Your SlideShare is downloading. ×
Nagoya agile no45_projectmanagement
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Nagoya agile no45_projectmanagement

984

Published on

第45回名古屋アジャイル勉強会 再考 Project Management

第45回名古屋アジャイル勉強会 再考 Project Management

Published in: Business
2 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
984
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
2
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 再考Project Management2012/8/31(金)第45回 名古屋アジャイル勉強会
  • 2. まずは自己紹介名前: 岩井 @tuto_i仕事: 8年ほど前まで業務系SE、今はPM趣味: フットサル、サッカー観戦、映画鑑賞出身: グンマ県桐生市(18歳から名古屋です)コミュニティ: • PMI日本支部中部地域サービス(PMIJ中部) • 「なごあじゃ」には、たま~に顔を出します
  • 3. 本日の流れ1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題点を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題点を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. まとめ
  • 4. 最初に本日の資料は、後日公開します。なので、私が話している間メモを取っていただく必要はありません。
  • 5. 1.本日のテーマについて1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 6. 1.本日のテーマについて ~告知文より抜粋~自己組織化されたチームにおいて、・プロジェクトの状況を見える化して共有する・個々のメンバーがそれぞれの進捗状況の共有を行う・チーム及び利害関係者を交えてリリースの計画を立てるといった行動を通じてプロジェクトの管理を行っています。 ~中略~
  • 7. 1.本日のテーマについてプロジェクト管理についての学びや理想のプロジェクト管理像を通じて、現場で行われているプロジェクト管理の本質を理解したり、プロジェクト管理に起因する問題の解決に繋げたいと思います。
  • 8. 2.プロマネのお仕事紹介1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 9. 2.プロマネのお仕事紹介(1/5) ~プロジェクトとは?~ ~PMBOK®第3版における定義~『プロジェクトとは、独自の製品、サービス、所産を創造するために実施される有期性の業務である。 』企業などの組織で行う通常業務(ルーチンワーク)や、継続的な運用管理・改善活動などは、特に開始と終了が定義されていないため「プロジェクト」とは呼びません。
  • 10. 2.プロマネのお仕事紹介(2/5) ~なぜプロジェクトが存在するか?~ ~PMBOK®第3版から抜粋~• プロジェクトは、組織の戦略計画を達成する手段• 戦略計画の例 市場需要、顧客要求、技術上の進歩、法的要件 etc 戦略計画 ポートフォリオ プログラムプロジェクトA プロジェクトB プロジェクトC プロジェクトD プロジェクトE
  • 11. 2.プロマネのお仕事紹介(3/5) ~プロジェクト・マネージャの役割~ ~PMBOK®第3版から抜粋~• プロジェクト・マネージャとは、プロジェクト目標を達 成するために、母体組織によって任命された人。 ~Wikipediaから抜粋~• プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を 持つ職能あるいは職務である。
  • 12. プロマネのお仕事【理想編】
  • 13. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編①】~ プロジェクト立上げプロジェクトが始まらないことにはプロマネのお仕事はありません! プロマネ任命 プロジェクト憲章※プロマネ自身が立上げに関わるケースもあります ・プロジェクトの開始を公式に証明するもの ・プロジェクトの定義 ・「アジャイルサムライ」でいうインセプションデッキ
  • 14. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編②】~プロジェクト憲章では次のことが定義されます • プロジェクトの目的・背景 • プロジェクトの成果・ゴール • 制約事項(予算、期間など)や前提事項 • 初期リスク、マイルストーン • ステークホルダー(プロジェクトに関わる利害 関係者) • etc
  • 15. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編③】~ プロジェクト計画本来、プロマネはこの「プロジェクト計画」に大部分の時間を割きます スコープ定義 スケジュール計画(D) コスト計画(C) 品質計画(Q) 「荒ぶる四天王」@アジャイルサムライ会議体、連絡ルール 要員/育成計画リスクマネジメント計画 ステークホルダー etc
  • 16. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編④】~ プロジェクト計画 プロジェクトマネジメント計画書 各管理項目のベースラインを定める
  • 17. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編⑤】~ プロジェクト実行チーム編成・育成、タスクの消化等を行います。この段階では、プロマネはチームがプロジェクト活動を実施するための支援やステークホルダーとのコミュニケーションに注力します。
  • 18. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編⑥】~ 監視・コントロールプロジェクト活動の結果から得られるパフォーマンス情報(進捗、品質等)から、計画時に定めたベースラインから大きく逸脱していないかを監視する。ベースラインを逸脱しそうな要因を特定し、対策を打つ。時には、正式な手順を経た上で、プロジェクト計画を変更する。 プロジェクト実行 プロジェクト計画
  • 19. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編⑦】~ プロジェクト終結成果物の検証、納品、契約の終了手続きなど、プロジェクトを公式に終結するための活動を行います。また、プロジェクト活動で得られた教訓を残すことで、次回以降のプロジェクトに活用します。
  • 20. 2.プロマネのお仕事紹介(4/5) ~プロマネのお仕事【理想編⑧】~ プロジェクト終結 「教訓」の例 プロジェクトで作成したWBS * 顕在化したリスクとその対策 品質向上のために行った施策 etc *Work Breakdown Structure
  • 21. はい、もちろんこんなに上手くいくはずはありませんね!
