脱レガシー2011.01.28-勉強会                 化計画東京エレクトロンソフトウェア・テクノロジーズ株式会社札幌テクノロジーセンター                             佐藤竜之介           ...
自己紹介
自己紹介       - 佐藤竜之介(@tricknotes)       - プログラマ歴: 3年       - 言語:Ruby、JavaScript
普段は時計台の近くの 会社で働いています
よろしくお願いします
脱レガシー2011.01.28-勉強会                 化計画東京エレクトロンソフトウェア・テクノロジーズ株式会社札幌テクノロジーセンター                             佐藤竜之介           ...
今日のテーマ- 社内勉強会の導入の経緯- 実践で得られたもの  ※技術的な話は一切ありません
開発の現場での 悩み
レガシーな現場
必要とされているスキル  - 気合  - 根性  - 体力
汗の臭いに満ち満ちている
例えば…・1500行のメソッド・ほとんど同じメソッドが数十個・ソースコードは印刷して レビュー・ログ解析はテキストエディタで 目視確認
TheLegacy
そんな現場がまだまだたくさんあるようだ
Why?
もしかしたら、"改善できる"ということが認識されていないだけなのでは??「この世の中で誰一人自分のことを考えなくなったら、自分の姿は消えてしまう」(ネイティブ・アメリカン) http://www.youtube.com/watch?v=Tu4Z...
"文化"として定着してしまっている作業自体ができないわけではないので、特に改善もされない
そうか、まずは伝えていこう!
打破
とりあえず、社内勉強会をやってみた
直接的な文化改善にはつながらないかもしれないけど、何かのきっかけになるかもしれない
勉強会の内容 - 1~2ヶ月に1回実施- 勉強内容の発表- 担当は持ち回り- 質疑応答を長めに設定
良かった点- 普段あまり関わる機会のないひとたちともコミュニケーションできる- 若手、特に新人の意欲向上- 業務時間外なので、いろいろな制約を受けない悪かった点- 興味あるひとしかこない
やってみて得られたこと
勉強大事
交流大事
交流大事- どうやって学ぶか- 何を学ぶか- 人から直接聞いて初めて  知ることもある
黄金の回転
戦う力を蓄える
でも敵は 巨大
立ち向かう仲間
自分が学んだことを、他のひとにも伝えていきたい
でも敵は 巨大
一歩ずつ、                一歩ずつhttp://www.flickr.com/photos/shimapine/5206909566/
ボーイスカウト                                                   の規則                                                   - Koji SHI...
まとめ- 勉強大事- 交流大事- 一歩ずつ
ありがとうございました
脱レガシー化計画
脱レガシー化計画
脱レガシー化計画
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

脱レガシー化計画

1,884

Published on

『平鍋さんとアツク語る会 2011 札幌』の前夜祭・勉強会でお話させてもらいました。

Published in: Business, Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,884
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

脱レガシー化計画

  1. 1. 脱レガシー2011.01.28-勉強会 化計画東京エレクトロンソフトウェア・テクノロジーズ株式会社札幌テクノロジーセンター 佐藤竜之介 Ryunosuke SATO
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 自己紹介 - 佐藤竜之介(@tricknotes) - プログラマ歴: 3年 - 言語:Ruby、JavaScript
  4. 4. 普段は時計台の近くの 会社で働いています
  5. 5. よろしくお願いします
  6. 6. 脱レガシー2011.01.28-勉強会 化計画東京エレクトロンソフトウェア・テクノロジーズ株式会社札幌テクノロジーセンター 佐藤竜之介 Ryunosuke SATO
  7. 7. 今日のテーマ- 社内勉強会の導入の経緯- 実践で得られたもの ※技術的な話は一切ありません
  8. 8. 開発の現場での 悩み
  9. 9. レガシーな現場
  10. 10. 必要とされているスキル - 気合 - 根性 - 体力
  11. 11. 汗の臭いに満ち満ちている
  12. 12. 例えば…・1500行のメソッド・ほとんど同じメソッドが数十個・ソースコードは印刷して レビュー・ログ解析はテキストエディタで 目視確認
  13. 13. TheLegacy
  14. 14. そんな現場がまだまだたくさんあるようだ
  15. 15. Why?
  16. 16. もしかしたら、"改善できる"ということが認識されていないだけなのでは??「この世の中で誰一人自分のことを考えなくなったら、自分の姿は消えてしまう」(ネイティブ・アメリカン) http://www.youtube.com/watch?v=Tu4ZAT1regk&feature=player_embedded# http://www.flickr.com/photos/camera_bu/4127705110/
  17. 17. "文化"として定着してしまっている作業自体ができないわけではないので、特に改善もされない
  18. 18. そうか、まずは伝えていこう!
  19. 19. 打破
  20. 20. とりあえず、社内勉強会をやってみた
  21. 21. 直接的な文化改善にはつながらないかもしれないけど、何かのきっかけになるかもしれない
  22. 22. 勉強会の内容 - 1~2ヶ月に1回実施- 勉強内容の発表- 担当は持ち回り- 質疑応答を長めに設定
  23. 23. 良かった点- 普段あまり関わる機会のないひとたちともコミュニケーションできる- 若手、特に新人の意欲向上- 業務時間外なので、いろいろな制約を受けない悪かった点- 興味あるひとしかこない
  24. 24. やってみて得られたこと
  25. 25. 勉強大事
  26. 26. 交流大事
  27. 27. 交流大事- どうやって学ぶか- 何を学ぶか- 人から直接聞いて初めて 知ることもある
  28. 28. 黄金の回転
  29. 29. 戦う力を蓄える
  30. 30. でも敵は 巨大
  31. 31. 立ち向かう仲間
  32. 32. 自分が学んだことを、他のひとにも伝えていきたい
  33. 33. でも敵は 巨大
  34. 34. 一歩ずつ、 一歩ずつhttp://www.flickr.com/photos/shimapine/5206909566/
  35. 35. ボーイスカウト の規則 - Koji SHIMADAhttp://www.flickr.com/photos/doo3/3472492272/
  36. 36. まとめ- 勉強大事- 交流大事- 一歩ずつ
  37. 37. ありがとうございました
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×