20130417 movbale type_seminar
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
827
On Slideshare
524
From Embeds
303
Number of Embeds
6

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 303

http://www.h-fj.com 134
http://www.sixapart.jp 127
http://www.drivemenuts.com 18
http://cloud.feedly.com 13
http://www.feedspot.com 9
http://www.newsblur.com 2

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. クラウドサーバーとMovable Typeの活用2013年4月17日シックス・アパート株式会社長内毅志
  • 2. 自己紹介 : 長内毅志プロダクト&マーケティングマネージャーtwitter: Nick_smallworldblog: http://smallworld.west-tokyo.com
  • 3. アジェンダ• 通常のサーバーと「クラウドサーバー」のおさらい• Movable Typeとクラウドサーバーを組み合わせるメリット(AWS, Windows Azure)• Movable Type 最新版
  • 4. 通常のサーバーと「クラウドサーバー」のおさらい
  • 5. 通常のサーバー• 共用サーバー• 専用サーバー• VPS(バーチャルプライベートサーバー)
  • 6. 共用サーバー• サーバーを共同で利用• 安価。サーバー保守は提供会社が担当• 利用制限や他ユーザーの利用による影響OSウェブサーバーDB、ミドルウェア等
  • 7. 共用サーバー≒シェアハウス※図は「CPIスタッフブログ」http://shared-blog.kddi-web.com/about/95以後、同様
  • 8. 専用サーバー• サーバーをまるごと利用• カスタマイズ性が高い• 保守運用を行う必要あり(保守運用をサーバー会社が行う場合もある)OSウェブサーバーDB、ミドルウェア等
  • 9. 専用サーバー≒一軒家※図は「CPIスタッフブログ」http://shared-blog.kddi-web.com/about/95
  • 10. VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)• 1サーバー上に擬似専用サーバーを複数設置• 操作権限は専用サーバーに近いが、他ユーザーとファシリティは共用OSウェブサーバーDBOSウェブサーバーDBOSウェブサーバーDB
  • 11. VPS≒分譲マンション※図は「CPIスタッフブログ」http://shared-blog.kddi-web.com/about/95
  • 12. クラウドサーバーとは• 従来のサーバーとは構造、サービス形態ともに異なる
  • 13. –レンタルサーバーのように使うクラウド=> IaaS (Infrastructure as a Service)–OSやミドルウェアなどセット済みサーバー環境を提供=> PaaS (Platform as a Service)–クラウドサーバーを利用してソフトサービスを提供=> SaaS (Software as a Service)
  • 14. IaaS、PaaSの一般的な特徴• IaaSとしてのクラウドサーバー≒ スケーラビリティがあるVPS• 必要に応じて、サーバーサイズ(メモリ、HDD容量、CPUスペック)を変更できる• キャンペーンサイトやオンラインゲームサイト、ポータルサービスなどの利用が多い
  • 15. 例えると• 実際に住める・使える、巨大な住宅展示場。必要に応じて一軒家からマンションまで規模に応じて構築可能• 土地だけ借りたり、モデルハウスごと使ったり• 施設、場所を時間単位で利用
  • 16. 2012/Q4のシェア出展:Snergy Research Group via “Publckey”http://www.publickey1.jp/blog/13/iaasamazon36paassalesforce19synergy_research_group.html
  • 17. Movable Typeとクラウドサーバーを組み合わせるメリット
  • 18. Movable Typeの特徴• 静的生成、動的生成ともに可能–htmlを生成するパブリッシングエンジン
  • 19. Amazon Web Service(以下、AWS)• IaaS、PaaSの両方でMicrosoftと並び大きなシェアを獲得• 現在のクラウドサーバーを考える上で無視できない存在• AWS+MTで考えてみる
