• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
NetBSD 20年
 

NetBSD 20年

on

  • 1,777 views

Open Source Conference 2013 徳島のNetBSDセミナーでのスライドです

Open Source Conference 2013 徳島のNetBSDセミナーでのスライドです

Statistics

Views

Total Views
1,777
Views on SlideShare
1,768
Embed Views
9

Actions

Likes
3
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 9

https://twitter.com 9

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    NetBSD 20年 NetBSD 20年 Presentation Transcript

    • OSC 2013 徳島最近サボりがちなので昨年のOSC愛媛に引き続いて歴史ネタで NetBSD 20年 Izumi Tsutsui tsutsui@NetBSD.org
    • NetBSD 20周年● 1993年3月21日にCVSレポジトリ作成
    • NetBSD誕生の時代(1) 1993年前後のCPU・80486DX 33MHz (1992) Pentium 60MHz は 1994年・MC68040 33MHz (1990) MC68060 50MHz も 1994年・SuperSPARC 60MHz (1992)・MIPS R4400 150MHz (1992)・Alpha 21064 200MHz (1992) ……RISCの台頭の予感がしていた時代
    • NetBSD誕生の時代(2) 1993年前後のOS・MS-DOS 5.0 (1991) ※6.0は1993年・Windows 3.1 (1993) ※日本語版・SunOS 4.1.3 (1992)・Solaris 2.1 (1992)・NEWS-OS 4.2.1 (1993)・Linux 1.0.0 (1994) ※1993年は0.99.x? ……実用度では商用OSが圧倒的に強かった時代
    • NetBSD 0.8 1993年 4月20日リリース・386BSD 0.1+patchkit 0.2.2・i386 のみ・当時は別グループであったFreeBSDと 統合するという話もあったとか
    • NetBSD 0.9 1993年 8月23日リリース・amiga と hp300 の追加・各種コマンドの更新やバグ修正が主・replace gcc1 with gcc2 なんてログも
    • NetBSD 1.0 1994年 10月26日リリース・UCB vs USL訴訟の和解を受けて 4.4BSD-Liteベースに更新 ……そのせいで1年以上の時間が・shared library サポート・mac68k, pc532, sparc追加
    • NetBSD 1.1 1995年 11月26日リリース・alphaのサポート追加 ……64ビットサポートの始まり・atari, mvme68k 追加・sun3 SCSI DMAサポートなど 各種ドライバ追加やバグ修正
    • NetBSD 1.2 1996年 10月 4日リリース・x68k 追加 ……初の日本発の移植成果のマージ・ARMサポート(NetBSD/arm32)追加 当時は「イギリスの怪しげなマシン」でした・MC68060サポートとか gcc-2.7.2 とか
    • NetBSD 1.3 1998年 1月 4日リリース・bus_space, bus_dma API の追加 ……NetBSD機種非依存ドライバ実装の象徴・ATAPI, ISAPnP, PCMCIA など デバイスサポートの充実・Sun3/80, R4000サポート追加
    • NetBSD 1.4 1999年 5月 12日リリース・新仮想記憶システム UVM・USBサポート追加・bebox, newsmips, macppc など 日本人によるport追加
    • NetBSD 1.5 2000年 12月 6日リリース・移植バブルで一気にport数が増加 ……1.4リリース時点から14port追加・KAME Project の IPv6サポート追加・OpenSSL, SSH が標準に
    • NetBSD 1.6 2002年 9月 14日リリース・Unified Buffer Cache (UBC) による ディスクI/Oの性能向上・さらにport数が増加 …17portくらい(?)追加・各portのELF移行と クロスコンパイル開発環境の始まり (build.sh スクリプト登場)
    • NetBSD 2.0 2004年 12月 9日リリース・バージョン番号命名規則の変更・x86, macppc, sparc の SMPサポート ……Scheduler ActivationによるM:Nスレッド実装・amd64, xen の追加
