• Save
20120821 pronet study
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20120821 pronet study

on

  • 806 views

 

Statistics

Views

Total Views
806
Views on SlideShare
806
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    20120821 pronet study 20120821 pronet study Presentation Transcript

    • Movable Type 5.2の新機能を 一足先に学ぶ勉強会シックス・アパート株式会社
    • 自己紹介 : 長内毅志2011年よりMovable Type製品企画マネージャーtwitter: Nick_smallworldblog: smallworld.west-tokyo.com
    • Movable Type 5.2
    • 5 features• Cloud Optimazation – Nginx+PSGI• New rich text editor• SMTP Auth• Site Restriction• Performance up
    • Cloud Optimization• Nginx+PSGI• Windows Azure(MTA) PSGI
    • What’s nginx?• ロシアで開発されたウェブサーバー• Apacheに続く第二位のシェア(netcraft社、2012/03)• 軽量、高速。メモリ使用量が少ない
    • Why nginx+PSGI?
    • Merit of Cloud computing• クラウドのメリットは – スピーディにサーバーの構築が可能 – サーバーのスケーラビリティ変更が容易 – アプリケーションサーバーとコンテンツサーバーの分離構成 – CDNへの可用性• ウェブソリューションを考える上で外せない技術
    • Cloud for small website• クラウドを利用したシステム構成 – 最初は小さなインスタンスでサーバー構築 – CMSサーバー、公開サーバー共にVMイメージで構築 (Amazon EC2,Windows Azure のクラウドサービスなど) VMサーバー AmazonEC2など
    • Cloud for mid-size website• サイト規模の拡大、アクセスの増加に合わせて、CMSサーバーと公開サーバーを分けて運用 – CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など) – 公開ページはコンテンツサーバーで構築 (AmazonS3やAzureストレージなど) VMサーバー AmazonEC2など Amazon S3など
    • Cloud for Large website• CMSサーバーの冗長化、公開サーバーをCDN化 – CMSサーバーはVMイメージ x n個で冗長構成(AmazonEC2など) – 公開ページはCDN利用(AmazonCloudFrontなど) DBサーバー CDNサーバー
    • Cloud + MT• スケーラビリティ、コストメリットにとむ• MTの静的配信が最大限に効果を発揮 – CMSサーバーと公開サーバーを別管理可能• 様々なクラウドデザインパターンへの対応が容易
    • MT on AWS• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
    • Plugin• AmazonS3にMTからサイト公開 http://tec.toi-planning.net/mt/amazon/mt-amazons3/
    • MT on Cloud VM• クラウド上のVMサーバー(Amazon EC2など)でMTを快適に動作させる必要性• さまざまなインスタンスサイズへの対応• 軽量・高速なウェブサーバーでの動作
    • nginx pros and cons• Pros –Speedy –Light weight• Cons –Cannot use .htaccess –Cannot use CGI in initial state
    • nginx+PSGI+MT• nginx=高速、軽量なウェブサーバー• nginx+PSGI – nginx+PSGIで、nginx上でCGI(MT)を動かせる – nginxの速度+PSGIによるCGI常駐化で、MTの高速化が期待できる – 140%のパフォーマンスアップ(弊社内部調査)
    • Structure (sample model)html request nginx Starman 80 Port htmlファイルはnginxで処理 Starmanを経由せず結果を返すcgi request 80 Port 5000 Port cgiファイルはリバースプロクシで処理 Starman上の処理結果をnginxに返す
    • Hands on
    • nginx+PSGIでMTを立ち上げ• Apache+CGI環境でMTが動いている前提 – Nginxをインストール – Task::Plack関連とStarmanインストール1. nginx.conf設定2. Starman起動設定3. Apache 停止4. nginx起動5. MT立ち上げ
    • MT+Cloud possibility• VMサーバー上のMT+公開エリア=>ステージ環境• コンテンツサーバー=>本番環境クラウドを利用した、ステージングサーバー構築
    • Various Cloud environment (Movable Type Advancedで正式対応)
    • New Rich Text Editor
    • Merit• TinyMCEベース• 編集機能が多い• モダンなHTMLが出力される• 生成されるHTMLがブラウザ間で同じ• カスタマイズが簡単
    • Contribution for TinyMCE
    • New Interface
    • Full Screen Mode
    • Inserting HTML
    • Adopting CSS
    • Different CSS for pages and entries
    • Including CSS within Theme
    • Editor’s APIhttps://gist.github.com/1f234647a582266c5a8b
    • Customizing Editor• No need to write JavaScript• Yaml file + α
    • Easy maintenance
    • Hands on
    • Changing CSS
    • Implementing Pluginid: EnterBrForTinyMCEname: EnterBrForTinyMCEversion: 1.00editors: tinymce: config: force_br_newlines: true force_p_newlines: ~ forced_ root_block:
    • Cf: TinyMCE’s Configurationhttp://www.tinymce.com/wiki.php/Configuration
    • Site-path Restriction
    • SMTP Authentication
    • Beta version is available
    • Online Beta
    • Please use and give feedbacks