20150419_pbtech_openstack_nyah #pbtech

13,077 views

Published on

#pbtech
第1回ペパボテックカンファレンス
http://pepabo.connpass.com/event/13208/

Published in: Engineering

20150419_pbtech_openstack_nyah #pbtech

  1. 1. ポチポチするために ニャーニャーしよう GMO Pepabo, Inc. twitter: @ume3_ 2015/04/19 GMOペパボ株式会社 Nyah
  2. 2. ボブです
  3. 3. 何やってる人? 瞬間最大はてブ力
  4. 4. Nyah(にゃー)
  5. 5. Nyahとは
  6. 6. ペパボの 仮想インフラ基盤(Iaas) のことです
  7. 7. Why Nyah?
  8. 8. プライベートクラウドをつくろう! > データセンタ移設をきっかけに > リソース利用の効率化 > サーバの集約 > コスト削減
  9. 9. パブリッククラウド使わないの? > 初期費用はかからないが… > サービスや事業特性にあわせたい > 例:ホスティングとASPの違い > サービスたくさんある
  10. 10. Nyahの名前の由来
  11. 11. それは1年前の夏 > いろいろあったんだよ 出典:http://art.pro.tok2.com/R/Renoir/reno23.jpg
  12. 12. 2014年 夏
  13. 13. テンション
  14. 14. 国内導入事例 > ConoHaのOpenStack実装に関す る説明資料を公開します > Yahoo! JAPAN 仮想化への取り組 み ∼OpenStack with LBaaS∼ > OpenStack Use Case at GREE
  15. 15. 検証:Packstack > Redhat系OSでOpenStackを   動かすことができる > RDOコミュニティ > 自動インストール(Puppet)
  16. 16. 簡単 出典:https://www.rdoproject.org/Quickstart
  17. 17. アーキテクチャ概念図 出典:http://docs.openstack.org/ja/trunk/install-guide/install/apt-debian/content/ch_overview.html
  18. 18. Help me ! http://example.com/image.png 出典http://art.pro.tok2.com/M/Monet/017%5B1%5D11.jpg
  19. 19. 詳しい人に聞こう! 出典:http://www.slideshare.net/chroum/cono-ha-openstackgrizzlyvpsrelease
  20. 20. > GMOインターネット郷古さんに突撃 2014年 秋 出典:http://www.freeclipartnow.com/electronics-technology/phones/casual-call.jpg.html
  21. 21. グループシナジー
  22. 22. 一人でやるものじゃない
  23. 23. 技術支援 > GMOインターネットさんの実績を  ベースに丸ごと構築 > ひたすら検証するまとめる > フェーズ分けして社内展開
  24. 24. 2015年 春 > マネージャー with ボブの二人 > 技術基盤の人たちもワイワイ > 今はみんなでわいわい
  25. 25. Nyahを使っているよ
  26. 26. AWSと OpenStack
  27. 27. AWSできることは OpenStackでもできる こともある
  28. 28. AWS > 便利ですよね 出典:http://aws.amazon.com/jp/trademark-guidelines/
  29. 29. OpenStack > クラウド基盤(IaaS)ソフトウェア群 > 2010年にオープンソース化 > もともとAWSを参考にした(らしい) 出典:http://www.openstack.org/brand/openstack-logo/logo-download/
  30. 30. 各コンポーネントの簡易図 Keystone GlanceNova Neutron Horizon UI操作 認証 VM Image Network BootStrap
  31. 31. AWSでたとえると OpenStack AWS Horizon マネジメントコンソール Neutron EIP, VPCのENI Nova EC2 Glance AMI keystone IAM, エンドポイント
  32. 32. 概念図が頭に入ってきましたよね 出典:http://docs.openstack.org/ja/trunk/install-guide/install/apt-debian/content/ch_overview.html    
  33. 33. 他のコンポーネント 出典:http://docs.openstack.org/ja/trunk/install-guide/install/apt-debian/content/ch_overview.html
  34. 34. AWSでたとえると OpenStack AWS Heat CloudFormation Cinder EBS Swift S3 Cellotmeter Pricing, CloudWatch
  35. 35. Nyahの仕様
  36. 36. 全部あるわけじゃない 出典:http://docs.openstack.org/ja/trunk/install-guide/install/apt-debian/content/ch_overview.html
  37. 37. でも、Nyahは便利
  38. 38. VMの管理が簡単 > Novaでリソース管理ができる > Flavor(インスタンスタイプ)  用途に合わせた設計が可能 > サービス特性に応じてリソース配布 > KVMを使った基盤を用意
  39. 39. 出典:https://enterprise.github.com/releases/2.1.5
  40. 40. API操作可能 > Keystoneでエンドポイントを用意 > ツールを作ることができる > 自動インストール
  41. 41. SGでセキュリティ設定 > Security Groupがある > VMが乗る母艦サーバごとの iptablesが内部的に設定 > VMごとに設定するのも可 > iptables, firewalld, ufw
  42. 42. ラックを分けて冗長性を担保 > Availability zone > ラック単位で分けることも可能 > Region > データセンタ横断も可能
  43. 43. Nyahの今後 > インフラの一元管理 > ベアメタル > HASHICORP© ツール中心の生活
  44. 44. OpenStack 使ってます
  45. 45. SUZURIでNyahグッズ発売中!

×