【プロ生松山】1日に100回デプロイできる開発環境の作り方 #pronama
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

【プロ生松山】1日に100回デプロイできる開発環境の作り方 #pronama

on

  • 7,957 views

2014年6月14日に愛媛・松山で実施したセッションの資料です。

2014年6月14日に愛媛・松山で実施したセッションの資料です。

Statistics

Views

Total Views
7,957
Views on SlideShare
1,340
Embed Views
6,617

Actions

Likes
7
Downloads
14
Comments
0

15 Embeds 6,617

http://re-workstyle.com 4703
http://softwareengineeringplatform.com 679
http://gihyo.jp 415
http://daruyanagi.jp 393
http://toarudia.hatenablog.com 359
https://twitter.com 25
http://webcache.googleusercontent.com 14
http://feedly.com 12
http://49.212.34.189 5
http://blog.hamamotsu.jp 5
http://www.google.co.jp 3
http://www.newsblur.com 1
http://www.inoreader.com 1
http://www.google.com 1
http://s.deeeki.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

【プロ生松山】1日に100回デプロイできる開発環境の作り方 #pronama Presentation Transcript

  • 1. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 一日に 100 回 デプロイ
 できる開発環境の作り方
  • 2. 1996 ‒ 2000 インテック Software Engineer 2000 ‒ 2003 Rational Software Engineering Specialist 2003 ‒ 2004 IBM Rational IT Specialist 2005 ‒ 2007 Borland Software Solution Architect 2007 ‒ 2013 Microsoft Evangelist 2014 ‒ Atlassian Evangelist Twitter: @tomohn Facebook: Tomoharu.Nagasawa Blog: re-workstyle.com blogs.itmedia.co.jp/nagap/ japan.blogs.atlassian.com
  • 3. 小川誉久 氏 オレ 氏 佐藤太郎 氏 高岡大介 氏 大関興治 氏 www.buildinsider.net/column
  • 4. できるの? 100 回 /日 デプロイ
  • 5. 開発者ひとりあたりの作業時間 タスクをとる 状況を調べる コードを得る コードを書く コードを返す ビルドする 15 (1 時間30 分) 315 (30 分)132
  • 6. デプロイまでの作業時間 28 25 (2 時間30 分) 開発者の費やす作業ポイント15 15
  • 7. 1日の作業時間 15 60 (6 時間) = 開発を 4 回 こなせる 8 時間 / 日 
 ・・・ 2 時間は、打ち合わせや トイレ、 Twitter、Facebook
  • 8. 1日の作業時間 × 18 人 = 72 回 = 開発を 4 回 こなせる
  • 9. 1日のデプロイ数 = 100 回!! ×18 人 72 回 プロジェクト作業の 40% は、手戻り 4 回 = Source: CIO Magazine, 2005
  • 10. 1日のデプロイ数 = 100 回!! ×18 人 72 回 プロジェクト作業の 40% は、手戻り 4 回 = Source: CIO Magazine, 2005
  • 11. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 一日に 100 回 デプロイ
 できる開発環境の作り方 ご清聴ありがとうございました!
  • 12. 継続的に価値をデプロイ
 できる開発環境の作り方 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治
  • 13. 継続的なビジネス価値とは
  • 14. 継続的なビジネス価値のために
 開発チームにできること 企画 計画 開発 ビルド デプロイ
  • 15. Build – Measure - Learn アイデア プロダクトデータ BUILD LEARN MEASURE Source: Lean Startup
  • 16. Build – Measure - Learn アイデア プロダクトデータ BUILD LEARN MEASURE Source: Lean Startup 企画 計画 開発 ビルド デプロイ
  • 17. フィードバック ループ プロダクト フィードバック ✓バックログ項目 ✓バグ プランニング
 フィードバック ✓優先順位 ✓スプリント計画 開発
 フィードバック ✓Red – Green - Refactor ✓コードレビュー デイリー
 フィードバック ✓朝会 ビルド (CI) 
 フィードバック ✓ビルド ✓テスト ✓デプロイ 運営
 フィードバック ✓ふりかえり ✓技術的負債 ユーザー
 フィードバック ✓受け入れテスト ✓ビジネス判断 ✓チームに負担をかけてはならない ✓チームが最大限のパフォーマンスを発揮できる環境とは
  • 18. ユーザーの
 先を見据えた
 開発へ あなたの書いたそのコード、
 価値を実感できていますか?
  • 19. 松山・大街道 同一ポイントから撮影
  • 20. やってみよう! ペアになってください
  • 21. Code Complete I’m done. Feature Complete We’re done.
  • 22. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD 各工程を完璧にこなして受け渡す
  • 23. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ 各工程を完璧にこなして受け渡す
  • 24. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ビジネス駆動で実現できるものから価値を届ける
  • 25. バリューチェーン を醸成できる環境 ✓ 本業に注力できる環境 ✓ 価値が届く環境 ✓ 正しいことを正しく行える環境
  • 26. バリューチェーン を醸成できる環境 ✓ 本業に注力できる環境 ✓ 価値が届く環境 ✓ 正しいことを正しく行える環境
  • 27. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  • 28. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  • 29. 企画 計画 開発 ビルド デプロイ DEV STG PRD ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ ✔
  • 30. 通りすがりのエバンジェリスト 長沢 智治 継続的に価値をデプロイ
 できる開発環境のデモ
  • 31. DEV STG PRD 現状を知ろう! ➜ あるべき姿へ Let It Go ∼ ありのままで ∼
  • 32. 世界を変えるものをつくろう! 企画する 計画する 開発する リリースする
  • 33. アトラシアン ユーザー主体の世界規模のコミュニティ 37ヶ国 141支部 539回の Meetup 日本には、 3つ 支部が活動中 告知のお手伝い SWAG (グッズ) 提供による盛り上げ 開催費用サポート aug.atlassian.com
  • 34. 横浜みなとみらい マリノスタウン オフィスにぜひ!
  • 35. Twitter: @tomohn Facebook: Tomoharu.Nagasawa Email: tnagasawa@atlassian.com Blog: re-workstyle.com blogs.itmedia.co.jp/nagap/ japan.blogs.atlassian.com 講演・執筆・現場訪問 / ディスカッション 無償 にて承ります。 http://www.atlassian.com/ja/company/contact ご清聴、ありがとうございました。