第八回Wikiばな発表資料

群衆の知恵・集団的知性と
 Wikiコラボレーション
        塚本 牧生




                Published : 2010.03.23
群衆の知恵と集団的知性

“江渡浩一郎さんの「Wikiとコラボレーションの過去・未来」にお
いて、集団的知性(Collective Intelligence)と群衆の知恵
(Wisdom of Crowds)の二つが「集合知」として混同されてい...
集合知
 この正体不明のもの
学会は集合知?群集の方が賢い?


        はてブは集合知?衆愚?



  集合知
  集団は賢いの?愚かなの?
「集合知」という言葉は
主に二つの意味合いで使われている。
     江渡 浩一郎
     ・メディア・アーティスト/研究者。
     ・近著に「パターン、Wiki、XP」
両者の意味が混じって使われている。
                  江渡 浩一郎
                  ・メディア・アーティスト/研究者。
                  ・近著に「パターン、Wiki、XP」



   ...
スロウィッキーの群衆の知恵というコンセプトと
ピエール・レヴィの集団的知性というコンセプト
この2つを混同してしまえば
我々はどこにもたどり着かない。
―― Henry Jenkins




•メディア研究者
                ...
1.群衆の知恵                                       2.集団的知性




               3.違い                                4.Wiki



   ...
群衆の知恵
         多様性
                分散性
         独立性

         集約性

        みんなの意見

        群衆の知恵
Diversity of Opinion


  多様性


           Photo by Untitled blue, published under CC BY
          http://www.flickr.com/ph...
Decentralization

分散性
    http://www.flickr.com/photos/bzedan/1419448184              http://www.flickr.com/photos/joyofli...
Independence of members
        from one another

         独立性

      Photo by The Ocean, published under CC NC-SA
       ...
a good method for
aggregating opinions

集約性


            Photo by Curious Expeditions, published under CC BY-NC-SA
      ...
Photo by LadyDragonflyCC - Explore MY World
http://www.flickr.com/photos/19646481@N06/4123836038



                      ...
みんなの意見
                    打消しあう
    =Σ( 正しい判断での正解
        +誤った判断での正解
        +誤った判断での間違い)
    ≒Σ(正しい判断での正解)
上手くいけば


    ...
賢い模倣、
情報カスケーディング
独立性の探索
みんなの意見

分散性   多様性   独立性   集約性




      群衆の知恵
集団的知性
        多様性

         共有

        協力 競争

         成果
歩み寄りと合意という、
                            とても古いメカニズム
                            ―― Raph Koster

                           ...
Garage Band Club
―― コラボレーション
                   http://gbuc.net
SARSの原因究明
      ―― 情報、成果、知見の共有
via. WHO Global Health Histories lunchtime seminar 38: SARS: Learning from an Epidemic of F...
MATLABコンテスト
―― 一足飛びと一工夫の繰り返し
                     via. MATLAB Central – Contest Statistics
      http://www.mathworks.com/...
「解決に成功した人の



    75%
      は解決方法を既に知っていた」

InnoCentive
―― 多様性の力
              via. ジェフ・ハウ「クラウドソーシング」
群衆の知恵と集団的知性
分散性   共有
独立性 協力・競争
多様性         多様性
       分散性
 独立性          共有

 集約性         協力 競争

みんなの意見        成果



あなた           みんな
群衆の知恵モデルはばらばらなインプットに注目する
集団的知性モデルは知識生産のプロセスに注目する。
―― Henry Jenkins




•メディア研究者
                          Photo by Joy Ito...
選択   競創
集団は新しい問題解決方法を考え付くよりも、
複数の選択肢の中から正しいものを選ぶ能力に優れている
          正しいものを選 能力に れている。
発明は個人の行為かも知れないが、
いくつもある発明の中から選ぶのは集団的な行為
     ...
Wiki
―― 時を超えた創造
       via.パターン、Wiki、XP
          江渡浩一郎/2009年
コンテンツ形成
―― 一足飛びと一工夫の繰り返し
      via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析
               伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇/2007年
2~179人         20人以上
 (平均32人)        (平均138人)


コラボレーション
―― 集団は個人より賢い
       via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析
            ...
コミュニティー
―― コアメンバーとグループ
      via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析
               伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇/2007年
Wikipediaは
                          歩み寄りと合意という、
                          とても古いメカニズムで
                          機能しています。
...
Enterprise 2.0 : 社内Wikiの目的
            ―― Wikiの導入に向けて
組織的なウィキの導入
―― ツールとしての定着に向けたレシピ
群衆の知恵・集団的知性と
   Wikiコラボレーション
 ―― 競創の場へのターニングポイント
• 集合知メカニズムの理解
                 集団的知性に向けたWikiリテラシー

