Your SlideShare is downloading. ×
0
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
OSC Osaka 2013
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

OSC Osaka 2013

243

Published on

Slide used at OSC Osaka 2013. Talks about how MidoNet addresses issues with CS's Router VM.

Slide used at OSC Osaka 2013. Talks about how MidoNet addresses issues with CS's Router VM.

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
243
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. CloudStack+SDNOSC Osaka 2013 LT5/25/2013
  • 2. 日本発のTech Startup始動!2010.12012.12初の商用バージョン MidoNet2013.53オフィスで31名2013.4$17millionの資金調達
  • 3. Copyright ©2013 Midokura All rights reservedグローバル・スタートアップ3スペイン Ø  開発拠点スイスØ  HQ機能 日本 Ø  営業拠点 Ø  開発拠点 US Ø  営業拠点 Ø  開発拠点 Ø 世界3拠点Ø 開発、営業 展開地図データ ©2013 Google, INEGI,Tele Atlas 
  • 4. MidoNet分散アーキテクチャに基づいたIaaS クラウドのためのネットワーク仮想化プラットフォーム4?!!
  • 5. 時間が無いので、、、1つの事だけ説明します。“仮想ルーター”5
  • 6. CloudStackの仮想ルーター1. 仕組み2. 課題3. MidoNetの場合は?
  • 7. •  ルーティング、ファイアウォールルール、NAT、DHCPなどのサービスを提供•  VMのOSはDebian•  VPCモードでは、各VPCに対して、1つの仮想ルーターが起動されます。CloudStack仮想ルーター仮想ルータVM
  • 8. VPC論理的俯瞰図ユーザーVMユーザーVM仮想ルータVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMオレンジTier パープルTier
  • 9. ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVM物理的構成図- VPC with default CS Networking
  • 10. ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVM物理的構成図- VPC with default CS Networking
  • 11. ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)システムVM(CPVM)物理的構成図- VPC with default CS Networking
  • 12. ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVM仮想ルータVMユーザーVMシステムVM(SSVM)システムVM(CPVM)物理的構成図- VPC with default CS Networking
  • 13. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVM仮想ルータVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)入物理的トラフィックの流れ出
  • 14. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVM仮想ルータVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)入物理的トラフィックの流れ出
  • 15. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVM仮想ルータVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)入物理的トラフィックの流れ出
  • 16. このモデルの課題Ø  ルーターVMがトラフィックのボトルネックv  スケーラビリティーの制約v  単一障害点Ø  テナントやTierを分離するのにVLANを使用v  4096問題 : スケーラビリティー問題v  煩雑なマニュアル管理と設定
  • 17. じゃぁ、MidoNetはどうなの?
  • 18. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)仮想ルータVM
  • 19. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)Network State Database (クラスター構成)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD仮想ルータVM
  • 20. オーバーレイ・仮想ネットワークユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)Network State Database (クラスター構成)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD仮想ルータVM
  • 21. オーバーレイ・仮想ネットワークユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)Network State Database (クラスター構成)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD
  • 22. オーバーレイ・仮想ネットワークユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)Network State Database (クラスター構成)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD"Intelligence at the edge"
  • 23. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD出入Network State Database (クラスター構成)
  • 24. MidoNetエージェントの仕組み- パケットが通る場合 -MidoNetエージェント出ユーザーVMユーザーVMルーターユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMオレンジTier パープルTierルーター上のルールなし
  • 25. MidoNetエージェントの仕組み- パケットが通る場合 -MidoNetエージェント出ユーザーVMユーザーVMルーターユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMオレンジTier パープルTierルーター上のルールなし
  • 26. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD出入Network State Database (クラスター構成)
  • 27. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD出入IPトンネリングNetwork State Database (クラスター構成)
  • 28. MidoNetエージェントの仕組み- パケットドロップの場合 -MidoNetエージェント出ルーター上のルール出   入 ドロップユーザーVMユーザーVMルーターユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMオレンジTier パープルTier出
  • 29. MidoNetエージェントの仕組み- パケットドロップの場合 -MidoNetエージェント出ルーター上のルール出   入 ドロップユーザーVMユーザーVMルーターユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMオレンジTier パープルTier出
  • 30. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD出入IPトンネリングNetwork State Database (クラスター構成)
  • 31. ユーザーVM ユーザーVM ユーザーVMユーザーVMシステムVM(SSVM)ユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMユーザーVMシステムVM(CPVM)MidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントMidoNet エージェントNSD出入IPトンネリングNetwork State Database (クラスター構成)
  • 32. MidoNet CloudStack plugin
  • 33. ²  サーバーの演算機能を利用して、各エッジに知能を配置Ø  “Intelligence at the Edge”²  トラフィックを、エッジのMidoNetエージェントが制御Ø  Ingress時に演算する事で分散アーキテクチャーを実現Ø  無駄な構内トラフィックを削減Ø  単一障害点、ボトルネックを排除²  CloudStackにPlugin。統合的に仮想ネットワークを管理・運用
  • 34. ロードマップハイパーバイザー:KVM XenServer 2014(予定)Submitted to CloudStack master codebase (ver.4.2):Advanced Isolated モード:L2, L3, DHCP, Firewall, Source NAT, Static NAT, Port ForwardingImplemented but not upstream:VPC モード:L2, L3, DHCP, Firewall, Source NAT, Static NAT, Port Forwarding現在お客様募集中です!要件などは、個別で相談させてください!スタッフも募集中です! http://www.midokura.jp/about-midokura/careers/
  • 35. ホームページwww.midokura.jpメールtnakaji@midokura.jpFacebookhttp://www.facebook.com/MidokuraJapanTwitter@MidokuraJapan@tnakaji本CloudStack徹底入門 10章 (10.3.3)ありがとうございました。D会議室にブースがありますので、是非お立寄りください!

×