Your SlideShare is downloading. ×
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
基盤の改善から既存アプリケーションの改善
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

基盤の改善から既存アプリケーションの改善

3,444

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
3,444
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • .NET の話に入り込む前に、まずはアプリケーションの形態の変化について少しだけ触れさせて下さい。クライアント上で個別に動作するアプリケーションに始まり、ビジネス面においてはクライアント・サーバーのアプリケーションや、ブラウザー アプリケーション。近年においてはスマート クライアントだけにとどまらず、Rich Interactive/Internet Application(RIA) やモバイル アプリケーション… ここには載せていませんが、バーチャル アプリケーション (仮想化されたアプリケーション) そして将来的にはクラウドのアプリケーションと言う風に、同じアプリケーションでありながらも、色んなプラットフォーム上で動作する必要性がでてきています。要は、時代の流れとともに、アプリケーションにはフレキシビリティ・柔軟性が求められるようになっています。ここでは、上に「単一のフレームワークで様々な環境に対応」と書いてありますが、これは何をさすかと言うと、.NET と言う共通のアプリケーション基盤と、Visual Studio と言う開発ツールで .NET 用のアプリケーションを開発することにより、今現在あるニーズと今後のニーズと言ったところにも対応していくことが可能になるように、マイクロソフトは構想をしてきています…と言うことです。マイクロソフトのテクノロジで言うと VB。他のテクノロジで言うとそれは JAVA であったり、Flash であったり、PHP であったり…各プラットフォーム (環境) に合わせて作る。.NET を活用することで、All Platform を通してアプリケーションが活用できる。A secure, reliable, high-performance development framework that enables developers to easily reuse skills and assets across cloud, web, desktop, server and devicesProvides developers with higher levels of abstraction, thus allowing them to focus on the business logicIncreasing developer productivity while preserving compatibility are the key drivers of every .NET release
  • 今の.NETPillars堅牢性 (けんろうせい).NET は強力で、これまでになく高い安全性を備えているため、信頼性と拡張性の高いソリューションをビルド、テストおよび配置するのに役立ちます。これは、アプリケーション レベルの話ですね。→ 前のセッションにおいて、パスワードのお話もありましたね。これは、OS レベルの制御・管理であり、Active Directory や Active Directory の Federated Service などを活用することや、Organization Unit(OU) レベルでのグループ ポリシーをなどを活用してセキュリティを万全にします。一貫性.NET は、包括的で接続型の開発フレームワークを提供することにより、好みのプログラミング言語で、ソフトウェア、サービス、デバイスを問わず、希望する方法で機能するアプリケーションをビルドできるようにします。魅力.NET では、開発者の着想を、すばやく、エンドユーザーの生産性を高めるのに役立つ、機能豊富で応答性の高いアプリケーションとして実現できるようにすることで、優れたユーザー エクスペリエンスを構築できます。(new .NET pillars)One Set of Skills: クライアント、ブラウザ、サーバー、モバイル、クラウドといった複数のプラットフォームをターゲットとしたアプリケーションの開発を実現します (マイクロソフトのプラットフォームとして、マイクロソフトのアプリケーションもそのように構成されているため、弊社の製品を拡張するにおいても、それが容易になります)Speed to Solution: 問題を直すことに時間を要するのではなく、あるべきソリューションを開発できるように… 決して無駄ではないことであっても、時間を割くところをソリューションに向けて…Interoperability: マイクロソフトの技術だけに特化せず、マイクロソフト以外のテクノロジやツールとのインテグレーションを実現します。このフレキシビリティがあるからこそ、Non-Microsoft なアプリケーションの拡張も、.NET の上で実現することが更に簡単にできます。
  • このように、.NET はアプリケーションのセキュリティ、フレキシビリティ・柔軟性を確保するための基盤 (フレームワーク)を提供しているのです。
  • On the left you can see Trade 6.1 running in an “all-Java” configuration, where each tier is implemented in Java running in a J2EE application server such as WebSphere.On the right you can see the .NET StockTrader, running in an “all-.NET” configuration, with each tier implemented in .NET.However, because both WebSphere and .NET StockTrader expose their services as industry standard Web Services, each front end application (JSP and ASP.NET) can access the business service layer and hence data access technology of the other platform. This is bi-directional interoperability based on open standards. On the .NET side, WCF is driving both the service definitions on the middle tier, as well as the ASP.NET client operations against the remote services. On the WebSphere side, Apache/Axis as integrated within WebSphere drive the service interactions.
