Twitter活用基本編

7,279 views

Published on

Published in: Technology

Twitter活用基本編

  1. 1. カンバセ ショナルマ ケティング カンバセーショナルマーケティング 〜ネットマーケティングの鍵は会話にある〜 2010年8⽉ アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 アジャイルメディア ネットワ ク株式会社 Copyright © Agile Media Network, Inc. 1 Copyright © 2010 Agile Media Network, Inc.
  2. 2. 徳⼒基彦 NTTにて法⼈営業やIR活動に従事した後、IT系コンサルティングファームや、 法⼈営業 活動 従事 た後 系 グ アリエル・ネットワークを経て、2006年からはアジャイルメディア・ネット ワーク設⽴時からブロガーの⼀⼈として運営に参画。2007年7⽉に取締役に就任。 2009年2⽉より代表取締役。 2009年2⽉より代表取締役 ⽇経ネットマーケティング「カンバセーショナルマーケティングの近未来」の 連載等、最新のネットマーケティングに関する複数の執筆講演活動も⾏っている。 個⼈でも「tokuriki.com」や「ワークスタイル・メモ」等の複数のブログを運 個⼈でも「tokuriki com」や「ワ クスタイル メモ」等の複数のブログを運 営するなど、幅広い活動を⾏っており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、 「アルファブロガー」等がある。 http://blog.tokuriki.com/ 2010/8/3 http://twitter.com/tokuriki 2 Copyright © Agile Media Network, Inc. 2
  3. 3. AMNのミッション 『カンバセーショナル・マーケティング』のリーディング企業として、 バ グ デ グ 企業がブログやツイッター等のソーシャルメディアをマーケティングに 活⽤する際の⽀援をします。 企業のブログ・ツイッター等の 企業 企業と、消費者がコミュニケーション ソ シャルメディアにおける ソーシャルメディアにおける をとることができる場の提供 マーケティング活動⽀援 ソーシャル メディア 利⽤者 (ブログ、SNS ツイッター) ブログ等の書き⼿の⽀援、ブログ⽂化の活性化 ブログメディアの価値の向上 2010/8/3 3 Copyright © Agile Media Network, Inc. 3
  4. 4. ⽬次 1.ソーシャルメディアマーケティングの誤解 1 ソ シャルメディアマ ケティングの誤解 2.マスとネットの役割分担 3.カンバセーショナルマーケティングの考え⽅ 4.カンバセ ショナルマ ケティングの5つの戦略 4.カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 5.効果測定の考え⽅ 2010/8/3 4 Copyright © Agile Media Network, Inc. 4
  5. 5. ⽬次 1.ソーシャルメディアマーケティングの誤解 1 ソ シャルメディアマ ケティングの誤解 2.マスとネットの役割分担 3.カンバセーショナルマーケティングの考え⽅ 4.カンバセ ショナルマ ケティングの5つの戦略 4.カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 5.効果測定の考え⽅ 2010/8/3 5 Copyright © Agile Media Network, Inc. 5
  6. 6. ソ シャルメディアマ ケティング ソーシャルメディアマーケティング とは、そもそも何か? Copyright © Agile Media Network, Inc. 6
  7. 7. 誤解1:ネットは新しいマスメディア? インターネットは4マス媒体と並ぶ新しいメディアと⾔われるが・・・ イ タ ネ トは 媒体と並ぶ新し メデ と⾔われ が ネットは、マスメディアとは性格が異なる双⽅向のメディア テレビ 新聞 ラジオ 雑誌 ネット 利⽤者 2010/8/3 7 Copyright © Agile Media Network, Inc. 7
