Web時代のgis勉強会 20120525 takagi 後編

2,200 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,200
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
27
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Web時代のgis勉強会 20120525 takagi 後編

  1. 1. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会Web(Map|GIS)の理念検討と、初期的実践としてのSVG Map 高木 悟 KDDI Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 1
  2. 2. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 前編 基本的に、第2回の 前編資料です・・ http://www.slideshare.net/totipalmate/webgis-20110311-takagi 差分のみ掲載します 差分のみ掲載します のみ掲載 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 2
  3. 3. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 WWWの変化の分析(仮説) • 元来のWWW(静的なハイパードキュメントネットワーク)から、 クラウドサービスにWWWの中心が変化 – マルチメディア化・高機能化が進んだ – 情報はクラウドの非公開DB内に格納・オープン性低下      ⇒ WWWは垂直統合に向かっている オリジナルのWWWは役割を終えた?? 自律・協調はWWWの基本機能として依然 最重要ではないのか??? • 元来のWWWの特長 ~ 自律・分散・協調・ベンダ中立 (静的サーバ+ハイパードキュメントによる情報NW(Web)) – 自律: コンテンツを発信者が掌握 ⇒ HTML+静的WWWサーバ – 協調: 無制限に連結 ⇒ ハイパーリンク – オープン: 膨大なWWWサーバにおいて、未だ唯一完全な共通仕様      ⇒ 新たなWWWへの変革に向けた重要な資質 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 3
  4. 4. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 HTML5 : 新世代のウェブブラウザ規格 • 1999年以来 10年ぶりのバージョンアップ – インターネット速度・ 端末性能の大幅な増加・ モバイル化 を背景に • マルチメディアプラグインを不要にする技術 – Flash, Windows Media, Quick Time に代わり ⇒HTML5 Video(動画), Audio(音声), SVG/Canvas(グラフィックス&GUI) • モバイルデバイスを対象にした機能拡張 – Geolocation API (測位デバイス) – Web Storage (ローカルデータベース(オフライン対応) ⇒ WebOS ~ WebブラウザがOS化 (アプリ: WebApp) – 高性能化したJavaScript処理系 (最新のJAVA VMに並ぶレベルにまで進歩) – APIの充実(上記+ローカルデバイスアクセス等) 広範な普及が期待できる、史上初の ベンダ中立なアプリ実行環境 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 4
  5. 5. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 SVG Map 真の“WWW” Mapへ •WebMapをWWWの基本機能にする •GISの重大課題(相互運用性)に  WWWの根源的な機構で対応 •HTML5(SVG)に対して極僅かな拡張 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 5
  6. 6. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 WWW基本機能の視点での地図PF比較表 SVG Map Google Open GML+WFS Shapefile WMS Maps Layers データサイズ ータサイズ ○ △KMLは重い △ベクタは重い × ○ ○ (ベクタデータ比較) ベクタデータ比較) 比較 (ラスタ専用) (21MB) (160MB) (GML2.0:60MB) (18MB) 連携機構 ○ △ △ × × × クラウド経由 クロスドメイン制限 規格範囲外 規格範囲外 規格範囲外 大規模 ○ △ △ × × ○ 地図 KMLは困難 ベクタは困難 対象外 想定外 表示性能 ○ ○ △ × × ○ ベクタは低速 ブラウザ非対応 ブラウザ非対応 配信性能 ○ ○ △ × × × ベクタは低速 動的サーバ必須 タイリング不可 動的サーバ必須 標準性 △ △ × △ △ △ 標準化中 背景図は非公開 独自仕様 GIS業界用 GIS業界用 GIS業界用 Web標準と Web標準と 標準 ○ △ △ × × △ Web標準と整合度低い Metadataフォーマットは の整合性 SVG標準の小拡張 独自拡張 同左 完全な実装が困難 GIS業界の独自拡張 コスト ○ △ ○ × ○ × Google依存 専用サーバ運用 専用サーバ運用 普及状況 × ○ △ × △ △ ブラウザ対応依存 単独実装依存 複雑・重い WWW想定外 複雑・重い Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 6
  7. 7. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 これまでの活動 • 標準化と、政府連携 – W3C SVG WGでの標準化活動 http://www.w3.org/Graphics/SVG/ – W3C SVG Interest Groupでの活動 http://www.w3.org/Graphics/SVG/IG/wiki/Japan – 経済産業省: SVG Tiny 1.2 及び SVG MapのJIS化事業(2012年JIS化) – 国土地理院: [SVGコンテンツを利用した電子国土の実用的な普及戦略に関する研究]  等の共同活動 • 推進活動 – gコンテンツ流通推進協議会 LBCS/SVG委員会: http://www.g-contents.jp/ – SVG Map コンソーシアム http://blog.svg-map.com/ • セック・インディゴ・ゼンリン・KDDI・GIS総研 • SVG Map仕様策定 http://blog.svg-map.com/svg_map_profile/ • IE用SVG Map ActiveX公開 http://blog.svg-map.com/svg_map_toolkit/ • 無償地図データ整備(基盤地図情報ベース他) http://svg2.i/ • KDDI – 事業化:  災害時ナビ~回線断でも現在位置を地図+GPSで確認 – 標準化貢献: JIS,W3Cでの標準化活動、 同標準に対する特許無償宣言 – 技術開発: ・SVG Map 対応 webkit (webKit:http://ja.wikipedia.org/wiki/WebKit) ・Shapefile ⇒ SVG Mapコンバータ等の周辺ツール ・SVG MapサブセットのWebApp ・他 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 7
