Your SlideShare is downloading. ×
OSC 2011 Tokyo/Spring OpenStackプレゼン
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

OSC 2011 Tokyo/Spring OpenStackプレゼン

3,206

Published on

2011/03/04の OSC 2011 Tokyo/Spring にて、PCトラブルで見せられなかった幻の(?)PPTです。

2011/03/04の OSC 2011 Tokyo/Spring にて、PCトラブルで見せられなかった幻の(?)PPTです。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,206
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
82
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OpenStack を使ってみよう March 4, 2011 Masanori ITOHCopyright 2011 (c) Masanori Itoh.
  • 2. Disclaimer• おことわり – 本資料は著者の勤務先とは何ら関係ありません。Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 2
  • 3. 自己紹介• 氏名:伊藤雅典(いとう まさのり)• 勤務先:某SI企業• お仕事: – OSとかVMMとかを中心に、OSS一般に手広い感じで – OpenStack のコミュニティ活動とか研究っぽい仕事に従事• 活動領域: – VIOPS (仮想化インフラ・オペレーターズグループ) • http://www.viops.jp/ (InterCloud SIG、Trans SIG) – Open Cloud Campus / 日本OpenStackユーザ会 • http://openstack.jp/ などCopyright 2011 (c) Masanori Itoh. 3
  • 4. ところでOpenStackって何?• オンプレミスでミニAmazonを作るOSS – ようするに Yet Another Eucalyptus のようなもの – NASAが開発したIaaS 基盤の Nova(EC2相当) + RackSpaceの Cloud Files 実装の Swift (S3相当)+α – 実装言語は、基本 Python• ポリシー • Open な開発プロセス • Open Core戦略を採らず、クローズドなエンタープライズ 版を作らない• URL – http ://www.openstack.org/ – http://launchpad.net/openstack/Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 4
  • 5. 開発動向• 2010/10/21 Austin Release (1st) – The First Public Release (正直、動かなかった…orz)• 2010/11/09-12 Design Summit for Bexar @San Antonio, Texas 日本関係者は14人!• 2011/02/03 Bexar Release (2nd) – Production Ready (だいぶ動くようになった) イマココ• 2011/04/14 Cactus Release (3rd) – Service Provider Scale Ready (と、いいつつ品質強化) – 以後、6カ月ごとのリリースに切り替わる予定。• 2010/04/26-29 Design Summit for Diablo @Santa Clara, CaliforniaCopyright 2011 (c) Masanori Itoh. 5
  • 6. 日本のコミュニティ• 日本OpenStackユーザ会 – 2010/10/22 設立プレスリリース – Open Cloud Campus と連動して、各種のイベント展開中 – (一応)女子部あります ☺ 女子部あります 女子部• Webサイト – http://openstack.jp/ – 本家(http://www.openstack.org/blog/) でも紹介されま した ☺• ML – Google Groupsで運用中 – http://groups.google.com/group/openstack-ja/Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 6
  • 7. で、動かしてみたい人は・・・• どれを使えばいい? – Bexar よりは最新版のほうがいい(かもしれない…)• 動作環境は? – Ubuntu 10.10 (Maverick) か、 – Ubuntu 11.04 (Natty) でもいいです(alpha2 だけど…) • nova.sh install して、依存パッケージを入れるのが一番ラクです。 • Launchpad のPPAにパッケージをとりにいきます – RHEL6 でも動きます • http://yum.griddynamics.net/ から持ってきてください• 使い勝手は? – Amazon EC2/Eucalyptus と同じように euca2ools で使えます。 – GUIで使いたい場合、 • OpenStack Dashboard を使うか、 • (ちょっとパッチをあてて) HybridFox や tAWS (国産!)でも使えますCopyright 2011 (c) Masanori Itoh. 7
  • 8. デモ• ThinkPad X61上の Windows XP 上の VMware Workstataion 6.5上の Ubuntu 10.10 (amd64) で• OpenStack(Nova)の(ほぼ)最新版(rev 752, Cactusのちょっ と前) を動かし• tAWS (http://sourceforge.jp/projects/eclipse-aws/)と• HybridFox (http://code.google.com/p/hybridfox/)で操作してみせます ☺でも、ちょっと(?)パッチが必要…Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 8
  • 9. デモ(補足)• 最新版(rev 758時点) でも、こんな修正が必要です• Amazon EC2 APIの SignatureVersion の処理に問題があり、 Version=1でも 2 と同等の余計な処理をしてしまい、すべてのリ クエストが HTTP 400 になる – -> mergeリクエストだしました• DescribeKeyPairs のレスポンスで使っているタグがスペックに 準拠していない – -> rev759 でmergeされました• DescribeInstances でレスポンスで使っているインスタンスの状 態コードや状態名がスペックに準拠していない• DescribeImages が返すレスポンスで使っているタグがスペック に準拠していない• SignatureVersion=2 の時にもちょっとおかしいらしい…Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 9
  • 10. TIPS• 依存パッケージは、とにかく Launchpad のPPAにあるものに入 れ替えるべし(特にpython系) – nova.sh install するのがよさげ• イメージ登録は、NOVA_SRC/images にコピーするだけでも可• nova.conf で設定したほうがよいオプション – --use_cow_images=False• 環境変数に設定しておいたほうがよいもの – USE_MYSQL=1 • 特に複数ノードで動かしたい場合は必須 – LIBVIRT_TYPE=kvm • 指定しないと、KVMサポートなしの qemu でVMが起動し ちゃいますCopyright 2011 (c) Masanori Itoh. 10
  • 11. まとめ• OpenStack、もう試してみても大丈夫です (たぶん)☺• 日本OpenStackユーザ会へ来たれ! ☺ – HP : http://openstack.jp/ – ML : http://groups.google.com/group/openstack-ja/Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 11
  • 12. 重要な情報源• 配布元 – http://launchpad.net/~nova-core/ • リリース版も開発版も、依存パッケージまでふくめて、パッケージはす べてここが一次配布元 – https://github.com/vishvananda/novascript • nova.sh の最新版の配布元• 本家Wiki – http://wiki.openstack.org/• Twitter – ハッシュタグは #openstack – @opnstk_com_mgr (コミュニティマネージャの Stepeh氏)Copyright 2011 (c) Masanori Itoh. 12
  • 13. 日本語の参考資料• TechTarget での解説 – http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1012/22/news01.html – http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1101/19/news02.html – 3回目が3/7位に掲載されます ☺• ThinkIT での解説 – http://thinkit.co.jp/story/2010/12/27/1942?page=0,1• 日本OpenStackユーザ会の公開資料 – http://openstack.jp/documents.html• クリエーションラインさんの公開資料(swift) – http://www.creationline.com/news101215.htmlCopyright 2011 (c) Masanori Itoh. 13

×