  • 22. プロマネのお仕事【現実編】※IT受託開発プロジェクト※私の経験をもとにしたフィクションです!
  • 23. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編①】~ プロジェクト立上げ受託開発プロジェクトなので、発注(お客さん)側にもプロジェクト体制が存在するはず。また、通常「プロジェクト憲章」は発注側が発行します。
  • 24. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編②】~ プロジェクト立上げ ところが、発注側の「担当者」の顔は見えるが、プロジェクト責任 者(発注側プロマネ)の顔が見えないプロジェクト憲章に該当する「RFP」には「やりたいこと」 は記載されているが、その背景にあるお客さんの事業 計画やIT戦略などが見えないことが多い。 ⇒お客さん自身の「やりたいこと」が非常に怪しい「やりたいこと」と予算・期間のギャップ(分かっちゃいる けど、受注するために致し方なし)
  • 25. いきなり雲行きが怪しいです!
  • 26. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編③】~ プロジェクト計画本来「プロジェクト憲章」をインプットとして、プロジェクト計画を策定します。このインプットが不十分な場合は、プロジェクト計画段階で必要な情報を収集せざるを得ません。
  • 27. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編④】~ プロジェクト計画 ところが、プロジェクト計画のための期間・工数が無い!過去の類似プロジェクトのプロジェクト計画書をコピペ怪しさ満点の「やりたいこと」をスコープとしてWBSを 作成ステークホルダーの全体像が見えないままコミュニ ケーション計画を立てる(営業との連携不足?)発注側の予算に合わせた見積りとりあえず稼働できる人間で要員計画・体制づくり
  • 28. どういうことになるのか?
  • 29. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編⑤】~プロジェクト計画書のコピペ ⇒PJ固有のリスクに目をつぶる「やりたいこと」を十分検証せずにスコープ決め ⇒仕様変更/手戻りフラグが立ちますステークホルダーを押さえていない ⇒鶴の一声(←エライ人) ⇒そんなポリシー聞いてないよ!(←インフラチーム) ⇒えっ今さら標準化?(←共通化チーム) ⇒などなど「想定外」のことが次々と・・・発注側の予算に合わせた見積り ⇒破たん、コスト・納期を優先して品質が犠牲に・・・
  • 30. 勝ち目のない戦が始まりました
  • 31. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編⑥】~ プロジェクト実行この段階では、プロマネは前面に出ることはありません。プロジェクト・メンバーが仕事しやすいように支援したり、ステークホルダーとの調整・報告がメインとなります。
  • 32. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編⑦】~ プロジェクト実行 ところが、ステークホルダーの中に突如、新キャラ(エライ人)登 場!この人のための報告資料を作る羽目になります。メンバーにヒアリング: 「このタスクの遅延理由をも う少し詳しく教えて」「ステップ数あたりの(ry」 ⇒結果、メンバーの作業を邪魔します 様々なステークホルダーの要求に応えるために奔走 ⇒徐々にプロマネ自身も余裕が無くなってきます
  • 33. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編⑧】~ 監視・コントロールプロマネは、QCD&スコープに影響を与えそうなすべての事象に全身全霊を傾けて目を光らせます!(リスク・マネジメント)
  • 34. 2.プロマネのお仕事紹介(5/5) ~プロマネのお仕事【現実編⑨】~ 監視・コントロール ところが、もはや余裕が無いためプロジェクトの状況が見えなく なってしまいますスコープのコントロール不全 ⇒なし崩し的に仕様変更 QCDのマネジメント不全 ⇒適切な対策を打てず 原因・対策の説明を求められて、その報告書を作るの に時間を取られ本来やるべきことができない悪循環 目の前の問題を解決するのが精いっぱいで、リスク・マ ネジメントどころではなくなる悪循環
  • 35. このように、プロジェクトマネジメントの世界には理想と現実の間に沢山のギャップがあります。
  • 36. 皆さんの職場では、プロジェクトマネジメントに関して、どんな問題がありますか?