  8. 8. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 実装・サンプル・仕様 http://purl.org/svgmap/devinfo Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 8
  9. 9. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 後編 1年以上経ってしまいましたので 再編集しました・・・ •進化の方向性の考察 •現在の活動 •皆さんへのお誘い Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 9
  10. 10. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 進化の方向性の考察 •WebApp/SVGMap •“WWW” (Map|GIS) •Linked Open (Map|GIS) 以降、文字ばかりですみません・・・ Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 10
  11. 11. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 WebApp/SVGMap • SVG MapがHTML5の標準機能ならば・・ • SVG Mapを応用したWeb Applictionが可能 (WebApp: JavaScriptを活用した高度なアプリケーションソフトやサービス) • 得られるもの:SVG Mapの継承 「自律・分散・ベンダ中立」な相互運用性 • 応用例紹介:ソラテナ Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 11
  12. 12. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 Map? GIS? 意味を縮退 Map: Mapping Systems,Map Data させています GIS: Geospatial Information Systems,Data for GIS 定義に幅はありますが、ここまでのSVG MapをMapと見て • データ的に、MapとGISの違いは? • Map:“図形要素” ⇔ GIS:“Feature” • 概ね同じ気がする – 基本属性に違い(Map:スタイル、GIS:地物プロパティ) – しかし“メタデータ”を考えると違いは・・・ • 地図のスタイル←対応付け→地物の属性 = Styled Layer Descriptor ←対応付け→ – タイリング・レイヤリング  +クリッカブルマップ 基本的・相互運用的な、地理情報“処理”の機能 • ならば、SVG Mapを拡張して、メタデータ、 更に高度な処理機能を実装したら、GISでは? Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 12
  13. 13. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 Web1.0? Semantic Web? MapとGISは明確には区別できないし意味も薄い • Map:人のための表現形 =汎化⇒ HTML・Webコンテンツ • GISdata:機械処理の =汎化⇒ RDF・SemanticData  ⇒ 人のWWW(HTML)と機械のWWW(RDF)の一体化 RDF/XMLに対するmicroformats、RDFa 等の検討 人のWWW(HTML)に機械のWWW(RDF)を同化させる方向が見える >microformats are for humans first, machines second. http://microformats.org/about 更に更に! • RDFは物事の多様な見方・価値観を許容⇒分散スキーマ • 更に進め、理路整然と整理された情報にのみ“意味”がある? ⇒  縮退したスキーマ・直感的・漠然とした情報にも価値 ⇒ これはコンテンツ・HTML? ⇒ ICTエリートによる支配がフェアと言えない理由にも 人のWWWと機械のWWWの更なる一体化の予感がする Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 13
  14. 14. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 (Contents|Semantic)Web ⇒ Web(Map|GIS) 今も、個人的に地図~WebMapが興味深いと思う理由 • 地図の作成: 物事を抽象(整理) • 初等教育で学習、非常に長い歴史 • 人の為の表現形でありながら、文章と比べ機械処理に適した情報 (機械処理可能な意味情報:Semantics)を豊富に含む – 図形情報処理 vs 自然言語処理 ⇒ 先の命題に対する、一歩答えに近いものを見る 図形情報処理~地理情報処理の基礎  MapとGISの一体化に向け、T&L/SVGの次にやれるとよさそうなこと  ~ 図形情報処理機能の標準API/Webブラウザ 例: Java Topology Suite を含む GeoTools⇒ Web Map|GISへの次の一歩 しかし、GIS主導層の現状は分散スキーマにも未到達(ISO TC211/OGC) Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 14
  15. 15. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 Linked Open Data(LOD) Linked Open(Map|GIS)=Web(Map|GIS) Semantic Webの実データへの適用活動 by バーナーズ・リー氏他 2008年頃~ ハイパードキュメントによる情報の連携こそが、 WWWの自律・分散・協調機能の根源 #Web1.0: Linked Open Contents その価値をSemantic Webで再評価し、データを整備しよう=LOD  しかし・・・表現系との融合の課題に対しては、依然模索中 #表現系における情報連携機能~ハイパーテキストUI 地図ならば、連携も含んだ一歩進んだ活動ができる! 地図=表現系、しかし「地理座標と情報の抽象表現=Semantics」 Linked Open Map = Tiling and Layering by hyperlink ⇒ Linked Open GISへの進化 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 15
