自己紹介
2004 2010
2008
2012
2010
大規模Web構築/運用 ソーシャル モバイル
Studymateって
どんなアプリ?
Studymateとは?
• 英単語のテストをベースにした
ソーシャル学習サービス
• 2012/9/18にリリースした
iPhone向けアプリ
• リリース8日間で10,000DL、
教育カテゴリー(無料) 3位!
AppStoreのオススメ...
Studymateのユーザー体験
チーム合計得点に
個人のテスト結果が加点
毎日20問の
テストが出題
チームメイトに
褒められる
復習テストで何回も
繰り返し出来る
繰り返すたび
得点がチームに入る
ユーザー数とアクティブ率
0
3000
6000
9000
12000
15000
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月11月12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月
0%
20%
40%
60%
80%
100%
3% 2% 3% 4...
Studymate利用ユーザーの割合
その他
4%
社会人
67%
大学生
4%
高校生
23%
中学生
2%
属性 利用者数
中学生 6
高校生 90
大学生 16
社会人 261
その他 14
計 387
利用者の約70%が社会人
1月に実...
勉強において
社会人が抱える課題って
何だろう?
みんな継続できない…
いいえ
28%
はい
72%
あなたは、過去に英語学習で挫折した(続かなかった)ことがありますか?
2012年10月実施
ロゼッタストーン・ジャパン株式会社による独自調査
「ビジネスパーソンの英語の悩みに関する意識調査」よ...
時間がない
学習が続かない理由
学習への
動機付けが弱い
一日に何度でも勉強してもらおう!
ゲーミフィ
ケーション
スマホアプリ
に毎日アクセスして
学習への
動機付けが弱い
時間がない
隙間時間に手軽に勉強
スマホアプリ
忙しい社会人にとって
毎日机に向かって
勉強なんて無理!!
http://www.flickr.com/photos/lilymonster/8633941304/
隙間時間に勉強できるのがスマホ
通勤時間に
誰かを待つちょっとした時間
料理の煮込み中に
http://www.flickr.com/photos/mikeleeorg/482315749/
http://www.flickr.com/photos...
ユーザーからの声
毎日楽しく英語の勉強をやらせてもらっています。
色々な単語のアプリを試してみましたが、アウトプットして覚えるものがなかったの
で、
すごく助かっています。
仕事をしている都合上、主に電車の中でやっています。
仕事の休みの日は勉...
Studymateの1日の訪問数
時系列推移
通勤時間 ランチタイム 帰宅時間
勉強が続けられる 新しく単語を覚えた 単語を忘れない 短期間で覚える
91% 87% 87% 72%
Studymateの学習効果について、「効果はある程度感じる」
「とても効果がある」と答えた社会人の割合(N=261)
1月に実施したStud...
どうやって運用してるの?
体制
やっていること
•戦略立案
•アンケート
•インタビュー
•仮説検証
•データ取得
•KPI分析
•施策立案
•教材作成
•フロントエンド開発
•デザイン開発
•集客施策立案/実行
•ユーザーサポート
•投稿監視
•その他雑用すべて
•プログラ...
アジャイルなアプリ運用 6大要素
戦略
機能開発
コンテンツ
開発
顧客
対応
分析
マーケ
ティング
施策
インフラ
最適化
戦略
施策
運営
アジャイルなアプリ運用 6大要素
戦略
機能開発
コンテンツ
開発
顧客
対応
分析
マーケ
ティング
施策
インフラ
最適化
ユーザー中心のデザイン
&高速PDCA
柔軟かつスピーディーに
施策展開ができる仕組み
ユーザーとの
良好な関係維持
戦略
戦略 分析
目指すビジネスゴールは明確か?
ゴールが明確でないと、分析も
改善施策も何も始まらない。
アプリを通して
ユーザーにどの
ような価値を
提供するのか?
ユーザーに提供した
価値がビジネス上の
何を達成するのか?
ユーザー視点 ビジネス視点
ユーザーニーズとの
マッチング
アプリの
真の価値
ダウンロード数 アクティブ率
基本となるアプリKPIの組み立て
ユーザーがアプリに求めている
ニーズに合致し、DLしてもらえるか
DLしてくれたユーザーが
継続的に使い続けてくれているか
ユー...
