20130517 movable type_seminar

791 views
752 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
791
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
383
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130517 movable type_seminar

  1. 1. CMSの導入にあたって意識したいポイントとMovable Typeのメリット2013年5月17日シックス・アパート株式会社長内毅志
  2. 2. アジェンダ• CMS導入のポイント–意識したい点は何か–どのようにすればよいか• CMSとしてのMovable Typeの優位点は• まとめ
  3. 3. CMS導入のポイント
  4. 4. CMS導入のポイント1. 情報発信を第一に考え、拡張性・継続性を考慮する2. コンテンツの可搬性を重視して、ネット環境の変化に対応する
  5. 5. 情報発信を第一に考え、拡張性・継続性を考慮する
  6. 6. 「仕組み」よりも「コンテンツ」が重要
  7. 7. 情報発信者が主役
  8. 8. 拡張性、継続性を考慮する• ウェブサイト (≒ネット上の情報発信メディア)に完成形はない• 最初から巨大なシステムを、「完全」を目指して構築すると、ネットの変化に対応できない–カスタマイズコスト、リプレースコストが高くつく–業務系システムとCMS (≒ ネットシステム)は異なる
  9. 9. 情報発信しやすい運用フローを実現するために• 最初から100%を目指さない–設計は緻密に、スタートは軽量に–最初は8割程度の実装ではじめ、現状に即して改善を重ねる• 担当者が発信しやすい環境をつくる–例外処理を重要視しない• 多人数による更新フローを意識する• スケーラビリティがあるシステムを選択する–コンテンツ、発信者は蓄積・増加する
  10. 10. コンテンツの可搬性を重視し、ネット環境の変化に対応する
  11. 11. 閲覧環境、ネットトレンドは変化する• デバイス、SNS、動画、ウェブサービス、etc
  12. 12. 参考:閲覧環境の変化• 出典:株式会社MM総研http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120130328500
  13. 13. サーバー環境、トラフィックも激変する• ナローバンド、レンタルサーバーからブロードバンド、クラウド環境へ
  14. 14. 参考:ネット上のトラフィックは激増している
  15. 15. ネット環境の変化を前提とする• 閲覧環境、ネットトレンドは劇的に変化する• サーバー環境、トラフィックも激変する• 情報=コンテンツの可搬性が大事• メンテナンスと改善のサイクルを回せるように
  16. 16. ネット環境の変化に対応するために• コンテンツ(データ)とデザイン(テンプレート)を分離する–コンテンツの可搬性が向上する• デザインにロジックを混在させない–テンプレートにコードを直接書かない–メンテナンス性、コンテンツの可搬性に影響を与える• 構造化されたhtmlでデザインする–コンテンツ移行が楽になる
  17. 17. ここまでのまとめ• 情報発信しやすい環境、および拡張性・継続性を考慮する– 担当者が発信しやすい環境を作る– スモールスタートを検討する– コンテンツや関係者は増加するため、スケーラビリティを十分考慮する• ネット環境は変化する– コンテンツとデザインを分離して、可搬性を高める
  18. 18. CMSとしてのMovable Typeのメリット
  19. 19. CMSとしてのMovable Typeのメリットは• 完成されたテンプレートシステム• 幅広いラインアップ• 拡張性、継続性に富む
  20. 20. 完成されたテンプレートシステム
  21. 21. 完成されたテンプレートシステム• テンプレートとDBが完全に分離–ロジックとコンテンツがわかれている–システムのメンテナンス性が高い• コンテンツの可搬性が高い–ネット環境の変化に対応しやすい
  22. 22. 事例:地球の歩き方特派員ブログ• http://www.sixapart.jp/business/09099.html• http://www.sixapart.jp/business/arukikata.html2006 2013
  23. 23. 幅広いラインアップ
  24. 24. ライセンス体系Sub License個人無償版 商用版 パートナーMovable Type Movable TypeProMovable TypePro/Advanced商用機能ホスティング制作提案ソリューション• 個人無償版からエンタープライズまで• スモールスタートが可能
  25. 25. 拡張性、継続性に富む
  26. 26. 拡張性、継続性に富む• 個人ブログから複数チームが運営する巨大サイトまで• 出力プロファイル選択による適切な配信が選択可能
  27. 27. 構造化されたシステム• 大規模チームに対応可能な構造–マルチブログ機能–細密なユーザー権限の設定
  28. 28. 出力プロファイルによる配信設定• 動的生成、静的生成ともに対応• キャッシュも標準機能として提供• サーバー、システム要件に合わせた出力
  29. 29. 参考:MTをAWS上で運用する• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
  30. 30. 拡張性、継続性の確かな実績• 豊富な事例を公開中http://www.sixapart.jp/business/
  31. 31. •ナショナルクライアントローソン
  32. 32. •ニュースサイトNewsweek,日本経済新聞
  33. 33. •メディアFYTTE,Sportiva
  34. 34. Recommend Case
  35. 35. まとめ• 情報発信のための運用フローと、拡張性・継続性を考慮する• コンテンツの可搬性を重視し、ネット環境の変化に対応する• Movable Typeは上記をカバーした10年以上の実績があるパブリッシングプラットフォーム

×