0
AIR2.7でAIR for iOSを試してみた<br />by ton<br />2011/7/9 FxUG 名古屋勉強会<br />1<br />
自己紹介<br />名前 : とん  <br />Twitter : ton1517<br />blog : ton-up blog<br />豊橋技術科学大学<br />知識情報工学課程 4年<br />2<br />
AIR2.7でAIR for iOS<br />SDKのダウンロードから<br />	iPhoneで動かすまでの流れ<br />すべてコマンドラインで<br />iPhoneで動かすには<br /> Apple iOS Developer Pr...
AIR for iOSってなに?<br />AIR SDKを使ってiOSへ書き出し対応<br />(AIR 2.6 SDKから)<br />OS<br />iOS 4 以上<br />Device :<br />iPhone 3GS, iPho...
AIR 2.7<br />iOS上の描画機能最適<br />AIR2.6に比べてCPUでの描画パフォーマンスが最大4倍高速化<br />(比較ビデオ40秒あたりから)<br />iOS用インタープリターモード<br />5<br />
SDKのダウンロード<br />Flex SDK<br />   (7/9時点で最新はFlex 4.5.1)<br />AIR SDK<br />6<br />
Flex SDKの中にAIRSDKを入れる<br />Windows<br />AIR SDKフォルダの中身を<br />Flex SDKフォルダの中にコピペ<br />Mac<br />コマンドラインから<br />	cp -rf Adobe...
パスの設定<br />Windows<br />システム環境変数のPathに<br />   Flex SDKのbinまでのパスを追加<br />Mac<br />シェルにFlex SDKのbinまでのパスを追加<br />8<br />
パスの確認<br />コマンドラインで<br />パスが通ってるか確認<br />	mxmlc –version<br />	adt –version<br /> バージョン情報が出てくればOK<br />9<br />
プロビジョニングプロファイルと開発用証明書の用意<br />Apple iOS Developer Programの登録が必要 (10800円/年)<br />iPhone 開発ファイルの入手と操作参考<br />10<br />
swfの用意<br />好きな環境でflashを作る<br />Windowsでフリーの開発環境<br />	FlashDevelopがオススメ<br />11<br />
Flashを作るときのポイント<br />画面サイズ<br />画面の回転<br />ボタン、テキストの大きさ<br />GPUモード<br />AIR for iOSでの制約<br />バグ<br />12<br />
画面サイズ<br />13<br />
画面の回転<br />自動回転を許可するか<br /> stage.align  = StageAlign.TOP_LEFT;<br /> stage.scaleMode= StageScaleMode.NO_SCALE;<br />resiz...
ボタン、テキストの大きさ<br />小さいボタンは避ける<br />デスクトップよりも文字を大きく<br />15<br />
CPUモード?GPUモード?<br />CPUモード<br />すべての描画をCPUで行う<br />GPUモード<br />描画をGPUで行う<br />特殊なコーディングなしで高速化可能<br />16<br />
GPUモードの制約<br />以下はGPUモードでは未サポート<br />Flex フレームワーク<br />フィルター、PixelBenderのブレンド、塗り<br />ブレンドモードの内、レイヤー、アルファ、<br />消去、オーバーレイ、...
AIR for iOSでの制約<br />以下のものは使用できない<br />iPhone標準UI<br />ActionScriptを含んだSWFの読み込みや埋込み<br />プッシュ通知<br />バッチの表示<br />アプリ内課金<br...
既知のバグ<br />Loader.loadBytes が iOS で失敗する <br />TextField が textInput イベントを送出しない<br />横長モードで開始すると<br />   stage.orientation ...
アイコンと起動イメージの用意<br />アプリのアイコン<br />グレア効果は自動的に付けられる<br />起動時のスプラッシュ画面<br />アプリの初期状態のスクリーンショット<br />にすると良い<br />(アプリケーションアイコン...
アイコンサイズ<br />29 x 29 iPhoneのスポットライト検索結果<br />48 x 48 iPad のスポットライト検索結果<br />57 x 57  iPhone3GSのホーム画面<br />72 x 72  iPad のホ...
アプリケーション記述ファイル<br />iOS用にアプリケーションの設定を記述したxmlを用意する必要がある<br />アプリ名-app.xml<br />テンプレート<br />iPhone-app.xml<br />22<br />
ADLでのシミュレーション<br />できること<br />デバイスの回転<br />画面のサイズ<br />起動<br />adl iPhone-app.xml<br />23<br />
ADLでのシミュレーション<br />画面サイズの指定<br />    -screensize オプション<br /> iPhone<br /> iPhoneRetina<br /> iPad<br /> adl –screensize iP...
パッケージ化<br />swfをiPhoneアプリのipaファイルに変換<br />adt 	–package <br />–target <targettype><br />-storetype pkcs12<br />	-keystore ...
パッケージ化<br />例<br />adt 	–package <br />–target ipa-debug<br />-storetype pkcs12<br />	-keystore private_key.p12<br />-stor...
-targetオプション<br />ipa-ad-hoc:アドホック配布用<br />ipa-app-store:Apple App Store 配布用<br />ipa-debug:デバッグ情報を含むパッケージ<br />ipa-test:最...
iPhoneに転送<br />ipaファイルをダブルクリックまたはiTunesにドラッグ&ドロップ<br />iPhoneと同期<br />完了<br />28<br />
リモートデバッグ<br />実機で動かしながらデバッグ<br />breakポイントの設定<br />traceログ<br />エラーメッセージ<br />29<br />
リモートデバッグ<br />1.swfをデバッグビルド<br />2.-targetオプションをipa-debugに<br />3. -connectオプションでIP指定<br />4.fdbを起動し待機<br />5.実機でアプリを起動<br...
リモートデバッグ<br />fdbが文字化けする人<br />ターミナルの文字コードをShift-JISに<br /> OR<br />    Flex SDKのbinフォルダにあるfdbを開く<br />    最終行javaコマンドの後ろに...
実機での動作例<br />32<br />ワープっぽいなにか<br />SquareLines<br />HueCircleTest 色相環テスト <br />
実機での動作例<br />以上の3つをiPhone4で動かしている様子<br />YouTube - ‪AIR2.7 で AIR for iOS‬‏<br />33<br />
感想<br />結構いける<br />バグに注意<br />Macなしで全部できる<br />Flasherなら今すぐ<br />iPhoneアプリが作れる!<br />34<br />
35<br />
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

