Canonical
Ubuntu
● Canonical 	
	
= Ubuntuのサポートを提供
*	
Ubuntuは、良い所取り	
オープンソースなので無償で利用	
(1つパッケージ)	
必要に応じて有償サポートサービスもえられる	
Free but unsupported	
 Supported through subscription...
Ubuntu OS	
多くのウェッブサービスで利用	
ソリューションの開発プラットフォーム	
AWS, Azure上の大半の
サービルはUbuntuを利用
その他多くのコン
ポーネント、アプリ
もUbuntu上で開発
Ubuntu + OpenStack	
Ubuntu上で開発
リリーススケジュールもUbuntuとシンク
Ubuntu	
The Server OS	
Cloud Orchestration	
Juju	
Maas	
Landscape	
OpenStack	
The Cloud Platform	
Professional 	
Services	...
UbuntuとOpenStackのサポートとLTS	
	
LTS releases support 5 years, non LTS support 18 months.	
12.04	
 12.10	
 13.04	
 13.10	
 14....
MAAS	
PROVISIONING	
+DYNAMIC	
RE-PURPOSING	
3つのオートメーション・ツール	
APPLICATION	
DEPLOYMENT	
+SCALING	
ADMINISTRATION	
+AUDIT	
+C...
サービス・オーケストレーション: 	
	
ドラッグ・アンド・ドロップで簡単にデプロイ	
	
Canonical – NDA confidential	
ベアメタルにデプロイする際は、この下でMAASがプロビジョニング・ツールとして働く。
Ubuntu	
Advantage	
	
= サポート・サービス
Enterprise support for OpenStack	
UBUNTU OPENSTACKのサポート内容	
OPTIONS	
Ubuntu OpenStackの24/7サポート	
OpenStack, Ubuntu Server,
J...
サポート・ティア(AZ毎)	
20 100 500
20
75
150
350
千ドル
ノード数
Scale Out/Public Cloud	
Startup & Private	
サポート料金体系 (AZ毎)	
20 100 500
20
75
150
350
千ドル
ノード数
その他料金形態については要相談。
Ubuntu のエコ・システム
Juju : Charm Store
Ø  新しいソリューションが日々開発
Ø  仮想化が進み、SW化 → Updateが頻繁
これら自体はいいこと。
だが、、、
<問題点>
v ついて行くのが大変
v どれが自分にとって最適解なのか特定
するのが困難、もしくは時間が掛かっ...
解決策
ü  簡単に素早く色々なソリューション
を試せる環境が必要!
そこで、、、
簡単にデプロイできるから、色々なソリューションを素早く試し、最適
会を見つけられる。	
	
Canonical – NDA confidential
OIL	
The Openstack Interoperability Lab
OIL - partners	
Existing and challenger Compute, Networking and storage partners focused on growing
their share of Opensta...
デモ	
Jujuの使い勝手をお試しになりたい方は、下記ページにてお試しください。
https://jujucharms.com
このページに掲載されているCharmは本サービスでご利用頂ける物と同じものに
なります。
このキャンバスにて、システ...
連絡先	
中島 健
takeshi.nakajima@canonical.com
Twitter : @tnakaji, @CanonicalJapan
松本 剛典
takenori.matsumoto@canonical.com
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Interop Open Stage Slide

944 views

Published on

Interop SDI Showcaseのオープンステージで利用しましたスライドになります。

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
944
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
30
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Interop Open Stage Slide

  1. 1. Canonical
  2. 2. Ubuntu
  3. 3. ● Canonical = Ubuntuのサポートを提供
  4. 4. * Ubuntuは、良い所取り オープンソースなので無償で利用 (1つパッケージ) 必要に応じて有償サポートサービスもえられる Free but unsupported Supported through subscriptions
  5. 5. Ubuntu OS 多くのウェッブサービスで利用 ソリューションの開発プラットフォーム AWS, Azure上の大半の サービルはUbuntuを利用 その他多くのコン ポーネント、アプリ もUbuntu上で開発
  6. 6. Ubuntu + OpenStack Ubuntu上で開発 リリーススケジュールもUbuntuとシンク
  7. 7. Ubuntu The Server OS Cloud Orchestration Juju Maas Landscape OpenStack The Cloud Platform Professional Services World-Class Enterprise Support 我々の提供しているもの
  8. 8. UbuntuとOpenStackのサポートとLTS LTS releases support 5 years, non LTS support 18 months. 12.04 12.10 13.04 13.10 14.04 14.10 15.04 15.10 16.04 16.10 17.04 Long Term release support Matching OpenStack release support Ubuntu 12.04 LTS Ubuntu 14.04 LTS Ubuntu 16.04 LTS ESSEX FOLSOM GRIZZLY HAVANA ICEHOUSE J K L M M ... 5 yrs 5 yrs 21 mo 15 mo 9 mo 3 yrs 5 yrs 18 mo 18 mo 18 mo 3 yrs 5 yrs 5 yrs ... Icehouse は12.04のEOFまで OpenStack IceHouse 14.04と共に5年間の LTS (Long Time Support) ICEHOUSE 5yrs ‘19.4
  9. 9. MAAS PROVISIONING +DYNAMIC RE-PURPOSING 3つのオートメーション・ツール APPLICATION DEPLOYMENT +SCALING ADMINISTRATION +AUDIT +COMPLIANCE 19
  10. 10. サービス・オーケストレーション: ドラッグ・アンド・ドロップで簡単にデプロイ Canonical – NDA confidential ベアメタルにデプロイする際は、この下でMAASがプロビジョニング・ツールとして働く。
  11. 11. Ubuntu Advantage = サポート・サービス
  12. 12. Enterprise support for OpenStack UBUNTU OPENSTACKのサポート内容 OPTIONS Ubuntu OpenStackの24/7サポート OpenStack, Ubuntu Server, Juju, MAAS & Landscape Ubuntu Guest OS Ceph Storage Knowledge Base 24/7 Technical Account Manager Dedicated Service Engineer 26
  13. 13. サポート・ティア(AZ毎) 20 100 500 20 75 150 350 千ドル ノード数
  14. 14. Scale Out/Public Cloud Startup & Private サポート料金体系 (AZ毎) 20 100 500 20 75 150 350 千ドル ノード数 その他料金形態については要相談。
  15. 15. Ubuntu のエコ・システム
  16. 16. Juju : Charm Store
  17. 17. Ø  新しいソリューションが日々開発 Ø  仮想化が進み、SW化 → Updateが頻繁 これら自体はいいこと。 だが、、、 <問題点> v ついて行くのが大変 v どれが自分にとって最適解なのか特定 するのが困難、もしくは時間が掛かっ てしまう
  18. 18. 解決策 ü  簡単に素早く色々なソリューション を試せる環境が必要! そこで、、、
  19. 19. 簡単にデプロイできるから、色々なソリューションを素早く試し、最適 会を見つけられる。 Canonical – NDA confidential
  20. 20. OIL The Openstack Interoperability Lab
  21. 21. OIL - partners Existing and challenger Compute, Networking and storage partners focused on growing their share of Openstack business: and growing…
  22. 22. デモ Jujuの使い勝手をお試しになりたい方は、下記ページにてお試しください。 https://jujucharms.com このページに掲載されているCharmは本サービスでご利用頂ける物と同じものに なります。 このキャンバスにて、システム構成の検討をされるという使い方をされるユーザ も居られます。
  23. 23. 連絡先 中島 健 takeshi.nakajima@canonical.com Twitter : @tnakaji, @CanonicalJapan 松本 剛典 takenori.matsumoto@canonical.com

×