  8. 8. ソーシャルメディアの特徴1 ソーシャルメディアではライバルが多く、不特定多数の認知獲得は苦⼿ ソ シ ルメデ は イバルが多く 不特定多数 認知獲得は苦⼿ ■マスマーケティング ■ソーシャルメディアマーケティング テレビ、新聞などのマスメディアは、 テレビ 新聞などのマスメディアは ブログやSNS,ツイッターなどの ブログやSNS ツイッターなどの 不特定多数の視聴者や読者に対して、 ソーシャルメディアは、誰でも⽣成 認知を広げることが可能。 できるため選択肢も多く⼤量の認知獲 ただし、情報発信は ⽅通⾏のため ただし 情報発信は⼀⽅通⾏のため 得は苦⼿。 得は苦⼿ 利⽤者の意⾒は、電話や⼿紙など別の ただ、双⽅向にインタラクションが ⼿段でしか得られない。 取れる唯⼀のメディア。 企業 企業 ソーシャル ソーシャル メディア メディア マスメディア ソーシャル ソーシャル ソーシャルメディア メディア メディア 視聴者・読者 視聴者・読者 2010/8/3 8 Copyright © Agile Media Network, Inc. 8
  9. 9. 誤解2:ネットのクチコミは短期間で拡がる? mixiやTwitterはマーケティングコストをかけずに利⽤者を増やしたが・・・ i iや i は ケテ ング ストをかけずに利⽤者を増やしたが ネットの話題がマスの話題になるには年単位で時間がかかる 2010/8/3 9 Copyright © Agile Media Network, Inc. 9
  10. 10. ソーシャルメディアの特徴2 ソーシャルメディアは、短期間の話題盛り上げは苦⼿ ソ シ ルメデ アは 短期間の話題盛り上げは苦⼿ お祭り型 ファン獲得型 短期間に話題を盛り上げる 中⻑期でファンを増やす ↑マスメディアが得意な領域 ↑ソーシャルメディアが得意な 領域 2010/8/3 10 Copyright © Agile Media Network, Inc. 10
  11. 11. 誤解3:お⾦を積めばクチコミを増やせる? 報酬を渡して記事を書いてもらうのは簡単ですが・・・ 報酬を渡し 記事を書 もらう は簡単 すが お⾦でブログを書いてもらうのはクチコミではなく「広告」 ■広告と⾔及の無いペイパーポスト ・ブロガーに⼀記事100円〜300円程度を⽀払 い、記事広告を書いてもらう 記事広告 書 ○メリット ・数百〜1000本以上の記事を⼿軽に⽣成する ことができる 企業 ・リンク先や⾔及単語を指定するなど、希望に 沿った記事を書いてもらいやすい 一般ブログ 一般ブログ PPPブログ 一般ブログ PPPブログ ×デメリット 一般ブログ 一般ブログ PPPブログ ・記事に広告と明記されていない場合にやらせ PPPブログ PPPブログ ブログと同様のリスクがある ・多くの投稿者がニュースリリースをそのまま ブログ記事に張り付けている傾向がある 顧客・利用者 ・検索で、類似の広告記事ばかりにひっかかる 検索で 類似の広告記事ばかりにひ かかる ことで、あとから検索した利⽤者の印象が悪化 2010/8/3 11 Copyright © Agile Media Network, Inc. 11
  12. 12. ソーシャルメディアの特徴3 ソーシャルメディア上のクチコミは「会話」。企業はコントロールできない。 失敗する「クチコミ」マーケティング 成功するクチコミマーケティング これまでのマスマーケティング同様、 ■マスマーケティング ソーシャルメディアにおいては、利 企業のメッセージを配信することしか これまでのマーケティングは、マス ⽤者の会話にいかに参加していくかと 考えていないと、失敗する。 セ ジ 考えていないと 失敗する メディアを通じて、企業のメッセージ メディアを通じて 企業のメ いうアプロ チが重要。 いうアプローチが重要 を⼀⽅的に配信することが中⼼。 企業 企業 ソーシャル ソーシャル ソーシャル ソ シャル ソーシャル ソ シャル メディア メディア メディア メディア マスメディア ソーシャル ソーシャル ソーシャル ソーシャル ソーシャルメディア ソーシャルメディア メディア メディア メディア メディア 顧客・利⽤者 視聴者・読者 2010/8/3 12 Copyright © Agile Media Network, Inc. 12
  13. 13. 誤解4:ソーシャルメディアは炎上する? ソーシャルメディアを活⽤すると「炎上」が怖いと⾔いますが・・・ ソ シ ルメデ アを活⽤すると「炎上 が怖 と⾔ ますが ソーシャルメディア活⽤の炎上は⾃然発⽣するものではなく、利⽤者の 期待を裏切るという企業側の⾏為によって発⽣する 2010/8/3 13 Copyright © Agile Media Network, Inc. 13
  14. 14. ソーシャルメディアの特徴4 ソーシャルメディアでマーケティングをしなくても、炎上はする ソ シ ルメデ ケ グをしなく も 炎上はす これまでも、お茶の間や職場で「炎上」していたのが、ブログやツイッターに より、メディアや他の顧客の⽬にとまりやすくなった。と考えるべき。 また、コミュニケーションを続けることにより挽回は可能。 2010/8/3 14 Copyright © Agile Media Network, Inc. 14
