農業大国ブラジルの光と影

  • 5,933 views
Uploaded on

明治学院大学国際平和研究所(PRIME) 「平和学を考える」 …

明治学院大学国際平和研究所(PRIME) 「平和学を考える」
AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2012年度 第4回

「農業大国ブラジルの光と影:遺伝子組み換え大豆を例に」
流したブラジルのテレビ番組(字幕付き)は https://vimeo.com/53087502
上智大学での講義のために11月14日に書き加えました。

More in: News & Politics
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
5,933
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7

Actions

Shares
Downloads
6
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

Transcript

  • 1. 農業大国ブラジルの光と影 セラード開発を中心に 日本とブラジルを考える 印鑰 智哉
  • 2. 日本と大豆明治維新、富国強兵、農村疲弊、大豆生産激減戦前の大豆自給率2割前後。大部分を中国東北部、朝鮮半島から輸入(強奪?)敗戦→植民地体制崩壊→タンパク源枯渇・飢餓→捕鯨、米国からの大豆輸入1973年ニクソンショック大豆禁輸→南米、インドネシア、アフリカでの大豆生産模索
  • 3. 日本の国際協力とは?日本の「国際協力」=タンパク資源確保を米国以外に求めるところから始まった1974年8月、JICA(国際協力機構)設立
  • 4. 日本の食料主権「富国強兵」→工業化、農業切り捨て、朝鮮半島・大陸への侵略、植民地への食料依存(明治以来、食料主権を放棄した国)戦後の米国依存、さらにブラジルに触手日米安保、外交すべてに通じる問題として食料主権の再考が必要
  • 5. セラード開発計画1974年9月、田中角栄、ガイゼル・ブラジル大統領会談、セラード開発合意日伯セラード農業開発協力事業(PRODECER) 第1期(1977∼85) 第2期(1987∼92) 第3期(1994∼99)
  • 6. セラード開発「ブラジルの緑の革命」「不毛の大地を穀倉地に変えた奇跡」「人類史上初めて熱帯圏で近代的大規模畑作農業を実現した」その実態はどうだったのか?
  • 7. セラードとは?ブラジル中央部のサバンナ地域、全土の24%日本の約5.5倍アンデス以東の南米大陸の水源
  • 8. セラードの特徴年間降水量は800∼2000ミリ、しかし厳しい乾期がある土壌と根が複雑に絡み合い、スポンジのように水を吸収極めて強い紫外線と乾燥に耐える独自の進化を遂げた生態系土壌は古く、栄養には乏しい一度、破壊されると元に戻ることは極めて難しい脆弱な生態系
  • 9. セラード開発事業の特徴 モデル拠点開発 ブラジル南部の農民組合の組織的入植(地域住 民ではない) 機材供与と研修 企業的農業経営 伝統的住民(先住民族、キロンボ[黒人独立共 同体]住民、小農民)は除外
  • 10. セラード開発農業の特徴 石灰や化学肥料の大量投入 機械化大規模農業 輸出志向産品(地域消費低い) 大豆、ユーカリ、サトウキビなどを中 心とするモノカルチャー
  • 11. セラード開発の社会への影響 小農経営の衰退、小農を中心とした地 域の崩壊 農村地域での職の減少、都市部への人 口移動(小農から農業労働者へ) 地域で消費する食料生産の減少 農薬汚染による健康被害
  • 12. 社会の変化輸出原料生産工場と化すセラード4大多国籍穀物メジャーの影響力土地の集中伝統的住民の周縁化、奴隷労働の存続
  • 13. セラード開発の環境への影響周辺の農業開発も含め、森林破壊土壌崩壊・喪失(持続可能な農業?)水源の破壊、水体系への影響(砂漠化)農薬による汚染生物多様性の喪失、薬草などの絶滅危機2030年にはセラード消失か? 他の生態系に与える影響は?
  • 14. 土壌の崩壊 Rede Cerrado
  • 15. 人びとの動き、抵抗1975年 Comissão Pastoral da Terra(司牧土地委員会)セラードの中のGoiâniaで結成(ブラジルは1964年∼1985年は軍事独裁)…カトリック教会を背景に土地を奪われる小農民の権利を守る活動1984年 Movimento dos Trabalhadores Rurais SemTerra(MST、土地なし農業労働者運動)結成1992年 Rede Cerrado セラード・ネットワーク結成。今年20周年2003年 9月11日をセラードの日に制定(ルラ政権)
  • 16. 市民組織の連携社会運動(movimentos sociais, organizações populares) コミュニティ組織 小農民組合、農業労働者組合NGO、教会運動団体 CPT、CIMI、FASE、IBASE、AS-PTAなど環境運動団体
  • 17. セラード観のあまりに大きな違い 日本ではセラード=「不毛の大地」  不毛の大地とは? ブラジルではセラード=「世界でもっ とも生物多様性の豊かなサバンナ」
  • 18. 薬草・生物多様性伝統的住民の多くはセラードの薬草を薬、化粧品、食品として使ってきた。その薬草が生態系の破壊により絶滅の危機外部の企業が特許を取ってしまうバイオ・パイラシーの動きコミュニティの薬草の権利を守る運動
  • 19. 遺伝子組み換え1996年 アルゼンチンにモンサント入り込み、遺伝子組み換え大豆の承認1998年 ブラジルなどに遺伝子組み換え大豆を密輸1998年 モンサント、バイオセキュリティ委員会で遺伝子組み換え承認獲得→消費者運動差し止め、裁判へ2003年 遺伝子組み換え禁止を公約したルラが大統領就任2005年 ブラジル、パラグアイ遺伝子組み換え合法化「大豆連合共和国」の成立(ウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジル、ボリビア)
