micro m2.xlarge m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small c3.large c3.xlarge c3.2xlarge c3.4xlarge c3.8xlarge i2.large i2.xlarge i2.2xlarge i2.4xlarge i2.8xlarge g2.2xlarge cr1.8xlarge hs1.8xlarge m3.xlarge m3.2xlarge hi1.4xlarge m1.medium cc2.8xlarge cc1.4xlarge cg1.4xlarge t1.micro m2.xlarge m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small インスタンスタイプの歴史 AWSを開始した2006年より、様々な用途に応じた インスタンス タイプを随時追加し、利用可能 (2014年4月10日時点で34タイプ) 今後も新しいインスタンスタイプを追加予定 2014 r3.large r3.xlarge r3.2xlarge r3.4xlarge r3.8xlarge c3.large c3.xlarge c3.2xlarge c3.4xlarge c3.8xlarge i2.large i2.xlarge i2.2xlarge i2.4xlarge i2.8xlarge g2.2xlarge cr1.8xlarge hs1.8xlarge m3.xlarge m3.2xlarge hi1.4xlarge m1.medium cc2.8xlarge cc1.4xlarge cg1.4xlarge t1.micro m2.xlarge m2.2xlarge m2.4xlarge c1.medium c1.xlarge m1.xlarge m1.large m1.small
    33. 33. 33 AWS HPCインスタンス タイプ c3.8xlarge R3.8xlarge hs1.8xlarge i2.8xlarge ファミリー コンピューティ ング最適化 メモリ最適化 ストレージ最適化 I/O最適化 プロセッサー Intel Xeon E5- 2680v2 Intel Xeon E5- 2670v2 Intel Xeon E5- 2650 Intel Xeon E5- 2670v2 vCPU 32 32 16 32 メモリー 60GiB 244GiB 117GB 244GiB ネットワーク 10Gbps Ethernet 10Gbps Ethernet 10Gbps Ethernet 10Gbps Ethernet ローカルスト レージ 2 x 320 GB SSD 2 x 320 GB SSD 24 x 2048 GB 8 x 800 GB SSD ※ AVX, Turbo 有効
    34. 34. 34 EBS (Elastic Block Storage) Region Availability Zone - a EBS EBS EBS Availability Zone - b EBS EBS Amazon S3 EBS スナップ ショット EC2 EC2 EBSとは、EC2に仮想外付けされる ブロックレベルのストレージサービス サイズは1GB単位で~1TBまで サイズ/期間(/IO)で課金される 各EC2インスタンスで、複数EBSを使える 詳細 データは永続的に保存される いつでもバックアップ(スナップショット) スナップショットから、EBSを作成可能 (他のAZに作成できる) Provisioned IOPSでIOパフォーマンス指定 • 2014年3月時点で最大4000IOPS SSD EBS登場 ( 2014年6月17日) • 3IOPS/GBの性能保証 他のEC2インスタンスに付け替え可能
    35. 35. 35 Storage Tuning インスタンスを大きくするとEBSの帯域も増えるので ディスク本数を増やしてもサチらない (m3.xlarge, c3.xlarge, r3.4xlarge) 例) 100GiBを8本 RAID10で400+ IOPS
    36. 36. 36 I/Oスピードの高速化+安定化を実現 EBS-Optimized + Provisioned IOPS Random Read/Write 4kB • 1-EBS当りのIOPS数を4000 IOPSに設定してランダムIOを発生させ、 EBSを1~8 disksまでの性能を計測。 • IOPS数はリニアにスケールし、32,000 IOPS (4,000IOPS x8EBS)を計測。 0 20,000 40,000 60,000 80,000 100,000 120,000 140,000 0 5000 10000 15000 20000 25000 30000 35000 1disks 2disks 4disks 6disks 8disks IOPS Rand ReadWrite : Blocksize = 4KB MB/sec IOPS
    37. 37. 37 PostgreSQL on EC2 (ホワイトペーパーより) http://media.amazonwebservices.com/AWS_RDBMS_PostgreSQL.pdf
    38. 38. 38 PostgreSQL on EC2 + EBS + WAL-E https://github.com/wal-e/wal-e
    39. 39. Amazon.comが年商70億ドルの 際に必要だったサーバー量を AWS は、毎日追加
    40. 40. 40 小売のDNA:更なる低価格へのこだわり 規模の拡大とイノベーション… … コストダウンを促進 資本 投資 技術 投資 効率 改善 値下げ より多く の顧客 獲得 過去8年間で42回の値下げを実施
