Osoljp201204

702 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
702
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Osoljp201204

  1. 1. 東京OpenSolaris勉強会 for びぎなーず 2012.04 _・)つかまん tsukaman@t-pl.us
  2. 2.  簡単な自己紹介 ハードウェア的な話 やってみたけど、結局やめちゃったって話 現在はどう使っているのかという話 やってみたいなぁと思っていることの話 結論というかまとめ的な話
  3. 3.  って、今さら必要ないかもしれませんが。 • 名前: _・)つかまん • 年齢:0x20 歳 • 出身:名古屋県 • 趣味:電子小物、息子、眼鏡、音楽、林檎、眼鏡 • 座右の銘:願いが叶わないのは願う力が弱いから • Twitter:@tsukaman • Blog:http://www.t-pl.us • 眼鏡:http://tumblr.megane.us • 身分:初心者おぶ初心者
  4. 4. =お断り=• つかまんは初心者の中の初心者いわば選ばれし初 心者ゆえにハートが硝子的で危険が危ないです。• 基本的に生温かい視線でプレゼンを見守って頂け れば幸いです。• 心が途中で折れそうになった時は自発的に眼鏡画 像に癒しを求めに行くかも知れませんので予めご 注意ください。• まぁ何が言いたいかっていうと今回の話は基本的 に思い出話が中心なので何ていうかあんまり過度 の期待を持たれませんようにお願いします。• 心が折れたとき用の眼鏡画像は常時受付中です。
  5. 5. 嫁ちゃんには内緒的な話でもある
  6. 6.  購入したマシン:HP Proliant ML115 G5 • 当時、格安サーバとして有名でした  皆さんも1台くらい買ってませんでした?  ちなみにNTT-X Storeにて11,750円(多分税込)で購入 • ML115のイケてるところ  サーバマシンだけど、とにかく安い!  Non-ECCなメモリも使えちゃうよ!  利用者が多いから情報が豊富だよ! • ML115のイマイチなところ  かなりデカいよ!電源コードも当然3ピン!  起動音(ファン)が半端ないよ!  初期構成は地味に非力だよ!
  7. 7.  家族からも不評だった爆音ファンの交換 • 当初はリビング脇に設置してました  ファンは起動時にフル回転する仕様  リモートで再起動したら嫁ちゃんから電話が・・・  その後、家庭平和維持の為に空き部屋へ移設 • CPUファンとリアケースファンを静音タイプへ  ML115のまとめWikiとかを参考にしました  ヨドバシで静音タイプのファンを買った気がする  爆音源のCPUファンとリアケースファンを換装ところが・・・
  8. 8.  起動直後に電源が落ちる現象がががが • ML115の仕様で電源が自動的に落とされる  起動時CPUファンの回転が1000rpmを下回るとアウト • 起動するかどうかは運任せな運用に・・・  起動できちゃえば後は安定して稼働してくれた  色々試行錯誤したけど根本的な解決に至らず  ぶっちゃけ、もう元のファンでもいいか・・・ と、考えてたら何故か直った • 何かしたのかもしれないけど、覚えてない • 今は安定して起動してくれています
  9. 9.  内部USBポートが折角あるので使ってみる • マザーボード上にUSBポートが1口ついている  ML115以外のHP Proliantサーバにもついてる • ここにUSBメモリを指しとけばそこから起動可能  万が一に備えてLiveUSBメモリを指しとくと吉  ESXiとかのイメージを入れとくのもいい感じ  まぁ、別に外のUSBポートを使ってもいいんだけどね • とりあえず今はOIのLiveUSB指してます ぶっちゃけ活躍した事はまだ無いけどね…
  10. 10.  DVD-ROMドライブを取り外してみる • HDDの為にSATAポートを空けたかった • ぶっちゃけ必要ないしー  RWとかだったらまだ使ったかもしれないけど  必要なときはSATA<>USBの変換ケーブルで接続  今のところ必要になったことはないですけど・・・  最近はMac miniにつなげて使ってます