  • 20. 大豆需要高騰の背景狂牛病→植物性の の需要急増バイオ燃料(バイオディーゼル。バイオエタノールは砂糖黍から。大豆もサトウキビも急増。ブラジルからアフリカにモデルが輸出される危険)
  • 21. 遺伝子組み換え大豆のシェアhttp://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2012/11/01/genetically-engineered-soybean.aspx?e_cid=20121101_DNL_art_1
  • 22. 農薬使用の激増2008年にブラジルは農薬使用世界一に
  • 23. モンサントによる種子企業買収
  • 24. (左)GMトウモロコシ、(中)除草剤+GMトウモロコシ、(右)除草剤モンサントの遺伝子組み換えトウモロコシNK603を2年間与え続けたラット。日本は2001年にNK603を承認済み
  • 25. 遺伝子組み換えとは何か? 核爆弾を日常化・世界化したのが原発 なら、枯れ葉剤を日常化・世界化した のが現在の遺伝子組み換え ラウンドアップなどの除草剤の有毒性 遺伝子組み換え作物の有害性 南北米大陸の遺伝子組み換え汚染
  • 26. 遺伝子組み換えが生み出すもの食料主権の喪失(農民が植えたいものを植えられない)、地域経済の変化知的所有権による農業生産の多国籍企業による支配農薬による健康被害(例:米国で地下水、雨、空気、すべてから農薬検出)遺伝子組み換え作物による健康被害職の喪失、有機農業の衰退 etc.
  • 27. ブラジル農業モデルの輸出 大豆、ユーカリ、サトウキビのモノカル チャー 輸出向けバイオ燃料、家畜の =「飢餓輸 出」 JICAによるProSAVANA、モザンビークは飢 餓に苦しむ国。なぜ輸出向け農業なのか?
  • 28. It3costs3on3average3 just3US3253cents3a3day3to3 feed3a3hungry3child3and3 change3her3life3forever. Libya * South Sudan* Hunger3kills,3 While3food3is3the3 maims,3reduces3IQ,3 most3basic3of3human3 lowers3wages,3reduces3 needs3required3for3survival,3 school3attendance3and on3average,313in383people3 undermines3economic3 go3to3bed3hungry3 growth. each3night. (U.K.) 2012 Proportion3of3total3population3undernourished,32010912 The$map$shows$the$prevalence$of$undernourishment$in$the$total$popWorld Food Programme http://www.wfp.org/hunger/map estimate$of$the$percentage$of$the$population$having$access$to$an$am healthy$life.$Further$information$is$available$at$www.fao.org/publicati Source:$FAO,$IFAD$and$WFP.$2012.$The$State$of$Food$Insecurity$in$th not$sufficient$to$accelerate$reduction$of$hunger$and$malnutrition.$Rom 35%3 ©320123World3Food3Programme <5% 5914% 15924% 25934% and3over
  • 29. 日本はどうすべきか?国外にタンパク源、エネルギー源を求めてきた日本。その帰結としての侵略戦争、戦後の米国への従属、南米、アフリカへと触手を伸ばす。毒性の高い農産物、社会と環境を破壊する維持できない農業→未来はない食料主権を取り戻す(エネルギー主権も)先住民族、小農民との連帯
  • 30. 実はこの他にもありますユーカリ植林とパルプ工場建設CENIBRA大カラジャス開発プロジェクトトゥクルイダムとアルミ工場製鉄所への投資
  • 31. フォローアップこの問題は下記のメディアを通じてフォローアップしていきます。Twitter: https://twitter.com/tomo_nadaFacebook: http://www.facebook.com/InyakuTomoyaBlog: http://blog.rederio.jp/このプレゼンファイルはSlideShareに入れます(ダウンロード可)。http://www.slideshare.net/tomonada/presentations
  • 32. 出典大豆のグラフ…大豆産業−ブラジル、アルゼンチンを中心に 小池洋一 星野妙子編『ラテンアメリカの一次産品輸出産業―資料集―』調査研究報告書 アジア経済研究所2006 http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Download/Report/pdf/2005_04_11_02.pdfブラジル農薬販売量 ブラジル衛生監督局 AgênciaNacional de Vigilância Sanitáriaモンサントの買収 "O mercado de agroquímicos"Giovani Theisen Embrapa遺伝子組み換えラットの実験、フランスのカーン大学