               • クラウドソーシングへのアプローチ
                 1空間を共有
             ...
Wikiリテラシー
• Wiki記法におじけない
• Wikiサイトへの参加
• 所有意識から所属意識へ




                 Photo by quinn.anya, published under CC BY-SA
  ...
1つの共有Wiki
• “One Wiki space per Group”の導入
• “One Wiki space per Group”の卒業




                Photo by Feuillu, published ...
クラウドソーシング - 組織の          Haiti Earthquake Support Center
 ポテンシャルをあげる“協業”のスタイル     The Extraordinaries, Inc. 2010/01
岡田良太郎,...
1.群衆の知恵       2.集団的知性
• インプットの多様性   • プロセスの多様性
• わたしによる集約性   • みんなによる協働
• 多数決的な選択     • 競創的な創造


    3.違い          4.Wiki
...
推薦書籍




「みんなの意見」は案外正しい      クラウドソーシング           パターン、Wiki、XP
[著] ジェームズ・スロウィッキー   [著] ジェフ・ハウ          [著] 江渡 浩一郎
[訳] 小高 尚子...
参考文献
•   書籍
    –   ジェームズ・スロウィッキー著、小高尚子訳「『みんなの意見』は案外正しい」(角川文庫, 2009)
    –   ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ著、井口耕二訳「ウィキノミクス」(日系BP...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

[第八回Wikiばな発表用] 群集の知恵・集団的知性とWikiコラボレーション

5,643 views
5,314 views

Published on

同名資料の公演用スライド版。
江渡浩一郎氏は「『集合知』という言葉は群衆の知恵と集団的知性、二つの意味合いで使われている」と指摘する。集合知とは何か、両者の混同の弊害は、そしてどのように競創へ向けて、Wikiを活用していくべきかを考察する。

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,643
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
88
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[第八回Wikiばな発表用] 群集の知恵・集団的知性とWikiコラボレーション