  11. 11.  スペックの底上げを図ってみる • 初期の構成は結構非力  CPU:AMD Athlon LE-1640B(2.7GHz・TDP45W・1コア)  メモリ:512MB x 1枚  ドライブ構成: 160GB HDD x 1 DVD-ROM x 1
  12. 12.  スペックの底上げを図ってみる • パワーアップさせた構成  CPU:AMD Phenom X4 9350e(2GHz・TDP65W・4コア)  メモリ:2GB x 4枚(合計 8GB )  ドライブ構成: 160GB HDD x 2 1TB HDD x 3 DVD-ROM x 1
  13. 13.  スペックの底上げを図ってみる • パワーアップさせた構成・改  CPU:AMD Phenom X4 9350e(2GHz・TDP65W・4コア)  メモリ:2GB x 4枚(合計 8GB )  ドライブ構成: 160GB HDD x 2 2TB HDD x 3 80GB SSD x 1  あと地味にやっすいGbitなNICも追加してます  USB周りは内部ポートへLiveUSBメモリを挿してるだけ  グラフィックとかサウンドは放置
  14. 14. で、結局やめちゃったって話
  15. 15.  やっぱりサーバにはグローバルだよね! • ということを考える程度には若かった グローバルアドレスを持たせてやった事 • IRC Client(Proxy) Serverの設置  最初はnadokaで立ち上げた  後にtiarraに置き換え  @kohjuさんから色々もらいました • ZoneつくってWeb Serverを公開  Global ZoneでIPFilterとIPNATも設定しました  Non-Global ZoneではSAMP環境を構築  WordPressとか個人メモ用のwikiとか設置してました
  16. 16.  で、なんで辞めたかというと • ぶっちゃけ必要性がうすかった  IRCでの情報交換はTwitterやMLに移行  BlogやWikiもいくらでも代替サービスがある • 管理(運用)に結構な手間がかかる  友人「サーバは構築までが楽しいんだよね」  サーバが故障したらサービスが使えない  自宅が停電することもある • セキュリティのことも当然考慮しなきゃならない  自宅ファイルサーバも兼ねているので何かと心配  OpenSolarisの更新が停滞してたのも不安要素
  17. 17.  COMSTARを使っちゃうぜぇ! • ワイルドだろぉ!とは言わなかったよ • COMSTARが何かは説明不要ですよね!  まぁ、適当にググると沢山出てきます 設定は@tokuhyさんのBlogを参照しました • tokuhy„s fraction(http://d.hatena.ne.jp/tokuhy/) • 他に@satokazさんのスライドも参考にしました  でも難しくて初心者の私には理解できなかったような • 勉強会でCOMSTARを扱っていた時は参加できず  ぐぬぬ・・
  18. 18.  で、なんで辞めたかというと • Mac OS Xからは地味にiSCSIが使い辛かった  我が家はサーバマシンを除き全台Mac・・・  OS標準のiSCSIイニシエーターがMac OS Xにはない  サードパーティ製のものなら存在する  globalSAN iSCSI Initiator for OS X(Studio Network Solutions)  ただし、安定度がいまひとつであまりお勧めできない  ちなみにWindowsはVista以降でイニシエーターを標準装備  次期OSで標準イニシエータが付いたら使うかも? • COMSTAR自体はとっても素晴らしいよ!  iSCSIイニシエータが利用できる環境なら問題なし
  19. 19. • ESXi(VMware vSphere Hypervisor)を導入  USBメモリにイメージ書き込んで起動させた  NICドライバで尐し手を加えたけど、概ね問題なし  “ESXi、カスタムドライバ”でググると情報出てくるハズ• 仮想マシンとして導入したもの  OpenSolaris(たしかb134)  ZFSなファイルサーバとしての活躍を期待!  RDMでML115のHDDとかSSDを直接管理させる  ただし(たぶん)裏技的な手法で実現したので問題が…  CentOS 5.X  iptablesとか利用してFWルータ的に使うつもりだった  今だったらviyattaを使うかもしれない
