20140524 hands on_upload

504 views
440 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
504
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20140524 hands on_upload

  1. 1. 2014年5月24日 シックス・アパート株式会社 長内 毅志 さくらのレンタルサーバにMT6を インストールしてみよう
  2. 2. アジェンダ •Movable Typeの概要とライセンス •さくらのレンタルサーバへ インストール •Movable Typeの基本的な 構築・設計Tips
  3. 3. Movable Typeの概要とライセンス
  4. 4. Movable Typeとは • 10年以上利用されているブログ・CMS(通称MT) • MTタグ組み合わせでロジック生成 • テンプレートとDBが完全に分離している (MVCライク) • プラグインで拡張可能 • どんなコードも生成可能
  5. 5. html感覚でテンプレートを構築できる <ul> <MT:Entries limit="10"> <li> <a href="<MT:EntryPermalink>"><MT:EntryTitle></a> </li> </MT:Entries> </ul> 最新10件のブログ記事をリンク付きで生成
  6. 6. Movable Typeのライセンス •Movable Type のライセンス4種類 –通常ライセンス –アカデミックディスカウント –開発者ライセンス –個人無償ライセンス
  7. 7. 個人用 ブログ 開発用途 (公開は できない) ビジネス 利用 通常ライセンス ○ ○ ○ アカデミック ディスカウント ☓ ○ ☓ 開発者 ライセンス ☓ ○ ☓ 個人無償 ライセンス ○ ○ ☓
  8. 8. 通常ライセンスはさらに3つの形態があります •ソフトウェア版 •クラウド版 •AWS版
  9. 9. 費用 個人用 ブログ 開発用途 (公開は できない) ビジネス利 用 ソフトウェ ア版 買い切り 9万円/ 1ライセンス ○ ○ ○ クラウド 版 月額課金 9,500円/月(税 抜)〜 ○ ○ ○ AWS版 $0.07/時間 (Microインスタ ンスは無料) ○ ○ ○
  10. 10. 整理すると 通常ライセンス アカデミック ライセンス 開発者 ライセンス 個人無償 ライセンス ソフトウェア版 クラウド版 AWS版
  11. 11. 個人で使う場合 •個人無償版でOK! –アフィリエイトもOK! •AWSのマイクロインスタンスなら無料で使 える!(AWS利用料は別)
  12. 12. プラグイン開発やテーマ開発 •開発者ライセンスでOK!
  13. 13. ビジネスで使う場合 •通常ライセンスをお使いください。 •用途に合わせてお選びください。
  14. 14. さくらのレンタルサーバへ Movable Typeをインストール
  15. 15. 個人無償版のダウンロード •http://goo.gl/qyYBi0 • https://www.sixapart.jp/inquiry/movabletype/personal_download.html
  16. 16. コントロールパネルにログイン
  17. 17. データベースの準備
  18. 18. • データベースのバージョン – 変更の必要はありません。(Movable Type はMySQL 5.0以上で動作します) • データベース名 – 任意のデータベース名を入力します。 • データベースユーザ名 – 初期状態のユーザ名を利用します。 • 接続用パスワード – 任意のパスワードを入力します。 • データベース文字コード – 必ず「UTF-8」を選んでください。
  19. 19. データベースの設定項目の中で • データベースサーバ • データベース名 • データベースユーザ名 • 接続用パスワード の4つは、Movable Typeのインストール時に必要となります。
  20. 20. Movable Typeのインストールパスと公開パスの計画 Movable Typeは • ソフトウェアの配置場所 • 出力するブログの公開場所 を別々に設定できます。
  21. 21. メリット • ソフトウェアのインストール場所をわかりにくくする –公開ソフトウェアのインストールパスとブログの公開パスを別々に設 定することで、悪意のある第三者からソフトウェアへ攻撃をしにくくす ることができます。 • 複数のブログを設定できる –Movable Typeは、ひとつのソフトウェアで複数のブログを構築できま す。複数のブログを異なるパスに設定して、それぞれを独立して運用 することができます。
  22. 22. •http://www.movabletype.jp/documentatio n/mt6/installation/linux.html
  23. 23. インストールパスと公開パスの計画例 •example.com/ –ブログの公開パス ( /home/ユーザー名/www/ ) •example.com/mt/ –Movable Typeのインストールパス ( /home/ユーザー名/www/mt/ )
