Your SlideShare is downloading. ×
SIG-GLOCALIZATION 紹介とゲームローカライズの現状を駆け足で
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

SIG-GLOCALIZATION 紹介とゲームローカライズの現状を駆け足で

388
views

Published on

講演者ノート付きはこちら …

講演者ノート付きはこちら
https://dl.dropboxusercontent.com/u/7600443/2014_ForStudents.pptx

Published in: Entertainment & Humor

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
388
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. SIG-GLOCALIZATION 紹介と ゲームローカライズの現状を 駆け足で SIG-GLOCALIZAION 世話人 Internationalization Force 世話人 矢澤竜太
  • 2. 自己紹介 矢澤竜太: ヤザワ リュウタ • SIG-GLOCALIZATION 世話人 • Internationalization Force 世話人 • ローカライズ野郎 • 本業は「架け橋ゲームズ」の中の人 • ファミ通.com でブログも ↓
  • 3. SIGGLOCALIZATION について
  • 4. ビジョン ゲームビジネスのグローバル化と DL 配信時代における ローカリゼーション技術の向上と 海外向け配信および海外ビジネスに関する 知見を共有する 「海外狙うぜ!」を応援する SIG です
  • 5. 2013年の実績 • 英語学習の情報/教材交換回 • 「どのように英語を学習しているか」の発表 • グループディスカッション • 使わなくなった教材の交換会 → 定期的に行ないたい • GDC 報告会 • GDC の Localization Summit 内容報告 → 毎年やってて、一番人が集まる • SIG-Indie 合同セミナー • • • • 北米のインディー開発者による現状報告 渡辺雅夫氏によるポストモーテム 矢澤による「テキストをハードコードするとまずいよ」 AGM 東野氏によるローカライズ概要説明
  • 6. 今年の予定 • GDC 報告会 海外ローカリ動向を CHECK したい人に • 誰でも参加できるよ! • 懇親会で開発者の生の声も聞けるよ • 英語学習 • 開催予定 • その他にもやっていきたい • 聴きたいネタがあれば Twitter @lye_ まで
  • 7. ゲーム ローカライズの 現状について
  • 8. キーワード 3 個 Sim-ship (同時期発売) パブリッシャー = 開発者 マーケティング
  • 9. Sim-ship (同時期発売)  世界中のゲーマーからの「期待の波」を まとめて大きくすくい取るための方法  開発しながらローカライズも進むのでかなり スケジュール的にしんどい  複数言語 / 複数プラットフォームのバージョンを (ほぼ) 同時期にリリースすること  ここ数年の大作はだいたい Sim-Ship  モバイル系でも少しずつ増えてきている
  • 10. Sim-ship (同時期発売)  英語:英語→他言語 ダイレクト  英語を専門にする他言語の翻訳者が多いため  日本語:日本語→英語→他言語  英語以外はゲーム翻訳案件の絶対数が少ないため  やってるところもある
  • 11. パブリッシャー = 開発者 デジタル配信  パッケージじゃないゲームをローカライズする場合が増えた  iOS、Android、PC、Windows Phoneなど  小規模なタイトルが多い 開発者がパブリッシュ  これまでローカライズはパブリッシャーが対処する事が多かった  ローカライズ会社の選定、やりとりなど 開発者とベンダーが直接やりとり  ここで「パブリッシャーに蓄積されたノウハウが消失」して FC、SFC時代によくあったような初歩的ミスも多く起きている
  • 12. パブリッシャー = 開発者 これまで 開発者 パブリッ シャー 翻訳会社 翻訳者A 翻訳者B 翻訳者C
  • 13. パブリッシャー = 開発者 デジタル 配信時代 開発/パブ 翻訳会社 翻訳者A 翻訳者B 翻訳者C
  • 14. パブリッシャー = 開発者 デジタル 配信時代 開発/パブ 翻訳者A
  • 15. マーケティング 大作パッケージタイトル時代 現地パブリッシャーが宣伝バンバン打つ 小売店でも大きく取り上げてくれる DL 専売自社パブリッシングタイトル時代 ローカライズ版リリース時にマーケティング必須 頑張らないと気付いてもらえない そもそも市場に出てるタイトルの数がハンパない → しかし海外マーケットでは言語のカベや時差もありマーケティングが 難しいため、ここに「新しいローカライズ業務」が生まれつつある ※たとえば Mighty Number Nine はハチノヨンさんという日英メインの ローカライズ会社がプロモも担当している
  • 16. まとめ 小規模/オンラインゲームでは これまでの「専業パブリッシャー」の仕事が どんどん開発側に来てる デジタル配信移行により ローカライズ時のマーケティング重要性が上昇 大規模/小規模問わず 開発者がローカライズを意識する機会が増えた
  • 17. おわり 今聞いた内容が面白かったら 次回 SIG-GLOC セミナーに来よう! そうしよう! Presented by: 矢澤竜太 Twitter: @lye_ (個人)/ @kakehashigames