Your SlideShare is downloading. ×

20140131 万葉帰社日発表 チーム積み重ね 公開版

24,164

Published on

1月の万葉帰社日で発表した資料です。 …

1月の万葉帰社日で発表した資料です。
主に今のチームでの工夫など...

Published in: Technology
3 Comments
73 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
24,164
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
17
Actions
Shares
0
Downloads
35
Comments
3
Likes
73
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. チーム積み重ね 公 開版 2014/01/31 帰社日@ 万葉 @tatsuoSakurai
  • 2. @tatsuoSakurai 櫻井 達生 株式会社 万葉 所属 Railsエンジニア
  • 3. チームの 日々の工夫
  • 4. 1. 生煮えプルリ 2. Wiki 3. カンバン・朝会・ ふりかえり 4. その他
  • 5. 1. 生煮えプルリ
  • 6. 生煮えプルリ 途中でプルリ (pull request) 方向性の確認 タスクの確認
  • 7. 生煮えプルリ後は
 リベース?
  • 8. リベースしたり マージしたり 別プルリしたり
  • 9. 慣れてくると 作業のはじめにPR git commit -m "Start pull request" —allow-empty とか タスクを書いて潰していく タスクはレビュアーにとっても良い材料
  • 10. Wiki
  • 11. 開発
 リリースノート 新しく実装された機能を
 つい使いたくなるような
 人にやさしい文章で書かれたもの
  • 12. 一覧はタイムラインでダイジェスト 詳細はリンク先
  • 13. Rails Wayをまだ理解してない 人にも使いやすい
  • 14. レビュー待ちサマリー 実装できた機能を毎週お客さんに動作 確認してもらってやりとりするもの
  • 15. チケットじゃないザックリ感が よい感じ
  • 16. 用語集 
 ユビキタス言語(fromDDD本) 会話でブレがあったら即更新 地味だけど超有効(何度も見返すし) 用語集のないプロジェクトは失敗すると言 い伝えがあるらしい…
  • 17. コード規約 
 こういう時どう書く?っていうのが出 たらwikifyしておく 統一性を保ちつつ、多様性も許容する ※ 規約があるからこう書くではない
  • 18. ところで…
 Wikiのメンテって 誰がする?
  • 19. チーム
  • 20. 使いにくいと思った人が よりよく更新していく より better にしていく
  • 21. Wikiの鮮度 = チームの効率
  • 22. カンバン 朝会 ふりかえり
  • 23. カンバン ! 今週なにしたらいいか 今週のチームを俯瞰できる 手書き・アナログ・単純なのがいい アダ名とかでアイスブレイク
 独自に安心ライン、防衛ライン…などアグレッシブに更新してる
  • 24. 防衛ライン: 終わってないとアカンタスクを並べる 安心ライン: 終わってると安心タスクを並べる
  • 25. 朝会 ! 今日やることの共有 気になることの共有 あいさつ 今日の一言でアイスブレイク
  • 26. ふりかえり ! 一番重要かなあ〜 良いこと気になることをチームで共有 喜びが増える、不安が減る
  • 27. ふりかえり ! Problem から Try へ 不安や不満を前向きにとらえてみる チームでアイデアを出して解決していく プライベートな KPT でアイスブレイク
  • 28. たとえば ! P: ふりかえりが長い -> T:時間を1時間に設定 -> T:開始前にアジェンダ共有 -> T:開始前に◯時に終了予定と宣言
  • 29. たとえば ! P: 部屋が乾燥してツライ -> T:日報でよかった加湿器共有 -> T:前から気になってたし買おう -> T:3日で3台導入
  • 30. たとえば ! P: 今日どれくらいがんばればいい? -> T:出せる数字で出してみる -> T:グラフにしてみる -> T:他のチームに聞いてみる
  • 31. たとえば ! P: コードが、コードが〜 -> T:地道に隙をみてリファクタ -> T:やさぐれ過ぎない -> T:カッとなることを推奨する
  • 32. 活きた話はなかな か本にはない (でもきっかけはある) 同業者、コミュニティで相談してみる そこでの取り組みを真似してみる
  • 33. その他 気をつけていること