  24. 24. ファイルの転送
  25. 25. www以下にMovable Typeのファイル一式を転送
  26. 26. パーミッションの変更 • cgiファイルのパーミッションを755もしくは705に変更 http://support.sakura.ad.jp/manual/sw/tech_cgi.html
  27. 27. インストールウィザードの起動
  28. 28. 初期画面
  29. 29. • 日本語を選択
  30. 30. システムチェック
  31. 31. データベース設定
  32. 32. コントロールパネルから設定したデータベースの情報から • データベースサーバ • データベース名 • ユーザー名 • パスワード の4つを入力します。
  33. 33. メール設定
  34. 34. アカウント設定
  35. 35. • ユーザー名 –サインインするためのユーザーアカウントです。 • 表示名 –Movable Typeで記事を書いた時に使われる表示名です。ユーザーア カウント設定後も自由に変更できます。 • 電子メール –ユーザーアカウントで利用するメールアドレスを設定します。
  36. 36. • 使用言語 –Movable Typeでは、アカウントごとに管理画面の言語設定を変更する ことができます。管理画面を何語で使うかを設定します。 • パスワード –アカウントで利用するパスワードです。
  37. 37. ウェブサイトの作成
  38. 38. • ウェブサイト名 – Movable Typeで公開するサイトの名称です。 • ウェブサイトURL – 公開するサイトへアクセスするためのURLです。 • ウェブサイトパス – 公開するサイトのサーバーパスです。インストール前に設定したサーバーパス情報 を入力します。 • テーマ – インストール直後に使用するデザインテーマを選択できます。あとで変更可能です 。ここでは初期状態の「Rainier」をそのまま使います。 • タイムゾーン – 特に変更の必要はありません。
  39. 39. インストール実行
  40. 40. 最初の記事を書いてみる
  41. 41. デザインを変えてみる
  42. 42. スタイルキャッチャー •デザイン=>スタイル
  43. 43. テーマ •デザイン=>テーマ
  44. 44. MTタグを操作してみる
  45. 45. ダミーデータ •ダウンロード http://goo.gl/yaBMIU
  46. 46. トップページの表示件数を変えてみる
  47. 47. トップページの表示件数を変えてみる デザイン=>テンプレート=> インデックステンプレート=>メインページ <mt:Entries limit="$entries_per_page" search_results="1"> <$mt:Include module="ブログ記事の概要"$> </mt:Entries>
  48. 48. 表示をタイトルだけにしてみる
  49. 49. 表示をタイトルだけにしてみる デザイン=>テンプレート=> テンプレートモジュール=>ブログ記事の概要 <MTIgnore> <div class="asset-content entry-content" itemprop="articleBody"> <$mt:EntryBody$> </div> </MTIgnore>
  50. 50. タイトルの色を変えてみる
  51. 51. タイトルの色を変えてみる デザイン=>テンプレート=> テンプレートモジュール=>ブログ記事の概要 <h2 class="asset-name entry-title" itemprop="name"> <a href="<$mt:EntryPermalink encode_html="1"$>"> <$mt:EntryTitle$></a> </h2>
  52. 52. Movable Type 設計・構築のTips
  53. 53. ホームページ(Webサイト)とブログの違い •ホームページ(Webサイト) –データはツリー構造 –階層的 –ページは常に一意
  54. 54. •ブログ –データは時系列ごとに増えるスタック構造 –カテゴリーやタグで構造化 –1つのページが複数のカテゴリにまたがる
  55. 55. Movable Typeの「ウェブサイト」と「ブログ」 • ウェブサイト… いわゆる「Webサイト」「ホームページ」全体を管理するための 仕組み • ブログ… Webサイト(ホームページ)の中にある、更新頻度の高いコンテ ンツを管理するための仕組み 「ブログ」「ニュースリリース」「IR情報」 「新製品紹介」など
  56. 56. •サイト内のコンテンツの中で 「定期的な情報発信コンテンツ」 をブログとして構築
  57. 57. 小規模なウェブサイト
  58. 58. 中大規模なウェブサイト(複数事業部など)
  59. 59. まとめ •設計の際は「ウェブサイト」 「ブログ」の特徴を意識する •サイト内の「固定的なページ」 「更新と蓄積があるページ」 を分けてコンテンツを整理する
  60. 60. 参考 •LIGブログ –http://liginc.co.jp/web/tool/other-tool/88770
  61. 61. •ありがとうございました。

×