C/N比から推測されるこんぶくろ池の食物網<br />D班坂本優紀・清水愛<br />  中村隆宏・横川諒<br />
目次<br />1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
背景<br />C/N比について<br />C/N比とは?<br />そこから一般的にわかることは?<br />C/N比を測定することで、その生物が生態<br />系においてどのニッチに属しているか推測<br />可能<br />Zz<br /...
1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
対象地とサンプリング場所<br />東京大学<br />こんぶくろ池<br />★<br />★<br />★<br />柏の葉公園<br />★<br />採取日:2011.6.3<br />           2011.6.30<br /...
サンプル<br />ヨモギ<br />弁天池リター(コナラ)<br />土壌,キノコ<br />コブシ<br />用水路リター<br />(コブシ)<br />ナナフシ<br />よっ!<br />アメリカザリガニ<br />(未成熟サイズ)<...
分析フロー<br />1.サンプル<br />2.凍結乾燥<br />3.ホモジナイズ<br />(粉末化・均一化)<br />5.元素分析計-質量分析計<br />4.秤量<br />
1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
Table1. 弁天池と用水路におけるC/N比<br />
1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
C/N比から予測される,弁天池と用水路の  生物の生態的地位<br />弁天池 C/N比<br />リター(42.50)>コナラ(20.43)>ヨモギ(12.96)>きのこ(11.35)>ハコベ(9.44)>ミミズ(5.15)>ザリガニ(3.1...
一般的に知られている生物のC/N比<br />・植物:40<br />・菌類・動物:8〜10<br />・土壌:10(水浸しの場所だと,分解が遅くなるため17くらいになる)<br />
1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
ミミズ<br />コナラ,コブシ<br />ナナフシ<br />食物<br />食物<br />カタツムリ<br />食物<br />リター<br />食物<br />リター<br />食物<br />窒素固定<br />微生物<br />アメ...
ご清聴ありがとうございました<br />
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

バージョン4.8

268

Published on

Published in: Education, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
268
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

バージョン4.8

  1. 1. C/N比から推測されるこんぶくろ池の食物網<br />D班坂本優紀・清水愛<br />  中村隆宏・横川諒<br />
  2. 2. 目次<br />1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
  3. 3. 背景<br />C/N比について<br />C/N比とは?<br />そこから一般的にわかることは?<br />C/N比を測定することで、その生物が生態<br />系においてどのニッチに属しているか推測<br />可能<br />Zz<br />C/N比<br />C/N比とは?<br />有機物に含まれる炭素含有率と窒素含有率の比<br />そこから一般的にわかることは?<br />炭素は外界に開放的<br />窒素は生態系内部で閉鎖的<br />C/N比を測定することで、その生物が生態系においてどの生態的地位に属しているか推測可能<br />大<br />肉食動物<br />(二次消費者)<br />小<br />小<br />植食動物<br />(一次消費者)<br />C(炭素)<br />C/N比<br />N(窒素)<br />大<br />大<br />植物体<br />(生産者)<br />図2 窒素循環<br />図1 炭素循環<br />小<br />
  4. 4. 1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
  5. 5. 対象地とサンプリング場所<br />東京大学<br />こんぶくろ池<br />★<br />★<br />★<br />柏の葉公園<br />★<br />採取日:2011.6.3<br /> 2011.6.30<br />場所:千葉県柏市柏の葉   <br />   こんぶくろ池<br />弁天池<br />★<br />0<br />100(m)<br />★:キノコ,土壌,ヨモギ,ハコベ<br />★:ザリガニ(A,B,C),リター,コブシ<br />★:ナナフシ<br />★:かたつむり<br />★:ザリガニ,リター,土壌,コナラ<br />
  6. 6. サンプル<br />ヨモギ<br />弁天池リター(コナラ)<br />土壌,キノコ<br />コブシ<br />用水路リター<br />(コブシ)<br />ナナフシ<br />よっ!<br />アメリカザリガニ<br />(未成熟サイズ)<br />アメリカザリガニ<br />(成熟サイズ)<br />カタツムリ<br />
  7. 7. 分析フロー<br />1.サンプル<br />2.凍結乾燥<br />3.ホモジナイズ<br />(粉末化・均一化)<br />5.元素分析計-質量分析計<br />4.秤量<br />
  8. 8. 1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
  9. 9. Table1. 弁天池と用水路におけるC/N比<br />
  10. 10. 1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
  11. 11. C/N比から予測される,弁天池と用水路の  生物の生態的地位<br />弁天池 C/N比<br />リター(42.50)>コナラ(20.43)>ヨモギ(12.96)>きのこ(11.35)>ハコベ(9.44)>ミミズ(5.15)>ザリガニ(3.12~3.04)<br />高次のものほどC/N比が低い<br />用水路 C/N比<br />リター(18.95)>コブシ(16.90)>ザリガニ(3.20~3.06)<br />こんぶくろ池公園内の生物間の<br />「食べる-食べられる」関係が<br />確かめられた<br />食性は・・・<br />ミミズ:土壌中の微生物<br />ザリガニ:リター<br />(水生昆虫も)<br />ナナフシ:植物の葉<br />かたつむり:主に植物<br />ザリガニ:リター(水生昆虫も)<br />
  12. 12. 一般的に知られている生物のC/N比<br />・植物:40<br />・菌類・動物:8〜10<br />・土壌:10(水浸しの場所だと,分解が遅くなるため17くらいになる)<br />
  13. 13. 1.はじめに<br />2.方法<br />3.結果<br />4.考察<br />5.おわりに<br />
  14. 14. ミミズ<br />コナラ,コブシ<br />ナナフシ<br />食物<br />食物<br />カタツムリ<br />食物<br />リター<br />食物<br />リター<br />食物<br />窒素固定<br />微生物<br />アメリカザリガニ<br />
  15. 15. ご清聴ありがとうございました<br />
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×