XAMPP で CMS のお手軽 テスト環境を手に入れよう! 2011/5/21  上村崇
CMS はphpファイルなど 動的なファイルばかりで 構成されています。
パソコン上で静的な html ファイルは 開くことはできます。 しかし、 php ファイルはうまく表示されません。
パソコン上では CMS の動作確認 はうまく行えません。
CMS のデザインを編集するときの 一般的なフロー
ファイルを修正するたびに FTP で サーバーにアップしなければならないので めんどくさい。
XAMPP を使えば、パソコン上で CMS を動かすことができます。
の構築作業を 一緒にやってみましょう。
・ XAMPP インストール ・パソコンで WordPress が動くようにする パソコン サーバ ・ WordPress をまるごと移設 大まかな手順 ・サーバで WordPress を動かす
1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php  編集 パソコン サ...
http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html 1 . XAMPP をインストールしましょう。
XAMPP for Windows http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
Web サーバ データベース プログラム言語 データベース管理ツール 気にしなくて良い MySQL と PHP のバージョン番号 は気にしておくこと ! XAMPP の実行環境 気にしなくて良い
 
何も考えずに進んでいけば OK
Web サーバ データベース サーバを起動
起動中 Skype が動作中の 場合は Apache が起動しない 不具合があるようだ
http://localhost   にアクセスしてみる 自分のパソコンへのアクセスは  http://localhost
XAMPP インストール完了 !
ドキュメントルートは C:xampphtdocs
試しにphpスクリプトを動かしてみましょう
出た !
1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php  編集 パソコン サ...
2 . WordPress をインストールしてみましょう
WordPress 日本語  http://ja.wordpress.org/ ->  ドキュメンテーション ->  サーバーの用意 動作要件 動作できるバージョンを確認 ! PHP 4.3 以上 MySQL 4.1.2 以上
wordpress フォルダを htdocs の下に置きます。
http://localhost/wordpress
サーバー側で作るデータベース名と 名前を合わせること。 データベース名  wordpress MySQL ユーザ  root パスワード  ( なし )
phpMyAdmn でデータベース  wordpress を作ります。 http://localhost/phpmyadmin
 
サイトのタイトル“テスト” パスワード “ wordpress” メールアドレス
 
WordPress インストール成功 !
1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php  編集 パソコン サ...
4. デザイン作成・編集 ->  自分のパソコン上で、 XAMPP で確認しながら 自由に編集する。
5 .データベースエクスポート phpMyAdmin の local ホストのページから「エクスポート」
wordpress  を選択 「ファイルに保存する」チェック有効 localhost.sql  としてファイルに保存
localhost.sql  を開き、 http://localhost   の 文字列をサーバの URL に置換する。
1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php  編集 パソコン サ...
レンタルサーバ側の  phpMyAdmin  を開く。 インポートで  localhost.sql をインポートする
「参照」ボタンで localhost.sql を選ぶだけ !
7. FTP アップロード WordPress のファイルをすべてサーバにアップロードします。
1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php  編集 パソコン サ...
8.wp-config.php 編集 サーバーで WordPress を使うための設定。 ※ 編集後は FTP でサーバにアップロードすること データベース名 データベースユーザ データベースのパスワード
http://( レンタルサーバ URL)/wordpress でアクセス レンタルサーバ上で表示された !
補足 : トラブルシューティング XAMPP の環境とサーバの環境が違うことによる問題 レンタルサーバは php5.2, MySQL5.0  を 使っていることが多い。 文字コードの違いによるもの XAMPP: UTF-8 。 ( ただし Wi...
"WordPress  引越し”で検索 これは WordPress の サイト移転の方法と同じ
でも DB の移行は ちょっと大変かも
DB を移行しない で済む方法もあります。
1 . WordPress インストール 2 .デザイン作成、編集作業 ( テーマファイルの編集のみ ) パソコン サーバ 3 .テーマファイルだけを FTP で アップロード パソコン、サーバ両方に WordPress をインストールすること...
この方法で開発するときの注意点 ・コンテンツ作成や設定はすべてサーバー側で行うこと。 (DB を使う系の加工はすべてサーバー側で ) ・パソコン側で加工するのはテーマファイルのみ。 パソコン サーバ アップロードするのは テーマだけ UP
コンテンツの内容など、データベースに入っているデータを 移行したい場合は、 WordPress の「エクスポート」で可能。 ※ ただし、移行先でデータをインポートする前に ドメイン名の置換作業は必要。 ※  プラグインをインストールする必要があ...
< 参考 > XAMPP を使用せず、 Linux サーバを立てて、 samba で Windows 共有する方法
WordPress 編終わり ->  次は  SoyCMS 編
SOY CMS 編
SoyCMS を XAMPP で動かしてみます MySQL 版インストーラ付き
動作環境を確認 MySQL  は ?
データベース作成 “ soycms” utf8_general_ci  にすること
http://localhost/cms/soycms_installer
ホスト名 “ localhost” MySQL ユーザー名 “ root” MySQL パスワード  ( なし ) データベース名 “ soycms”
パスワード “ password”
チェック入れること。 データベースを複数作らない ようにするため
 