  15. 15. ソーシャルメディアマーケティングのデメリット マスマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの価値観は、 マスマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの価値観は 180度違うことを意識する ソーシャルメディア マスマ ケティング マスマーケティング マーケティング ケ グ ■不特定多数の視聴者や読者 ■不特定多数の利⽤者にリーチ にリーチすることが容易 することは⽐較的苦⼿ ■短期間での認知向上を得意 ■短期間での認知向上は不得意 とする ■メッセージのコントロール ■会話のコントロールは不可能 が可能 ■視聴者や読者は受⾝なので ■利⽤者にとっては会話の場 宣伝に対しても⽐較的寛容 ⼟⾜の宣伝が炎上するケースも 2010/8/3 15 Copyright © Agile Media Network, Inc. 15
  16. 16. ソーシャルメディアマーケティングのメリット ソーシャルメディアマーケティングは、マスマーケティングでは実現 ソーシャルメディアマーケティングは マスマーケティングでは実現 できなかったことに活⽤することが重要 ソーシャルメディア マスマ ケティング マスマーケティング マーケティング ケ グ ■不特定多数の視聴者や読者 ■特定の利⽤者と双⽅向での にリーチすることが容易 コミュニケーションが可能 ■短期間での認知向上を得意 ■中⻑期での特定の利⽤者との 特 者 とする 関係構築を得意とする ■メッセージのコントロール ■利⽤者の本⾳の会話を が可能 聞く 聞くことができる が る ■視聴者や読者は受⾝なので ■利⽤者のクチコミが、 宣伝に対しても⽐較的寛容 想像以上に拡がることがある 2010/8/3 16 Copyright © Agile Media Network, Inc. 16
  17. 17. ⽬次 1.ソーシャルメディアマーケティングの誤解 1 ソ シャルメディアマ ケティングの誤解 2.マスとネットの役割分担 3.カンバセーショナルマーケティングの考え⽅ 4.カンバセ ショナルマ ケティングの5つの戦略 4.カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 5.効果測定の考え⽅ 2010/8/3 17 Copyright © Agile Media Network, Inc. 17
  18. 18. カンバセーショナルマーケティングの成功事例:Dove • キャンペーン⽬的: – 「美」に年齢制限はあるのかを考えさせる – Anti-aging (アンチ⽼化)ではなく「Pro Age」(加齢に肯定) を主張する • キャンペーン戦略: – 消費者とブランドが互いに信⽤できるスペースを作る – 商品の専⾨家として認められるようにする 消費者の⾒識を認知し 商品の専⾨家として認められるようにする。消費者の⾒識を認知し オープンにディスカッションの場を持つ – 専⾨的知識を広げ、新しい「会話」を開始する。消費者と共に商品 カテゴリ を発⾒していく カテゴリーを発⾒していく – 様々な職業に就く3,000⼈の⼥性へ「Beauty」について調査を⾏った – ⼊念な調査結果からグローバルな「会話」がスタートするトピックを 選択 – 10カ国でシーディング 2010/8/3 18 Copyright © Agile Media Network, Inc. 18
  19. 19. ネット、TV、ビルボードなど多⾓的に展開 Buzz Buzz Buzz WOM WOM WOM 消費者のヌ ド写真を雑誌 消費者のヌード写真を雑誌 www.doveproage.com などに載せる Doveサイトでは「美」に関する 6万以上のブ Buzz ログで話題 ディスカッションが続く Buzz に WOM WOM WOM Buzz + Big Ideal ビルボードに写真を掲示 WOM Buzz WOM YouTubeでCMのフルバー WOM WOM 「Big Ideal」のコンセプト を考慮 ジョンが観れる WOM WOM TV CM ティ ザ を流す TV CM ティーザーを流す Buzz Buzz WOM Buzz WOM Buzz US史上最も視聴率の高いトークショウ「オプ 2010/8/3 「しわ?素敵?」で一般に投票させる 19 ラ」で取り上げられ口コミに拍車がかかる Copyright © Agile Media Network, Inc. 19
  20. 20. トリプルメディアの視点 「メディア」といっても、メディアの役割は⼀つではない 「メデ ア」と も メデ アの役割は はな Ownedメディア (⾃社メディア) Paidメディア Earnedメディア (マスメディア)(ソ シャルメディア) (マスメディア)(ソーシャルメディア) 2010/8/3 20 Copyright © Agile Media Network, Inc. 20
