デブサミ関西2013 A6 Visual Studio 2013 - Be Agile, Stay Lean... #kansumiA6

1,966
-1

Published on

2013.09.20 Developers Summit 2013 Kansai [A6] セッション資料です。

Published in: Technology
0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,966
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

デブサミ関西2013 A6 Visual Studio 2013 - Be Agile, Stay Lean... #kansumiA6

  1. 1. Developers Summit 2013 Kansai Action!Summit Developers Be Agile, Stay Lean – DevOps to Continuous Value Delivery to the Next Decade. 長沢 智治 日本マイクロソフト株式会社 IT アーキテクチャー推進部A6 #kansumiA6 2013にみる開発環境の方向性
  2. 2. 実行に移せる 実行可能な 実用的な 実行力のある Be Actionable ! [ˈækʃ(ə)nəbl]
  3. 3. Speaker 10年以上にわたるソフトウェア開発プロセスの経験 開発支援ツール ベンダーを 3社経験 職歴: ソフトウェア エンジニアリング スペシャリスト / プリンシパル コンサルタント / ソリューション アーキテクト 海水魚飼育 クマノミのペアが、今年は7回産卵しました! 過去、タツノオトシゴの繁殖に挑戦したこともあります。 仮面ライダー 子供のためにと観始めて1年余り、 ソフトウェア開発に通じる世界観に子供以上に浸かっていますw 長沢 智治 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト Scrum Alliance 認定スクラムマスター (CSM) 略歴: 趣味:
  4. 4. Summit Kansai 2012 Developers Continuous Value Delivery to the NEXT DECADE デブサミ 関西 2012 デブサミ 2013 夏サミ 2013 デブサミ 関西 2013
  5. 5. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア
  6. 6. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア フィードバックの連鎖が価値の流れを形成する 開発者作業からビジネスまでのサイクルはつながる
  7. 7. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア ビジネス
  8. 8. Build Measure Learnアイデア プロダクト データ Lean Startup – BML Model
  9. 9. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 価値を最大化する IT
  10. 10. MTTR 動くソフトウェアで提供するビジネス価値を 損なわない、止めない、維持し、継続する
  11. 11. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 価値を提供し続ける IT
  12. 12. サイクルタイム ビジネス価値の 優先順位づけ 受け入れ基準を満たした 動くソフトウェア ビジネスにとっての価値を定期的に提供 Actionable な PBI を、Actionable な価値に
  13. 13. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア ケイデンス
  14. 14. PRIORITIZE PLAN EXECUTE RESPOND Sprint (2 weeks) Daily Scrum プロダクトオーナー チーム スクラムマスター 例: スクラムのタイムボックスを利用し、定期的な提供をリズム化し、 期待値制御と持続可能な開発を行う
  15. 15. PRIORITIZE PLAN EXECUTE RESPOND Sprint (2 weeks) Daily Scrum プロダクトオーナー チーム スクラムマスター 例: テスト資産は、工程に関わらず常に活用することで安定し、安心した
  16. 16. 開発能力より、情報収集能力がもとめられてしまっている! = 本業に集中できていない
  17. 17. 正しい開発リソースを正しく扱えば、チームは結束する
  18. 18. 正しいチームは、企画や運用などを味方につける
  19. 19. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 共同所有 自動化 ムダ取り 透明性と信頼
  20. 20. 2013
  21. 21. Ultimate Premium Professional Test Professional プロセス ポリシー 作業項目 ソースコード ビルド テスト環境 ダッシュボード レポート Team Foundation Server Visual Studio 2012
  22. 22. Ultimate Premium Professional Test Professional プロセス ポリシー 作業項目 ソースコード ビルド テスト環境 ダッシュボード レポート Team Foundation Server Visual Studio 2013 デベロッパー ソーシャル
  23. 23. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 個別ツールではなく、開発と運用のプラットフォームが環境を創る
  24. 24. 2013 demo
  25. 25. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 要求 コードタスク テスト バグ TFS ビルド デモ: 負担なく結束し、成果物の追跡可能性を得る
  26. 26. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 開発 運用 デモ: 開発と運用の粗結合が価値の流れに
  27. 27. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア コード タスク テスト ビルド デモ: 負担なく結束し、動くソフトウェア中心の世界に
  28. 28. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア 運用 TFS ビルド デモ: 開発と運用の尊重と理解が新たな仕組みを生む
  29. 29. ビジネス価値提案 OpsDev 動くソフトウェア タスク このタスクやり ます! シャバドゥビタッチ 朝会! コード #21 修正完了 ビルド 継続的インテグ レーション失敗! デモ: 成果物でも作業でもなく タイムラインで透明化と協調ワークへ
  30. 30. まとめ
  31. 31. 持っている能力 求められている能力 (スキル / 時間的制約) 設計 実装 テスト 足りない力と時間を何で補うのか?
  32. 32. 持っている能力 求められている能力 (スキル / 時間的制約) 設計 実装 テスト ツールは、正しく認識し正しく活用すべし
  33. 33. 求められている能力 (スキル / 時間的制約) 設計 実装 テスト ULTIMATE 設計 実装 テスト PREMIUM 設計 実装 テスト PROFESSIONAL 足りないからこそ、 ツールの能力を 借りる 高機能 = 上級者向け は実は誤り
  34. 34. 求められている能力 (スキル / 時間的制約) 設計 実装 テスト ULTIMATE 設計 実装 テスト PREMIUM 設計 実装 テスト PROFESSIONAL それでも足りない現実と、さらに効果を発揮するには?
  35. 35. 求められている能力 (スキル / 時間的制約) 設計 実装 テスト ULTIMATE 設計 実装 テスト PREMIUM 設計 実装 テスト PROFESSIONAL 協調と、ムダ取り、追跡可能性、透明性 TeamFoundationServer/Service
  36. 36. 今までは、考えられなかった プラクティス ツール が今は、あります。
  37. 37. ソフトウェア開発環境の最新動向と無償出張セミナー http://aka.ms/ALMjp ソフトウェア開発環境の最新動向を 1 ページで! 原理原則 | 事例 | 製品 | 書籍 http://aka.ms/VsPrincipalSeminar 無償で あなたの現場で セミナーを実施できます! DevOps | ALM | Agile | TFS | Visual Studio | DevDiv 事例
  38. 38. 西日本での講演、まだまだやります! 9 26 島根/松江 Agile Shimane 9 27 岡山 OITEC 岡山 「次世代開発スタイルと環境」 「TFS 2013 / Team Foundation Service」 9 28 京セラドーム 「DevOps」 10 5 伊丹 「DevOps」
  39. 39. We are Pig ! for Customer Business tomohn@microsoft.com | @tomohn http://SoftwareEngineeringPlatform.com http://www.scrum.org/You-Are-a-Scrum-Pig ご清聴、ありがとうございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×