これでページが作成されました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Xamppでお手軽cms開発環境を手に入れる

2,841 views
2,732 views

Published on

パソコン内にWebサーバーを仕込んでCMSを動かします。今まで動作確認のためいちいちサーバーにFTP接続していた手順が無くなるので確認が 楽になります。

Published in: Technology, Business
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,841
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Xamppでお手軽cms開発環境を手に入れる

  1. 1. XAMPP で CMS のお手軽 テスト環境を手に入れよう! 2011/5/21 上村崇
  2. 2. CMS はphpファイルなど 動的なファイルばかりで 構成されています。
  3. 3. パソコン上で静的な html ファイルは 開くことはできます。 しかし、 php ファイルはうまく表示されません。
  4. 4. パソコン上では CMS の動作確認 はうまく行えません。
  5. 5. CMS のデザインを編集するときの 一般的なフロー
  6. 6. ファイルを修正するたびに FTP で サーバーにアップしなければならないので めんどくさい。
  7. 7. XAMPP を使えば、パソコン上で CMS を動かすことができます。
  8. 8. の構築作業を 一緒にやってみましょう。
  9. 9. ・ XAMPP インストール ・パソコンで WordPress が動くようにする パソコン サーバ ・ WordPress をまるごと移設 大まかな手順 ・サーバで WordPress を動かす
  10. 10. 1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php 編集 パソコン サーバ 7 . FTP アップロード
  11. 11. http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html 1 . XAMPP をインストールしましょう。
  12. 12. XAMPP for Windows http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
  13. 13. Web サーバ データベース プログラム言語 データベース管理ツール 気にしなくて良い MySQL と PHP のバージョン番号 は気にしておくこと ! XAMPP の実行環境 気にしなくて良い
  14. 15. 何も考えずに進んでいけば OK
  15. 16. Web サーバ データベース サーバを起動
  16. 17. 起動中 Skype が動作中の 場合は Apache が起動しない 不具合があるようだ
  17. 18. http://localhost にアクセスしてみる 自分のパソコンへのアクセスは http://localhost
  18. 19. XAMPP インストール完了 !
  19. 20. ドキュメントルートは C:xampphtdocs
  20. 21. 試しにphpスクリプトを動かしてみましょう
  21. 22. 出た !
  22. 23. 1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php 編集 パソコン サーバ 7 . FTP アップロード
  23. 24. 2 . WordPress をインストールしてみましょう
  24. 25. WordPress 日本語 http://ja.wordpress.org/ -> ドキュメンテーション -> サーバーの用意 動作要件 動作できるバージョンを確認 ! PHP 4.3 以上 MySQL 4.1.2 以上
  25. 26. wordpress フォルダを htdocs の下に置きます。
  26. 27. http://localhost/wordpress
  27. 28. サーバー側で作るデータベース名と 名前を合わせること。 データベース名 wordpress MySQL ユーザ root パスワード ( なし )
  28. 29. phpMyAdmn でデータベース wordpress を作ります。 http://localhost/phpmyadmin
  29. 31. サイトのタイトル“テスト” パスワード “ wordpress” メールアドレス
  30. 33. WordPress インストール成功 !
  31. 34. 1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php 編集 パソコン サーバ 7 . FTP アップロード
  32. 35. 4. デザイン作成・編集 -> 自分のパソコン上で、 XAMPP で確認しながら 自由に編集する。
