東日本大震災で考えるソーシャルメディアの役割

13,171 views

Published on

2011年3月11日の東日本大震災の後に、ソーシャルメディア上で確認できた出来事についてまとめてみました。

東日本大震災で考えるソーシャルメディアの役割

  1. 1. 東⽇本⼤震災で考えるソーシャルメディアの役割(暫定版) デ〜マスメディアと異なるソーシャルメディアの課題と可能性〜〜マスメディアと異なるソ シャルメディアの課題と可能性〜 2011年3⽉ アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 アジャイルメディア ネットワ ク株式会社 Copyright © Agile Media Network, Inc. 1 Copyright © 2010 Agile Media Network, Inc.
  2. 2. 震災で考えるソーシャルメディアの限界 ■限界その1:回線がつながらなければ無意味 限界その1 回線がつながらなければ無意味 ■限界その2:デマ情報が伝播してしまう ■限界その3:不特定多数への ⻫伝達には向かない ■限界その3:不特定多数への⼀⻫伝達には向かない2011/3/29 2 Copyright © Agile Media Network, Inc. 2
  3. 3. デマの伝播:コスモ⽯油のケースチェーンメールやツイッターを中⼼に話題が拡散、公式サイトや記事で否定チ ンメ ルやツイ タ を中⼼に話題が拡散 公式サイトや記事 否定 。2011/3/29 3 Copyright © Agile Media Network, Inc. 3
  4. 4. デマの伝播:コスモ⽯油のケース 3⽉11⽇にデマが広がり、12⽇にはデマの否定情報も並⾏して拡散 3⽉ ⽇にデ が広がり 2⽇にはデ の否定情報も並⾏し 拡散 ■「コスモ⽯油 有害」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 4 Copyright © Agile Media Network, Inc. 4
  5. 5. デマの伝播:関⻄電⼒管内の節電チェーンメールやツイッターで善意のデマが拡散、公式サイトや記事で否定チ ンメ ルやツイ タ 善意のデ が拡散 公式サイトや記事 否定2011/3/29 5 Copyright © Agile Media Network, Inc. 5
  6. 6. デマの伝播:関⻄電⼒管内の節電 3⽉12⽇にデマが広がり、13⽇にはデマの否定情報が拡散 3⽉ 2⽇にデ が広がり 3⽇にはデ の否定情報が拡散 ■「関⻄電⼒ 節電」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 6 Copyright © Agile Media Network, Inc. 6
  7. 7. 震災で考えるソーシャルメディアの可能性 ⼀⽅で下記のような可能性も明確になりました。 ⽅ 下記のような可能性も明確になりました ■可能性その1:プル型の情報発信(特に安否確認) 可能性その1 プル型の情報発信(特に安否確認) ■可能性その2:当事者⾃らの情報発信が容易 ■可能性その3:有益な情報のフィルター機能 ■可能性その4:利⽤者によるコラボレーション2011/3/29 7 Copyright © Agile Media Network, Inc. 7
  8. 8. 震災で考えるソーシャルメディアの可能性 ■可能性その1:プル型の情報発信(特に安否確認) 可能性その1 プル型の情報発信(特に安否確認) ■可能性その2:当事者⾃らの情報発信が容易 ■可能性その3:有益な情報のフィルター機能 ■可能性その4:利⽤者によるコラボレーション2011/3/29 8 Copyright © Agile Media Network, Inc. 8
  9. 9. プル型の情報発信:安否確認 電話やメールでは⼀⼈⼀⼈確認が必要だが、ツイッターやSNSでは 電話やメ ル は ⼈ ⼈確認が必要だが ツイ タ やS S は 不特定多数に安否の宣⾔が可能 ■「私は無事」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 9 Copyright © Agile Media Network, Inc. 9
  10. 10. 震災で考えるソーシャルメディアの可能性 ■可能性その1:プル型の情報発信(特に安否確認) 可能性その1 プル型の情報発信(特に安否確認) ■可能性その2:当事者⾃らの情報発信が容易 ■可能性その3:有益な情報のフィルター機能 ■可能性その4:利⽤者によるコラボレーション2011/3/29 10 Copyright © Agile Media Network, Inc. 10
  11. 11. 当事者による情報発信:官公庁や⾃治体 官公庁や⾃治体が率先してツイッターを活⽤するようになっています。 官公庁や⾃治体が率先し ツイ タ を活⽤するようにな ます 2010年5⽉17⽇開設 21万フォロワー 2010年7⽉1⽇開設 2万フォロワー 2011年3⽉13⽇開設 28万フォロワ 28万フォロワー 2011年3⽉16⽇開設 2万フォロワー 2011年3⽉17⽇開設 26万フォロワー 2011年3⽉20⽇開設 10万フォロワー ■その他、震災後に開設されたと思われるアカウント例2011/3/29 11 Copyright © Agile Media Network, Inc. 11