    41. 41. 41 RDSも値下げ! 2013年6月 最大28%の値下げ。 2014年4月 平均28%の値下げ。 http://aws.typepad.com/aws_japan/2013/06/amazon-rds-price-reduction-on-demand-and-reserved.html http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/aws-price-reduction-42-ec2-s3-rds-elasticache-and-elastic-mapreduce.html
    42. 42. Amazon Relational Database Service (RDS) と は
    43. 43. 43 様々なAWSのサービス EBS, S3, Glacier, Storage Gateway コンテンツ配信 CloudFront Route 53, Direct Connect と CloudTrail, Cloud Formation EC2, Auto Scaling, Elastic Load Balancing, Workspaces RDS, DynamoDB, Redshift, ElastiCache Elastic MapReduce, Kinesis, Data Pipeline アプリケーションサービス AppStream, Cloud Search, SWF, SQS, SES, SNS, Elastic Transcoder
    44. 44. 44 AWS が提供するデータベースサービス 完全マネージド型で、セットアップ、運用、拡張が 容易なリレーショナル・データベースサービスAmazon RDS Amazon DynamoDB 完全マネージド型で、高速なパフォーマンス、シー ムレスな拡張性と信頼性をNoSQLサービス Amazon Redshift 高速で管理も万全なペタバイト規模のデータウェア ハウスサービス Amazon ElastiCache 完全マネージド型で、セットアップ、運用、拡張が 用意なキャッシュサービス
    45. 45. 45 典型的Webアーキテクチャ(他のサービスとの組み合わせ) 東京リージョン AZ-1a AZ-1c RDSマスタ RDSスレーブ 自動同期 ELB (ロードバランサ) Amazon Route 53 (ドメイン名割り当て) 静的コンテンツ S3 CloudFront (コンテンツ配信) EC 2 EC 2
    46. 46. 46 RDSの事例 日経電子版モバイル クラウドワークス様 コイニー様 http://aws.amazon.com/jp/solutions/case-studies-jp/
    47. 47. 47 Amazon RDSとは? 構築  数クリック or APIでDBサーバを操作  EC2同様、初期費用無し、時間単位の従量課金 移行  4種類のエンジンをサポート  既存アプリケーションの変更不要 運用  可用性向上のための機能  モニタリング、障害検出/復旧、パッチ、スケーリングが容易 セキュリテイ  セキュリティグループ、VPC対応 https://aws.amazon.com/jp/rds/
    48. 48. 48 自社構築 vs. RDS Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization Power, HVAC, net Rack & stack Server maintenance OS patches DB s/w patches Database backups Scaling High availability DB s/w installs OS installation App optimization オンプレミス On EC2 RDS お客様がご担当する作業 AWSが提供するマネージド機能
    49. 49. 49 コマンドライン(AWS CLI)で一発起動 #!/bin/sh DBID=pg-test STORAGE_SIZE=10 PGUSER=pgtest PGPASSWD=pgpassword DBCLASS=db.r3.large aws rds create-db-instance --db-instance-identifier ${DBID} --allocated-storage $STORAGE_SIZE --db-instance-class $DBCLASS --engine postgres --master-username $PGUSER --master-user-password $PGPASSWD
    50. 50. 50 DBエンジン 現在4種類をサポート MySQL  5.1.x、5.5.x、5.6.xを選択可能 PostgreSQL  9.3.xを選択可能 Oracle  11g R2 (11.2.0.x )  BYOL:SE1, SE, EEをサポート  ライセンス込み:SE1 SQL Server  2008 R2, 2012を選択可能  BYOL: Standard Edition, Enterprise Edition  ライセンス込み:Express, Web Edition, Standard Edition
    51. 51. 51 インスタンスクラス 8GB 16GB 32GB 60GB 122GB 244GB 4core 8core 16core 32core r3.8xl 2core1core r3.4xl r3.2xl r3.xl r3.large m3.2xl m3.xl m3.large m3.me dium 4GB m1.small T1.micro R3:メモリ/コア 多め M3:メモリ/コア 普通 M1/T1: 小さめ