  • As a service-based application, any user interface tier based on the industry-standard WS-* protocols can plug in. .NET StockTrader 2.0 ships with a Windows Presentation Foundation Smart Client application that illustrates this as an alternative to a Web-based UI. It can work with both .NET and Java EE middle tiers.
  • WSO2 has also created a PHP implementation of the front-end, which uses the WSO2 Web Services Framework for PHP to connect to any available middle tier (business services); on either .NET, PHP or Java. The WS02 Web Services Framework for PHP supports a full range of WS-* standards, for advanced interoperability scenarios including full message security between .NET and PHP-based services.
  • .NET StockTrader also now includes a demonstration of interoperability over Advanced Web Services (WS-*) standards. WS02 has published both a PHP and Java-based implementation of the Order Processing Service. .NET StockTrader Business Services can be configured, using WS-* for message-level security (both service and client X.509 certificates) to work with any of these implementations; using the same WCF client class, since WCF supports these advanced industry standards out-of-the-box. WS02 is an open-source base group, and you can download their PHP and Java StockTrader components from http://wso2.org/interop/stocktrader
  • Abstracts code from the operating system it is running onEnables the code to run in a managed environment, relieving the developer from the need to worry about things such as:Memory managementThread managementException handlingGarbage collectionSecurity
  • Prior releases of new .NET Framework could have created versioning difficulties for developers with existing code.NET Framework 4 introduces a new concept that easily solves the versioning concerns
  • CLR 4 enables in-process side-by-side executionEasily combine existing development assets from previous versions with new ones, running under the same host processSaves time and money by running existing code along with new code, no need to invest in time in handling versioning compatibilityIn-process side-by-side hosting enables an application to load and activate multiple versions of the common language runtime (CLR) in the same processOlder components continue to use the same CLR version, and new components use the new CLR versionFor example, you can run applications that are based on the .NET Framework 2.0 SP1 and applications that are based on .NET Framework 4 Beta 1 in the same process
  • Transcript

    • 1. 基盤の改善から既存アプリケーションの改善まで~既存資産と.NET~
      マイクロソフト株式会社
      デベロッパー & プラットフォーム統括本部
      開発ツール部
      西 拓生 ロバート
    • 2. スピーカー紹介 / 略歴
      Name: Takuo Robert Nishi // 日系2世アメリカ人
      1998年~2000年 フリーランス デザイナー/イラストレーター/プログラマーとして活動開始 (米国カリフォルニア)
      主に Web 系:JavaScript, CSS, PERL/CGI, PHP
      2000年~2001年 Web 開発会社勤務 (米国アトランタ)
      デザイナー・アート ディレクター 兼 Web デベロッパー
      2001年~2004年 アプリケーション開発会社設立 (米国アトランタ)
      社内アプリ、Web サイト、SEO、業務プロセス改善、ブランディング
      2000年~2004年 美術大学にて Photoshop と Illustrator講師 (米国アトランタ)
      2004年~2005年 大学に戻る
      国際関係・国際法律専攻 (卒業)
      2006年~現在 マイクロソフト株式会社
      2006年~2007年:エンジニアとして下記プロダクトに携わる
      Windows Server 2003, Systems Management Server 2003, Operations Manager 2000/2005, System Center 製品シリーズ
      2007年~現在:テクニカル プロダクト マネージャとして下記に携わる
      Visual Studio Team System, Visual SourceSafe, 開発プロセス改善
      ロバートは、ここで見つかります:
      Blog) http://blogs.msdn.com/tanishi
      Twitter) robertnishi
    • 3. アジェンダ
      マイクロソフトのアプリケーション基盤:.NETFramework
      VB 資産の .NET 移行
      Java 資産や PHP 資産と .NET の整合性
    • 4. マイクロソフトのアプリケーション基盤:.NETFramework
    • 5. アプリケーション形態の変化
      .NET + Visual Studio のスキルで対応可能
      RIA
      Smart Client
      組込みアプリ
      Client / Server
      クラウド
      モバイル アプリ
      ブラウザ アプリ
    • 6. アプリケーション形態の変化
      単一のフレームワークで様々な環境に対応
      クラウド
      携帯電話
      クライアント
      サーバー
      ブラウザー
      習得済み技術や資産の再利用
      様々な環境・プラットフォームに対応!