ユーザーニーズとの
マッチング
アプリの
真の価値
ビジネス価値
アプリごとに設定
目的とするビジネス価値を達成しているか
そのユーザーがどのようなビジネス価値を創出してくれるか?
ビジネス視点のKPI
基本となるアプリKPIの組み立て
Studymateの具体的なKPI値
ユーザー数
アクティブ率
売上/利益
20万DL
20%
XX円
※アクティブ率は翌月以降に1度以上ログインしてくれるユーザーの割合
三兎を順番に追う
アクティブ率
20%
1∼6ヶ月 7∼12ヶ月
ユーザー数
20万DL
2年目∼
売上/利益
XX円
価値提供の
中核を確立
より多くの
ユーザーに
使ってもらう
事業化
ユーザーに価値提供をしないと
ビジネス価値は生まれない...
主要KPIは更に詳細なKPIに
ブレークダウンして管理する
アクティブ率
20%
初回ユーザー
登録率
初回テスト
受講率
翌週
ログイン率
翌月
ログイン率
90%
70%
20%
40%
3ヶ月後
ログイン率
50%
仮説検証のための分析手法
単純に月別で集計した累計数字では
施策の良し悪しが判断できない。
DLからの経過時間でアクティブ率を
追うと全く違う世界が見えてくる
0%
20%
40%
60%
80%
100%
翌月 2ヶ月後 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後
84%
74%
62%
53%
44%47%
29%
20%
15%
10%
全体...
コホート分析をしよう
出典:http://www.kango-net.jp/nursing/03/index2.html
コホートとはもともと古代ローマ軍の一連隊をさす言葉で、集団のことです。
ある集団(コホート)を追跡し、コホート内の人々の間...
Studymateの例
母集団ごとのKPI値を分析し施策効果を分析
入会週ごとに
母集団を形成
Studymateの例
このような分析を行うことで実行した施策の
正しいフィードバックを得ることが可能になる。
入会週ごとに
母集団を形成
経過月ごとのアクティブ率を追っていく
ユーザーの声を聴く
ソーシャルリスニング 問い合わせ
ユーザーの声を真摯に聴き、打つべき施策を検討していく
App Storeレビュー
アイデアはユーザーにも出してもらう
ユーザー共創型のサービス改善
アンケートの実施
ユーザー向けの質問でなければメンバーズ社員向けに
サクッとやることもある。
多い時は1/3くらいが答えてくれる。
インタビュー
ユーザーインタビューは最初の企画時だけ
でなく、運用の時にもやることが重要。
機能開発
コンテンツ
開発
マーケ
ティング
施策
施策
マーケティング施策の陥りやすい罠
あなたが
訴求したい
アプリの価値
ユーザーが
探している
アプリ
Studymateの場合
あなたが
訴求したい
アプリの価値
ユーザーが
探している
アプリ
このアプリなら
勉強が続きますよ
何となく英語が
聞き取れるように
なりたいなぁ
運営者 ユーザー
AppStoreの上位アプリを眺めているだけで
ユーザーのインサイトが見えてくる
英語の勉強したいというのは、
英語を聞き取れるようになりたいということ。
欲しいアプリを3つ選んで
たとえばアイコンひとつとっても...
毎日のテストで
自然と身に付く英会話
100の教材
TED
海外
ドラマ
映画
英語テスト
?
タイトルをちょっと変えるだけで...
英単語テストをみん
なで受けよう! Study
mate
毎日のテストで英語
力UP! Studymate
ダウンロード数
74%アップ
広告/PRの展開
• リワード広告
• レビューサイト記事広告
• アドネットワーク
• リスティング広告
• Facebook広告
• PR施策(アプリに何らかのユニークさがあるなら)
短期集中で
ランキング上位を
狙うのが定石
+
優良ユーザーへの
レビュー依頼機能の実装
AppStore上位ランクインと
インストール率向上には必須
いつもStudymateをご利
用いただきありがとうござ
います!