  • 37. 3.自己紹介タイム1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 38. 3.自己紹介タイムワークショップに入る前に、各テーブルで自己紹介を始めてください。• 自分のお名前• プロマネ経験有無• 経験有⇒プロマネやってて嬉しいこと• 経験無⇒プロジェクト活動において工夫し たこと
  • 39. 3.ワークショップ#11. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 40. 4.ワークショップ#1 ~プロジェクトの問題を洗い出してみるグループごとに、皆さんの現場で起きているプロジェクトの問題点を洗い出していただきます。• A3用紙、付箋紙、ペンを使ってください• とにかく思いつくものをどんどん洗い出しましょう• 他人から聞いたトピックスでも構いません• 分類・グルーピングはここでは不要です
  • 41. 5.PMBOK®の知識エリア紹介1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 42. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(1/9)プロジェクトの問題を洗い出していただいたところで、PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)で定められている「9つの知識エリア」について簡単にご紹介します。• PMBOK = Project Management Body Of Knowledge (プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)• 日本語版の最新は2009年に翻訳された「第4版」• 2012年に第5版がリリースされる予定(日本語訳は 翌年?)
  • 43. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(2/9)• プロセス:プロジェクトをマネジメントするにあたり、 特定の成果を生み出す一連の活動• プロセス群:プロセスを時間軸にそって分類したもの • 立上げ、計画、実行、監視・コントロール、終結• 知識エリア:プロセスを知識体系的に分 類したもの
  • 44. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(3/9)• プロセス群のイメージ
  • 45. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(4/9)• PMBOKのプロセスを分類する2つの「軸」 プロセス群 知識エリア 立上げ 計画 実行 監視 コントロール 終結 4.4プロジェクト作業の監 4.1プロジェクト憲章作成 4.2 プロジェクトマネジメント   4.3プロジェクト実行の指  4.8プロジェクトやフェーズ 統合 (1.1.3.2) 計画書作成(1.1.3.P7) 揮・マネジメント(3.0.1.1) 視・コントロール(3.0.1.2) の終結 (90.0) 4.5統合変更管理(3.0.1.3) 5.1要求事項収集(5.0.4) 5.4スコープ検証(5.0.6)5.5 スコープ 5.2スコープ定義(5.0.1) スコープ・コントロール 5.3WBS作成(2.1A.5) (5.1.3.P1) プロセス群 6.1アクティビティ定義 (2.1A.5) 6.2アクティビティ順序設定 (2.1A.P6) 6.6スケジュール・コントロー (5つ) タイム 6.3アクティビティ資源見積知識エリア ル (3.1A.3.P2) り(2.1A.P8) 6.4アクティビティ所要時間 見積り(2.1A.P8) 6.5スケジュール作成 (9つ) (2.1A.P9)  7.1コスト見積り(2.1B.P5) 7.3コスト・コントロール コスト 7.2予算設定(2.1B.P6) (3.1B.3.P1) 品質  8.1品質計画(9.1.3.P2)  8.2品質保証(9.1.3.P3) 8.3品質管理(9.1.3.P4) 9.2プロジェクト・チーム編 成 (8.1.2) 9.1人的資源計画書作成 9.3プロジェクト・チーム育 人的資源 (8.1.1) 成 (8.1.3) 9.4プロジェクト・チームのマ ネジメント(8.1.4) 10.1ステークホルダーの特 10.2コミュニケーション計 10.3情報配布(6.1.3.P3) コミュニケーション 定(0.0.1) 画 (6.1.3.P2) 10.5実績報告(6.1.3.P5) 10.4ステークホルダーの期 待のマネジメント (6.1.1.1) 11.1リスク・マネジメント計 画 (7.1.2.P2) 11.2リスク特定(7.1.2.P3) 11.3定性的リスク分析 11.6リスクの監視・コント リスク (7.1.2.P4) ロール (7.1.2.P7) 11.4定量的リスク分析 (7.1.2.P5) 11.5リスク対応計画 (7.1.2.P6) 調達 12.1調達計画(10.1.P1) 12.3調達実行(10.1.P5) 12.3調達管理(10.1.P6) 12.4調達終結(90.P2)
  • 46. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(5/9)1. スコープ・マネジメントプロジェクトを成功のうちに完了させるために必要な作業を過不足なく含めることを確実にするために必要なプロセスからなる。(要求事項収集、スコープ定義、WBS作成、スコープ検証 etc)2. タイム・マネジメントプロジェクトを所定の時期に完了させるために必要なプロセスからなる。(アクティビティ定義/順序設定/資源見積り/所要時間見積り、スケジュール作成 etc)