  20. 20.  で、なんで辞めたかというと • 何故かRAID-Zなプールが壊れる現象が発生  運用を開始して暫くするとプールでエラーが発生  scrubしても回復せず…ていうか悪化 オワタ\(^o^)/  原因の特定にかなり苦労した  OS(distro)の問題?と思ってOIと入れ替えたり  iSCSI周りの問題?と思って構成をいろいろ弄ったり  Diskの問題?と思って交換をしてみたり  @kohjuさんのアドバイスにより仮想化が怪しいという結論に • vSphere ClientがWindows環境Onlyだった  ちょっと構成弄ろうとしても手間がかかる・・・
  21. 21. なんとなく落ち着いた現状のこと
  22. 22.  現在は、OpenIndiana 151aを利用中 • 入手先:http://openindiana.org/download/  は、重いのでJustPlayerさんのミラーがおすすめ  http://dist.justplayer.com/OpenIndiana/151a/ • GUI環境もインストールしてあるけどほぼ未使用  日本語入力の問題もあったのであまり使わず  日本語の入力に関しての話は後述しますです  サウンドやグラフィック面は特に増強してないしね  VirtualBoxへのインストールはGUIがあると便利  無くてもなんとかなるはずだけど初心者には敷居高いから!  VirtualBoxのことも後述するですよ
  23. 23.  rpoolは160GBのHDDx2本でmirror構成 • UFS時代よりも手順はかなり簡単(な気がする) • 手順は“rpool、mirror”でググれば出てきます • わりとざっくりとした手順 1. 「format」でディスク名を確認(2本目を選択) 2. 「fdisk」で2本目にsolarisパーティションを作成 3. 「prtvtoc /dev/rdsk/1本目 | fmthard -s - /dev/rdsk/2本 目」でパーティション構成をコピー 4. 「zpool attach -f rpool 1本目 2本目」で同期開始 5. 「installgrub /boot/grub/state1 /boot/grub/stage2 /dev/rdsk/2本目」でGRUBをインストール
  24. 24.  その他のSSD&HDDで別のプールを作成 • 構成内容  80GB SSDはパーティションを分割  s0 – 16GB ・・・ logデバイス(ZIL)として利用  s1 – 16GB ・・・ cacheデバイス(L2ARC)として利用  s3 – 残り ・・・ 未使用(もったいない?)  2TB HDD x 3本でRAID-Zを構成  ストレージプール作成コマンドはこんな感じ # zpool create プール名 raidz HDD1 HDD2 HDD3 log SSDs0 cache SSDs1
  25. 25.  クライアントマシンはMacだけ • CIFS(SAMBA)は必要ない • iSCSIはMac側の対応がいまいち ならNetatalkが良いんじゃないですかね? • って感じで@kohjuさんにお勧めされました • AFPによるファイルサーバ機能を提供するOSS  AFPはMacOS標準のファイル共有用プロトコル  NASをTimeMachine対応させる為に必要 • Avahiと併用でMac OS XのBonjourにも対応  BonjourはLANで設定なしに機器を使用可能にする技術  AvahiはBonjourと同様の機能を提供するOSS
  26. 26.  OpenIndianaへのNetatalk導入手順 • は、OpenIndianaのwikiに記載されてる  http://wiki.openindiana.org/oi/Netatalk • 現在、導入方法としては2通りある  SFE(Spec Files Extra)Repositoryからインストール  こっちのが簡単でよいと思う(僕の時はまだなかった…)  ソースからコンパイルしてインストール  ざっくりとした手順 1. 必要なIPSパッケージを追加(libgcrypt、avahi、mdns) 2. Berkeley DBをコンパイルしてインストール(Ver注意) 3. Netatalkをコンパイルしてインストール(オプション注意) 4. 設定編集(netatalk.conf, afpd.conf, AppleVolumes.default)  詳細は http://www003.upp.so-net.ne.jp/hat/netatalk/ が詳しい 5. 各サービスの起動(SMF & RCファイル)
