インフラエンジニアになろう!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

インフラエンジニアになろう!

on

  • 5,773 views

2009.6.6にAIIT(産業技術大学院大学)にて、学生会主催の勉強会で話した内容です

2009.6.6にAIIT(産業技術大学院大学)にて、学生会主催の勉強会で話した内容です

Statistics

Views

Total Views
5,773
Slideshare-icon Views on SlideShare
5,397
Embed Views
376

Actions

Likes
6
Downloads
40
Comments
0

5 Embeds 376

http://netmark.jp 187
http://d.hatena.ne.jp 167
http://www.slideshare.net 15
https://twitter.com 5
http://webcache.googleusercontent.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    インフラエンジニアになろう! インフラエンジニアになろう! Presentation Transcript

    • インフラエンジニアになろう! netmark.jp all rights reserved
    • 自己紹介 ● 馬場俊彰(ばばとしあき) – id:netmarkjp – blog: http://netmark.jp/ – twitter: toshiak_netmark ● インフラエンジニア ● 情報処理技術者:TE-DB ● Javaプログラマーをしてたこともあります ● 株式会社ハートビーツのCTO netmark.jp all rights reserved
    • 今日のテーマ インフラエンジニア になろう! netmark.jp all rights reserved
    • 市場調査 Q.インフラエンジニア ってなんでしょう? 1.ネットワークエンジニア 2.サーバーエンジニア 3.オペレーター 4.運用の人 5.道路工事したりトンネル掘ったりする人 6.その他 netmark.jp all rights reserved
    • 正解は 6.その他 ● ネットワークエンジニア かつ ● サーバーエンジニア かつ ● アーキテクト かつ ● コンサルタント ※「私が考えるところの」インフラエンジニア像です netmark.jp all rights reserved
    • 守備範囲の実際のトコロ(役割) ● サービス運営をIT技術者としてサポート ● 人間がやるべきことに集中できようにするためのシステム ● アイデアの実現をIT技術者としてサポート ● 組み合わせれば意外と簡単!にできたりするモンです ● 困ったときになんとかする人 ● 平たく言うと障害対応 ● 初見でもたいがいなんとかします(でも無理なものは無理) ● 全体を理解しているからこそできることがある ★正確で迅速な切り分け ★的確な解決・回避 netmark.jp all rights reserved
    • 守備範囲の実際のトコロ(実務) ● 設計・・・機能分割、ソフトウェア、ミドルウェア、サーバ、ネットワーク、ネット ワーク、相互連携 ● 構築・・・機器設定、OSセットアップ、ミドルウェア設定、ソフトウェアチュー ニング、相互連携設定 ● 運用・・・非定型・非定例作業 ※定例・定形作業は基本的に自動化 ● 監視・・・システムがビジネス要求を満たしていることをチェック。ハード/ソ フト/サービスの状況を逐次確認し、障害・異常発見時には対応実施 ● 管理・・・システム設定変更、セキュリティ設定・維持、バックアップ ● 提案・コンサルティング・・・現在のシステムをよくわかっている立場か ら、状況改善をご提案 ● 障害対応コンサルティング・・・現在抱えているトラブルを解消・回避 するお手伝い netmark.jp all rights reserved
    • 守備範囲の実際のトコロ(技術) ● ネットワーク系 ● テクノロジー ● L1~L7 ● RDB,Key/Value ● HTTP(S)、DNS、メール、PKIの ● アーキテクチャ しくみ・・・ ● 高可用性設計と実現 ● サーバ系 ● 負荷分散設計と実現 ● 電源 ● セキュリティ ● ハードウェア, OS ● クラウド ● ミドルウェア ● 運用設計 ● 特徴,設定,チューニング... ● 運用作業 ● アプリケーション ● メンテナンス性 ● セッションパーシステンス,O/R, ● バックアップ・係数取得 キューイング... ● HTML,CSS,AJAX... netmark.jp all rights reserved ● Railsの特徴、 symfony、Strutsの特徴... ● SEO,集合知...
    • 何が楽しいの? ● インフラエンジニア って何が楽しいんでしょう? ● 代表的な例。。。たとえばプログラマーの場合 ● システムを完成させて納品したときの達成感 ● システムがC/Oしたときのドキドキ ● お客さんからお礼を言われたときの感動 ● などなど・・・ ● というか・・・・・・ITって何が楽しいんでしょう!? netmark.jp all rights reserved
    • ITの何が楽しいの? 夢があるよね! ● 自分の力でたくさんの人の心を動かせる! ● 自分の力でたくさんの人を幸せにできる! ● 世界を動かすことだってできる! ● 学ぶ・創る がずっとできる! netmark.jp all rights reserved
    • インフラエンジニアの楽しみ ● システムを(本当に物理レイヤーから)作り上げる ● すべて納得した上でシステムを作れます ● しくみを作って動かす ● 自分の作ったしくみが、時には数万人に利用されるドキドキ ● サービスを支え・育てる! ● サービスとして何が大事なのか、運営者とともに考えて実践 していきます ● ビジネスを支え・育てる! 口だけじゃない! ● システムは、動き出してからようやく価値を生み始めます システムと一緒に成長する、まるで親になった気分! netmark.jp all rights reserved