    • 7. Microsoft .NET とは
      .NET は、すべての層のアプリケーションに、包括的かつ一貫性のあるプログラミング モデルと API の共通セットを提供します
      .NET は、好みのプログラミング言語で、ソフトウェア、サービス、デバイスを問わず、希望する方法で機能するアプリケーションをビルドできるようにします
      .NET を使用して、開発者の着想を、すばやく、機能豊富で応答性が高い、人々が使いたくなるアプリケーションとして実現できます
    • 8. .NET がもたらす価値
      堅牢性
      一貫性
      魅力
      優れたエンド ユーザー
      エクスペリエンス
      強力かつ安全なアプリケーション基盤
      包括的かつ接続型のアプリケーションの実現
    • 9. .NET が実現するアプリケーションの堅牢性
      高い安全性を備え、セキュアなアプリケーションを構築することを支援します。
      アプリケーションの安全な実行
      アプリケーションの状況とセキュリティ ポリシーを判断しセキュリティ設定を適用
      アクセス可能なリソースの種類および実行可能な操作の制限
      不正なメモリ利用を実行時にチェック
      開発者のミスを極力防ぎ、安全なアプリケーションの構築
      アプリケーションの種類に応じて予測される脅威への対応を標準で提供
    • 10. .NET で実現する開発の一貫性
      .NET は様々なソフトウェア、サービス、デバイスに対して、使い慣れた開発言語を利用して一貫した開発モデルでの開発を行う事を支援します。
      使い慣れた生産性の高い開発言語による開発
      すべての機能を VisualBasic、C# などの単一の .NET 言語で実装可能
      IronPython、IronRuby などの動的言語や 3rd Party で提供されている.NET 対応 COBOL などを利用可能
      様々なディバイスに対して一貫した開発モデルを適用
      Windows アプリケーション、Web アプリケーション、モバイル アプリケーションに統一された UI デザイン、ロジック実装の方法を提供
      Web サービスの業界標準へ対応
      WS-*、REST、RSS などの Web サービスにおける業界標準に単一の機能を使用して対応
    • 11. .NET で実現するアプリケーションの魅力
      開発者の発想を素早く実装し、エンドユーザーの生産性を高める事を支援します。
      エンドユーザーの生産性向上を支援する優れた表現能力
      操作ミスや学習コストを低減する直感的データ表現や操作方法を実現可能
      ツールとの連携による直感的なデザインの実現
      VisualStudio や ExpressionBlend を活用することで、開発者やデザイナーの能力や発想を効率よく、アプリケーションに反映
      ExpressionBlend では画面に動きを付けたり、部品の見た目のカスタマイズなどを行う事が可能
      優れた拡張性とパートナー、コミュニティによる拡張部品
      ユーザーインターフェイス 部品をはじめとする様々な拡張部品がパートナーやコミュニティから提供されており、アプリケーションをより操作性の高いものへと拡張可能
    • 12. .NET がもたらす価値
      堅牢性
      一貫性
      魅力
      優れたエンド ユーザー
      エクスペリエンス
      強力かつ安全なアプリケーション基盤
      包括的かつ接続型のアプリケーションの実現
    • 13. VIDEO: マイクロソフトが目指す10年後
    • 14. マイクロソフト基盤
    • 15. 逆境の中で Opportunity を作る
      .NETFramework によるビジネス支援
      ビジネス戦略の真髄
      短期での要求が激減する中
      長期的に考える
      アドバンテージ
      ビジネスにおいて IT に対する要求レベル
      現在の経済事情
      ダウンサイズ
      Do more with less
      価値
      想定内
      乗り遅れ始め
      競合が増える中
      差別化をはかる
      ? ? ?