    52. 52. 52 DBインスタンスクラスのスペック DB Instance Class メモリ(GiB) vCPU ネットワーク 価格 ($/h) db.t1.micro 0.615 1 非常に低 $0.032 db.m1.small 1.7 1 低 $0.070 db.m3.medium 3.75 1 中 $0.120 db.m3.large 7.5 2 中 $0.240 db.m3.xlarge 15 4 中 $0.485 db.m3.2xlarge 30 8 高 $0.970 db.r3.large 15 2 中 $0.300 db.r3.xlarge 30.5 4 中 $0.600 db.r3.2xlarge 61 8 高 $1.195 db.r3.4xlarge 122 16 高 $2.390 db.r3.8xlarge 244 32 10Gbit $4.775 http://aws.amazon.com/jp/rds/details/ ※価格は東京リージョンのPostgreSQL(2014年6月21時点)
    53. 53. 53 標準ストレージ EBSボリュームベースのDBストレージ  データベースとログの格納に利用  ストライピングした複数のEBSボリュームで構成  サイズを増量するとボリューム数が増え、IOPS性能が向上  ストレージサイズを動的に(オンラインで)増量可能 DBエンジン サイズ 動的増量 MySQL 5GB-3TB PostgreSQL 5GB-3TB Oracle 10GB-3TB SQL Server( Web , Ex) 20GB-1TB SQL Server (SE, EE) 200GB-1TB
    54. 54. 54 プロビジョンドIOPS (PIOPS)ストレージ 高性能なストレージオプション  ストレージパフォーマンスの性能(IOPS)を指定可能  低レイテンシと高スループットを安定して実現  標準ストレージからオンラインでPIOPSに変更可能  フェイルオーバー、クラッシュリカバリの時間短縮にも有効 DBエンジン IOPS サイズ 動的増量 MySQL 1000-30,000 100GB-3TB PostgreSQL 1000-30,000 100GB-3TB Oracle 1000-30,000 100GB-3TB SQL Server( Web , Ex) 1000-10,000 100GB-1TB SQL Server (SE, EE) 1000-10,000 200GB-1TB http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_PIOPS.html
    55. 55. 55 プロビジョンドIOPS ストレージ(続き) IOPSについての注意点  各DBエンジンの仕様、Page Sizeや仮想化技術の違いで実際のIOPSは以下の表 のような目安になる  大きいPIOPSで、低レイテンシ・高スループットが増す  小さなインスタンスタイプではストレージとのN/W帯域不足で設定したIOPSに 達しない場合がある(m3.xlarge以上を推奨) DBエンジン (最大サイズ、IOPS) Page Size Max IOPS MySQL(3TB, 30,000) 16KB 20,000 PostgreSQL(3TB, 30,000) 8KB 25,000 Oracle(3TB, 30,000) 8KB 25,000 SQL Server(1TB, 10,000) 8KB 10,000 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Overview.ProvisionedIOPS.html#US ER_PIOPS.Realized ※ Read 50%, Write 50%の場合
    56. 56. 56 RDSアーキテクチャ 自動バック アップ スナップショッ ト(自動/手動) データ同期 自動フェイルオーバー (トランザクション ログ) (5分間隔) (トランザクション ログ) (5分間隔) S3 Availability Zone A Availability Zone B
    57. 57. 57 マルチAZデプロイメントとは(Multi-AZ) ワンクリックで耐障害性を向上可能なソリューション  高い技術力を持つDBAが行っていた設計をそのままサービス化 同期レプリケーション+自動フェイルオーバ  アプリ側での対処は必要なし(エンドポイントは変わらない) フェイルオーバのタイミング  パッチ適用などのメンテナンス計画停止  インスタンスやハードウェア障害  手動reboot時に強制フェイルオーバー指定 Region Multi-AZ Availabilit y zone Availabilit y zone http://aws.amazon.com/jp/rds/mysql/#Multi-AZ
    58. 58. 58 リードレプリカ(RR)とは? 読み込み専用コピー  MySQL固有のレプリケーション機能で実現  各RRは個別のエンドポイントを持つ  デフォルトで最大5台まで増設可能  マルチAZとの組み合わせも可能 想定ユースケース  Read(select)のスケーリングや、BI等の解析処理  Multi-AZの耐障害性の代替の機能ではない 新機能  リージョンをまたいだリードレプリカ構成  オンプレミス/EC2 と組み合わせたレプリケーション  リードレプリカをマスターに昇格  多階層リードレプリカ構成 リードレプリカ http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_Re adRepl.html
    59. 59. 59 RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB 自動バック アップ スナップ ショット 自動バック アップ スナップ ショット データ同期 自動フェイルオーバー 自動バックアップ機能
    60. 60. 60 自動バックアップとリストア RDS標準機能  自動スナップショット+トランザクションログをS3に保存 自動スナップショット  1日1回自動取得 (バックアップウインドウで指定した時間帯)  保存期間は最大35日分 (0日~35日の間で設定可能)  (任意のタイミングで、手動取得も可能) 2種類のリストア方法  リストア:任意のスナップショットを元にDBインスタンス作成  Point-In-Time-Recovery: • 指定した時刻(直近5分)の状態のDBインスタンス作成 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/CHAP_CommonTasks.BackupRestore.html