  21. 21. トリプルメディアの考え⽅ マスメディアに、⾃社メディアとソーシャルメディアのメリットを組み合わせる マスメディアに ⾃社メディアとソ シャルメディアのメリ トを組み合わせる 企業 Ownedメディア (⾃社メディア) Paidメディア (マスメディア) Earnedメディア (ソーシャルメディア) 顧客・利⽤者 顧客 利⽤者 2010/8/3 21 Copyright © Agile Media Network, Inc. 21
  22. 22. ネットとマスの組み合わせの例 ネットで効果の確認を⾏い、マス広告でその効果を更に広げていく。 ネットで効果の確認を⾏い マス広告でその効果を更に広げていく クチコミ量 利⽤者数 マス広告実施期間 累積利⽤者数 話題の盛り上がり PR、クチコミ企画実施 時間 2010/8/3 22 Copyright © Agile Media Network, Inc. 22
  23. 23. マスメディアとソーシャルメディアは⼆者択⼀ではない マスメディア媒体の+αとして、ソーシャルメディアを通じた情報発信 スメデ ア媒体の とし ソ シ ルメデ アを通じた情報発信 を考える 【ヘッド】 マスメディア 媒体 【ミドル】 メディア的に運営されているブログや メデ ア的に運営されて るブ グや 芸能⼈、専⾨家が執筆しているブログやツイッター 【ロングテール】 ⼀般の⽇記系ブログや ツイッター 2010/8/3 23 Copyright © Agile Media Network, Inc. 23
  24. 24. ⽬次 1.ソーシャルメディアマーケティングの誤解 1 ソ シャルメディアマ ケティングの誤解 2.マスとネットの役割分担 3.カンバセーショナルマーケティングの考え⽅ 4.カンバセ ショナルマ ケティングの5つの戦略 4.カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 5.効果測定の考え⽅ 2010/8/3 24 Copyright © Agile Media Network, Inc. 24
  25. 25. マスマーケティングにおけるAISAS マスマーケティングにおいては、AttentionからActionに流すイメージ ス ケテ ングにお は i から i に流すイメ ジ Attention→ Interest→ Search → Action → Share (認知) (興味) (検索) (購買) (情報共有) 広告の露出を中⼼に、ターゲットを購買へ流す 広告の露出を中⼼に ターゲットを購買へ流す 2010/8/3 25 ※AISASは(株)電通の登録商標です。 Copyright © Agile Media Network, Inc. 25
  26. 26. カンバセーショナルマーケティングにおけるAISAS ソ シ ルメデ ア は 短期間のフ はなく⾒込み顧客の ソーシャルメディアでは、短期間のフローではなく⾒込み顧客の ストックとしてイメージする AISASピラミッド ※AISASは(株)電通の登録商標です 2010/8/3 26 Copyright © Agile Media Network, Inc. 26
  27. 27. クチコミをしてくれる⼈が、他の利⽤者に影響を与える ソ シ ルメデ アの普及により クチ ミの影響⼒が上が る ソーシャルメディアの普及により、クチコミの影響⼒が上がっている。 2010/8/3 27 Copyright © Agile Media Network, Inc. 27
  28. 28. 利⽤者の購買プロセスの流れをつくる 複数の⼿段を組み合わせ 各階層の⾒込み客を全体 押し上げる 複数の⼿段を組み合わせ、各階層の⾒込み客を全体で押し上げる 広告 PR、クチコミ ⾃社サイト、 メディア,店頭 製品 サービス 2010/8/3 28 Copyright © Agile Media Network, Inc. 28
  29. 29. 検索連動型広告の位置づけ 検索連動型広告は 最後の 押しに役⽴ が 市場を育 る効果は薄 検索連動型広告は、最後の⼀押しに役⽴つが、市場を育てる効果は薄い 検索連動型広告 +自社メディア +自社メデ ア 2010/8/3 29 Copyright © Agile Media Network, Inc. 29
  30. 30. マス広告やマスPRの位置づけ 製品を全く知らな ⼈に知 もらうための⼿段とし ス広告や 製品を全く知らない⼈に知ってもらうための⼿段として、マス広告や マスメディア向けPRは強⼒ テレビや新聞などの マス広告やマスPR 2010/8/3 30 Copyright © Agile Media Network, Inc. 30