      イノベーション
      少ないリソースで多くを遂げることが難しくなっていると言う事実
      時間
      また、差別化を図るアプリケーション開発を積極的に取り組むことにより、市場において競合他社より一歩先の場に位置付けることが可能になります
      マイクロソフトのアプリケーション基盤と開発ツールを用いて、差別化を図るソフトウェアを素早く開発し、経済状況が芳しくない中でもビジネス強化を見込めます
    • 16. .NETFramework の柔軟性
      Communication
      .NETFramework は高い親和性を兼ね備えたプラットフォームであるため、環境に応じたベスト プラクティスをプラットフォーム レベルで提供できます。
      また、業界標準に準拠することにより、他社プラットフォームとの高い相互運用性を実現します。管理者や技術者にかかる負担を下げながらも、基盤の改善を進め、ビジネス効率を上げて行くことが実現できます。
      Core
      Workflow
      Web
      PHP
      Data
      Client
      Java
    • 17. VB 資産の .NET 移行
    • 18. VB資産を .NET 化する利点は?
      展開が楽になる: 配置の柔軟性
      ClickOnce
      保守が楽になる
      さようなら、DLLHell
      アプリケーションのパフォーマンス向上
      .NETFramework に処理を任せる
    • 19. 展開が楽になる: 配置の柔軟性
      配置は従来のVB6アプリケーションの頭痛の種
      バージョンアップ版のインストールを徹底しづらい
      ClickOnce
      .NET Framework 2.0で導入
      ノータッチデプロイメントの長所をそのままに短所を改善
    • 20. 保守が楽になる
      DLL Hellとは
      DLL の更新により、更新前のバージョンを利用していたアプリケーションが動かなくなる
      バージョンごとに別々の DLL ファイルを作成した結果、同じような DLL があふれかえる
      DLL Hellの原因
      そして、DLL Hellの終焉
    • 21. アプリケーションのパフォーマンス向上
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション
      アプリケーション内での処理
      カスタム クラス
      ライブラリ
          
      .NET Framework クラスライブラリ
      Visual Basic
      ランタイム
      共通言語ランタイム
      Operating System
      Visual Basic 6.0
      Visual Basic 2008
      .NET Framework とアプリケーション (VB 6.0 との比較)
    • 22. VB 資産を .NET 化するには
      【事実】コストは伴います
      時間
      技術スキル (VB.NET)
      開発ツール (Visual Studio)
      【事実】サポートするメカニズムがあります
      トレーニング メニュー
      マイクロソフト コンサルティング サービス
      パートナー様
      ホワイトペーパー
      ガイドライン
      サードパーティー移行ツール
    • 23. .NET 化計画時の検討要素 (1)
      アプリケーションのアップグレード
      VB アプリケーションのアップグレード プロセスを適用する
      必要に応じて機能を追加
      ビジネスの範囲を広げる
      アップグレードの利点
      以前の投資の大部分が (特にビジネス ロジックの領域で) 活用できる
      アプリケーションを書き換えるのに比べて、バグが混入する可能性が低い
      特に自動アップグレード プロセスを使用した場合に顕著になる
      既存の資産を活かす
    • 24. .NET 化計画時の検討要素 (2)
      アプリケーションの再利用
      アプリケーションを更新する代わり
      アプリケーションの上に層を追加して、組織内の新しい Visual Basic .NET システムと相互運用できるようにする
      統合を目的としてアプリケーションを更新する場合
      Visual Basic 6.0 システムと Visual Basic .NET の両方のシステムをメンテナンスする必要が出てくる
      短期ソリューション:.NET 化の第一歩
      既存の資産をそのまま利用
    • 25. .NET 化計画時の検討要素 (3)
      アプリケーションの書き換え
      最初から完全に書き換えること以外にアプリケーションを更新する方法がない場合
      元のアプリケーションを破棄して新しく作り直す
      ビジネスの運用手順が徐々に変化し、アプリケーションの妥当性がなくなった場合
      アプリケーションの大部分、またはすべてを書き換える
      コードがメンテナンス不可能なほど冗長、ドキュメントが古い、アプリケーションが複雑になりすぎた
      複数のバージョンのアプリケーションがさまざまな開発者によって作成され、最新版に対して作業できる人が現在ではだれもいない
      アプリケーションを書き換えることの利点
      最先端のテクノロジを使用して完全に新しいデザインを自由に作
      アプリケーションを書き換えることの欠点
      既存のアプリケーションの再開発であっても、新しいアプリケーションを作成することは、他の選択肢よりも費用がかかり、リスクも大きい
      新しいアプリケーションを書き換える場合、既存のアプリケーションに対するすべての投資を無駄にすることになる
      既存の資産の見直し・作り直し
    • 26. .NET 化計画時の検討要素 (4)
      アプリケーションの置き換え
      アプリケーションを置き換えるのに適したパッケージを探す
      アプリケーションが行っていた作業を外部に委託
      現在の要件に完全に適合するパッケージが存在する可能性は低いため、ビジネス モデルを変更してパッケージに歩み寄る (非現実的)
      既存の資産を廃止
