Agile Conference2012 Retrospective  参観レポート    2012/10/23(Tue)       T.Chikuba
このスライドについて   agile2012 が 2012 年 8 月アメリカのテキサ    ス州にて開催された   agile2012 に参加した日本人による公開セ    ッションが 2012/10/19(Fri) に行われた   この...
about tchikuba 所属: ビルコム株式会社 自社サービス:  ReBuy / Okkru 役割: 開発 PM     ※ Project Manager ではない いいね!:  Linux 、ビール、宇宙平和 facebo...
Enterprize Agile(be agile!)   enterprise agile について。大規模開発 (+ 組織全体において ) でも    agile を適用させられるか? do agile でなく be agile 。つまり...
lean-agile mindset   lean-agile なマインドセットへ。これ超重    要だな   資金調達もアジャイル、これ刺さった!    [8/15] Legacy Mindset から Lean-Agile へ –   ...
日本 vs 海外   日本と海外のアジャイルへの取り組みの違い。日本は開発だけの話と思わ    れてる。アジャイル講師で稼ぐ人がほぼいない。海外ではリーンと TPS    の流れで日本ではアジャイル実践されてると誤解されてる。   インドで...
私見   agile による最先端のソフトウェア開発を行    うアメリカでは agile という概念の定義範    囲が広い   単に技術者だけの開発手法ではなく、組織    のあり方にまで及んでいる   todo 整理、見積り/計画、...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Report Agile Conference 2012 Retrospective

798 views

Published on

http://esminc.doorkeeper.jp/events/1771

上記セッション参加の所感まとめ

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
798
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Report Agile Conference 2012 Retrospective

  1. 1. Agile Conference2012 Retrospective 参観レポート 2012/10/23(Tue) T.Chikuba
  2. 2. このスライドについて agile2012 が 2012 年 8 月アメリカのテキサ ス州にて開催された agile2012 に参加した日本人による公開セ ッションが 2012/10/19(Fri) に行われた このセッションを傍聴のまとめと所感を記 述したスライド
  3. 3. about tchikuba 所属: ビルコム株式会社 自社サービス:  ReBuy / Okkru 役割: 開発 PM     ※ Project Manager ではない いいね!:  Linux 、ビール、宇宙平和 facebook/twitter :  tchikuba
  4. 4. Enterprize Agile(be agile!) enterprise agile について。大規模開発 (+ 組織全体において ) でも agile を適用させられるか? do agile でなく be agile 。つまり開発 だけでなく関わる組織がすべて agile であれと。 ようは ( 経営層含め組織全体を ) 巻き込むしかないと。やはりトッ プがアジャイルの本質を理解し支援する必要があると思う。 トップの理解が (agile の本質を ) 誤解のケース要注意とのこと。早 い安いは認識違い。確かに(笑) 相手のマインドセットは変えられない。変えようと思わせるよう なマインドセットを自分が持ち、伝播するのを待つ。自分から変 わることが大事。 ストーリーポイントをどれくらい消化していて動くものを毎週見 せることで経営層に進捗をタイムリーに理解してもらうことが必 要と。冷静に考えると当たり前な話なんだけど再認識。 タイムリ ーってとこが肝だなぁ
  5. 5. lean-agile mindset lean-agile なマインドセットへ。これ超重 要だな 資金調達もアジャイル、これ刺さった! [8/15] Legacy Mindset から Lean-Agile へ – Agile2012 現地レポート (25) http://www.manaslink.com/articles/4735  MMF (Minimum Marketable Features)  IFM (Incremental Funding Method)
  6. 6. 日本 vs 海外 日本と海外のアジャイルへの取り組みの違い。日本は開発だけの話と思わ れてる。アジャイル講師で稼ぐ人がほぼいない。海外ではリーンと TPS の流れで日本ではアジャイル実践されてると誤解されてる。 インドではアジャイルが広まりつつある。中国ではまだ始まってもいない。 欧米はアジャイル広まるのに 10 年かかった。日本も後 10 年かかるかも? 一方 2001 年頃アジャイルの流れはあったのに浸透してないのは何故? 日本では失敗を恐れて萎縮しチャレンジし辛い。アメリカでは失敗したら それを共有する文化がある。 日本の技術者は SIer 、欧米の技術者はユーザ企業。だからアジャイルが広 まらず。 一方、 GREE,DNA などユーザ企業が増えてるので期待出来るか も。 全く同意。やはり自社開発じゃなきゃね 個人的にはやっぱ単純に請負は非アジャイル、自社サービス開発はアジャ イルなんじゃ アジャイルの普及にはやはりアントレプレナーシップと既存の請負体質の 脱脚がキーなんじゃないかな
  7. 7. 私見 agile による最先端のソフトウェア開発を行 うアメリカでは agile という概念の定義範 囲が広い 単に技術者だけの開発手法ではなく、組織 のあり方にまで及んでいる todo 整理、見積り/計画、予算組、プロ ジェクトマネジメントまで広く agile 手法 に最適化すべき まずはマインドセット浸透から!

×