  • 20. クラウドサーバーのサービス(AWSを例にすると)• Amazon EC2=> IaaS, PaaS• Amazon S3=> 静的ファイル専用の大規模サーバー–PHPやPerlなど、サーバーサイドの動的ファイルは利用不可–JavaScriptなどをhtmlに埋め込むのは利用可
  • 21. 小規模サイトのクラウド利用例• クラウドを利用したシステム構成–最初は小さなインスタンスでサーバー構築–CMSサーバー、公開サーバー共にVMイメージで構築–Amazon EC2 (Azure仮想マシン) のクラウドサービスなど)VMサーバーAmazonEC2など
  • 22. 中規模サイトのクラウド利用例• サイト規模の拡大、アクセスの増加に合わせて、CMSサーバーと公開サーバーを分けて運用–CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など)–公開ページはコンテンツサーバーで構築–AmazonS3 (Azure Webサイト) などVMサーバーAmazonEC2などAmazon S3など
  • 23. 大規模サイトのクラウド利用例• CMSサーバー冗長化、公開サーバーをCDN化–CMSサーバーはVMイメージ n個で冗長構成–公開コンテンツをストレージサーバーへ出力–CDNを利用して世界各地にキャッシュ (CloudFront)DBサーバーCDNサーバー
  • 24. Cloud + MTのメリット• スケーラビリティ、コストメリットに富む• MTの静的配信が最大限に効果を発揮–CMSサーバーと公開サーバーを別管理可能• 様々なクラウドサーバーパターンへ対応が容易
  • 25. MT on AWS• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
  • 26. Plugin• AmazonS3にMTからサイト公開http://tec.toi-planning.net/mt/amazon/mt-amazons3/
  • 27. Movable Type 最新版
  • 28. 最新バージョンMovable Type 5.2.3
  • 29. New Rich Text Editor
  • 30. New Interface
  • 31. Full Screen Mode
  • 32. Adopting CSS
  • 33. Different CSS for pages and entries
  • 34. https://gist.github.com/1f234647a582266c5a8bEditor’s API
  • 35. •定型文管理画面から登録・修正•定型文からブログ記事作成http://www.sixapart.jp/movabletype/ez/guide/formattedtext.html定型文作成機能
  • 36. •レスポンシブ・ウェブデザイン•PC、スマホ、タブレットに最適レイアウトhttp://www.sixapart.jp/movabletype/ez/guide/rainier.html新テーマ「Rainier」
  • 37. Rainierの特徴• レスポンシブWebデザイン対応–PC、スマートフォン、タブレット• OGP、パンくずリスト• MT4のスタイルをスポンシブWebデザインで利用可能• カスタマイズ素材としての利用– http://www.sixapart.jp/movabletype/demo/rainier_customize/
  • 38. クラウドサービス「Movable Type EZ」
  • 39. • Movable TypeのSaaS版• ソフトウェアの管理権限を付与、MTを自由にカスタマイズ可能• サーバー保守はSix Apartが担当http://www.sixapart.jp/movabletype/ez/
  • 40. Movable Type EZ とMovable Typeクラウド版 ソフトウェア版ライセンスと料金月額9,975円、14,910円、19,950円の3プラン1サーバー5ユーザー版:63,000円1サーバー無制限ユーザー版:126,000円サポート料金 月額料金の中に含みます初年度は無料、2年目以降は10,500円利用ユーザー数 無制限 無制限 (無制限ライセンス)導入方法インターネットにつながるパソコンがあればすぐに利用開始WEBサーバーにMovable Typeのプログラムをインストールして利用運用管理バージョンアップ作業はシックス・アパートが実施各ソリューションベンダーによるバックアップ 日次でバックアップを実施 各ソリューションベンダーによるカスタマイズ性 SFTPでプラグイン追加可能 カスタマイズ性は高い
  • 41. http://www.sixapart.jp/business/ShowCase
  • 42. •ナショナルクライアントローソン
  • 43. •ニュースサイトNewsweek,日本経済新聞
  • 44. •メディアFYTTE,Sportiva
  • 45. Recommend Case