今後のサービス改善に役立
てるため、AppStoreでレ
ビューをお願い...
機能開発
コンテンツ
開発
マーケ
ティング
施策
施策実行
UXデザイン/KPI設定/分析がしっかりとできていれば、やるべきことが明確になり
実行施策の内容で悩むことは少ない。
アジャイルで開発で優先順が高いものから開発着手し1∼2週間単位でリリースしていく。
「アジャイル」なコンテンツや機能の開発
開...
一般的なシステムで使われる機能
Standish Group Study Reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairman
いつも使う
7%
よく使う
13%
たまに使う
16%
ほとんど使われない
19%...
テストの自動化
変化が多いからこそ、常にプログラム
修正を受け入れられる状態を作っておく。
プログラム修正があると自動でテストが
実行。すべてのテストがクリアになるま
でマスタープログラムに修正を反映でき
ない。
オールグリーンを目指せ!
コードの健康を保つ
ソースコードは生き物。
みんなでコードレビューをし、コードを常に
良い状態に保たないと機能開発速度が落ちる。
Studymateでは1年間で主要機能だけでも
これだけのリリースを実現した
最後に:アジャイル開発サービスのご紹介
アジャイルで成果向上が期待できる施策
スマホアプリ コミュ二ティ
CRM施策 ネット新規事業
オウンドメディアをビジネス価値につなげます
•不確実性が高く、常に変化が必要となる案件
•ビジネス直結型で永続的に開発・運用を続ける案件
メンバーズ アジャイル開発プロセス
反復
UXデザインとユーザー
中心の計画づくり
開発・分析の繰り返し ビジネス成果の創出
ビジネスゴールの
設定とKPI策定
•アンケート/インタビュー
•フィールドワーク
•ペルソナ
•ユーザー行動シナリオ...
継続的に改善を続ける体制づくり
従来型 アジャイル型
初期仮説に基づきすべての機能を
開発し、後はそれを維持する
初期仮説
↓
要件
↓
開発
保守
仮説⇆検証⇆改善
時間 時間
初期化説検証可能な機能で
ミニマムスタートし、
継続的に仮説検証...
本資料に関するお問い合わせはこちらまで
株式会社メンバーズ
〒104-6037 東京都中央区晴海1丁目8番10号
晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
TEL 03-5144-0650  FAX 03-5144-0624
h...
「Studymate」に学ぶアジャイルなスマホアプリ運用術(2013.7 メンバーズ社セミナー資料より)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「Studymate」に学ぶアジャイルなスマホアプリ運用術(2013.7 メンバーズ社セミナー資料より)

595 views
573 views

Published on

ソーシャル学習サービス「Studymate」の運用方法をご紹介

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
595
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「Studymate」に学ぶアジャイルなスマホアプリ運用術(2013.7 メンバーズ社セミナー資料より)

  1. 1. 自己紹介 2004 2010 2008 2012 2010 大規模Web構築/運用 ソーシャル モバイル
  2. 2. Studymateって どんなアプリ?
  3. 3. Studymateとは? • 英単語のテストをベースにした ソーシャル学習サービス • 2012/9/18にリリースした iPhone向けアプリ • リリース8日間で10,000DL、 教育カテゴリー(無料) 3位! AppStoreのオススメにも掲載 された
  4. 4. Studymateのユーザー体験 チーム合計得点に 個人のテスト結果が加点 毎日20問の テストが出題 チームメイトに 褒められる 復習テストで何回も 繰り返し出来る 繰り返すたび 得点がチームに入る
  5. 5. ユーザー数とアクティブ率 0 3000 6000 9000 12000 15000 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月11月12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 0% 20% 40% 60% 80% 100% 3% 2% 3% 4% 4% 5% 37% 25% 19% 26%24% 18%16% 12%13% 累計会員数 アクティブ率 アクティブ数
  6. 6. Studymate利用ユーザーの割合 その他 4% 社会人 67% 大学生 4% 高校生 23% 中学生 2% 属性 利用者数 中学生 6 高校生 90 大学生 16 社会人 261 その他 14 計 387 利用者の約70%が社会人 1月に実施したStudymate独自調査より
  7. 7. 勉強において 社会人が抱える課題って 何だろう?