  31. 31. ソーシャルメディアの可能性 ソ シ ルメデ アには スメデ アによる認知獲得と 検索連動型 ソーシャルメディアには、マスメディアによる認知獲得と、検索連動型 広告や⾃社メディアによる刈り取りの間をつなげる可能性がある。 ソ シャルメディアを ソーシャルメディアを 通じた施策やクチコミ (ブログ、SNS ツイッター等) ツイッタ 等) 2010/8/3 31 Copyright © Agile Media Network, Inc. 31
  32. 32. クチコミのポジティブサイクルを作る。 情報共有し くれる⼈を⽀援する と 効率的に購買に ながる⼈を 情報共有してくれる⼈を⽀援することで、効率的に購買につながる⼈を 増やすクチコミのサイクルを作る 広告 PR、クチコミ ⾃社サイト、 メディア,店頭 製品 サービ ス 2010/8/3 32 Copyright © Agile Media Network, Inc. 32
  33. 33. いかにShareをしてくれるファンを増やすか ファンに情報発信してもらうか、情報発信する⼈にファンになってもらうか フ ンに情報発信し もらうか 情報発信する⼈にフ ンにな もらうか 利 ① ⽤ 経 ファン兼ブロガー ファン ② サポ タ サポーター 験 あ り Twitterユーザー T itt ユ ザ 利 ③ ⽤ ⼀般のブロガー 般のブロガ ⼀般⼈ 経 験 な し Twitterユーザー e ザ 情報発信しない 情報発信する 2010/8/3 33 Copyright © Agile Media Network, Inc. 33
  34. 34. 従来のキャンペーンのイメージ これまでのキャンペーンは必要なときだけコストをかけて認知を れま のキ ン ンは必要なときだけ ストをかけ 認知を 獲得するイメージ キャンペーン キャンペーン 実施 実施 2010/8/3 新製品発売 新製品発売 34 Copyright © Agile Media Network, Inc. 34
  35. 35. ネットにおける理想のファン増加のイメージ ネット上でクチコミが綺麗にまわると、宣伝費をかけなくても、 ネ ト上 クチ ミが綺麗にまわると 宣伝費をかけなく も ファンを増やすことができる ファン 2010/8/3 35 Copyright © Agile Media Network, Inc. 35
  36. 36. カンバセーショナルマーケティングで⽬指すイメージ マスメディアとソーシャルメディアのメリットを組み合わせ、 スメデ アとソ シ ルメデ アのメリ トを組み合わせ 個別のキャンペーンも、中⻑期的なファンを増やすために実施する キャンペーン キャンペーン 実施 実施 新製品発売 ファン 新製品発売 ファン兼情報発信者 2010/8/3 36 Copyright © Agile Media Network, Inc. 36
  37. 37. ⽬次 1.ソーシャルメディアマーケティングの誤解 1 ソ シャルメディアマ ケティングの誤解 2.マスとネットの役割分担 3.カンバセーショナルマーケティングの考え⽅ 4.カンバセ ショナルマ ケティングの5つの戦略 4.カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 5.効果測定の考え⽅ 2010/8/3 37 Copyright © Agile Media Network, Inc. 37
  38. 38. マーケティングの⼿法を選ぶ前に 顧客、⽬的、戦略、⼿段の4つのポイントを順番に確認する 顧客 ⽬的 戦略 ⼿段の のポイントを順番に確認する ■顧客:顧客はネット上のどこにいるのか ■⽬的:マーケティングの⽬的は何か ■戦略:どのような戦略で取り組むのか ■⼿段:どのようなサービスを活⽤するのか ※参考:グランズウェル(翔泳社) 2010/8/3 38 Copyright © Agile Media Network, Inc. 38
  39. 39. カンバセーショナルマーケティングの5つの戦略 インターネットを効果的に活⽤すれば、利⽤者との会話を通じて インタ ネ トを効果的に活⽤すれば 利⽤者との会話を通じ 効果的なマーケティングを⾏うことができる ■傾聴戦略:利⽤者の声に⽿を傾ける ■会話戦略:利⽤者に直接語りかける ■活性化戦略:ファンを通じて語りかける ■⽀援戦略:利⽤者間の会話を⽀援する ⽀援戦略 利⽤者間の会話を⽀援する ■統合戦略:利⽤者を⾃社の会話に巻き込む ※参考:グランズウェル(翔泳社) 2010/8/3 39 Copyright © Agile Media Network, Inc. 39
  40. 40. カンバセ ショナルマ ケティング カンバセーショナルマーケティング 〜Twitter実践編〜 2010年8⽉ アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 アジャイルメディア ネットワ ク株式会社 40 Copyright © 2010 Agile Media Network, Inc.