  27. 27.  つかまんちでの利用内容 • log、cache付のRaid-Zなストレージプールを利用  TimeMachine用のZFSをクライアント単位で作成  Dedup:有効、compression:有効  全クライアントで使う共有用のZFSを作成  Dedup:有効、compression:有効  速度よりもディスク使用容量の低減を優先  全クライアントで使う一時共有用のZFSを作成  Dedup:無効、compression:無効  ディスク使用容量の低減よりも速度を優先 • ストレージプール全体での容量は5.44TGBくらい
  28. 28.  dedup/compressionを付けた場合の差 • ファイルコピーにかかる時間を計測してみました  注意:厳密な環境下で計測した結果ではありません  サーバでもクライアントでもいろんなサービスやア プリケーションによる通信が発生する環境のまま計 測しました  時間の計測方法もクライアントマシンをiPad& WiMAXからリモート操作をしつつのストップウォッ チ計測です  ぶっちゃけ時間がなかったのであんまりちゃんと計 測できませんでした  ごめんなさい。そして、ごめんなさい。
  29. 29.  コピーしたファイル • とある動画ファイル(サイズ2.07GB) サーバ/クライアント間のネットワーク • GbEなNIC – Gb Switch – GbEなNIC • NICはOnBoard、SwitchはCorega… dedup/compressionが有効の場合 • コピーに要した時間:約4分(3:57) • ZFS上でのディスク使用量:約1.8GB(約87%) dedup/compressionが無効の場合 • コピーに要した時間:約2分(1:53) • ZFS上でのディスク使用量:約2GB(100%)
  30. 30.  どうしてもWindowsが必要な場合がある • 某保険会社さんの更新手続きとか • 勤め先へのVPN的な接続とか • Windowsでしか対応していないアプリとか VirtualBoxを導入して仮想化 • Oracle VMファミリでOIでの利用でも信頼感あり  Solaris(系OS)上で無償かつ簡単に使える仮想化アプリ ケーションとしては、他に選択肢がないと言える • GUIだけではなくCUIインタフェースもある  SSHでOIにログインすることで、コマンドのみで仮想マ シンの管理(起動とか保存とか停止とか)が可能
  31. 31.  代表的なVirtualBoxのCUIコマンド • VBoxManageコマンド  仮想マシンの管理作業が一通り行えるコマンド  GUIでできることはCUIでも同じことができる  っていうかGUIよりもできることが多い • VBoxHeadlessコマンド  仮想マシンをヘッドレスで起動出来るコマンド  リモートアクセスを行う場合は画面出力は必要ない  一旦保存してGUI側で画面出力ありで起動することも可能 とはいえ、全てをCUIで行うは難しいので、 インストールなどはGUIも使うと楽です
  32. 32.  つかまんがよく使うコマンド • VBoxManage list runningvms  稼働中の仮想マシンを一覧表示する • VBoxHeadless –startvm “VM名” –vrdp=off &  仮想マシンをヘッドレスで起動する  VDRP(VirtualBox Remote Desktop Protocol)は、必要に応じ てonとoffを切り換える  バックグラウンドジョブで起動させる為に「&」を付ける  Shellを閉じるときにnohup処理がされる様に注意する • VBoxManage controlvm “VM名” savestate  仮想マシンを「保存(停止)状態」にする • VBoxManage controlvm “VM名” poweroff  仮想マシンの電源を落とす(使用注意!)