  1. 1. 第八回Wikiばな発表資料 群衆の知恵・集団的知性と Wikiコラボレーション 塚本 牧生 Published : 2010.03.23
  2. 2. 群衆の知恵と集団的知性 “江渡浩一郎さんの「Wikiとコラボレーションの過去・未来」にお いて、集団的知性(Collective Intelligence)と群衆の知恵 (Wisdom of Crowds)の二つが「集合知」として混同されている という話にはっとした。前者がエリート主義的な傾向があるのに 対して、後者は反エリート主義的な傾向があり、確かに両者は 同じように扱ってはまずい。” yomoyomo ・「WikiWay」訳者 ・Wired Visionに「情報共有の未来」連載中
  3. 3. 集合知 この正体不明のもの
  4. 4. 学会は集合知?群集の方が賢い? はてブは集合知?衆愚? 集合知 集団は賢いの?愚かなの?
  5. 5. 「集合知」という言葉は 主に二つの意味合いで使われている。 江渡 浩一郎 ・メディア・アーティスト/研究者。 ・近著に「パターン、Wiki、XP」
  6. 6. 両者の意味が混じって使われている。 江渡 浩一郎 ・メディア・アーティスト/研究者。 ・近著に「パターン、Wiki、XP」 Wiki? Wiki? はてブ? はてブ? 学会? Garage Band? Garage Band? 学会? iStockphoto? iStockphoto? 集団的知性 (Collective Intelligence) 群衆の知恵 (Wisdom of Crowds) センサーネットワーク? センサーネットワーク? アイデアジャム? アイデアジャム? ・・・? ・・・?
  7. 7. スロウィッキーの群衆の知恵というコンセプトと ピエール・レヴィの集団的知性というコンセプト この2つを混同してしまえば 我々はどこにもたどり着かない。 ―― Henry Jenkins •メディア研究者 Photo by Joy Ito, published under CC BY •南カリフォルニア大学教授 http://en.wikipedia.org/wiki/File:Henry_Jenkins.jpg
  8. 8. 1.群衆の知恵 2.集団的知性 3.違い 4.Wiki Photo by daynoir http://www.flickr.com/photos/daynoir/2181297594
  9. 9. 群衆の知恵 多様性 分散性 独立性 集約性 みんなの意見 群衆の知恵
  10. 10. Diversity of Opinion 多様性 Photo by Untitled blue, published under CC BY http://www.flickr.com/photos/untitlism/22800371
  11. 11. Decentralization 分散性 http://www.flickr.com/photos/bzedan/1419448184 http://www.flickr.com/photos/joyoflife/19893717 http://www.flickr.com/photos/maveric2003/38637594 http://www.flickr.com/photos/bobjagendorf/86120813 http://www.flickr.com/photos/speshulted/431669539 http://www.flickr.com/photos/iamthebestartist/701545692
  12. 12. Independence of members from one another 独立性 Photo by The Ocean, published under CC NC-SA http://www.flickr.com/photos/theocean/1349370
  13. 13. a good method for aggregating opinions 集約性 Photo by Curious Expeditions, published under CC BY-NC-SA http://www.flickr.com/photos/curiousexpeditions/2354556261
  14. 14. Photo by LadyDragonflyCC - Explore MY World http://www.flickr.com/photos/19646481@N06/4123836038 Photo by Esthr http://www.flickr.com/photos/edyson/4164189856/ 夏だから? Photo by hebedesign http://www.flickr.com/photos/hebe/2143915288 冬だから? 彼のいる日本は冬だから? Photo bycherylsmith999 http://www.flickr.com/photos/curiousexpeditions/2354556261 Photo by stevecadman, published under CC BY-SA http://www.flickr.com/photos/stevecadman/134974908
  15. 15. みんなの意見 打消しあう =Σ( 正しい判断での正解 +誤った判断での正解 +誤った判断での間違い) ≒Σ(正しい判断での正解) 上手くいけば ≒群衆の知恵
  16. 16. 賢い模倣、 情報カスケーディング
  17. 17. 独立性の探索
  18. 18. みんなの意見 分散性 多様性 独立性 集約性 群衆の知恵
  19. 19. 集団的知性 多様性 共有 協力 競争 成果
  20. 20. 歩み寄りと合意という、 とても古いメカニズム ―― Raph Koster •ゲームデザイナー •「『おもしろい』のゲームデザイン」著者 Photo by James Duncan Davidson, published under CC BY http://en.wikipedia.org/wiki/File:Raph_Coster,_Web_2.0_Conference.jpg
  21. 21. Garage Band Club ―― コラボレーション http://gbuc.net
  22. 22. SARSの原因究明 ―― 情報、成果、知見の共有 via. WHO Global Health Histories lunchtime seminar 38: SARS: Learning from an Epidemic of Fear http://www.who.int/global_health_histories/seminars/2010/en/index.html
  23. 23. MATLABコンテスト ―― 一足飛びと一工夫の繰り返し via. MATLAB Central – Contest Statistics http://www.mathworks.com/contest/flooding/statistics.html
  24. 24. 「解決に成功した人の 75% は解決方法を既に知っていた」 InnoCentive ―― 多様性の力 via. ジェフ・ハウ「クラウドソーシング」
  25. 25. 群衆の知恵と集団的知性
  26. 26. 分散性 共有
  27. 27. 独立性 協力・競争
