Waseda and DAYS JAPAN Fes

610
-1

Published on

about DAYS JAPAN, Witnessing the World through Photojournalism. see below URL.
http://www.daysjapan.net/e/news/050912.html

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
610
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Waseda and DAYS JAPAN Fes

  1. 1. 一枚の写真が国家を動かす 2009 年 11 月 13 日(金)  DAYS JAPAN  魚住葉子 【話す内容】 1)ジャーナリズム、フォトジャーナリズムとは、生きる権利を守る仕事。 2)写真が国家を動かした事例 3)写真の力 4)早稲田フォトジャーナリズム・フェスティバルについて 5)デイズジャパンについて(創刊の経緯、使命感、これから) 6)質疑応答
  2. 2. 「幸せに生きるた権利を守る仕事」 「生命の尊厳を守る仕事」 ジャーナリズム、フォトジャーナリズムとは ジャーナリズム フォトジャーナリズム
  3. 3. 写真が国家を動かした事例 <ul><li>1972年 「ナパーム弾でやけどを負った少女」 </li></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>-> ベトナム戦争終結 </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><li>1991年 「湾岸戦争で破壊された油田」 </li></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>-> 中東情勢に注目を集めた </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><li>1992年 「飢餓で死んだソマリア難民の子ども」 </li></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>-> アフリカ飢餓に注目を集めた </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><li>1993年 「トラックで運ばれるセルビア兵士の死体」 </li></ul><ul><ul><ul><ul><ul><li>-> セルビア情勢に注目を集めた </li></ul></ul></ul></ul></ul><ul><li>(「 DAYS JAPAN 」 2005 年 12 月号  pp.12 ~ 13 掲載) </li></ul>
  4. 4. 写真の力 「歴史」の中の写真->ジャーナリズム(現場の証人)   「歴史」は終わったか?    メディアの市場原理 ⇒ エンターテイメントのなかに 「報道」がくみこまれている      キャッチコピーやワン・フレーズが効果的に政治を動かす。       (例: テロとの戦争、改革を止めるな)      溢れる情報の錯綜      ↓ 写真の「ワン・ショット」がとめどもない情報を遮断し、 動かないイメージを刻みこむ。 動かないイメージには、言葉にしがたい物語が折り畳まれている。
  5. 5. 早稲田大学・ DAYS JAPAN 共催 フォトジャーナリズム・フェスティバル 「ジャーナリズムを取り戻すフェスティバル」 2009 年11月23日(月・祝)~ 2009 年12月5日(土) 11月22日(日)「戦争・写真 そしてメディアの危機」 11月23日(月・祝) 「生命のコンサート」 11月24日(火)大スライドショー「世界を視る」① 11月26日(木)大スライドショー「世界を視る」② 公式サイト:  http://www.daysjapan.net/waseda/about/about.html お問い合わせ: TEL 03-3322-4150/ Email: [email_address] (デイズジャパン 企画室)
  6. 6. DAYS JAPAN とは ■ 「人間の命と尊厳」「自然の環境」を守る雑誌。 ■「権力の監視」というジャーナリズム本来の役割を担う雑誌。 ■「差別、抑圧、飢餓、男性の女性に対する暴力」などに取り組む雑誌。 ■フォトジャーナリズムを中心にした雑誌。 ■世界の最高水準のドキュメンタリー写真を掲載する雑誌。 銃口を突き付けられる立場 強制退去を強いられる、先住民の立場 ※ 定期購読で発刊し、定期購読者で存続する雑誌(広告ではない)。 ※ 社員5名、ボランティア100名以上(コアボランティア50名以上) Tel 03-3322-4150 / Email: [email_address]

×