Your SlideShare is downloading. ×
国際会議推薦システムAcademic Conference Publishing System
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

国際会議推薦システムAcademic Conference Publishing System

1,535

Published on

Academic Conference Publishing System 国際会議推薦システム 楽天テクノロジーカンファレンス2009で発表したものでした

Academic Conference Publishing System 国際会議推薦システム 楽天テクノロジーカンファレンス2009で発表したものでした

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,535
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • 一人で国際会議の情報を探すのに手間がかかる。 実際に国際会議に参加してみら興味がある会議ではない
  • 本システムでは、ユーザー同士が
  • ザオさんのセリオフをコピペ
  • ・国際会議閲覧画面 ( トップページ ) では、 国際会議名称、論文投稿締切日、国際会議日程、開催国 を表示します。 検索ボックスから探したい記事の検索を行うことができます。
  • ユーザーは、ユーザー登録画面で個人情報の登録を行います。この画面で登録されるユーザーが興味のある分野の情報を元に推薦を行います。
  • 論文投稿などを行う国際会議の 論文投稿の締切日が伸びたりすることが多いため ・国際会議を ブックマーク に追加することで論文投稿日が 近くなると リマインダー ( メール自動送信 ) でお知らせ。
  • ランクの高い上位 4 つの記事に対して記事のレコメンドを行います。
  • ・メールでの論文投稿が行われ、手作業で査読者に振り分けを行っているため
  • Transcript

    • 1. 国際会議推薦システム 趙新有、入江基史 電気通信大学 大学院情報システム学研究科 2009 年 10 月 24 日 ( 土 ) 場所:楽天テクノロジーカンファレンス 2009
    • 2. 目次
      • 研究背景
      • 研究問題点
      • 研究目的
      • システムアーキテクチャー
      • 実装結果
      • 国際会議システム Demonstration
      • 最後に
    • 3. 背景
      • 国際化が進むに連れて、企業の持っている技術やアイデア等を国際会議で発表することが増えている。
      • 毎年、様々な分野の国際会議が世界中で開催されている
      IEEE ACM ETC….. Linux
    • 4. 問題点
      • 検索サイトなどで国際会議の情報を探すのは大変である。
      • 実際に会議に参加してみたら興味のある会議と全く違うことなどもありえる。 ( コストの無駄 )
      旅費 ( 交通費、宿泊費 ) 国際会議の参加費 コスト 論文投稿費 エンジニア・研究者 ・・・ 一人で探す のは大変… IEEE ACM Linux ETC
    • 5. 目的
      • ユーザ同士で国際会議の 情報の書込み や ブックマーク
      • ユーザのログデータから  お薦め国際会議をレコメンド ( 推薦 )
      • ユーザ同士で国際会議の情報を wiki のように 共同編集
      短期間に国際会議の情報を探し出す 国際会議システム 会議 を推薦 自分の研究分野を登録
    • 6. 本システムでは
      • 特徴
      • ログデータと検索サイトからキーワードを利用して 会議の CFP ( Call For Papers )と有効期限を 推薦する
      フィルタリング レコメンド ユーザ趣味 ( 自分のプロフィール、国、 etc) アイテムバンク ( 国際会議 ) ログデータ 抽出 国際会議 推薦 検索サイト ( 検索キーワード )
    • 7. システム構成図 マイページ 構成図 カテゴリ検索 ユーザー登録 プロフィール編集 ブックマーク 国際会議登録 共同編集・閲覧 編集・閲覧履歴 国際会議編集 レコメンド 開催年度 トピック 開催国 お知らせメール通知
    • 8. 実装結果 レコメンドすることで、 平均閲覧ページ や 滞在時間 が増えた。
      • 2008 年6月から
      • ユーザ登録数:+ 2000 人
      • 国際会議の記事数:約 2400 件
        2009 年8月29日 訪問者 ページビュー 平均閲覧ページ 滞在時間 全訪問者 3075 13632 4.43 306 検索エンジン 818 3820 4.67 271 レコメンド 430 2368 5.51 337 クローラなど 388 1452 3.74 198
    • 9. システムの Demonstration ー1 /7 国際会議閲覧画面
      • 国際会議閲覧画面 ( トップページ ) では、 国際会議名称、論文投稿締切日、国際会議日程、開催国   を表示します。
      • 検索ボタンから 記事の検索 を行うことができる。
    • 10. システムの Demonstration ー 2/7 ユーザー登録画面
      • ユーザ登録画面では、 氏名、パスワード、 E メール、所属している国、興味のある研究分野   の情報を入力します。
    • 11. システムの Demonstration ー 3/7 お知らせメール通知
      • 興味のある会議をブックマークすることで
      • 論文投稿の締切が近づくとお知らせメールを送信
      • お薦めの国際会議の情報をメールでレコメンド通知
      論文投稿締切 投稿された国際会議の情報
    • 12. システムの Demonstration ー 4/7 国際会議登録 / 編集画面
      • 国際会議登録画面では、
      • 国際会議名称、略称、論文投稿締切日、国際会議開催日、会議 URL 、会議の詳細情報 を記入します。
      ・ 論文締切日の変更 や 開催内容の変更 が多いため WiKi のように登録された情報を ユーザー同士で共同編集 が行える。
    • 13. システムの Demonstration ー 5/7 編集・閲覧履歴 ブックマークした 記事の最新情報 や 論文投稿が近くなると アラート でお知らせ 編集、閲覧した記事の 履歴を確認できる 会議作成 会議編集 ブックマーク 閲覧 ( 過去に閲覧した記事 )
    • 14. システムの Demonstration ー 6/7 レコメンド ランクの 上位 4 つの 国際会議 の情報を レコメンド 検索キーワード 、 行動履歴 、 ユーザープロファイル などから自動的にユーザーの コミュニティ分類 を行い国際会議の レコメンド を行う。
    • 15. システムの Demonstration ー 7/7 カテゴリ検索
      • ・ 開催年度、トピックス、開催国 の一覧から記事を探し出すことができる。
    • 16. 最後に
      • ・学会 CM S ( Conference Management System ) を構築していきたい。
      • ・国際学会に投稿される論文と専門知識を持つ専門家を結ぶレコメントシステム構築
      論文投稿 論文投稿 コメント 審査 コメント コメント 審査 コメント CMS 審査 審査
    • 17.
      • ご清聴有り難うございました
      • http://www.ourglocal.com

    ×