[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨

2,140 views
2,113 views

Published on

Agile Tour Osaka 2013(伊丹)で発表したスライドです。

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,140
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,004
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[Agile Tour Osaka 2013] プロジェクトを導くしなやかな背骨

  1. 1. プロジェクトを導く しなやかな背骨 2013/10/5 Agile Tour Osaka 2013
  2. 2. 自己紹介 日本コントロールシステム株式会社 プロセス改善コーチ これまで、主に公共事業の監視制御システムを2次受託で開発 ~2010年 現場でアジャイル導入。スクラムマスターとして関与 2011-2012年 事業リーダとして、事業戦略や新規顧客の開拓 2013年~ プロセス改善コーチ 山本 雄一郎 スクラム道関西 メンバー POMeetup主宰
  3. 3. プロダクトオーナーシップって難しくないですか アジャイルな開発ってビジネスで活きてますか プロダクトオーナーの責任って重くないですか 既存のルールや習慣と折り合いついてますか プロダクトオーナーシップについて、より優れた 開発と高いビジネス価値を達成するための実 践知を交換できる場所を作っていきたい 3 POMeetup
  4. 4. 会議を増やす 進捗報告を綿密にする 正しく作られてるか 作業に抜け漏れはないか 間に合うのか 4 開発を「よくしたい」マネージャ
  5. 5. 変化に対応するのだ 対応するべき変化はどこに 小さく作って繰り返し評価する 評価は機能が揃ってから コミュニケーションが重要 もう会議だらけなんだけど 5 アジャイルな開発で「よくしたい」
  6. 6. 6 「よくしたい」という意識は共 通しています。 なのに、折り合いがつかず、 プロジェクトの柔軟性を欠い てることがありませんか
  7. 7. 戦略目的を明確にすること 迷わないために たとえ、臨機応変に進めるとしても 戦略目的に柔軟性を持たせる 仮説や空白に注目する 結果への固執を生まないために 7 お話したいこと
  8. 8. 事業リーダーのころ 8
  9. 9. 営業なんてしたことない 新規顧客のアテなんてない どう売りこんでいいか分からない 9 1億円分の新規顧客を獲得せよ 計画が立てられない どうする?
  10. 10. 予測不可能なら… Photo by http://marshmallowchallenge.com
  11. 11. 「PDCAサイクルが重要」らしい それなら、アジャイル開発で実績 チーム戦は得意だ ディスカッションで発見のチャンスを作り、 共同作業で乗り越えよう 効果的な手段を探索する やってみて、評価しふりかえる 11 アジャイルなら乗り越えられる(はず)
  12. 12. 2週間ごとに、ふりかえりと再計画 • 正しく実施できたか • 反応は期待したとおりか • 何を変えてみるか、何が 必要か • 何が足りないか、どうす るか ふりかえり • アポ先リスト、スクリプト • 何件いけるか • アポ時の反応を整理 • 営業ネタを作る • ターゲットの関心は何か • 業務を理解し、マッチする 価値提案をする 計画 • どんな課題を抱えている • 我々は何を提供するか
  13. 13. 活動指標(目標値) 受注 具体提案 ニーズ到達 継続 接触 目標:4件 そのために 目標:8件 目標:6件 目標:15件 目標:150件 そのために そのために そのために
  14. 14. 目標値を増やすが、だんだん無謀に プレッシャーに追われる 上からのコントロールが激しくなる 14 しかし...成果はなかなか出ない 活動量だけが増えていく
  15. 15. 接触件数 (計画) 接触件数 (実績) 提案(実績) 受注 どこかで見たことある…(?) 15
  16. 16. 予定工数 または 機能見積り 実装済み テスト 完了しない いつまでも まるで開発のデスマーチ 16
  17. 17. ゴールに近づいてる実感がない。何を測 ればいいのか。 何をウリにしているのか。それを、どう やって作り出すかを見直さなければ。 大事なことを放置してないか。 17 何かオカシイとは感じていた しかし、進むことに必死すぎて 立ち止まって考えなかった
  18. 18. 達成したい戦略目的 それに準じた活動指標 そこへ向かうアクションプラン 18 背骨が欠けていた
  19. 19. 19 「受注したい」は戦略目的ではない 一次受託か、二次か それとも製品を売り出すか どの業界、どの産業か 顧客に何をもたらすのか 我々は何をどうやって提供するのか 何が必要なのか、欠けているのか
