LL Decadeプレパーティ馮セッション資料

700 views
660 views

Published on

7/30に開催したLL Decadeプレパーティの馮担当セッションの資料です.

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
700
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LL Decadeプレパーティ馮セッション資料

  1. 1. ちょっと早めにLL Decadeを体感しようLL Decadeプレパーティー「LLの10年前と10年後」
  2. 2. ちょっと早めにLL Decadeを体感しようLL Decadeプレパーティー「LLの10年前と10年後」過去10年の振り返りから見るイベントとメディアの関係について 株式会社技術評論社 クロスメディア事業部 馮 富久
  3. 3. LLイベント10周年,おめでとうございます!!
  4. 4. 時代背景を踏まえたこれまで9回の振り返り
  5. 5. 2003年LL Saturday ■出来事 3月 イラク戦争 4月 Skype誕生 4月 Second Life 5月 はやぶさ 7月 Mozilla Foundation設立(AOLネットスケープ部門解体) 12月 地上デジタルテレビ放送開催(東京,大阪,名古屋)
  6. 6. 2004年LL Weekend ■出来事 2月 mixiサービスイン 2月 GREEサービスイン 4月 Ruby on Railsリリース 6月 おサイフケータイ(Felica対応携帯電話) 7月 アテネオリンピック 12月 スマトラ島沖地震
  7. 7. 2005年LL Day&Night ■出来事 2月 YouTubeサービスイン 2月 Google Mapsサービスイン 6月 Google Earthリリース 9月 “What Is Web 2.0” / Tim O‘Reilly発表 後半からキーワードとしての“Web 2.0”ブーム
  8. 8. 2006年LL Ring ■出来事 2月 モバゲータウン 2月 トリノオリンピック 3月 第1回WBC(ワールドベースボールクラシック) 7月 Twitter 9月 Facebook(2004年にクローズド公開)
  9. 9. 2007年LL Spirit ■出来事 1月 iPhone発表 1月 gihyo.jp(βオープン) 2月 ニコニコ動画 3月 Ustream.tv 5月 Google Street View 8月 モバイルGoogleマップ 12月 OpenID制定
  10. 10. LL Future×gihyo.jp presents2008年 今年もLLのアツい夏がやってきた! http://gihyo.jp/dev/serial/01/ll-futureLL Future ■出来事 1月 アメリカ大統領選挙(オバマ,Twitter活用) 3月 Netscape Navigatorのサポート終了 7月 北京オリンピック 9月 クロスメディア事業部設立 9月 リーマン・ショック 10月 Android発表
  11. 11. LL Future×gihyo.jp presents2009年 今年はLLとテレビが融合するぞ! http://gihyo.jp/dev/serial/01/lltv/LL Television ■出来事 3月 foursqureサービスイン 4月 OracleによるSun Microsystems買収合意(2010年1月完了) 6月 iPhone 3GS発表 9月 Windows 7発表
  12. 12. 2010年LL Tiger ■出来事 1月 iPad発表 1月 ハイチ地震 2月 バンクーバーオリンピック 6月 はやぶさ帰還
  13. 13. LLの惑星群を楽しもう!2011年 ~gihyo.jp×LL Planets presents http://gihyo.jp/dev/serial/01/llplanetsLL Planets ■出来事 3月 東日本大震災 4月 世界のインターネット利用者20億人 携帯電話の契約件数は50億件(ITU:国際電気通信連合) 4月 平成生まれの大卒就職元年(早生まれ) 6月 LINEサービスイン 7月 地デジ開始 8月 Gihyo Digital Publishingリリース 10月 大物が死去 (スティーブ・ジョブズ,デニス・リッチー,ジョン・マッカーシー)
  14. 14. どういう流れがあったのか?
  15. 15. 2003年 ブログブーム(+SEO):自己発信および自己顕示2004年~2005年 SNS登場により,ユーザに発信+つながる意識が芽生える 開発者にとってはAPIを利用する,組み合わせる概念が生まれる2006年 ガラケーコンテンツ全盛期(2005年の恋空以降) モバゲータウンの登場 フレームワークを利用した開発2007年 動画コンテンツの普及(YouTubeの台頭,ニコ動の普及)2008年~2009年 Twitterブームによるライトコミュニケーションへのシフト トラフィック増加対応のためのIaaS利用(クラウド)2010年 位置情報サービスの普及2011年 スマートフォンブーム
  16. 16. 人と情報のつながりについて
  17. 17. 紙メディア中心の時代 リアルイベントでの出会い メーリングリストでの交流Webメディア(静的コンテンツ)の登場 リアルイベントでの出会い メーリングリストでの交流 Webメディア→紙メディアのシフト (データのデジタル化(とくに写真))
  18. 18. Webメディア(SNS)の登場 リアルイベントでの出会い SNSでの出会い Webメディア→紙メディアのシフト 情報の2次,3次利用Webメディア(動画技術)の登場 リアルイベントでの出会い SNSでの出会い Webメディア→紙メディアのシフト 情報の2次,3次利用 動画コンテンツによる発信,共有
  19. 19. メディアの立場として,記事(とくにイベント記事)を書くときの鮮度と伝え方の意識が大きく変わりました.
  20. 20. イベントとメディアの関係について個人的ターニングポイントになったものエンジニアの未来サミット(2008年9月)
  21. 21. まとめWebやソーシャルが普及することによって,情報接触機会が増えました.結果として,- 人との距離- 時間的距離- 物質的距離が短くなった“よう”に感じやすくなりました.動画メディアやSNSは技術的側面では,ユーザ体験の向上に寄与している一方で,実際に本人がどう感じるか,どう体験するかは,- 本人- 本人とつながっている人次第.ですから,これからもリアルなイベントに参加し,たくさんの人と会って交流を深めていくことは大切だと感じています.
  22. 22. 8月4日(土)LL Decadeに参加しよう!

×