  16. 16. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 Semantic Webスタックの検討 Trust Proof グ Logic グ リン framework Encryption Signature リン イヤ 地図/SVG OWL Rules SparQL タイ ーレ DLPbit ofOWL/Rul  & イパ 意味的リッチコンテンツ 意味的リッチコンテンツ? 連携機構・UI 地図,表,数式,カレンダー・・ RDF Schema ハ メタデータフレームワーク メタデータ検索? RSS,RDFa,microformatsのような RDF Core RDF Core コンテンツ マルチメディアコンテンツ 連携UI (Video,Aucio,VectorG.,3D..?) Namespaces.XML XML Namespaces HTML URI UNICODE http-URI UNICODE WWW2005 バーナーズ・リー氏の講演より こうなってくるのではないかな? の図 人のための情報(コンテンツ)と隔絶気味・・・ 人のための情報と より融合したアーキテクチャ Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 16
  17. 17. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 現在の活動 •SVG2/HTML5@W3C •WebKit Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 17
  18. 18. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 KDDI W3Cに再加入(2011年) • 真のWeb標準を目指し(全てのブラウザにSVG Map搭載) • 標準化活動 @SVG WG http://www.w3.org/Submission/2011/04/ ≠SVG1.2のモジュール http://www.w3.org/Submission/2011/04/Comment/  (モジュールはブラウザに組み込まれないかもしれない) =SVG2の機能の一部として (SVG2:HTML5におけるSVGの公式仕様を目指したもの=ブラウザ実装標準) In order to meet the specific needs of content creators using SVG for mapping applications, ・・・・・  Tiling and Layering module. In addition, some of this functionality will benefit non-mapping applications such as high resolution photographic or medical imagery, so could be placed in the main SVG2 specification. http://www.w3.org/Graphics/SVG/2012/charter Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 18
  19. 19. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 「WebKit」にSVG Mapを実装 • http://sourceforge.net/projects/wwwmap/ • Chromium/windowsとして動作確認 • WebKit本体へのアップストリームを希望 WebKitとは? http://www.webkit.org/ • ウェブブラウザのエンジン • オープンソース(主にLGPL) • 実は非常に普及 iPhone,iPad…. Chrome, ChromeOS Safari Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 19
  20. 20. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 広汎に波及する実効的な オープン地図情報基盤の追求 W3Cでの国際標準化 + オープン化 SVG Mapの実装 / WebKit 全世界の、 ・あらゆるWWWサービスのための標準 (≠OGC) ・全ての端末に向けた実装 (≠FOSS4G) Geoにも使え、且つGeo的相互運用に著しく重要な機能を WWW共通標準として実装し、WWW全体に広める Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 20
  21. 21. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 皆さんへのお誘い •W3Cでの活動 •Open Street Mapとの連携 •OSS活動 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 21
  22. 22. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 WWW(社会基盤的ICT?)の進歩はひどく遅い・・  ・HTMLは10年経って、ようやく少し進化  ・真のWebMap(SVG Map~Linked Open Map)も、発案から15年以上 まだ道半ば:マイナー、実装・仕様・標準化不十分 1人・1社では限界、皆さんの参加・協力を期待 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 22
  23. 23. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 W3C • SVG WG参加 – SVG Mapの標準化に直接参加 – W3C会員企業のみ • Mapping Community Group 構築 – 要件・応用例などを作成、SVG WGにフィードバック – 誰でも参加可能(英語) • SVG Interest Group Japan参加 – W3C会員企業、もしくはW3Cからの招聘が必要 – 日本語、既に結成済み、他はCGと概ね同じ Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 23
  24. 24. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 Open Street Mapとの連携 • Open Street MapにSVG MapのI/Fを準備 – ラスター – ベクター • OSMコミュニティへの働きかけ • I/F実装への参加 • W3C標準化への参加 Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 24
  25. 25. 2012年5月25日 第3回 Web時代のGIS勉強会 OSS活動 • SVG Map対応WebKit, Chromiumの改善 – MacOS, Linuxでの動作確認、対応 – バグフィックス – WebKit本流へのアップストリーム協力 • OSGeo系OSSにSVG Map I/Fを準備 – GeoTools, QGIS, MapServer, PostGIS, GDAL実装 – OSGeoコミュニティへの働きかけ 更に、Geo組織への働きかけ(OGC, GeoMediaSummit, Geo系アカデミー等・・) Copyright © 2012 by Satoru Takagi @ KDDI All Rights Reserved 25

×