  20. 20. 方向付けがないので、あれもこれもと目 先を変えてしまう 集中すべき選択がないので、難しいこと は避けていた プレッシャーをかけられると、単純に” がんばれる”タスクを優先してしまった 小刻みに再計画していたので、 ちゃんとやってるつもりになってた 20 木を見て、森を見ず photo by Pierre Lesage http://www.flickr.com/photos/tahitipix/
  21. 21. 森を見失わないために どのような形態、規模 どんな分野のどんな顧客 何をもたらすのか 戦略的な目的 個別の目標/計画 誰に何をもたらすのか どの課題をどう解決するのか どうやって実現するのか
  22. 22. 過去のアジャイル実践は どうだったのか 22
  23. 23. (社内では)大きなプロジェクト 100人月超×2つ 同規模はデスマーチ(社内の過去事例) 当プロジェクトも例にもれず 期間の1/3で、仕様は未確定、システム構成の変更が続く 打ち合わせのたびに対応項目が増える 「残りの作業量が減らない」 うまくいった!(効率化の面では) 期間で終わる。大きな残業も休日出勤もなし 品質も問題ない。むしろ、過去と比べてよい 23 実績
  24. 24. リストが膨大(既定の仕様の一覧) 優先順位は、元請けの開発計画 (工程表)で決まっている 無駄な機能にしか見えないアイ テムが多い 24 しかし、プロダクトバックログに問題
  25. 25. 受け入れ条件が仕様書の転載に なってる。とにかく長い アイテムの説明が一方的。議論 の余地がない スプリント計画ミーティングが 長くなる。睡魔との戦い。 25 根気の勝負
  26. 26. 顧客にとっての価値が見いだせない ROIとか判断しようがない 成果物から何かがフィードバックさ れることがない 26 どうにかならないものか
  27. 27. できることを上手くやって…(ry 27
  28. 28. どんな顧客のどんな業務に、 どのような変化を起こすのか そのために何を提供(解決)するのか 28 “うまく作る”以外に必要なこと
  29. 29. いつも顧客の視点では考えられない 気にしてみても思い浮かばない 苦手なことは、つい避ける 29 放っておいても進むことはない やはり、明確な戦略目的は 開発の指針として必要
  30. 30. どうすれば いいんでしょうか 30
  31. 31. 明確でないところを探す 実現性が見えないところ、空白なところ 仮説や思い込みのところ いつ、どうやったら明確になるか 分からないとしたら、「いつ考えるか」 31 分からないこと から始めてみる
  32. 32. あるプロジェクトで 32 • 構想が完成してない • 現実性が乏しいところが ある リーダー まずは、 「どうしたいか」を共有したら いいんじゃないかな
  33. 33. 「とりあえず説明しました」 33 • 説明した • どうするかは分からない • チームの“食いつき”は悪 かったけど、 大丈夫でしょう • 「とりあえず」らしいので、 質問はしてない • たぶんリーダーが考える • わからないけど、 問題は見あたりません リーダー メンバー 大丈夫では なさそうに見える
  34. 34. 説明のないところは、だれも手を付けな い “とりあえず”のはずが、「やるしかな い」に変わる できるだけプランどおり進めようとする 34 この先に起こりそうなこと(予想) 分かってることに合意する を変えればいいのかもしれない
  35. 35. 分からないこと から始める 35 分からない、足りない、空白 (どうするか)構想 仮説、変更の余地がある
  36. 36. 疑問を晴らす、不足を埋める 顧客やチームとの対話が必要 何らかの実装ができた 評価しなければ結論が出ない 分かった、仮説への結論が出た 変化がおきるタイミング 36アジャイル”だから” “だから”アジャイルに
  37. 37. 決定過程の見えやすさ、客観的な評価 のしやすさ チームだけではなく、 マネジメントにも 顧客やステークホルダが、”正しさ”を制御しな くていいように チームが余計な心配に心を奪われないように 37 透明性
  38. 38. 戦略目的を明確にする 方向を見誤らないために 難関に立ち向かう心のよりどころとして 「分からない」を積極的に取り組む リスクを回避する “正しくやる”から起こる制約を作らない 38 まとめ
  39. 39. 39 マネジメントから 世界を変えていきましょう
  40. 40. プロダクトオーナーシップについて実 践経験を共有する座談会 プロダクトオーナーとその予備軍、および、その人を支 援する人たち向け 3/21 PO Meetup 1st 4/24 PO Meetup 2nd 7/4 PO Meetup 3rd ウェブブラウザ Sleipnir for Mac の開発を通じ て得たプロダクトオーナーとしての学び 9/11 PO Meetup 4thプロダクトを描きストーリーを語ろう POMeetup http://pomeetup.doorkeeper.jp/ 40

×