Your SlideShare is downloading. ×
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Social listening1
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Social listening1

212

Published on

2012.7.4 …

2012.7.4
Akihabara UDX
INITIATIVE INC.

Published in: Health & Medicine
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
212
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • Transcript

    • 1. 患者の闘病体験をリスニングする ∼ソーシャルリスニングツール dimensions∼ 1207 1 INITIATIVE INC.
    • 2. Healthcare INITIATIVE INC.IT Marketing
    • 3. Patient Experience Survey
    • 4. The Web as Platform
    • 5. Data is NEXT “Intel Inside”
    • 6. 従来患者調査の限界
    • 7. Patient Pharma
    • 8. 従来の情報収集Patient Doctor MR Pharma
    • 9. 従来の情報収集Patient Doctor MR Pharma 伝言ゲーム!
    • 10. 従来の情報収集Patient Doctor MR Pharma 伝言ゲーム! 医師は患者の声を過小評価する
    • 11. 従来の情報収集Patient Doctor MR Pharma 伝言ゲーム! 医師は患者の声を過小評価する 患者は医師にホンネを言わない
    • 12. The New England Journal of MedicineThe Missing Voice of Patients in Drug-Safety Reporting Ethan Basch, M.D. N Engl J Med 2010; 362:865-869March 11, 2010
    • 13. 副作用の患者報告と医師報告を比較調査 スローン・ケタリング記念がんセンター( ニューヨーク) がん患者 467人、 25ヶ月 、診察 4034回
    • 14. 累積罹患率 疲労 食欲減退 吐き気 嘔吐 下痢 便秘
    • 15. Patient Pharma
    • 16. レガシー調査Patient Search Ask Pharma Methodology
    • 17. レガシー調査Patient Search Ask Pharma Methodology コスト! バイアス! プレフィックス調査の限界
    • 18. プレフィックス調査あらかじめ想定できることを確認する調査
    • 19. Unmet Medical Needsまだ想定できないことを発見する調査へ。
    • 20. 理想的には・・・Patient Pharma
    • 21. 理想的には・・・Patient Pharma 自発的 生の声 ホンネ ダイレクト
    • 22. 理想的には・・・Patient Pharma
    • 23. 理想的には・・・Patient Pharma患者の生活現場に近づく、棲み込む
    • 24. だが、これまで方法がなかった
    • 25. ネット上の闘病体験 患者の生の声
    • 26. 闘病ユニバース
    • 27. 闘病ユニバース
    • 28. 自律 分散 協調 Autonomous Distributed Cooperative全体を統括する主体をもたずに、分散して存在する各要素が自律的に行動し、協調的に相互作用しながら、全体としての振る舞いをするシステム
    • 29. 闘病ドキュメントの特徴 症状、治療法、医療機関などに対するホンネが書かれている 自発的な発話 タテマエを言う必要がない 無償の行為 生活全体が見える ライフスタイルがわかる 患者の人となりがわかる 医師とのやりとりがわかる入院時、通院時だけでなく闘病の全過程が見える 情報入手経路がわかる エントリ数、文体が信頼性を担保 レガシー調査より情報量が多い 感情表白、激白 継続性がある 意思決定プロセスが見える
    • 30. すでに患者の膨大な量の生の声は ウェブ上にある
    • 31. Listen First !The Market Is The Conversation.
    • 32. The market is the conversation
    • 33. The Cluetrain ManifestoThe market is the conversation David Weinberger
    • 34. 患者リスニングシステム
    • 35. 闘病ユニバース TOBYO dimensions ビッグデータ メタデータ データベース メタデータ 検索エンジン キーワード抽出集計
    • 36. 闘病ユニバース TOBYO dimensions 分散しており、不 いで、バラつきのあるデータを構造化するビッグデータ メタデータ データベース メタデータ 検索エンジン キーワード抽出集計
    • 37. 患者が実際に体験した事実 病院 検査 機器 手術 医薬品 副作用効率的に抽出し、各種活動に役立てる 39製品評価 需要把握 製品開発 品質改善 政策立案
    • 38. Distiller X-Search蒸留器 拡張検索エンジン
    • 39. Distiller: ディスティラー(蒸留器)
    • 40. 体験された闘病事実だけを固有名詞をもとに抽出精製する 闘病サイト 闘病 グル 旅Distiller メ 行 闘病サイト 育児 仕 学校 事 闘病 趣 グルメ 旅行 闘病サイト 味 抽出 抽出 育児 仕 学校 事 抽出 趣 闘病 旅 味 グル 行 メ 育児 仕事 学校 趣 Distiller: ディスティラー 味 リスト化
    • 41. 患者一人ひとりのストーリーをトラッキング 患者体験ごとにキーワードを抽出・集計Distiller 患者A 闘病体験 患者B 闘病体験 患者C 闘病体験 患者D 闘病体験
    • 42. X Search: Xサーチ
    • 43. 特定病名の患者体験をバーティカル検索 検索結果をメタデータでフィルタリングX-Search 患者3万5千人、500万ページ 感情 メタデータ 検索結果 × メタデータ こと もの 病名 性別 【例】乳がんの患者で20才∼ 評価 35才の人のホットフラッシュ 患者体験全体集合 発病時年代 体験事例 評価 こと サイト設立年 【例】肺がん患者でイレッサ もの を服用した男性50才∼64才の 副作用体験とその評価 収載コンテンツ 感情 感情
    • 44. dimensionsの特徴 場が 見える 点で 医療現 患者のホンネが聞ける ニーズ を探索患者視 ト・ ンメッ からア 活現場 常に新しい、生きた患者体験データベース 生 継続性のあるデータ収集ができる 患者の自発的発話だからバイアスがない 情報量が 多 い 薬剤服用実態・効果を追跡できる 今すぐに患者が体験した事実と感想を参照できる 従来型調査よりコストパフォーマンスが良い、安い、早い
    • 45. dimensions BASIC汎用傾聴ツール 仮説構築、アイデア素材収集 継続傾聴、暗黙知蓄積 dimensions CUSTOMカスタム集計、出力 分析、レポート、マイニング 個別テーマ、形式知出力
    • 46. 患者体験傾聴システム サービスメニュー サービス・タイプ 提供サービス ツール 料金 ●汎用傾聴ツール ●ディスティラー (月額) dimensionsを使って患者体験を常 ●3アカウント 20万円 時傾聴 ●X-サーチ ●5アカウント 30万円 ●10アカウント 50万円ベーシック・サービス ●仮説構築、アイデア・マテリアル ●20アカウント 80万円 収集dimensions BASIC ●オーディット、トラッキング ●継続、暗黙知、棲み込む ●患者体験ドキュメントをリクエ ●委託リサーチャー ●価格は個別案件ごとに見積作成 ストによりカスタム集計・出力 マーケティング調査会社 ●データ分析、テキストマイニングカスタム・サービスdimensions CUSTOM ●レポーティング ●定期レポート 他
    • 47. 今後の課題• 患者マインドセットの研究• データマイニングによるエントリ評価サービス• dimensions技術のB2Cサービスへの応用• データの拡充• APIの開発、公開 49
    • 48. Thank You株式会社イニシアティブ

    ×