    61. 61. 61 スナップショット利用シーン Production.xxx.amazonaws.com 本番インスタンス障害後に、スナップショットか ら新たにインスタンス起動。 アプリケーションは新しいエンドポイントに接続 するように修正 自動Snapshot本番インスタンス Production2.xxx.amazonaws.com リストア or Point-in-time-recovery
    62. 62. 62 スナップショット利用シーン Production.xxx.amazonaws.com テーブル変更などを伴う大きなアプリケーショ ンアップデートを実施する前に手動でスナップ ショットを取得しておく。 スナップショットから旧バージョンのインスタン ス起動・接続することで切り戻しを実現 手動Snapshot 本番インスタンス Production2.xxx.amazonaws.com リストア or Point-in-time-recovery Update Ver. Old Ver. Issue?
    63. 63. 63 スナップショット利用シーン スナップショットのリージョン間コピー  別リージョンにスナップショットをコピー可能。  別リージョンで、スナップショットからインスタンス起動可能 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_CopySnapshot. html
    64. 64. 64 ソフトウェアメンテナンス RDS標準機能  メンテナンスウインドウで指定した曜日・時間帯に自動実施 メンテナンス内容  安全性・堅牢性に関わるソフトウェアパッチを自動適用  Rebootを伴う場合も TIPS  メンテナンスは数ヶ月に一度の頻度で発生(毎週必ずではない)  指定した時間帯の数分間で実施(メンテナンス内容に依存)  アプリケーション側で、DBアクセス出来ない場合にSorryページを返す仕 組みを入れておく  トラフィックが少ない曜日・時間帯を指定しておく  Event 通知を運用監視に組み込んでおく http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/CHAP_TerminologyandKeyConcepts.html#Concepts.DBMaintenance
    65. 65. 65 バージョンアップ マイナーバージョンアップ  自動/手動が可能 • 自動の場合はメンテナンスウ インドウにて実施  本家に追随して順次追加 メジャーバージョンアップ  手動で実施 本家 RDS 9.3.1 2013/10/10 2013/11/25 9.3.2 2013/12/5 2014/1/22 9.3.3 2014/2/20 2014/3/19 9.3.4 2014/3/20 ??? 9.4 ??? ??? PostgreSQLの対応状況
    66. 66. 66 イベント通知 (DB Event Subscriptions) RDSで発生した40以上のイベントをSNS経由でPush通知  シャットダウン、再起動、バックアップ開始終了、フェイルオーバー、設定変更、 メンテナンス開始終了、etc アプリケーションと組み合わせた自動化やログ保存が容易に DB event Alarm Queue Email Notification Message HTTP Notification Amazon SNS http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_Event s.html
    67. 67. 67 DBエンジン ログ種別 保持期間 MySQL Error, Slow Query※1, General※1 24時間 PostgreSQL - (ログ種別という概念がない) 7日間※2 Oracle Alert, Trace 7日間※2 SQL Server Error, Agent, Trace 7日間※2 ログアクセス機能 各種ログを直接参照する機能  API経由 でダウンロード or マネジメントコンソールで表示 ※1 Parameter Groupで有効化するとアクセス可能 ※2 Parameter Groupで調整可能 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_LogAccess.html
    68. 68. 68 CloudWatch対応 各種メトリクスを60秒間隔で取得・確認可能  ホスト層のメトリクス( CPU, Memory, etc. )  ストレージのメトリクス(IOPS, Queue Depth, R/W latency, etc.) http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/CHAP_Monitoring.html
    69. 69. 69 設定パラメータのカスタマイズ パラメータグループ  複数のDBインスタンスに一括適用可能なパラメータ群  DBエンジンごとにデフォルト設定を用意。 カスタマイズ  新たにパラメータグループを作成・編集し、DBインスタンスに 適用することでカスタマイズ可能 制約事項  一部パラメータは、変更不可 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Appendix.PostgreSQL.CommonDBATasks. html#Appendix.PostgreSQL.CommonDBATasks.Parameters