  8. 8. みんな継続できない… いいえ 28% はい 72% あなたは、過去に英語学習で挫折した(続かなかった)ことがありますか? 2012年10月実施 ロゼッタストーン・ジャパン株式会社による独自調査 「ビジネスパーソンの英語の悩みに関する意識調査」より ビジネスパーソンで、過去に海外旅行経験がある 20 代 40 代男女 518 名を対象 http://www.rosettastone.co.jp/press/resources/ SurveyRelease1003.pdf
  9. 9. 時間がない 学習が続かない理由 学習への 動機付けが弱い
  10. 10. 一日に何度でも勉強してもらおう! ゲーミフィ ケーション スマホアプリ に毎日アクセスして 学習への 動機付けが弱い 時間がない
  11. 11. 隙間時間に手軽に勉強 スマホアプリ
  12. 12. 忙しい社会人にとって 毎日机に向かって 勉強なんて無理!! http://www.flickr.com/photos/lilymonster/8633941304/
  13. 13. 隙間時間に勉強できるのがスマホ 通勤時間に 誰かを待つちょっとした時間 料理の煮込み中に http://www.flickr.com/photos/mikeleeorg/482315749/ http://www.flickr.com/photos/rjackman/5932201348/ http://www.flickr.com/photos/41894154569@N01/4142537398/
  14. 14. ユーザーからの声 毎日楽しく英語の勉強をやらせてもらっています。 色々な単語のアプリを試してみましたが、アウトプットして覚えるものがなかったの で、 すごく助かっています。 仕事をしている都合上、主に電車の中でやっています。 仕事の休みの日は勉強のモチベーションがなかなか出ないのですが、このアプリはソワ ソワ感があってやる気がでました。 つい最近、社会人入試(学士入試)でW大学を受験し、英語の試験にパスする事が できました。英語の勉強はこれと長文だけです。 社会人として時間がないなか、 間時間を見つけ、この復習テストを受 けてきました。 とてもためになり、ありがとうございました。 また、素早い対応、改良等、努力が垣間見え楽しいかったです。 これからも頑張って下さい。応援しています。
  15. 15. Studymateの1日の訪問数 時系列推移 通勤時間 ランチタイム 帰宅時間
  16. 16. 勉強が続けられる 新しく単語を覚えた 単語を忘れない 短期間で覚える 91% 87% 87% 72% Studymateの学習効果について、「効果はある程度感じる」 「とても効果がある」と答えた社会人の割合(N=261) 1月に実施したStudymate独自調査より 多くのユーザーが単にアプリに ハマるだけではなく効果を実感
  17. 17. どうやって運用してるの?
  18. 18. 体制
  19. 19. やっていること •戦略立案 •アンケート •インタビュー •仮説検証 •データ取得 •KPI分析 •施策立案 •教材作成 •フロントエンド開発 •デザイン開発 •集客施策立案/実行 •ユーザーサポート •投稿監視 •その他雑用すべて •プログラム開発 •インフラ保守
  20. 20. アジャイルなアプリ運用 6大要素 戦略 機能開発 コンテンツ 開発 顧客 対応 分析 マーケ ティング 施策 インフラ 最適化 戦略 施策 運営
  21. 21. アジャイルなアプリ運用 6大要素 戦略 機能開発 コンテンツ 開発 顧客 対応 分析 マーケ ティング 施策 インフラ 最適化 ユーザー中心のデザイン &高速PDCA 柔軟かつスピーディーに 施策展開ができる仕組み ユーザーとの 良好な関係維持
  22. 22. 戦略 戦略 分析
  23. 23. 目指すビジネスゴールは明確か? ゴールが明確でないと、分析も 改善施策も何も始まらない。 アプリを通して ユーザーにどの ような価値を 提供するのか? ユーザーに提供した 価値がビジネス上の 何を達成するのか? ユーザー視点 ビジネス視点