  12. 12. 当事者による情報発信:専⾨家や関係者 専⾨家や関係者など、多様な情報発信もされています。 専⾨家や関係者など 多様な情報発信もされ ます 2008年2⽉3⽇開設 15万フォロワー 2011年3⽉15⽇開設 22万フォロワー 2010年10⽉29⽇開設 12万フォロワー2011/3/29 12 Copyright © Agile Media Network, Inc. 12
  13. 13. 震災で考えるソーシャルメディアの可能性 ■可能性その1:プル型の情報発信(特に安否確認) 可能性その1 プル型の情報発信(特に安否確認) ■可能性その2:当事者⾃らの情報発信が容易 ■可能性その3:有益な情報のフィルター機能 ■可能性その4:利⽤者によるコラボレーション2011/3/29 13 Copyright © Agile Media Network, Inc. 13
  14. 14. 情報のフィルター:アカウント開設、認知 短期間で10万単位のフォロワーが増える例も珍しくありませんでした。 短期間 0万単位のフ ワ が増える例も珍しくありません した 2008年2⽉3⽇開設 2011年3⽉15⽇開設 15万フォロワー 22万フォロワー2011/3/29 14 Copyright © Agile Media Network, Inc. 14
  15. 15. 情報のフィルター:アカウント開設、認知 15⽇のアカウント開設直後に⼤きな話題になっていることが分ります。 ⽇のアカウント開設直後に⼤きな話題にな る とが分ります ■「東⼤病院放射線医療チーム」を含むツイッターの発⾔数推移 「東⼤病院放射線医療チ ム」を含むツイッタ の発⾔数推移2011/3/29 15 Copyright © Agile Media Network, Inc. 15
  16. 16. 情報のフィルター:⽗が福島原発に派遣 ツイッターの発⾔が広がり、(おそらく)時事通信の取材のきっかけに。 ツイ タ の発⾔が広がり (おそらく)時事通信の取材のき かけに 3⽉13⽇AM7:10 3⽉16⽇AM5:162011/3/29 16 Copyright © Agile Media Network, Inc. 16
  17. 17. 情報のフィルター:⽗が福島原発に派遣 13⽇の投稿が14⽇にツイッターで広がり、16⽇の記事で再度広がる 3⽇の投稿が ⽇にツイ タ 広がり 6⽇の記事 再度広がる ■「福島 定年」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 17 Copyright © Agile Media Network, Inc. 17
  18. 18. 情報のフィルター:prayforjapan.jp ハッシュタグをまとめたサイトが話題になり、記事やテレビに伝播 ハ シ タグをまとめたサイトが話題になり 記事やテレビに伝播2011/3/29 18 Copyright © Agile Media Network, Inc. 18
  19. 19. 情報のフィルター:prayforjapan.jp 12⽇の深夜から14⽇にかけて話題になり、テレビの取材につながる 2⽇の深夜から ⽇にかけ 話題になり テレビの取材に ながる ■「prayforjapan.jp」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 19 Copyright © Agile Media Network, Inc. 19
  20. 20. 震災で考えるソーシャルメディアの可能性 ■可能性その1:プル型の情報発信(特に安否確認) 可能性その1 プル型の情報発信(特に安否確認) ■可能性その2:当事者⾃らの情報発信が容易 ■可能性その3:有益な情報のフィルター機能 ■可能性その4:利⽤者によるコラボレーション2011/3/29 20 Copyright © Agile Media Network, Inc. 20
  21. 21. 利⽤者のコラボレーション:共有サイト、Wiki 様々なテーマの共有サイトやWikiが⽴ち上がり、共働で情報を更新 様 なテ の共有サイトや ikiが⽴ち上がり 共働 情報を更新 ■節電ポスター ■避難所名簿 ■OLIVE 共有サービス 被災地⽤Wiki ■sinsai.info ■助け合いジャパン 震災情報サイト2011/3/29 21 Copyright © Agile Media Network, Inc. 21
  22. 22. 利⽤者のコラボレーション:prayforjapan.jp Facebookページ上でのやり取りを軸に、10カ国語への翻訳 b k ジ上 のやり取りを軸に 0カ国語 の翻訳 プロジェクトが稼働2011/3/29 22 Copyright © Agile Media Network, Inc. 22
  23. 23. 利⽤者のコラボレーション/うんちで例える原発 ツイッターの発⾔が、別の⼈にまとめられて、別の⼈が動画を作成、 ツイ タ の発⾔が 別の⼈にまとめられ 別の⼈が動画を作成 また別の⼈が英語字幕版、中国語字幕版、スペイン語字幕版等を作成2011/3/29 23 Copyright © Agile Media Network, Inc. 23
  24. 24. 利⽤者のコラボレーション/うんちで例える原発 発⾔をした15⽇以降も継続して話題が広がる 発⾔をした ⽇以降も継続し 話題が広がる ■「例える原発」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 24 Copyright © Agile Media Network, Inc. 24