    70. 70. 70 RDS for PostgreSQLのパラメータ一覧(抜粋) http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Appendix.PostgreSQL.CommonDBATasks. html#Appendix.PostgreSQL.CommonDBATasks.Parameters
    71. 71. 71 スケールアップ機能 マネージメントコンソールやAPIからスケールアップ可能  インスタンスrebootを伴う(数分間)  コマンドライン(AWS CLI)からも可能 スケールダウンももちろん可能  一時的に大きくして、その後戻す、といった運用  開発DBを日中だけ大きくして使わない夜間は小さくする運用 $ aws rds modify-db-instance --db-instance-identifier test-db --db-instance-class db.m2.4xlarge --apply-immediately スケールアップ http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_UpgradeInstan ce.html
    72. 72. 72 アクセス制御 Security Groupで実現  EC2インスタンスからDBインスタンスへのアクセス制御を実現  アクセス元 EC2 インスタンスに適用しているSecurity Groupとの紐付けによりアクセス可 能になる 注意事項  DBインスタンスの起動場所によって設定対象が異なる  VPC Default環境では DB Security Groupの替りにSecurity Groupを使う  DB Security Groupでは、アクセス元としてSecurity Groupのみ指定可能 起動場所 設定対象 EC2 Classic DB Security Group EC2 VPC VPC Security Group VPC Default VPC Security Group http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Overview.RDSSecurityGroups. html
    73. 73. 73 DBエンジンごとの主要機能まとめ MySQL PostgreSQL Oracle SQL Server Multi-AZ リードレプリカ クロスリージョンレプリカ Point-In-Time-Recovery VPC Max Storage Provisioned IOPS
    74. 74. 74 DBエンジン – PostgreSQL - バージョン  9.3.1 - 9.3.3 標準機能  SSL接続がデフォルトで有効  多くの拡張モジュールをインストール可能 • 拡張モジュールをインストールすることで利用できる機能の例 – プロシージャ – データ暗号化 – 外部DBからのデータ取得  PostGISをRDSオリジナルの拡張モジュールとして提供 RDS機能  Multi-AZ, プロビジョンドIOPSなどの主要なRDSの機能をサポート 詳細情報  https://aws.amazon.com/jp/rds/postgresql/
    75. 75. 75 拡張モジュール(contrib) btree_gin earthdistance pgrowlocks sslinfo btree_gist fuzzystrmatch pg_trgm tablefunc chkpass hstore plperl tsearch2 citext intagg plpgsql unaccent cube intarray pltcl uuid-ossp dblink isn postgis dict_int ltree postgis_tiger_geocoder dict_xsyn pgcrypto postgis_topology => SHOW rds.extensions;
    76. 76. 76 拡張モジュール(contrib) btree_gin earthdistance pgrowlocks sslinfo btree_gist fuzzystrmatch pg_trgm tablefunc chkpass hstore plperl tsearch2 citext intagg plpgsql unaccent cube intarray pltcl uuid-ossp dblink isn postgis dict_int ltree postgis_tiger_geocoder dict_xsyn pgcrypto postgis_topology 手続き言語(プロシー ジャ)を使用できる。 GIS (地理情報システ ム) オブジェクトを扱 うことができる データを暗号/複合化 できる Key-Value形式でデー タを格納できる 外部のPostgreSQLに アクセスできる • その他の拡張モジュールについては以下を参照。 http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/CHAP_PostgreSQL.html#SQLSer ver.Concepts.General.FeatureSupport => SHOW rds.extensions;
    77. 77. 77 拡張モジュールのインストール方法 下記のSQLで拡張モジュールをインストールできる => CREATE EXTENSION [拡張モジュール名]; => CREATE EXTENSION dblink; CREATE EXTENSION (例)
    78. 78. 78 Tips ロケールの設定  RDS for PostgreSQLのデフォルトのロケール:「en_US」 → 日本語を使う場合、インデックスが使われないなど、問題となる可能性がある ため、データベースLaunch後に、ロケールを設定したデータベースを作り直す必 要がある。 => CREATE DATABASE newdb WITH template template0 encoding 'utf8' lc_collate 'C' lc_ctype 'C’; ※ 日本語を使用する場合は、ロケールにCを設定するとよい