AIR2.7でAIR for iOSを試してみた

9,164

Published on

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
9,164
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "AIR2.7でAIR for iOSを試してみた"

  1. 1. AIR2.7でAIR for iOSを試してみた<br />by ton<br />2011/7/9 FxUG 名古屋勉強会<br />1<br />
  2. 2. 自己紹介<br />名前 : とん <br />Twitter : ton1517<br />blog : ton-up blog<br />豊橋技術科学大学<br />知識情報工学課程 4年<br />2<br />
  3. 3. AIR2.7でAIR for iOS<br />SDKのダウンロードから<br /> iPhoneで動かすまでの流れ<br />すべてコマンドラインで<br />iPhoneで動かすには<br /> Apple iOS Developer Programの登録が必要<br />  (10800円/年)<br />3<br />
  4. 4. AIR for iOSってなに?<br />AIR SDKを使ってiOSへ書き出し対応<br />(AIR 2.6 SDKから)<br />OS<br />iOS 4 以上<br />Device :<br />iPhone 3GS, iPhone 4<br />iPad, iPad2<br />iPod Touch 第3世代、第4世代<br />4<br />
  5. 5. AIR 2.7<br />iOS上の描画機能最適<br />AIR2.6に比べてCPUでの描画パフォーマンスが最大4倍高速化<br />(比較ビデオ40秒あたりから)<br />iOS用インタープリターモード<br />5<br />
  6. 6. SDKのダウンロード<br />Flex SDK<br /> (7/9時点で最新はFlex 4.5.1)<br />AIR SDK<br />6<br />
  7. 7. Flex SDKの中にAIRSDKを入れる<br />Windows<br />AIR SDKフォルダの中身を<br />Flex SDKフォルダの中にコピペ<br />Mac<br />コマンドラインから<br /> cp -rf AdobeAIRSDK/ flex_sdk_4.5<br />7<br />
  8. 8. パスの設定<br />Windows<br />システム環境変数のPathに<br /> Flex SDKのbinまでのパスを追加<br />Mac<br />シェルにFlex SDKのbinまでのパスを追加<br />8<br />
  9. 9. パスの確認<br />コマンドラインで<br />パスが通ってるか確認<br /> mxmlc –version<br /> adt –version<br /> バージョン情報が出てくればOK<br />9<br />
  10. 10. プロビジョニングプロファイルと開発用証明書の用意<br />Apple iOS Developer Programの登録が必要 (10800円/年)<br />iPhone 開発ファイルの入手と操作参考<br />10<br />
  11. 11. swfの用意<br />好きな環境でflashを作る<br />Windowsでフリーの開発環境<br /> FlashDevelopがオススメ<br />11<br />
  12. 12. Flashを作るときのポイント<br />画面サイズ<br />画面の回転<br />ボタン、テキストの大きさ<br />GPUモード<br />AIR for iOSでの制約<br />バグ<br />12<br />
  13. 13. 画面サイズ<br />13<br />
  14. 14. 画面の回転<br />自動回転を許可するか<br /> stage.align = StageAlign.TOP_LEFT;<br /> stage.scaleMode= StageScaleMode.NO_SCALE;<br />resizeイベントの監視<br />縦画面と横画面でのデザイン<br />14<br />
  15. 15. ボタン、テキストの大きさ<br />小さいボタンは避ける<br />デスクトップよりも文字を大きく<br />15<br />
  16. 16. CPUモード?GPUモード?<br />CPUモード<br />すべての描画をCPUで行う<br />GPUモード<br />描画をGPUで行う<br />特殊なコーディングなしで高速化可能<br />16<br />
  17. 17. GPUモードの制約<br />以下はGPUモードでは未サポート<br />Flex フレームワーク<br />フィルター、PixelBenderのブレンド、塗り<br />ブレンドモードの内、レイヤー、アルファ、<br />消去、オーバーレイ、ハードライト、<br />比較(明)および比較(暗)<br />etc...<br />17<br />
  18. 18. AIR for iOSでの制約<br />以下のものは使用できない<br />iPhone標準UI<br />ActionScriptを含んだSWFの読み込みや埋込み<br />プッシュ通知<br />バッチの表示<br />アプリ内課金<br />GameCenter etc... <br />18<br />
  19. 19. 既知のバグ<br />Loader.loadBytes が iOS で失敗する <br />TextField が textInput イベントを送出しない<br />横長モードで開始すると<br /> stage.orientation の値が誤って返される<br />etc... (AIR2.7リリースノート参照)<br />19<br />