    • NetBSD 3.0 2005年 12月 23日リリース・新portは iyonix の1つだけ・Enhanced SpeedStepや 各種デバイスサポート追加がメイン ……私も sgimips O2 の Ethernetドライバを   ごりごり書いたりしました
    • NetBSD 4.0 2007年 12月 19日リリース・gcc 4.x 移行でいろいろとハマった感 ・リリースブランチやり直し事件 ・gcc4 だと動かないドライバ多数発生とか ・VAX shlib が動かないよ 等々・地味に日本発portとして ews4800mips と landisk 追加 ・あと個人的に cobalt RestoreCD 作成開始
    • NetBSD 5.0 2009年 4月 29日リリース・スレッド関連の大幅な書き直しによる SMP性能の大幅な向上 mutex(9)とかrwlock(9)とかSolaris Internals感・WAPBL(ジャーナリング)サポート ……Wasabi Systems からの寄贈
    • NetBSD 6.0 2012年 10月 17日リリース・2038年問題対応 64ビット time_t・Linuxバイナリエミュレーション向上 新しいAdobe flash再生も一応それなりに・64ビットを含むMIPSサポート追加 ……しかし従来のR5000とかが壊れてる感?・各謎マシンサポートについてはOSC広島資料を参照
    • NetBSD 6.0以降 7.0の日程は現状未定?・RaspberryPiを含む各種ARM追加 OpenBlockA6も。koboはまだ・マイナー機種もちまちまと作業 ・X68030でのCD-ROM起動デバッグ ・luna68kのブートローダーとか
    • NetBSD Port数  昨年のOSC愛媛資料 NetBSD ports removed merged kept added 60 2 1 0 2 1 0 0 1 1 50 7 40 12Number of Ports 30 9 20 4 4 1 3 10 3 4 5 0 1998 2002 2006 1993 1994 1995 1996 1997 1999 2000 2001 2003 2004 2005 2007 2008 2009 2010 2011 YEAR
    • 成長期と停滞期 (1) 最初の10年- いわゆる成長期- ドライバ書きでも 謎マシン移植でも 「自分のコードが入ったOSが動く」 というのは未知の感覚?- 商用OSに追いつけ追い越せ という目標
    • 成長期と停滞期 (2) 次の10年- 簡単なところは結構やり尽くした感?- OSとしての課題はまだまだあるけど Linuxのマンパワーと比べてしまうと 個人ではなかなかそこまで頑張れない? …bus_dma, WAPBL, SMP 等の大きな成果は どれもスポンサー付きだったり
    • 次の10年に向けて (1) OSC東京前のDoc-jaの方々のお言葉 「”誰か” なんてものは存在しない。」 「欲しいなら、自分がやるしかない。」
    • 次の10年に向けて (2) mikutter作者 toshi_aさんのお言葉 「楽しくなくなったらやめる。」 「自分のために。」
    • NetBSDのよいところ (1) khorben@氏のスライド ”Touch your NetBSD” での紹介文 ”clean, portable, embedded, coherent” “... fun!” “Portability comes from good design (not a goal)”
    • NetBSDのよいところ (2) NetBSDのここが楽しい-「いろんなマシンで動く?」⇒「どのマシンでも動かせるような実装」 という設計思想が本質- 各機能やデバイス等で独立して開発が可能 - SMP向上の裏で謎マシンサポートとか- クロスビルド環境も同様の思想が発端
    • 何をすればよいのか できることをやろう- インストールして動かすだけでもいい - 動いたら「次はmikutter」でも楽しかったり - メンテしてる側も動作レポートは嬉しいです - ハード固有の問題は結構大変なので RaspberryPiみたいな共通ハードはオススメ- レシピ通りで満足したら次のステップに - アレンジしたり ソース読んだり 発表したり
    • 今後の締切駆動案 (1) ておくれLive Image改善- メディアサイズに 応じたイメージの サイズ拡張機能- jwm以外の 軽量デスクトップ (オススメ募集)
    • 今後の締切駆動案 (2) Intel DRM/KMS/GEMドライバ - Core i 内蔵ビデオサポートのテストhttp://mail-index.NetBSD.org/tech-x11/2013/02/25/msg001246.html - いまいち盛り上がってない(?)ので テストカーネル入りイメージ作成で支援? …まずはマシンを入手するところから ^^;)
    • まとめ NetBSD 20年- 1993/3/21から開始でもうすぐ20歳- まだまだやるべきことはいろいろ- 自分が楽しいこと、できそうなところを- 結果は OSCでも Twitterでも blogでも なんでもいいので共有すると楽しいです
    • おわり