Your SlideShare is downloading. ×
20120821 pronet study
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

20120821 pronet study

1,157
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,157
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Movable Type 5.2の新機能を 一足先に学ぶ勉強会シックス・アパート株式会社
  • 2. 自己紹介 : 長内毅志2011年よりMovable Type製品企画マネージャーtwitter: Nick_smallworldblog: smallworld.west-tokyo.com
  • 3. Movable Type 5.2
  • 4. 5 features• Cloud Optimazation – Nginx+PSGI• New rich text editor• SMTP Auth• Site Restriction• Performance up
  • 5. Cloud Optimization• Nginx+PSGI• Windows Azure(MTA) PSGI
  • 6. What’s nginx?• ロシアで開発されたウェブサーバー• Apacheに続く第二位のシェア(netcraft社、2012/03)• 軽量、高速。メモリ使用量が少ない
  • 7. Why nginx+PSGI?
  • 8. Merit of Cloud computing• クラウドのメリットは – スピーディにサーバーの構築が可能 – サーバーのスケーラビリティ変更が容易 – アプリケーションサーバーとコンテンツサーバーの分離構成 – CDNへの可用性• ウェブソリューションを考える上で外せない技術
  • 9. Cloud for small website• クラウドを利用したシステム構成 – 最初は小さなインスタンスでサーバー構築 – CMSサーバー、公開サーバー共にVMイメージで構築 (Amazon EC2,Windows Azure のクラウドサービスなど) VMサーバー AmazonEC2など
  • 10. Cloud for mid-size website• サイト規模の拡大、アクセスの増加に合わせて、CMSサーバーと公開サーバーを分けて運用 – CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など) – 公開ページはコンテンツサーバーで構築 (AmazonS3やAzureストレージなど) VMサーバー AmazonEC2など Amazon S3など
  • 11. Cloud for Large website• CMSサーバーの冗長化、公開サーバーをCDN化 – CMSサーバーはVMイメージ x n個で冗長構成(AmazonEC2など) – 公開ページはCDN利用(AmazonCloudFrontなど) DBサーバー CDNサーバー
  • 12. Cloud + MT• スケーラビリティ、コストメリットにとむ• MTの静的配信が最大限に効果を発揮 – CMSサーバーと公開サーバーを別管理可能• 様々なクラウドデザインパターンへの対応が容易
  • 13. MT on AWS• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
  • 14. Plugin• AmazonS3にMTからサイト公開 http://tec.toi-planning.net/mt/amazon/mt-amazons3/
  • 15. MT on Cloud VM• クラウド上のVMサーバー(Amazon EC2など)でMTを快適に動作させる必要性• さまざまなインスタンスサイズへの対応• 軽量・高速なウェブサーバーでの動作
  • 16. nginx pros and cons• Pros –Speedy –Light weight• Cons –Cannot use .htaccess –Cannot use CGI in initial state
  • 17. nginx+PSGI+MT• nginx=高速、軽量なウェブサーバー• nginx+PSGI – nginx+PSGIで、nginx上でCGI(MT)を動かせる – nginxの速度+PSGIによるCGI常駐化で、MTの高速化が期待できる – 140%のパフォーマンスアップ(弊社内部調査)
  • 18. Structure (sample model)html request nginx Starman 80 Port htmlファイルはnginxで処理 Starmanを経由せず結果を返すcgi request 80 Port 5000 Port cgiファイルはリバースプロクシで処理 Starman上の処理結果をnginxに返す
  • 19. Hands on
  • 20. nginx+PSGIでMTを立ち上げ• Apache+CGI環境でMTが動いている前提 – Nginxをインストール – Task::Plack関連とStarmanインストール1. nginx.conf設定2. Starman起動設定3. Apache 停止4. nginx起動5. MT立ち上げ
  • 21. MT+Cloud possibility• VMサーバー上のMT+公開エリア=>ステージ環境• コンテンツサーバー=>本番環境クラウドを利用した、ステージングサーバー構築
  • 22. Various Cloud environment (Movable Type Advancedで正式対応)
  • 23. New Rich Text Editor
  • 24. Merit• TinyMCEベース• 編集機能が多い• モダンなHTMLが出力される• 生成されるHTMLがブラウザ間で同じ• カスタマイズが簡単
  • 25. Contribution for TinyMCE
  • 26. New Interface
  • 27. Full Screen Mode
  • 28. Inserting HTML
  • 29. Adopting CSS
  • 30. Different CSS for pages and entries
  • 31. Including CSS within Theme
  • 32. Editor’s APIhttps://gist.github.com/1f234647a582266c5a8b
  • 33. Customizing Editor• No need to write JavaScript• Yaml file + α
  • 34. Easy maintenance
  • 35. Hands on
  • 36. Changing CSS
  • 37. Implementing Pluginid: EnterBrForTinyMCEname: EnterBrForTinyMCEversion: 1.00editors: tinymce: config: force_br_newlines: true force_p_newlines: ~ forced_ root_block:
  • 38. Cf: TinyMCE’s Configurationhttp://www.tinymce.com/wiki.php/Configuration
  • 39. Site-path Restriction
  • 40. SMTP Authentication
  • 41. Beta version is available
  • 42. Online Beta
  • 43. Please use and give feedbacks