  20. 20. アイコンと起動イメージの用意<br />アプリのアイコン<br />グレア効果は自動的に付けられる<br />起動時のスプラッシュ画面<br />アプリの初期状態のスクリーンショット<br />にすると良い<br />(アプリケーションアイコン参照)<br />20<br />
  21. 21. アイコンサイズ<br />29 x 29 iPhoneのスポットライト検索結果<br />48 x 48 iPad のスポットライト検索結果<br />57 x 57 iPhone3GSのホーム画面<br />72 x 72 iPad のホーム画面<br />114 x 114 iPhone 4のホーム画面<br />512 × 512 iTunes 表示表示用<br />21<br />
  22. 22. アプリケーション記述ファイル<br />iOS用にアプリケーションの設定を記述したxmlを用意する必要がある<br />アプリ名-app.xml<br />テンプレート<br />iPhone-app.xml<br />22<br />
  23. 23. ADLでのシミュレーション<br />できること<br />デバイスの回転<br />画面のサイズ<br />起動<br />adl iPhone-app.xml<br />23<br />
  24. 24. ADLでのシミュレーション<br />画面サイズの指定<br /> -screensize オプション<br /> iPhone<br /> iPhoneRetina<br /> iPad<br /> adl –screensize iPhoneRetina iPhone-app.xml<br />ADL を使用したデバイスシミュレーション<br />AIR Debug Launcher(ADL) 参考<br />24<br />
  25. 25. パッケージ化<br />swfをiPhoneアプリのipaファイルに変換<br />adt –package <br />–target <targettype><br />-storetype pkcs12<br /> -keystore <*.p12><br />-storepass <password><br />-provisioning-profile <*.mobileprofile><br /><*.ipa><br /><*-app.xml><br /><*.swf><br /><icons><br /><files> ...<br />25<br />
  26. 26. パッケージ化<br />例<br />adt –package <br />–target ipa-debug<br />-storetype pkcs12<br /> -keystore private_key.p12<br />-storepass hogehoge<br />-provisioning-profile Test.mobileprofile<br />Hoge.ipa<br />Hoge-app.xml<br />Hoge.swf<br />icons/<br />assets/<br />26<br />
  27. 27. -targetオプション<br />ipa-ad-hoc:アドホック配布用<br />ipa-app-store:Apple App Store 配布用<br />ipa-debug:デバッグ情報を含むパッケージ<br />ipa-test:最適化やデバッグ情報を含まずにコンパイルされた iOS パッケージ<br />ipa-debug-interpreter:ipa-debugと同等<br />コンパイル時間が短くなる コードの実行が遅い<br />ipa-test-interpreter:ipa-testと同等<br /> コンパイル時間が短くなる コードの実行が遅い<br />27<br />
  28. 28. iPhoneに転送<br />ipaファイルをダブルクリックまたはiTunesにドラッグ&ドロップ<br />iPhoneと同期<br />完了<br />28<br />
  29. 29. リモートデバッグ<br />実機で動かしながらデバッグ<br />breakポイントの設定<br />traceログ<br />エラーメッセージ<br />29<br />
  30. 30. リモートデバッグ<br />1.swfをデバッグビルド<br />2.-targetオプションをipa-debugに<br />3. -connectオプションでIP指定<br />4.fdbを起動し待機<br />5.実機でアプリを起動<br />30<br />
  31. 31. リモートデバッグ<br />fdbが文字化けする人<br />ターミナルの文字コードをShift-JISに<br /> OR<br /> Flex SDKのbinフォルダにあるfdbを開く<br /> 最終行javaコマンドの後ろに<br /> -Dfile.encoding=UTF-8を追加<br /> java -Dfile.encoding=UTF-8 $VMARGS ...<br />31<br />
  32. 32. 実機での動作例<br />32<br />ワープっぽいなにか<br />SquareLines<br />HueCircleTest 色相環テスト <br />
  33. 33. 実機での動作例<br />以上の3つをiPhone4で動かしている様子<br />YouTube - ‪AIR2.7 で AIR for iOS‬‏<br />33<br />
  34. 34. 感想<br />結構いける<br />バグに注意<br />Macなしで全部できる<br />Flasherなら今すぐ<br />iPhoneアプリが作れる!<br />34<br />
  35. 35. 35<br />
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×