  41. 41. Twitter実践編の⽬次です。 • ⽇本と⽶国のTwitterの現状分析 • マーケティングにおけるTwitterの可能性 2010/8/3 41 41
  42. 42. 昨年から⽇本でもTwitterはおおいに話題になりましたが 昨年から⽇本でもT itt はおおいに話題になりましたが 実際、現在はどういうステージにあるのでしょうか? 2010/8/3 42 42
  43. 43. Twitterは昨年⼀気にユーザー数を伸ばし、 T itt は昨年 気にユ ザ 数を伸ばし 今年1億ユーザーを突破したと⾔われています。 http://themetricsystem.rjmetrics.com/2010/01/26/new-data-on-twitters-users-and-engagement/# 2010/8/3 43 43
  44. 44. Twitterのユーザーの増加ペースも、昨年春ごろから T itt のユ ザ の増加ペ スも 昨年春ごろから 安定して⾼い数値を維持しているようです。 http://themetricsystem.rjmetrics.com/2010/01/26/new-data-on-twitters-users-and-engagement/# 2010/8/3 44 44
  45. 45. Googleトレンドで⾒ても、アメリカでは2009年前半を G l トレンドで⾒ても アメリカでは2009年前半を ピークに、その後もある程度話題を保っているようです。 2010/8/3 45 ※2010.7.6 現在 45
  46. 46. ⽇本ではアメリカの話題に引きずられるように、2009年 ⽇本ではアメリカの話題に引きずられるように 2009年 夏頃から話題が盛り上がってきています。 2010/8/3 46 ※2010.7.6 現在 46
  47. 47. アメリカでは、「Twitter」は「blog」と同程度の 検索がGoogle上で⾏われているようです。 2010/8/3 47 ※2010.7.6 現在 47
  48. 48. ⽇本での「Twitter」や「ツイッター」の検索数も ⽇本での「T itt 」や「ツイッタ 」の検索数も 「ブログ」や「mixi」に迫ろうとしているようです。 2010/8/3 48 ※2010.7.6 現在 48
  49. 49. Semiocastの調査では、すでに⽇本語は英語についで S i tの調査では すでに⽇本語は英語についで 2位になっているというデータもあり、今後が注⽬です。 2010/8/3 49 http://semiocast.com/publications 49
  50. 50. Twitter実践編の⽬次です。 • ⽇本と⽶国のTwitterの現状分析 • マーケティングにおけるTwitterの可能性 2010/8/3 50 50
  51. 51. ⽶国でDellがTwitter経由で650万ドル(約6.5億円)を ⽶国でD llがT itt 経由で650万ドル(約6 5億円)を 売り上げるなどマーケティング活⽤が注⽬されています。 2010/8/3 51 51
  52. 52. ただし ⽇本と⽶国の、現在の利⽤者数の違いには注意が必要です 155万フォロワー 1.1万フォロワー 94万フォロワー 10万フォロワー 447万フォロワ 447万フォロワー 67万フォロワ 67万フォロワー 527万フォロワー 2010/8/3 31万フォロワー 52 ※2010.7.6 現在 52
  53. 53. また、ツイッターはマーケティングの場ではなく また ツイッタ はマ ケティングの場ではなく 利⽤者同⼠の「会話」の場であることに注意して下さい。 マスマーケティング ツイッター ■不特定多数の視聴者や読者 ■不特定多数の利⽤者にリーチ にリーチすることが容易 することは⽐較的苦⼿ ■短期間での認知向上を得意 ■短期間での認知向上は不得意 とする ■メッセージのコントロール ■会話のコントロールは不可能 が可能 ■視聴者や読者は受⾝なので ■利⽤者にとっては会話の場 宣伝に対しても⽐較的寛容 ⼟⾜の宣伝が炎上するケースも 2010/8/3 53 53
  54. 54. 現在の⽇本においては、Twitterのマーケティング活⽤は 現在の⽇本においては T itt のマ ケティング活⽤は 3パターンで検討するべきだと考えられます。 1.傾聴:Twitterコミュニティの声に⽿を傾ける 2.会話:Twitterコミュニティに話しかける 3.活性化:Twitterコミュニティを巻き込む 3 活性化:Twitterコミュニティを巻き込む ※参考:書籍「グランズウェル」の5つの戦略 2010/8/3 54 54