  24. 24. ユーザーニーズとの マッチング アプリの 真の価値 ダウンロード数 アクティブ率 基本となるアプリKPIの組み立て ユーザーがアプリに求めている ニーズに合致し、DLしてもらえるか DLしてくれたユーザーが 継続的に使い続けてくれているか ユーザー視点のKPI
  25. 25. ユーザーニーズとの マッチング アプリの 真の価値 ビジネス価値 アプリごとに設定 目的とするビジネス価値を達成しているか そのユーザーがどのようなビジネス価値を創出してくれるか? ビジネス視点のKPI 基本となるアプリKPIの組み立て
  26. 26. Studymateの具体的なKPI値 ユーザー数 アクティブ率 売上/利益 20万DL 20% XX円 ※アクティブ率は翌月以降に1度以上ログインしてくれるユーザーの割合
  27. 27. 三兎を順番に追う アクティブ率 20% 1∼6ヶ月 7∼12ヶ月 ユーザー数 20万DL 2年目∼ 売上/利益 XX円 価値提供の 中核を確立 より多くの ユーザーに 使ってもらう 事業化 ユーザーに価値提供をしないと ビジネス価値は生まれない。 最初のビジネスゴールはあえて アクティブ率とDL数に置いた。
  28. 28. 主要KPIは更に詳細なKPIに ブレークダウンして管理する アクティブ率 20% 初回ユーザー 登録率 初回テスト 受講率 翌週 ログイン率 翌月 ログイン率 90% 70% 20% 40% 3ヶ月後 ログイン率 50%
  29. 29. 仮説検証のための分析手法 単純に月別で集計した累計数字では 施策の良し悪しが判断できない。
  30. 30. DLからの経過時間でアクティブ率を 追うと全く違う世界が見えてくる 0% 20% 40% 60% 80% 100% 翌月 2ヶ月後 3ヶ月後 4ヶ月後 5ヶ月後 84% 74% 62% 53% 44%47% 29% 20% 15% 10% 全体 友達がいる ※2012年9月∼2013年1月入会者を対象
  31. 31. コホート分析をしよう 出典:http://www.kango-net.jp/nursing/03/index2.html コホートとはもともと古代ローマ軍の一連隊をさす言葉で、集団のことです。 ある集団(コホート)を追跡し、コホート内の人々の間でイベント発生(喫煙、運動、 食生活など)がどのように異なるのかを調べて、その違いでその後の経過がどうなって いくかを見ていく方法をコホート研究、特に前向きコホート研究といいます。
  32. 32. Studymateの例 母集団ごとのKPI値を分析し施策効果を分析 入会週ごとに 母集団を形成
  33. 33. Studymateの例 このような分析を行うことで実行した施策の 正しいフィードバックを得ることが可能になる。 入会週ごとに 母集団を形成 経過月ごとのアクティブ率を追っていく
  34. 34. ユーザーの声を聴く ソーシャルリスニング 問い合わせ ユーザーの声を真摯に聴き、打つべき施策を検討していく App Storeレビュー
  35. 35. アイデアはユーザーにも出してもらう ユーザー共創型のサービス改善
  36. 36. アンケートの実施 ユーザー向けの質問でなければメンバーズ社員向けに サクッとやることもある。 多い時は1/3くらいが答えてくれる。
  37. 37. インタビュー ユーザーインタビューは最初の企画時だけ でなく、運用の時にもやることが重要。
  38. 38. 機能開発 コンテンツ 開発 マーケ ティング 施策 施策
  39. 39. マーケティング施策の陥りやすい罠 あなたが 訴求したい アプリの価値 ユーザーが 探している アプリ
  40. 40. Studymateの場合 あなたが 訴求したい アプリの価値 ユーザーが 探している アプリ このアプリなら 勉強が続きますよ 何となく英語が 聞き取れるように なりたいなぁ 運営者 ユーザー
  41. 41. AppStoreの上位アプリを眺めているだけで ユーザーのインサイトが見えてくる 英語の勉強したいというのは、 英語を聞き取れるようになりたいということ。
  42. 42. 欲しいアプリを3つ選んで
  43. 43. たとえばアイコンひとつとっても... 毎日のテストで 自然と身に付く英会話 100の教材 TED 海外 ドラマ 映画 英語テスト ?