  33. 36. 5 .データベースエクスポート phpMyAdmin の local ホストのページから「エクスポート」
  34. 37. wordpress を選択 「ファイルに保存する」チェック有効 localhost.sql としてファイルに保存
  35. 38. localhost.sql を開き、 http://localhost の 文字列をサーバの URL に置換する。
  36. 39. 1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php 編集 パソコン サーバ 7 . FTP アップロード
  37. 40. レンタルサーバ側の phpMyAdmin を開く。 インポートで localhost.sql をインポートする
  38. 41. 「参照」ボタンで localhost.sql を選ぶだけ !
  39. 42. 7. FTP アップロード WordPress のファイルをすべてサーバにアップロードします。
  40. 43. 1 . XAMPP インストール 3 .データベース作成 2 . WordPress インストール 4 .デザイン作成、編集 5 .データベースエクスポート 6 .データベースインポート 8 . wp-config.php 編集 パソコン サーバ 7 . FTP アップロード
  41. 44. 8.wp-config.php 編集 サーバーで WordPress を使うための設定。 ※ 編集後は FTP でサーバにアップロードすること データベース名 データベースユーザ データベースのパスワード
  42. 45. http://( レンタルサーバ URL)/wordpress でアクセス レンタルサーバ上で表示された !
  43. 46. 補足 : トラブルシューティング XAMPP の環境とサーバの環境が違うことによる問題 レンタルサーバは php5.2, MySQL5.0 を 使っていることが多い。 文字コードの違いによるもの XAMPP: UTF-8 。 ( ただし Windows は一般的に Shift-JIS) サーバ : UTF-8 であることが必要。稀に EUC があるので注意。 サーバは UNIX/Linux なのでファイルのパーミッションを気にする必要あり。 アップロードしたファイルは読み込みの権限があるか ? 画像アップロード用のディレクトリは書き込み権限が必要。 wordpress/wp-content/uploads の権限を 777 にする。
  44. 47. &quot;WordPress 引越し”で検索 これは WordPress の サイト移転の方法と同じ
  45. 48. でも DB の移行は ちょっと大変かも
  46. 49. DB を移行しない で済む方法もあります。
  47. 50. 1 . WordPress インストール 2 .デザイン作成、編集作業 ( テーマファイルの編集のみ ) パソコン サーバ 3 .テーマファイルだけを FTP で アップロード パソコン、サーバ両方に WordPress をインストールすることで 移行の手間を省く方法 1 . WordPress インストール 両方に WP をインストールする
  48. 51. この方法で開発するときの注意点 ・コンテンツ作成や設定はすべてサーバー側で行うこと。 (DB を使う系の加工はすべてサーバー側で ) ・パソコン側で加工するのはテーマファイルのみ。 パソコン サーバ アップロードするのは テーマだけ UP
  49. 52. コンテンツの内容など、データベースに入っているデータを 移行したい場合は、 WordPress の「エクスポート」で可能。 ※ ただし、移行先でデータをインポートする前に ドメイン名の置換作業は必要。 ※ プラグインをインストールする必要があるが、英語なので   ハードルが高い。
  50. 53. < 参考 > XAMPP を使用せず、 Linux サーバを立てて、 samba で Windows 共有する方法
  51. 54. WordPress 編終わり -> 次は SoyCMS 編
  52. 55. SOY CMS 編
  53. 56. SoyCMS を XAMPP で動かしてみます MySQL 版インストーラ付き
  54. 57. 動作環境を確認 MySQL は ?
  55. 58. データベース作成 “ soycms” utf8_general_ci にすること
  56. 59. http://localhost/cms/soycms_installer
  57. 60. ホスト名 “ localhost” MySQL ユーザー名 “ root” MySQL パスワード ( なし ) データベース名 “ soycms”
  58. 61. パスワード “ password”
  59. 62. チェック入れること。 データベースを複数作らない ようにするため
  60. 64. これでページが作成されました。

×