  25. 25. 利⽤者のコラボレーション/買い占めの皆様へ ツイッター上の発⾔が、ポスターになり、動画やブログパーツも⽣成 ツイ タ 上の発⾔が ポスタ になり 動画やブ グパ ツも⽣成2011/3/29 25 Copyright © Agile Media Network, Inc. 25
  26. 26. 利⽤者のコラボレーション/買い占めの皆様へ 発⾔がされた15⽇に盛り上がり、ポスターができた16⽇に再度話題に 発⾔がされた ⽇に盛り上がり ポスタ が きた 6⽇に再度話題に ■「買い占めの皆様へ」を含むツイッターの発⾔数推移2011/3/29 26 Copyright © Agile Media Network, Inc. 26
  27. 27. 参考:東⽇本⼤震災復興関連情報まとめサイト AMNでは、 今回の東⽇本⼤震災および原発問題や計画停 電といった⼆次災害に関する情報を提供して いるサイトやブログをまとめ、 ブ グ 「東⽇本⼤震災復興関連情報まとめサイト」 として公開しています。 それぞれのサイトはTwitter、Facebook、は てなブックマークで共有された数値を合計し、 てなブックマ クで共有された数値を合計し 数値順に並べています。http://agilemedia.jp/311 Copyright ⓒ2010 Agile Media Network, Inc. All rights reserved. 27
  28. 28. 参考:個⼈制作のサイトが、多数上位に顔を出しています。No サイト名 運営⺟体 区分 No サイト名 運営⺟体 区分1 Google Person Google 企業 11 運⾏情報 JR東⽇本 企業 Finder2 災害情報まとめ Google 企業 12 輪番停電 個⼈ 個⼈ ページ3 災害⽤伝⾔板 au 企業 13 節電対策 Yahoo! 企業4 節電ポスター 不明 個⼈ 14 ⽇本の原発につい 個⼈ 個⼈ てのお知らせ5 ジョルダンライブ ジョルダン 企業 15 運⾏情報 東京メトロ 企業6 災害⽤伝⾔板 Softbank 企業 16 OLIVE 個⼈ 個⼈7 計画停電について 東京電⼒ 企業 17 電⼒使⽤状況 個⼈ 個⼈ (⾮公式)8 停電エリア検索シ ユーザー ユ ザ 企業 18 電⼒の使⽤状況 東京電⼒ 企業 ステム ローカル グラフ9 計画停電.com T-Garden 企業 19 災害⽤ブロードバ NTT東⻄ 企業 ンド伝⾔板10 ⾃動⾞・通⾏実績 Google、 企業 20 ネット上でのデマ 個⼈ 個⼈ 情報マップ 本⽥技研 まとめ Copyright ⓒ2010 Agile Media Network, Inc. All rights reserved. 28
  29. 29. 参考:企業が⾏っていた⽀援活動の4つのパターン モノ⽀援 義捐⾦ (飲料、⾷品、アパレル、 (⼤⼿企業) ⽣活⽤品、コンビニ、等) ⽣活⽤品 コンビニ 等) ⾃社(⼯場)節電 情報提供(製造業、中堅のメ カ 等)(製造業、中堅のメーカー等) (WEBサービス、ポータル サイト、クチコミサイト等) Copyright ⓒ2010 Agile Media Network, Inc. All rights reserved. 29
  30. 30. 参考:⼤⼿企業の主な⽀援活動震災後、⼤⼿企業は順次被災者⽀援に関するプレスリリースを配信。震災後 ⼤⼿企業は順次被災者⽀援に関するプレスリリ スを配信 被災地、被災者に向けた⽀援の⽅向性は⼤きくわけて3つ。1.義捐金提供2.自社商品、ソリューションの提供2 自社商品 ソリ シ ンの提供3.節電、省エネ等の資源有効活用宣言 義捐⾦3億円、ラジオ ⽣活⽤品(紙おむつ、⽣理⽤品、 ⽣活⽤品(紙おむ ⽣理⽤品約6億円相当の義捐⾦ 洗剤、⻭磨き、など)について、 1万台、懐中電灯1万個、および飲料を拠出 現地災害対策本部と連絡をとり 乾電池50万個を提供 ながら必要な製品を提供。花王 グループは1億円寄付。 Copyright ⓒ2011 Agile Media Network, Inc. All rights reserved. 30
  31. 31. 参考:メディアや個⼈の主な⽀援活動震災後、⾃主的に被災地応援を呼び掛けたり、便利なツールを提供する震災後 ⾃主的に被災地応援を呼び掛けたり 便利なツ ルを提供する WEBサイト・コンテンツ等が続出。傾向は次の3つ。1.被災地・被災者に対する応援サイト2.自社コンテンツ活用による募金・寄付支援2 自社コンテンツ活用による募金 寄付支援3. 消費者に対する協力要請東北地⽅太平洋沖地震の 「GREEボランティアアバター」販売。 被災者の⽅たちへの被災者⽀援情報サイト 売上は⽇本⾚⼗字社に寄付予定 援助を助ける デザインツール無料配布 Copyright ⓒ2011 Agile Media Network, Inc. All rights reserved. 31
  32. 32. ご静聴ありがとうございました ご質問がある⽅は、遠慮なく下記までご連絡下さい。 アジャイルメディア・ネットワーク 徳⼒基彦 tokuriki@agilemedia.jp ウェブサイト http://agilemedia.jp/ http://twitter.com/tokuriki http://www.facebook.com/tokuriki2011/3/29 32 Copyright © Agile Media Network, Inc. 32

×