  44. 44. タイトルをちょっと変えるだけで... 英単語テストをみん なで受けよう! Study mate 毎日のテストで英語 力UP! Studymate ダウンロード数 74%アップ
  45. 45. 広告/PRの展開 • リワード広告 • レビューサイト記事広告 • アドネットワーク • リスティング広告 • Facebook広告 • PR施策(アプリに何らかのユニークさがあるなら) 短期集中で ランキング上位を 狙うのが定石 +
  46. 46. 優良ユーザーへの レビュー依頼機能の実装 AppStore上位ランクインと インストール率向上には必須 いつもStudymateをご利 用いただきありがとうござ います! 今後のサービス改善に役立 てるため、AppStoreでレ ビューをお願いします。 レビューを書く 後で
  47. 47. 機能開発 コンテンツ 開発 マーケ ティング 施策 施策実行
  48. 48. UXデザイン/KPI設定/分析がしっかりとできていれば、やるべきことが明確になり 実行施策の内容で悩むことは少ない。 アジャイルで開発で優先順が高いものから開発着手し1∼2週間単位でリリースしていく。 「アジャイル」なコンテンツや機能の開発 開発する機能リストを 開発順に並べ、上から 順番に開発していく。 さらに開発着手している もの以外は変更可能。
  49. 49. 一般的なシステムで使われる機能 Standish Group Study Reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairman いつも使う 7% よく使う 13% たまに使う 16% ほとんど使われない 19% 全く使われない 45% 無駄な機能を作らない
  50. 50. テストの自動化 変化が多いからこそ、常にプログラム 修正を受け入れられる状態を作っておく。 プログラム修正があると自動でテストが 実行。すべてのテストがクリアになるま でマスタープログラムに修正を反映でき ない。 オールグリーンを目指せ!
  51. 51. コードの健康を保つ ソースコードは生き物。 みんなでコードレビューをし、コードを常に 良い状態に保たないと機能開発速度が落ちる。
  52. 52. Studymateでは1年間で主要機能だけでも これだけのリリースを実現した
  53. 53. 最後に:アジャイル開発サービスのご紹介
  54. 54. アジャイルで成果向上が期待できる施策 スマホアプリ コミュ二ティ CRM施策 ネット新規事業 オウンドメディアをビジネス価値につなげます •不確実性が高く、常に変化が必要となる案件 •ビジネス直結型で永続的に開発・運用を続ける案件
  55. 55. メンバーズ アジャイル開発プロセス 反復 UXデザインとユーザー 中心の計画づくり 開発・分析の繰り返し ビジネス成果の創出 ビジネスゴールの 設定とKPI策定 •アンケート/インタビュー •フィールドワーク •ペルソナ •ユーザー行動シナリオ •開発機能洗い出しと優先順位付け •KGI/KPIの設定 •プロトタイピング •スプリント型開発 •UIデザイン •TDD •CI •ユーザーテスト •ログ解析 •仮説検証と改善案策定 Scrum(スクラム)という手法をベースに、 Webやアプリ開発に最適化された当社独自の アジャイル開発プロセスをご提供いたします。
  56. 56. 継続的に改善を続ける体制づくり 従来型 アジャイル型 初期仮説に基づきすべての機能を 開発し、後はそれを維持する 初期仮説 ↓ 要件 ↓ 開発 保守 仮説⇆検証⇆改善 時間 時間 初期化説検証可能な機能で ミニマムスタートし、 継続的に仮説検証を行い 機能改善を続けていく 必要な 人員 必要な 人員
  57. 57. 本資料に関するお問い合わせはこちらまで 株式会社メンバーズ 〒104-6037 東京都中央区晴海1丁目8番10号 晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階 TEL 03-5144-0650  FAX 03-5144-0624 http://www.members.co.jp/ mbs_sales@members.co.jp  または tsukamoto.hiroshi@members.co.jp 

×