• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
タンパク質は音楽を奏でるか?
 

タンパク質は音楽を奏でるか?

on

  • 1,291 views

proteodyの話

proteodyの話

Statistics

Views

Total Views
1,291
Views on SlideShare
1,288
Embed Views
3

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

1 Embed 3

https://twitter.com 3

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    タンパク質は音楽を奏でるか? タンパク質は音楽を奏でるか? Presentation Transcript

    • タンパク質は音楽を奏でるか?
      大上 雅史/@tonets
    • このスライドの内容
      深川洋一,「生命の暗号を聴く」,小学館,2007.
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      2
    • タンパク質は音楽を奏でるか
      可聴化というアプローチ
      データを入力として用いて音の信号を生成する方法は,以下の条件を満たすときかつそのときに限り可聴化といえる.
      (A) 音が入力データの特性や関係性を反映していること
      (B) 音への変換の方法が厳密に定義されていること
      (C) 結果が再現可能であること
      (D) 意図的に異なるデータを入力できること.また,同じデータを繰り返し 入力できること
      利点・・・全方位的,時系列的な変化を自然に表現できる.      大量の情報を高速に表現できる(知覚させられる).
      欠点・・・絶対的な量を表現しにくい,うるさい,      気が散る,よくわからない.
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      Hermann, T. (2008). Taxonomy and definitions for sonification and auditory display. Proc. of the 14th ICAD, Paris, 1-8.
      3
    • proteody
      proteody = protein + melody
      粒子であるアミノ酸は波動性を示すこともある
      量子力学における粒子と波動の二重性
      tRNAがリボソームと結合するときに波動性を強く示す
      このときに現れる量子の波->スケーリング波動
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      4
    • 音楽とproteodyの音の推移
      普通の音楽の音の推移は協和音程がメイン
      ただし長2度(ド->レなど)はピッチの急変を避けるためによく使われる
      アミノ酸配列の音の推移も類似
      人間が持つ美しい音楽のルールにアミノ酸配列も従っている!!
      (フランス国家)
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      5
    • proteodyの特徴
      音の推移幅が広い
      進化の過程でヒトが美しく感じるような滑らかな推移になる
      例:原核生物のMreB(アクチンの先祖)
      ナ ナンダッテー!!  Ω ΩΩ
      ヴィヴァルディはアクチンの音を聴いていた! 
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      6
    • ジョエル・ステルンナイメール
      フランスの物理学者(所属無)
      そもそもの発端
      タンパク質は音楽を奏でるか?
       彼は素粒子の研究者であり,また作曲もしていた.彼はタンパク質のアミノ酸配列をもとにメロディーをつくることを思いつく.ヘモグロビンのメロディーを考えていたとき,偶然に知り合いの女性が電話をしてきて,「手術後ヘモグロビンの数値がどうしても上がらないの」という.彼は突然ひらめき,彼女に自分で解読したヘモグロビンのメロディーを聞かせる.すると彼女は「体の中で何か起こっている感じがする」といい,数日後の検査の結果,ヘモグロビンの数値が急上昇し正常になっていることが分かったそうである.
       さらにこの理論を応用すれば「ポケモンショック」の原因も解明できるらしい.タンパク質と音楽がともに「波動」であることで結びつくのであれば,電磁波という波動による光(色彩)とも対応させることができるからというのがその理由である.以下「ポケモンショック」ついてのステルンナイメールの見解.
       《『ポケットモンスター』のビデオ,確かに受領.問題のシーンは,橙-青-橙-青-橙-橙-青-橙-青-……が速いスピードで変化していた(1秒に24カット).アミノ酸の色のコードは知っているだろう.この配列は主に神経ペプチドの受容体に現われるんだ.その第1がGABA受容体(β3鎖[てんかんに関係する部分])だ.》
      7
    • 参考文献
      深川洋一,「生命の暗号を聴く」,小学館,2007.
      と学会主催 日本トンデモ本大賞2008 第3位!!
      タンパク質と音楽の関連は1980年頃から研究されているらしい
      あまり参考にならない
      アミノ酸と音の対応がわからない
      リズム・音価はどうなってんの
      興味のある人は是非
      タンパク質は音楽を奏でるか?
      8