  55. 55. まずもっとも重要なのは、Twitter上でどんな会話が まずも とも重要なのは T itt 上でどんな会話が されているのかに⽿をかたむけることです。 検索経由でTwitter上の会話を把握することで ■商品やサービスについての http://search.twitter.com/ フィードバック把握が可能 ■直接的にトラブルをサポートすることも可能 http://hootsuite.com/ ■⾃社のファンやエヴァンジェリストを把握す ることも可能 2010/8/3 55 55 Google Realtime Search
  56. 56. 企業が公式アカウントを作る際にも、 企業が公式アカウントを作る際にも 作り⽅に5つの選択肢があります。 1.企業アカウント(担当者名⾮開⽰) 2.企業アカウント(担当者名開⽰) 3.企業名+個⼈名アカウント 4.企業関連キャラアカウント 5.個⼈名アカウント(企業名開⽰) 2010/8/3 56 56
  57. 57. 公式アカウントの運⽤ポリシーにも 公式アカウントの運⽤ポリシ にも 様々な選択肢があります。 ⼿動配信 ⼿動 パッシブ アクティブ (業務のみ) ⼀⻫配信型 ⻫配信型 サポート型 サポ ト型 サポート型 サポ ト型 ⼿動配信 ⼿動 パッシブ アクティブ (雑談込) 雑談型 雑談型 雑談型 ⾃動 ⾃動 ⾃動 ⾃動配信 パッシブ アクティブ ⼀⻫配信型 ⻫配信型 返信型 送信型 2010/8/3 57 通常の発信 +リプライへ返信する +検索して話しかける 57
  58. 58. 基本的には、下記の順番で難易度が上がります。 基本的には 下記の順番で難易度が上がります 難しいからといって最適とは限らない点に注意して下さい 1.⾃動⼀⻫配信型 2.⼿動⼀⻫配信型 2 ⼿動⼀⻫配信型 3.⼿動雑談型 4.パッシブサポート型 ブ 5.パッシブ雑談型 6.アクティブサポート型 7.アクティブ雑談型 7 アクティブ雑談型 8.⾃動パッシブ返信型 9.⾃動アクティブ送信型 ⾃ ブ 2010/8/3 58 58
  59. 59. twitterは数あるソーシャルメディアの⼀つであり、他の t itt は数あるソ シャルメディアの つであり 他の ツールと組み合わせることで、より効果が上がりえます。 多 数 へ ニュース の サイト メディア系 メデ ア系 情 ブログ 報 発信 ⽇記系 ブログ twitter リアル 少 mixi⽇記 数 mixiボイス の 携帯メール PCメール 会 話 リアルタイム(主にモバイル) 編集が必要(主にPC) 2010/8/3 59 59
  60. 60. 例えばTwitterとブログには、各々メリット・デメリットが 例えばT itt とブログには 各々メリット デメリットが あり、マーケティングにおいて役割分担が考えられます。 Twitter ブログ 【メリット】 【メリット】 ・アーカイブとして再活⽤できる ・リアルタイム性が⾼い ・検索エンジンの検索結果に表⽰ ・利⽤者のリアクションが早い されやすく、検索者に影響を与 ・閲覧場所も⽐較的選ばない えることがある ・細かい内容を伝えることが可能 細かい内容を伝えることが可能 【デメリット】 ア カイブとしての価値が薄い ・アーカイブとしての価値が薄い 【デメリット】 ・検索結果に表⽰されにくく、表⽰ ・リアルタイム性に劣る されても検索者から⾒ると⼀発⾔ ・利⽤者のリアクションが遅い では意味が薄い 意味が薄 2010/8/3 60 60
  61. 61. 実際Twitterと、サイトやブログを組み合わせることで、 露出増加効果と詳細な説明の組み合わせが可能になります 公式ツイッターアカウント 公式ウェブサイト 公式ブログ 2010/8/3 61 61
  62. 62. ブログの記事と、つぶやきまとめを並列で⾒せれば詳細な レビューとボリュームの可視化を両⽴することができます ■ブログまとめページ ■つぶやきまとめページ 数を増やすのは難しいが、製品の 主に⼀⾔の感想だが、数が多くなるため 特徴やポイントは伝わりやすい 盛り上がり度合いを表現しやすい 2010/8/3 62 62