  • 34. たのしく開発しよう たのしいと効率がいい もっと開発ができる
  • 35. 一番重視していること チームがドライブし ていること ドライブした状態をキープすること
  • 36. 4-5人は作業しながら いける 5-6人だと調整役がい るのがよさそう
  • 37. 自分じゃないとできな いことをやる 自分じゃないとできな いことを減らす の繰り返し
  • 38. チームのリズム 早めのレビュー メンバーが動きやすいようにサポート
  • 39. 「レビューします」って リンク貼ってからレビューすると 他の人もついレビューしてしまう
  • 40. メンバーが気になっていることはなる べく早く解決する 気になっていることをすぐに言いやす い雰囲気を作る メンバーのキャラを把握していく
  • 41. チームをチームで ドライブしていく 自分でやりすぎない きっかけを作る 役割をもちまわる
  • 42. チームで責任をもつ spec落ちたらチームで対応 落としたやつが直せではなく 落とした状態でpushしたチームの責任 実装者が直すのが早いことが多い
  • 43. 諦めずにお客さん も巻き込んでいく グイグイいく
  • 44. 言葉
  • 45. 言葉には
 ベクトルがある
  • 46. ◯◯したい
  • 47. プログラマには
 期待に答えたい
 欲がある
  • 48. ◯◯したいな〜
 あるといいな〜
  • 49. ◯◯作って
 みました!
  • 50. いいな〜だけでなく
 自分でちょっと
 やってみる そうすることで流れができる
  • 51. 一番貴重な資源は モチベーション それを維持することはとても重要
  • 52. 言葉使い
  • 53. どうして言葉使いが
 大事なのか
  • 54. 人と人とのAPI
  • 55. 人間は
 言葉で理解する
 部分が9割 (たぶんね)
  • 56. 相手はどうしたい? 自分はどうしたい?
  • 57. 上手に伝えられる ようになると、
 効率がよくなる。
  • 58. プログラミング コードの質が重要 (※必要とは違う)
  • 59. 人間  言葉の質が重要   (人の間と書きますね^^;)
  • 60. ケンカの原因 「言い方が気に食わない」 というのが9割(たぶん)
  • 61. 言葉(言い方)は とても大事
  • 62. チームの雰囲気を よく保つ
  • 63. 萎縮させない MPを減らさせない 安心感を出す
  • 64. 前半でちょいちょい
 アイスブレイク入れて ますが、
 これは超重要で、割り とまじめふざけてます ^^(好きでやってますけどね
  • 65. 親しき仲にも
 礼儀あり
  • 66. 親しき仲にも
 リスペクトあり
  • 67. コミュニティでよ く会う人にもお仕 事では敬語でさん 付け 年齢問わず子供でもさんづけだったり します
  • 68. 否定しない 押し付けない 提案してもらう (どうしたいですか?)
  • 69. 否定の後乗りはしない 「あれは良くない と思ってた」 -> 後から言うのはいくらでもできるの で、リアルタイムで言ってもらう
  • 70. 真正面から打ち返すと相手も凹むから、 ちょっと斜め下くらいからの言い方と か日頃のキャラとか信用貯金とか
 重要ですよ
  • 71. 相手の気持ちを考える 相手の立場に立つ よく聞く言葉だけど重要
  • 72. カッコつけすぎない
 でもカッコはつける
  • 73. できることをやる
 できることを増やす
  • 74. リーダーの資質と して一つだけあげ るとしたら? ->「明るいこと」
  • 75. 野中郁次郎先生いわく、
 リーダーに相談に行っ て暗くなって帰って きてどうする。 https://twitter.com/hiranabe/status/299668596639035392
  • 76. たのしく開発しよう たのしいと効率がいい もっと開発ができる
  • 77. たのしいは目的じゃない 結果というか状態?
 度合い?
  • 78. アジャイルは名詞じゃ ない。アジャイルは形 容詞で、身軽に行動す るってことなんだ —DaveThomas
  • 79. "Agility" is degree —Kakutani Shintaro
  • 80. “アジャイルさ" とは プロセスがどれだけ
 いきいきしているかを 示す度合いである。 —Kakutani Shintaro
  • 81. アジャイルさ = たのしさ
  • 82. たのしいとは、 状況である。 関わる人が気持ち良く動ける
 効率の良い状態を維持した状況である。
  • 83. なんかフツウ それがいいんです
  • 84. フツウのことを
 フツウにやっていく フツウを増やす
  • 85. フツウは文脈によって 変わる チームで文脈を作って いけたらいいなあ

×