  28. 28. 多様性 多様性 分散性 独立性 共有 集約性 協力 競争 みんなの意見 成果 あなた みんな
  29. 29. 群衆の知恵モデルはばらばらなインプットに注目する 集団的知性モデルは知識生産のプロセスに注目する。 ―― Henry Jenkins •メディア研究者 Photo by Joy Ito, published under CC BY •南カリフォルニア大学教授 http://en.wikipedia.org/wiki/File:Henry_Jenkins.jpg
  30. 30. 選択 競創
  31. 31. 集団は新しい問題解決方法を考え付くよりも、 複数の選択肢の中から正しいものを選ぶ能力に優れている 正しいものを選 能力に れている。 発明は個人の行為かも知れないが、 いくつもある発明の中から選ぶのは集団的な行為 発明の から選ぶのは集団的な行為だ。 発明 集団的 ―― James Surowiecki Photo by James Duncan Davidson, published under CC BY http://en.wikipedia.org/wiki/File:Etech05_James1.jpg
  32. 32. Wiki ―― 時を超えた創造 via.パターン、Wiki、XP 江渡浩一郎/2009年
  33. 33. コンテンツ形成 ―― 一足飛びと一工夫の繰り返し via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析 伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇/2007年
  34. 34. 2~179人 20人以上 (平均32人) (平均138人) コラボレーション ―― 集団は個人より賢い via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析 伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇/2007年
  35. 35. コミュニティー ―― コアメンバーとグループ via.マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析 伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇/2007年
  36. 36. Wikipediaは 歩み寄りと合意という、 とても古いメカニズムで 機能しています。 ―― Raph Koster •ゲームデザイナー •「『おもしろい』のゲームデザイン」著者 Photo by James Duncan Davidson, published under CC BY http://en.wikipedia.org/wiki/File:Raph_Coster,_Web_2.0_Conference.jpg
  37. 37. Enterprise 2.0 : 社内Wikiの目的 ―― Wikiの導入に向けて
  38. 38. 組織的なウィキの導入 ―― ツールとしての定着に向けたレシピ
  39. 39. 群衆の知恵・集団的知性と Wikiコラボレーション ―― 競創の場へのターニングポイント
  40. 40. • 集合知メカニズムの理解 集団的知性に向けたWikiリテラシー • クラウドソーシングへのアプローチ 1空間を共有 コントリビューションデザイン 群衆の知恵・集団的知性と コラボレーション Wikiコラボレーション 塚本牧生, 塚本牧生 2010.01 • 情報の「爆発」「更新」を基礎とした 知識への「集約」「洗練」へ
  41. 41. Wikiリテラシー • Wiki記法におじけない • Wikiサイトへの参加 • 所有意識から所属意識へ Photo by quinn.anya, published under CC BY-SA http://www.flickr.com/photos/quinnanya/111201180
  42. 42. 1つの共有Wiki • “One Wiki space per Group”の導入 • “One Wiki space per Group”の卒業 Photo by Feuillu, published under CC BY-NC http://www.flickr.com/photos/feuilllu/3085807430
  43. 43. クラウドソーシング - 組織の Haiti Earthquake Support Center ポテンシャルをあげる“協業”のスタイル The Extraordinaries, Inc. 2010/01 岡田良太郎, 2008/08 5秒からの参加機会 • コンテンツやプロセスの分割 • “5秒”のためのインターフェース
  44. 44. 1.群衆の知恵 2.集団的知性 • インプットの多様性 • プロセスの多様性 • わたしによる集約性 • みんなによる協働 • 多数決的な選択 • 競創的な創造 3.違い 4.Wiki • メカニズムの要素 • 集団的知性 • アクションの主体 • コミュニティ • 選択と創造 • 3つの提言
  45. 45. 推薦書籍 「みんなの意見」は案外正しい クラウドソーシング パターン、Wiki、XP [著] ジェームズ・スロウィッキー [著] ジェフ・ハウ [著] 江渡 浩一郎 [訳] 小高 尚子 [訳] 中島 由華 技術評論社, 2009/7 角川文庫, 2009/10 早川新書juice, 2009/5 ※原著は2005年 ※原著は2008年 邦訳(ハードカバー)は2006年
  46. 46. 参考文献 • 書籍 – ジェームズ・スロウィッキー著、小高尚子訳「『みんなの意見』は案外正しい」(角川文庫, 2009) – ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ著、井口耕二訳「ウィキノミクス」(日系BP社, 2007) – 江渡浩一郎著「パターン、Wiki、XP」(技術評論社, 2009) – ジェフ・ハウ著、中島由華訳「クラウドソーシング」(早川書房, 2009) • 論文、プレゼンテーションスライド – 伊藤諭志、伊藤貴一、熊坂賢次、井庭崇「マスコラボレーションにおけるコンテンツ形成プロセスの分析」(2007) – 岡田良太郎「クラウドソーシング - 組織のポテンシャルを挙げる“協業”のスタイル」(2008) – 山崎由佳、井庭崇、熊坂賢次「Wikipedia における編集者の活動分析」(2009) – 江渡浩一郎「Wikiとコラボレーションの過去・未来」(2009) – 武田英明「Wikipediaと研究コミュニティ」(2009) – Cathy Roth 「SARS」(2010) • Web – sta la sta「はてブのホットエントリは集合知とは無関係」 – Stewart Mader他「WikiPatterns.com」 – 市村佐登美「スロウィッキー氏が語る、大衆の知恵:Wisdom and Madness of Crowd」 – The Extraordinaries, Inc. 「Haiti Earthquake Support Center」 – 田代眞人「WHO SARS研究ネットワーク - IASR Vol.24 No.10(No.284) October 2003」 – The MathWorks.com 「MATLAB Central – Contest Statistics」

×