  33. 33.  おまけ:つかまんのWin7なVMの利用法 • RDPはVRDPではなくOS標準のものを利用  クライアント側もMS謹製のアプリを使っているので  ちなみにVDRPの利用には”ExtensionPack”が必要 • 宅外からのアクセスには別の仕組みを利用  グローバルIPアドレスはそもそもOIに持たせてない  リモートアクセスソリューションとして次の2つを併用  LogMeIn  https://secure.logmein.com/JP/  Wyse PocketCloud  http://www.wyse.com/products/software/mobility/PocketCloud
  34. 34. 本当にやるかどうかは未定
  35. 35.  OpenIndiana 151aは日本語入力に難あり • デフォルトインストールの状態では入力不可  かの有名なssh「はい」「いいえ」問題が・・・  この問題の回避方法:http://bit.ly/OI_JP_SSH_ERR  原口さんによる151aで日本語入力を可能にする方法  https://blogs.oracle.com/hara/entry/anthy  「sudo pkg install ibus/anthy」を実行  インストール後、次のどちらかを実行  システム->設定->iBus の設定で IBus を起動(画面指示に従う)  「/etc/X11/xinit/xinitrc.d/0210.im」のshスクリプト作成 #!/bin/sh if [ -x /usr/bin/ibus-daemon ]; then /usr/bin/ibus-daemon -x & export GTK_IM_MODULE=ibus export XMODIFIERS=@im=ibus fi
  36. 36.  折角OIなんだからKVMとか手を出したい • とっても参考になるページ  東京OpenSolaris勉強会2011.11のまとめ  http://togetter.com/li/220119  @ipv6labさんのKVM on OIな発表資料へのリンクあり  まずはこいつを読んどけば大体OK?なはず  っていうかCPUの要件的にML115じゃ無理ぽ・・・  今段階でも”勝手に推奨サーバ”は在庫あり・・・  28,800円か・・・ゴクリ・・・ • サーバ機を新調できそうだったら挑戦します  無茶すると勉強会出入り禁止命令がでるので・・・
  37. 37.  WLANアダプタが余ってたので動かしたい • むらやまさんドライバでとりあえず利用可能に  Free NIC drivers for OpenSolaris  http://homepage2.nifty.com/mrym3/taiyodo/eng/ • だがしかし・・・  なぜか802.11nでWPAなAPにつながらない・・・  フジワラさんより情報提供あり  http://d.hatena.ne.jp/flying- foozy/comment/20110208/1297165646  ワークアラウンドを試してみたけど失敗 > 放置・・・ • 結局今は802.11gなAPを用意しました・・・  出来れば無くしてしまいたいので今後対応する
  38. 38.  最近話題のMoshとかつかってみたいなぁ • Mosh: the mobile shell  http://mosh.mit.edu/  MITで開発されたSSH代替のターミナルソフト  日本語の解説はこちらが詳しい  http://d.hatena.ne.jp/karasuyamatengu/20120411/1334092521 さくらのVPSでOI動かしたいなぁ • カスタムOSを起動する方法を試行錯誤中  SWAP領域にLiveイメージを置くやり方  GRUBからのchainloadで失敗・・・うーんむ  別でインストールしたHDDイメージを流し込むやり方  Solaris 11 Expressで動いたというエントリがあった  http://d.hatena.ne.jp/shakemid/20110219/1298120221
  39. 39. =まとめ = ? サーバそのものはとっても安かった • けど結局ちょこちょこ追加出費が・・・  なんだかんだで10万超えちゃってる気がする  これ嫁ちゃんにはオフレコでお願いします • 次買うなら@ipv6labさん推奨のサーバ?  またはHP MicroServerあたりが良いかもしれない 苦労は楽しいけど毎日の運用となると辛い • 遊ぶサーバと実用サーバは分けるのが良さげ  Zoneを上手に組んだりVPSを使うのが良いかも  実用サーバは管理性や使い勝手を優先すると幸せ OpenSolaris系OSは「クラウドOS」!? • 言葉の意味はよく分からないけど、まぁ、うん、その  多分、他の何かと組み合わせて使うと幸せになれそう
  40. 40. ご清聴ありがとうございました! ご意見ください♪ • びぎなーずでやってほし いネタを募集してます • びぎなーずで話したい人 も募集してます • LTやっちゃいたい人も募 集しています • 平日夜とかでびぎなーず を実施したら?とか考え ています 画: @laughsketch さん

×