  63. 63. 慣れたら、ただ話しかけるだけでなく、Twitter利⽤者が 慣れたら ただ話しかけるだけでなく T itt 利⽤者が 楽しみ、参加してくれる企画も考えてみましょう。 ■参加型企画にTwitterを組み合わせる ・Twitterアンケート ・Twitterクイズ ・Twitter⼤喜利 ・Twitter投票企画 ・Twitterチャリティ ・Twitterコンテスト 等々 ■botを活⽤した企画例 ・@TSUTAYA クイズ ・東急ハンズ コレカモネット ・ローソンクルー あきこちゃん ・花王 ヘルシアウォーク 2010/8/3 63 63
  64. 64. メールと同様、Twitterアカウントをもっていなければ、 メ ルと同様 Twitterアカウントをもっていなければ Twitter上の会話に参加できません。⼀度使ってみましょう STEP1 まずはTwitter検索で、Twitter上の 会話に⽿を傾けてみる STEP2 担当者が個⼈のアカウントを作って Twitterの仕組みに慣れる STEP3 公式アカウントの開設を検討して、 Twitter上への情報提供を開始する T itte 上への情報提供を開始する STEP4 他のTwitter利⽤者とTwitter上で サポートやお礼などの対話をする STEP5 Twitterを組み合わせたキャンペーン Twitterを組み合わせたキャンペ ン に取り組む 2010/8/3 64 64
  65. 65. よくある質問 ■フォロワーはどうやって増やせばいいか? ■効果測定はどのように⾏えばいいか? ■運営体制はどのようにすれば良いか? 2010/8/3 65 65
  66. 66. ツイッタ は、メディアではなく会話の場です。 ツイッターは、メディアではなく会話の場です。 会話の⽅法に正解がないのと同様、ツイッターにも唯⼀の 正解はありません。 ⼦供に、クラスの⼈気者になりたい、 ⼦供に クラスの⼈気者になりたい と⾔われたら、あなたならどう答えますか と⾔われたら、あなたならどう答えますか? 2010/8/3 66 66
  67. 67. また、ツイッターのフォロワー数は、 また ツイッタ のフォロワ 数は 企業の知名度やファンの多さと、ある程度⽐例します。 10万フォロワー 参考:フォロワーを増やす⽅法 7万フォロワー ・役に⽴つ情報を発信する 4.6万フォロワー ・他の利⽤者に話しかける 他の利⽤者に話しかける ・既存顧客に紹介する 4.2万フォロワー ・公式サイトやブログで紹介する ・チラシや広告等で紹介する チラシや広告等で紹介する 2.5万フォロワー ・注⽬されるようなコンテストやキャン 2.2万フォロワー ペーンを⾏う 2.0万フォロワー 1.3万フォロワー 1.3万フォロワー 1.1万フォロワー 2010/8/3 ※2010.7.6 現在 67 67
  68. 68. Twitterの効果測定も、複数の視点が考えられますが、 T itt の効果測定も 複数の視点が考えられますが 効果が出るまでには時間がかかることを覚悟すべきです。 Twitterを利⽤しているファンの数 ファンの製品に関する⾔及数等 Twitter経由の購⼊者数 サービス登録数等 Twitter経由の資料請求数、試⽤数 購⼊検討者の質問数等 T itt フ ロ 数 サイト の誘導数 Twitterフォロー数、サイトへの誘導数 発⾔のRT数やリプライ数等 Twitterアカウントの発⾔の閲覧数 RTされた発⾔の閲覧数 2010/8/3 68 68
  69. 69. 活⽤⽅法の形態に応じた体制づくりも重要です。 活⽤⽅法の形態に応じた体制づくりも重要です ただ、必要に応じて組織や体制を⾒直すことも重要です。 ⾃然発⽣型 ⼀極集中型 ハブアンドスポーク型 マルチハブアンドスポーク型 全体活⽤型 2010/8/3 69 69
  70. 70. ツイッターを、宣伝の場ではなく会話の場と捉えて下さい ツイッターを、メディアではなく ツイッタ を メディアではなく 会話の⼿段と考えればす てはシンプルです。 会話の⼿段と考えればすべてはシンプルです。 2010/8/3 70 70
  71. 71. ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。 ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい アジャイルメディア ネットワ ク アジャイルメディア・ネットワーク 徳⼒基彦 tokuriki@agilemedia.jp ウェブサイト http://agilemedia.jp/ p // g jp/ http://twitter.com/tokuriki 2010/8/3 71 71

×