• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Android開発環境の構築
 

Android開発環境の構築

on

  • 1,035 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,035
Views on SlideShare
823
Embed Views
212

Actions

Likes
0
Downloads
2
Comments
0

3 Embeds 212

http://tyoshikawa1106.hatenablog.com 210
https://twitter.com 1
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Android開発環境の構築 Android開発環境の構築 Presentation Transcript

    • Android 開発環境の構築Taiki Yoshikawa1
    • 開発ツールの準備2
    • 開発ツールの準備以下のツールを準備します。• Eclipse Classic• Java Development Kit (JDK) 6.0• ADT Plugin (r20以上)• Android SDK (r20以上)3※下記の準備方法は省略します。・Java Development Kit (JDK) 6.0
    • Eclipse Classicの準備4
    • Eclipse Classicの準備下記サイトからEclipseをダウンロードします。Eclipse Classic 4.2.2http://www.eclipse.org/downloads/packages/eclipse-classic-422/junosr25
    • Eclipse Classicの準備ダウンロード対象を選択します。6
    • Eclipse Classicの準備下記アイコンをクリックします。7
    • Eclipse Classicの準備Zipファイルがダウンロードされます。8
    • Eclipse Classicの準備任意のディレクトリにZipファイルを解凍します。9
    • 以上でEclipseの準備は完了です。続いてADT Pluginの準備を行います。10
    • ADT Pluginの準備11
    • ADT Pluginの準備ADT PluginはEclipseからインストールできます。12
    • ADT Pluginの準備Addボタンをクリックして次のように入力します。入力後はOKボタンをクリックします。13Android plug-inhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
    • ADT Pluginの準備次のようにチェックしてNextボタンをクリックします。14
    • ADT Pluginの準備Nextボタンをクリックします。15
    • ADT Pluginの準備I accept...にチェックしてFinishボタンをクリック。16
    • ADT Pluginの準備SDK Managerで設定を行うか聞かれます。あとで設定できるため、ここはCloseボタンで問題ありません。17
    • 以上でADT Pluginの準備は完了です。続いてAndroid SDKの準備を行います。18
    • Android SDKの準備19
    • Android SDKの準備下記URLのサイトからインストールできます。Android Developershttp://developer.android.com/20
    • Android SDKの準備Develop→Tools→Downloadの順で選択。21
    • Android SDKの準備画面下にある「DOWNLOAD FOR OTHERPLATFORMS」を選択。22「android-sdk_r22-windows.zip」を選択。
    • Android SDKの準備Zipファイルをダウンロード時に規約の画面が表示されます。チェックを付けてダウンロードします。23
    • Android SDKの準備任意のディレクトリにZipファイルを解凍します。例) C:¥android-sdk-windows24
    • Android SDKの準備EclipseからAndroid SDKの設定を行います。Window→Prefencesを選択します。25
    • Android SDKの準備BrowseボタンからAndroid SDKのフォルダを選択。OKボタンをクリックします。26
    • Android SDKの準備Android SDK Mangerの設定を行います。Window→Android SDK Mangerを選択します。27
    • Android SDKの準備以下のような感じで対象にチェックを付けます。28
    • Android SDKの準備インストールが完了すると次の用に表示されます。29
    • 以上でAndroid SDKの準備は完了です。これでエミュレータを起動できるようになります。30
    • エミュレータの準備と起動31
    • エミュレータの準備と起動下記手順で設定します。Window→Android Virtual Device Manager32
    • エミュレータの準備と起動Newボタンをクリック33
    • エミュレータの準備と起動左図の用に設定します。OKボタンをクリックして設定完了です。34
    • エミュレータの準備と起動設定後は次のように表示されます。35
    • エミュレータの準備と起動対象を選択してStartボタンをクリック。36
    • エミュレータの準備と起動Launchボタンをクリックするとエミュレータが起動します。(起動まで少し時間が掛かります)37
    • エミュレータの準備と起動エミュレータはCTRL+F12で表示向きを変更できます。38
    • 以上でエミュレータの準備と起動は完了です。次はプロジェクトを作成を行います。39
    • プロジェクトの作成40
    • プロジェクトの作成File→New→Projectの順に選択します。41
    • プロジェクトの作成Android→Android Application Projectを選択して、Nextボタンをクリックします。42
    • プロジェクトの作成次のような感じに入力してNextボタンをクリック。43
    • プロジェクトの作成Nextボタンをクリックします。44
    • プロジェクトの作成Nextボタンをクリックします。45
    • プロジェクトの作成Nextボタンをクリックします。46
    • プロジェクトの作成Finishボタンをクリックします。47
    • プロジェクトの作成プロジェクトが作成されます。48
    • 以上でプロジェクトの作成は完了です。正常に作成できればAndroid開発環境は問題なく構築できていると思います。49
    • Thank You