Light TableでClojure入門

6,958 views
6,640 views

Published on

Tokyo.clj#19にて初心者向けのハンズオンをやりましたので、その時の資料です。
Light TableとLeiningenの使い方、またこの説明用に作ったLeiningenテンプレート、reloadable-webを使うと、コードを変更しただけで、再読み込みが行われ開発しやすい環境が作れるようになっています。

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,958
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,064
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Light TableでClojure入門

  1. 1. Light Tableで Clojure入門 ニャンパス 登尾(@tnoborio) 資料: http://bit.ly/1d1lBSx
  2. 2. やること Light Tableの使い方 Leiningenのセットアップ InstaReplでREPL ウェブアプリケーション
  3. 3. ダウンロード http://www.lighttable.com/ Light Table
  4. 4. Light Tableの使い方 Workspace Commands
  5. 5. Workspaceの表示 ● Control + SpaceでCommands ● Commandsを出して、 “Toggle workspace tree”を選択 →Workspaceが左ペインに表示
  6. 6. Clojureプラグインのアップデート 1. Commandsで、”Plugins: Show plugin manager” 2. Commandsで、”Plugins: Refresh plugin list” 3. Clojureプラグインのアップデート 4. 念のためLight Table再起動
  7. 7. Light TableでREPL Commandsから”Instarepl: Open a clojure instarepl” ● (+ 1 2 3) ● (println “Hello”)
  8. 8. Instareplでの標準出力 標準出力は、 Commands→“Console: Toggle console”
  9. 9. (iterate inc 1) (apply +(take 100 (iterate inc 1))) (re-find (re-pattern "^d{3}-d{4}$") "343- 0825")
  10. 10. Leiningenのインストール 1. http://leiningen.org/ からleinをダウンロードする。 2. パスの通ったディレクトリに置く 3. 実行権限の付与
  11. 11. Leiningenのインストール Macの場合 $ curl https://raw.github. com/technomancy/leiningen/stable/bin/lein $ mkdir ~/bin/ $ mv lein ~/bin/ $ chmod a+x ~/bin/lein
  12. 12. Leiningenのインストール Windowsの場合 (@shinseitaroさんありがとうございます。) lein.batをダウンロード (もしくはInstallerもこちら) lein.batを適当んディレクトリに置く そのディレクトリを環境変数にセット http://next.matrix. jp/config-path-win7.html lein self-install
  13. 13. Leiningenでプロジェクト作成 適当なディレクトリに移動 lein new sample
  14. 14. Light Tableからコードを触ってみる Commandsで、”Add connection”を選び Clojureを選択し、project.cljを選択
  15. 15. 接続 Commands→”Add folder”で Workspaceにsampleディレクトリを追加 src/sample/core.cljを開く Commands→”Instarepl: Make current editor an instarepl
  16. 16. 接続のリスト Commands→”Connect: Show connect bar” “disconnect”で接続を切る
  17. 17. ウェブアプリケーション テンプレートを使ったプロジェクト作成 lein new reloadable-compojure web
  18. 18. 先程と同様に接続 Commands→”Connect: Add Connection”でproject.cljを指 定 src/web/core.cljを開く Commands→”Instarepl: Make current editor an instarepl ;; (start-server!)のコメントアウトを外す
  19. 19. Compojureテンプレートの場合のディレク トリ構造 ● src/ ● src/web/core.clj ● src/web/handler.clj ● project.clj ● test/
  20. 20. handler.clj(1) (defroutes app-routes (GET "/" [] "Hello World") (route/resources "/") (route/not-found "Not Found"))
  21. 21. handler.clj(2) (def app (-> app-routes handler/site (wrap-reload '(hoge.core)) (wrap-stacktrace)))

×