    • インフラエンジニアの苦しみ ● 「動いて当たり前」だけど 「動いて当たり前」じゃないんですよ! ● 何もしなくても動かなくなるんです ※何もしなくても動き続けるのは使われないシステムだけ! ● 基盤が止まると全部止まるプレッシャー ● システムの稼動時間=インフラエンジニアの稼動時間 ● たまに深夜早朝に出動するときもあります ● なぜか低く見られがち ● 運用に入ったら予算がない、とか ● システムで一体何がしたかったのか。。。 netmark.jp all rights reserved
    • いつも考えていること ● リーズナブル! ● スピード感が状況にマッチしていること! ● 費用対効果が状況にマッチしていること! ● 設計(特に拡張性)がビジネスの計画にマッチしていること! netmark.jp all rights reserved
    • いつも考えていること(2) ● オープンであること! ● 誰かの役に立つことが喜び ● 互助的な側面 ● オープンでないものは怖くて使えない – 大切なものは、主体者が掌握しておくべき – データ資産が囲い込まれる不安 – データ活用の道が閉ざされる不満 netmark.jp all rights reserved
    • どうやったらインフラエンジニアになれるの? 1.始めること!自ら動くこと! 2.楽しむこと! ● 実装は中古PCとLANで始められます ダイナミックDNSもあります 自宅サーバでもなんでもやってみることです ● いまは情報が豊富になりました ● 言い訳ばっかりして動かない人、教えてもらわないとできな い人は、残念ながら向いてません ● 経験がない状態で考えたってどうせわかんないんだから、 やってみよう! netmark.jp all rights reserved
    • 情報源 ● twitter ● man ● 勉強会・交流会 ● 各種公式ドキュメント ● blog/はてダ ● RFC ● ソースコード ● ML ● 書籍 ● Software Design ● WEB+DB Press ● サーバ/インフラを支える技術 (ISBN-10: 4774135666) netmark.jp all rights reserved
    • 将来性の話 ※ひとつの形です ITSSで言うところの – ITアーキテクト – ITスペシャリスト – アプリケーションスペシャリスト – ソフトウェアデベロップメント – ITサービスマネジメント をカバーして ● 地に足がついたアーキテクト になろう! netmark.jp all rights reserved
    • たとえば(1):メルマガ配信サービス 考慮すること・・・・ ● 性能 ・・・配信能力(チューニング、ブロック回避、実装方法) ● キャパシティ ・・・配信能力、負荷分散、データ量、、、 ● 可用性 ・・・機器冗長化、機能冗長化、、、 ● セキュリティ ● 個人情報保護 ・・・ACL、層分離、、、 ● ウィルスチェック ・・・実施タイミング・方法、、、 ● スパムチェック ・・・実施タイミング・方法、、、 ● 運用 ● メンテナンス ・・・停止、バックアップ、、、 ● リラン ・・・実現方法、実施方法、、、 netmark.jp all rights reserved
    • たとえば(1):メルマガ配信サービス 考慮事項の具体例・・・ ● ブロック回避 ● 逆引き設定、SPF、宛先精査・フィードバック、HELO/EHLO設定、、、 ● 構成 ● 複数拠点(別N/W)、IPアドレス数、、、 ● 負荷分散 ● 配信負荷分散、配信/管理サーバを分割、配信/管理NWを分割 ● 配信設定の配布方法の検討 – rsync, NFS, Replication Slave,,, netmark.jp all rights reserved
    • たとえば(2):メディアサイト 考慮事項の具体例・・・ヒット時は通常の10~20倍のアクセス、広告収入モデル ● 性能 ● 画面表示のレスポンスは快適にしたい ● ページのデータ量を減らす?→生命線なので無理 ● 画像の質を落とす?→落とせるものは落とす。落とせないものもある ● 広告・大きな画像はAJAXで非同期呼び出しにする?→広告は同期で! ● 広告は確実に配信したい→広告配信システムのチューニング ● 配信に特化したサーバ(web/広告)/CMSサーバ/広告配信サーバに分離 ● 可用性 ● サイトダウンはできるだけ避けたい→ロードバランサを構築して利用 もちろんOpenSource実装(Active - Hot Standby) ● キャパシティ ● アクセス数の増減がすさまじい・・・別回線にプチCDNを構築 netmark.jp all rights reserved
    • 事例紹介(3):ECサイト 考慮事項の具体例・・・セール時は通常の100倍のアクセス ● 性能 ● 快適に買い物できるように!→Web/Appサーバを分離 ● 可用性 ● サイトダウンはできるだけ避けたい – ロードバランサ、複数回線利用、セッションレプリケーション ● システムダウンはできるだけ避けたい – DBはHA構成 ● キャパシティ ● スケールアウト(Web/App/DB(Replication)を活用して水平分割 ● ファーミングなどの垂直分割も検討 netmark.jp all rights reserved
    • 余談:インフラエンジニアから見たクラウド ● 面白い ● オープン ● Closed実装のクラウドは怖くて・・・ ● Openであるからこそ提案できる – AWS - Eucalyptus, GAE - AppScale ● 発想の転換 ● 既存の知識・ノウハウは流用できる部分もある(特にIaaS) ● 「仮想化」とは違う - 集約 <=> 発散 ● 発想の異なる設計・管理(特にPaaS,SaaS) netmark.jp all rights reserved
    • 面白そうでしょ!? なにか 不思議に思ったことなどあれば ぜひ聞いてみてください netmark.jp all rights reserved
    • おしまい ご静聴いただきありがとうございました netmark.jp all rights reserved