2011.06.01 和歌山高専

659 views
602 views

Published on

2011.06.01に和歌山高専の電気情報工学科4年の講義で使ったスライド。

https://dl.dropbox.com/u/370615/wnct_tokibito_20110607.jpg

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
659
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2011.06.01 和歌山高専

  1. 1. 2011.06.01和歌山高専
  2. 2. こんにちは
  3. 3. おまえ、誰よ?って思ってるでしょ?
  4. 4. お前、誰よ● 岡野 真也● 26歳● 和歌山高専 機械工学科卒● 北見工業大学 情報システム工学科卒● 株式会社ビープラウド勤務
  5. 5. お前、誰よ(学生時代● ロボット同好会(ロボコン部)● コンピュータ部
  6. 6. お前、誰よ(仕事● プログラム作るよ● 設計するよ● お客さんと話すよ
  7. 7. お前、誰よ(ネット上● tokibito / nullpobug● twitter: tokibito● http://d.hatena.ne.jp/nullpobug/
  8. 8. 詳しくはWEBで ググれ
  9. 9. 前置きはこのぐらいで
  10. 10. 今日のテーマ...
  11. 11. ソフトウェア開発の楽しさ
  12. 12. まず皆さんに聞きたい
  13. 13. みなさんはどんな人?● パソコン持ってますか?● IT業界へ就職しようと思ってる人は?● 進学しようと思ってる人は?● プログラミングしてますか?
  14. 14. 私はこんな感じでした
  15. 15. パソコン持ってましたか?● 高専に入学した時点では持ってなかった ○ 3年になってから手に入れた ○ 放課後は情報処理センターに入り浸ってい た
  16. 16. IT業界へ就職しようと思っていた?● 4年の時には考えてました
  17. 17. 進学しようと思っていた?● 情報を専門に勉強したくて進学を考えていた ○ 機械出身ですし...
  18. 18. プログラミングしてましたか?● 2年の秋頃から勉強をしてた● 3~4年の頃は毎日のようにプログラムを作った りしてた
  19. 19. ちょっと変わり者だったかもしれません
  20. 20. 本題に戻ります
  21. 21. ソフトウェア開発の楽しさ
  22. 22. =ものづくりの楽しさ
  23. 23. ものづくりの楽しさ● 自分の作ったのものが動く● 作る楽しみ
  24. 24. 例えばどういうこと?
  25. 25. 自分の作ったものが動く● プログラムは記述したとおりに動く● 思い通りのものを作って動かせる
  26. 26. 作る楽しみ● 問題に対して答えを考える ○ パズルを解く感覚● 出来上がっていく間のワクワク感
  27. 27. 具体的には?
  28. 28. 私がやってきたこと● 自分で使うためにソフトウェアを作ってました ○ 作ったソフトウェアを公開しました
  29. 29. http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an028567.html
  30. 30. ソフトウェアを公開してみたら● 意外とみんなが使ってくれました● 感謝されました● バグ報告や要望などをもらいました
  31. 31. ファイル破断+の累計ダウンロード数
  32. 32. http://www.vector.co.jp/soft/cmt/win95/util/se283383.html
  33. 33. ソースコードを公開してみたら● バグを修正するパッチをもらった● 派生して別のソフトウェアを作ってる人がいた
  34. 34. 他にも...
  35. 35. コミュニティへ参加したら● 勉強会で ○ 知らないことを知ることができた● 知り合いが増えた ○ 一緒に開発する仲間ができた ○ 仕事に繋がった
  36. 36. コミュニティって?● ソフトウェアのユーザーグループ ○ ソフトウェアを「使う人」の集まり● ソフトウェアの開発者グループ ○ ソフトウェアを「作る人」の集まり
  37. 37. IT勉強会って?● みんなで集まって勉強する● 講演者+聴衆のスタイルが多い● 懇親会があることも● 各地で行われてる● 学生を歓迎しているものも多い
  38. 38. http://gihyo.jp/news/report/2010/07/2001
  39. 39. IT勉強会の探し方● IT勉強会カレンダー ● ATND.org● 和歌山だとあんまりやってな い● コミュニティのWebサイトで告 知されていることも
  40. 40. 仕事につながった● 知り合いから仕事を紹介された ○ 「あなたならこの仕事できるんじゃない?」 ○ 「この技術に詳しかったよね?」
  41. 41. ソフトウェア開発楽しいよ
  42. 42. とは言ってもソフトウェア開発って難しいよね?
  43. 43. ソフトウェア開発は難しい?● 作るものによる● 簡単なものは簡単だし、難しいものは難しい ○ 必要な技術はその都度調べる・学ぶ
  44. 44. 変化は早い● 新しい技術がどんどん出てくる● 情報が伝わるのが早い  ○ Twitter ○ blog
  45. 45. すべてを学ぶことは不可能です 必要なことを学ぼう
  46. 46. 「勉強したいと思ってるけど、 どうすればわからない」
  47. 47. 勉強の仕方● 何をしたらいいのか検索しよう● 何をしたいのか分析してみよう● 失敗しても続けよう
  48. 48. 何をしたらいいのか検索しよう● 最初の一歩がわからない ○ 「プログラミング 入門」 ○ 「プログラミングとは?」 ○ 「ソフトウェア 作り方」
  49. 49. 何をしたいのか分析してみよう● やりたいことを明確にすれば調べやすい ●  コンピュータゲームを作りたい ○ →どういうゲーム? ■ →落ち物ゲーム ■ 「落ち物ゲーム 作り方」
  50. 50. 失敗しても続けよう● 行き詰まることはよくある● 答えは一つではない ○ 別の方法を探す
  51. 51. おすすめの本IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」奥乃美, 渋川よしき 著
  52. 52. おすすめの記事新卒準備カレンダー2011春http://atnd.org/events/13324
  53. 53. まとめ●  ソフトウェア開発の楽しみ ○ ものづくりの楽しみ ○ 人のつながり● 必要な勉強をしよう
  54. 54. ご清聴ありがとうございました!

×