  • 47. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(6/9)3. コスト・マネジメントプロジェクトを承認済みの予算内で完了するために必要なプロセスからなる。(コスト見積り、予算化設定、コスト・コントロール etc)4. 品質マネジメントプロジェクトが取り組むべきニーズを満足するための品質に関するプロセスからなる。(品質計画、品質保証、品質管理 etc)
  • 48. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(7/9)5. 人的資源マネジメントプロジェクト・チームを組織化し、マネジメントするためのプロセスからなる。(人的資源計画、プロジェクト・チーム編成/育成 etc)6. コミュニケーション・マネジメントプロジェクト情報の生成、収集、配布、保管、検索をタイムリーかつ確実に行うためのプロセスからなる。(ステークホルダーの特定、コミュニケーション計画、情報配布、ステークホルダーの期待のマネジメント、実績報告etc)
  • 49. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(8/9)7. リスク・マネジメントプロジェクトに関するリスクの識別・分析・対応・監視等に関するプロセスからなる。(リスク識別、定性的/定量的リスク分析、リスク対応計画、リスク監視・コントロールetc)8. 調達マネジメント作業の実行に必要なプロダクト、サービス等を外部から購入または取得するプロセスからなる。(調達計画、調達実行、調達管理、調達終結 etc)
  • 50. 5.PMBOK®の知識エリア紹介(9/9)9. 統合マネジメント各種プロセスとプロジェクトマネジメント活動を識別、定義、統合、統一、調整等を行うために必要なプロセスと活動からなる。(プロジェクト憲章作成、プロジェクトマネジメント計画書作成、プロジェクト実行の指揮・マネジメント、作業の監視・コントロール、統合変更管理、プロジェクトの終結 etc)
  • 51. 3.ワークショップ#21. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 52. 6.ワークショップ#2 ~問題を知識エリアに分類してみるワーク#1で洗い出していただいたプロジェクト現場の問題を、先ほどご紹介した「9つの知識エリア」に分類してみましょう。分類することによって、普段感じている問題点の因果関係が見えてくるかもしれません。• 各テーブルに知識エリアの資料が置いてあります• 新しいA3用紙を9つに区切って付箋紙を配置してみ ましょう
  • 53. ワークショップまとめ(1/2)ワークショップお疲れさまでした。冒頭でも申し上げたとおり、今回は「プロジェクトマネジメント」に関する現場の問題について話し合うことで、少しでもプロジェクトマネジメントについて興味を持っていただけたのではないかと思います。また、本日のワークが現場での問題解決のヒントに繋がるのであれば、尚のこと幸いです。
  • 54. ワークショップまとめ(2/2)ワークショップに先立ち、プロマネのお仕事の「大変さ」を紹介させていただきましたが、もちろんプロマネをやることで「うれしいこと」も多々あります。 • 無事プロジェクトが終了したときの達成感 • 多様なスキルが身に付く(マネジメント、交渉力、 コーチング etc) • チームの成長が見て取れる • 多様な人脈(他部署、顧客、顧客の顧客、同業他 社、協力会社 etc) • 収入?
  • 55. 7.PMIJ中部の活動紹介1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング
  • 56. 7.PMIJ中部の活動紹介(1/3)我々「PMIJ中部」では、こうした現場レベルでのプロジェクトマネジメントに関する情報交換、勉強会、セミナー開催などを中心に、名古屋地区で活動を続けています。
  • 57. 7.PMIJ中部の活動紹介(2/3)PMI日本支部中部地域サービスの位置づけ※PMI:プロジェクトマネジメント協会 PMI本部(米国) http://www.pmi.org/ 一般財団法人 PMI日本支部(東京) 世界各国のPMI支部 http://www.pmi-japan.org/ PMIJ中部地域 各地方の地域 PMIJ関西地区 サービス サービス
  • 58. 7.PMIJ中部の活動紹介(3/3) 毎月最終週水曜日の主な活動内容 19:00~21:00• 月次の定例会(@名古屋市内) • PMに関する勉強会、読書会など(基本、参加自由) • 懇親会• セミナー開催@名古屋(年2~3回、PDU付)• PMI日本フォーラム参加@東京(年1回)• 他コミュニティとのコラボ企画 • PM学会 • TEF東海 • 名古屋アジャイル勉強会 etc http://www.facebook.com/pmij.chubu
  • 59. (参考図書)• A Guide to the Project Management Body of Knowledge: Official Japanese Translation(プロ ジェクトマネジメント 知識体系ガイド PMBOKガイド)• 新版 プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 • 広兼 修/オーム社• PMBOKガイド・マニュアル • Cynthia Snyder Stackpole、清水 計雄、 プロジェク トマネジメント情報研究所• 抜群にプロジェクトを成功させる技術 ~PMBOKの科 学的理解で培う実践力~ • 桑原 高雄/技術評論社
  • 60. 7.PMIJ中部の活動紹介1. 本日のテーマについて2. プロマネのお仕事紹介3. 自己紹介タイム4. ワークショップ#1 • プロジェクトの問題を洗い出してみる5. PMBOK® の知識エリア紹介6. ワークショップ#2 • 問題を知識エリアに分類してみる7. PMIJ中部の活動紹介8. ふりかえり・クロージング

×