• Save
20130517 movable type_seminar
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20130517 movable type_seminar

on

  • 632 views

 

Statistics

Views

Total Views
632
Slideshare-icon Views on SlideShare
344
Embed Views
288

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 288

http://www.sixapart.jp 287
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20130517 movable type_seminar 20130517 movable type_seminar Presentation Transcript

    • CMSの導入にあたって意識したいポイントとMovable Typeのメリット2013年5月17日シックス・アパート株式会社長内毅志
    • アジェンダ• CMS導入のポイント–意識したい点は何か–どのようにすればよいか• CMSとしてのMovable Typeの優位点は• まとめ
    • CMS導入のポイント
    • CMS導入のポイント1. 情報発信を第一に考え、拡張性・継続性を考慮する2. コンテンツの可搬性を重視して、ネット環境の変化に対応する
    • 情報発信を第一に考え、拡張性・継続性を考慮する
    • 「仕組み」よりも「コンテンツ」が重要
    • 情報発信者が主役
    • 拡張性、継続性を考慮する• ウェブサイト (≒ネット上の情報発信メディア)に完成形はない• 最初から巨大なシステムを、「完全」を目指して構築すると、ネットの変化に対応できない–カスタマイズコスト、リプレースコストが高くつく–業務系システムとCMS (≒ ネットシステム)は異なる
    • 情報発信しやすい運用フローを実現するために• 最初から100%を目指さない–設計は緻密に、スタートは軽量に–最初は8割程度の実装ではじめ、現状に即して改善を重ねる• 担当者が発信しやすい環境をつくる–例外処理を重要視しない• 多人数による更新フローを意識する• スケーラビリティがあるシステムを選択する–コンテンツ、発信者は蓄積・増加する
    • コンテンツの可搬性を重視し、ネット環境の変化に対応する
    • 閲覧環境、ネットトレンドは変化する• デバイス、SNS、動画、ウェブサービス、etc
    • 参考:閲覧環境の変化• 出典:株式会社MM総研http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120130328500
    • サーバー環境、トラフィックも激変する• ナローバンド、レンタルサーバーからブロードバンド、クラウド環境へ
    • 参考:ネット上のトラフィックは激増している
    • ネット環境の変化を前提とする• 閲覧環境、ネットトレンドは劇的に変化する• サーバー環境、トラフィックも激変する• 情報=コンテンツの可搬性が大事• メンテナンスと改善のサイクルを回せるように
    • ネット環境の変化に対応するために• コンテンツ(データ)とデザイン(テンプレート)を分離する–コンテンツの可搬性が向上する• デザインにロジックを混在させない–テンプレートにコードを直接書かない–メンテナンス性、コンテンツの可搬性に影響を与える• 構造化されたhtmlでデザインする–コンテンツ移行が楽になる
    • ここまでのまとめ• 情報発信しやすい環境、および拡張性・継続性を考慮する– 担当者が発信しやすい環境を作る– スモールスタートを検討する– コンテンツや関係者は増加するため、スケーラビリティを十分考慮する• ネット環境は変化する– コンテンツとデザインを分離して、可搬性を高める
    • CMSとしてのMovable Typeのメリット
    • CMSとしてのMovable Typeのメリットは• 完成されたテンプレートシステム• 幅広いラインアップ• 拡張性、継続性に富む
    • 完成されたテンプレートシステム
    • 完成されたテンプレートシステム• テンプレートとDBが完全に分離–ロジックとコンテンツがわかれている–システムのメンテナンス性が高い• コンテンツの可搬性が高い–ネット環境の変化に対応しやすい
    • 事例:地球の歩き方特派員ブログ• http://www.sixapart.jp/business/09099.html• http://www.sixapart.jp/business/arukikata.html2006 2013
    • 幅広いラインアップ
    • ライセンス体系Sub License個人無償版 商用版 パートナーMovable Type Movable TypeProMovable TypePro/Advanced商用機能ホスティング制作提案ソリューション• 個人無償版からエンタープライズまで• スモールスタートが可能
    • 拡張性、継続性に富む
    • 拡張性、継続性に富む• 個人ブログから複数チームが運営する巨大サイトまで• 出力プロファイル選択による適切な配信が選択可能
    • 構造化されたシステム• 大規模チームに対応可能な構造–マルチブログ機能–細密なユーザー権限の設定
    • 出力プロファイルによる配信設定• 動的生成、静的生成ともに対応• キャッシュも標準機能として提供• サーバー、システム要件に合わせた出力
    • 参考:MTをAWS上で運用する• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
    • 拡張性、継続性の確かな実績• 豊富な事例を公開中http://www.sixapart.jp/business/
    • •ナショナルクライアントローソン
    • •ニュースサイトNewsweek,日本経済新聞
    • •メディアFYTTE,Sportiva
    • Recommend Case
    • まとめ• 情報発信のための運用フローと、拡張性・継続性を考慮する• コンテンツの可搬性を重視し、ネット環境の変化に対応する• Movable Typeは上記をカバーした10年以上の実績があるパブリッシングプラットフォーム