    79. 79. 79 Tips タイムゾーンの設定  デフォルトは UTC  パラメータグループで Asia/Tokyo を設定するとJST に変更可能
    80. 80. 80 Tips クライアント認証設定  pg_hba.confではなく、Security Groupで制御 → アクセス元は、Security Groupで設定 データベースごと、DBユーザごとのアクセス権限設定が 必要な場合は、EC2上にPostgreSQLをたてる必要がある。
    81. 81. 81 Tips RDS 独自のパラメータ  素のPostgreSQLにはないRDS独自のパラメータを以下に示します。 パラメータ 概要 変更可否 rds.extensions RDSで使用できる拡張モジュールの一覧。 不可 rds.log_retention_period ログの保持期間 可
    82. 82. 82 Tips その他Tipsはこちら  Appendix: Common DBA Tasks for PostgreSQL - Amazon Relational Database Service  http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/Appendix.PostgreSQL.CommonDBAT asks.html  Creating Roles  Managing PostgreSQL Database Access  Working with PostgreSQL Parameters  Setting up PostGIS  Using pgBadger for Log Analysis with RDS PostgreSQL
    83. 83. 83 注意点 日本語での全文検索  RDSではPostgreSQL組み込みのテキスト検索機能やcontrib/trgm が使用できます。しかし、これらは日本語での検索に対応していな いため、現状、日本語の全文検索をRDS上で行うことはできません。 ストリーミング・レプリケーション  PostgreSQL組み込みのレプリケーションを使用することはできま せん。そのため、リードレプリカを持つこともできません。
    84. 84. 84 参考文献 Amazon RDS  http://aws.amazon.com/jp/rds/ Amazon RDS ドキュメント  http://aws.amazon.com/jp/documentation/rds/ Amazon RDS チュートリアル  http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS ディスカッション・フォーラム  https://forums.aws.amazon.com/forum.jspa?forumID=60 ブログ  Amazon Web Services Japan blog  http://aws.typepad.com/aws_japan/  AWS Solutions Architect ブログ  http://aws.typepad.com/sajp/
    85. 85. まとめ
    86. 86. 86 今までできていたことを、 より早く、簡単に、安く実現できる 今までできなかったことを 実現できる カイゼン イノベーション AWSクラウドで得られる効果
    87. 87. まずはお試しください。
    88. 88. AWSは15分で始められます • AWSアカウントの作成、仮想サーバーの起動、クラウドストレージに保 存についての動画をご覧いただけます! • 無料で触れるチュートリアルもあります http://aws.amazon.com/jp/getting-started/ http://aws.amazon.com/jp/training/intro_series/
    89. 89. 89 AWS無料試用枠 AWSでは、無料試用枠( Free Tier)を用意しています  http://aws.amazon.com/jp/free/ RDSでの無料試用枠 適用条件  MySQL, Oracle (BYOL), SQL Server Express, PostgreSQL  Single-AZ db.t1.micro 750時間/月  スタンダードストレージ20GB (スナップショット20GB含む)  1,000万 I/O  https://aws.amazon.com/jp/rds/free/
    90. 90. 90 24時間・365日での日本語サポートの提供 • 日本語でのサポートをご提供しております http://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/ ベーシック デベロッパー ビジネス エンタープライズ 受付時間 24時間 / 365日(年中無休) 初回応答時間 セルフサービス 12時間 (営業時間内) 1時間 15分 サポート連絡先 N/A 1人 5人 無制限 チャット 不可 不可 可能 可能 TEL 不可 不可 可能 可能 専任スタッフ なし なし なし あり 料金(月額) 無料(AWSの利用料に含まれ る) $49/月 AWS利用総額の 10%~ ※最低料金:$100/月 AWS利用総額の 10%~ ※最低$15,000/月
    91. 91. AWS Summit Tokyo 2014 • 2014年7月17日(木) 〜 18日(金) • グランドプリンス新高輪 (国際館パミール) • 来場無料 (要事前登録) • http://www.awssummittokyo.com/ - 申し込み受付中! • 登壇企業様 - 積水化学工業様、コーセー様、良品計画様、SAPジャパン様、 NTTデータ様、すかいらーく様、日通情報システム様、NTTドコ モ様、日立製作所様、丸紅様、ソニー銀行様、他多数

    ×