    • 27. 検討マトリックス
    • 28. 最新バージョンへの移行の利点
    • 29. Java 資産や PHP 資産と .NET の整合性
    • 30. Web サービス Interoperability
      Java アプリケーション
      .NET アプリケーション
      Web アプリケーション
      Web アプリケーション
      Java Server Pages
      Web Service Client
      Web Service Client
      Web Service Interface
      Web Service Interface
      Microsoft .NET 3.5
      IBM WebSphere Java EE
      Enterprise Java
      Beans
      C# Middle Tier Components
      JDBC
      Oracle
    • 31. .NET のスマート クライアント
      .NET スマート クライアント
      Web サービス Interoperability
      Web Service クライアント
      Web Service Interface
      Web Service Interface
      Microsoft .NET 3.5
      IBM WebSphere Java EE
      Enterprise Java
      Beans
      C# Middle Tier Components
      JDBC
      Oracle
    • 32. PHP Web アプリケーション
      Apache Axis2/C
      Web サービス Interoperability
      Web Service クライアント
      Web Service Interface
      Microsoft .NET 3.5
      C# Middle Tier Components
    • 33. .NET サービス層
      WS-* Advanced Web Services による
      Message-level Security
      Web Service Interoperability
      Service to Service Interoperability
      WS-* Interface
      WS-* Interface
      WS-* Interface
      .NET OrderProcessing Service
      PHP Order Processing Service
      Java Order Processing Service
      .NET C# WCF Service
      WSO2 Web Services Framework for PHP
      WSO2 Web Services Application Server
      ADO.NET Data Access
      PHP Data Access
      JDBC Data Access
      他の RDBMs
    • 34. まとめ
      Smart Client
      組込みアプリ
      RIA
      クラウド
      Client / Server
      モバイル アプリ
      ブラウザ アプリ
      競争力の強化へ
      開発コスト
      生産性
      統一アプリケーション基盤
      基盤を活用した開発
      開発期間
    • 35. 再度・マイクロソフト基盤
    • 36. © 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.
      The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.
    • 37. appendix
    • 38. Microsoft .NET.NET はマイクロソフトテクノロジーの代名詞
      .NET は 情報、人、システム、デバイスをつなぐためのコンセプト
      人と人の相互作用
      人とモノの相互作用
      モノとモノの相互作用
    • 39. .NET Framework 採用の理由
      開発生産性
      強力な統合開発環境
      VBアプリケーション開発の延長線上での開発が可能
      クライアントからデータアクセスまで同一技術で実現可能
      既存資産の有効活用
      VB アプリケーションや ASP アプリケーションからの移行が容易
      豊富な開発要員(Visual Basic 経験者)
      一環された UI による新しい開発スタイルへの容易な移行
      多彩なユーザインターフェイス
      Web フォーム / Windows フォームを状況によって選択可能
      スマートクライアント,スマートデバイス, Office クライアント
      複雑な GUI を実現するコントロールが用意されている
      信頼性、将来性
      高いパフォーマンス、次世代の分散システム構築技術として注目
      Windows DNA 技術者からのスキルシフトが容易
      Web サービス、XMLへの対応によりバックエンドとシームレスな連携が可能
    • 40. Interoperability を容易に
      一環した API セットで様々なプロトコルを統一する
      Tools, Frameworks, SDKs
      BizTalk Services –“クラウドの Interop”
      Federated Identity
      Federated Connectivity
      Federated Workflow
      BizTalk Server – “Interop 製品”
      LOB applications:
      SAP
      Siebel Applications
      PeopleSoft Enterprise
      JD EdwardsOneWorld
      JD Edwards Enterprise One
      B2B standards:
      XML
      EDI (EDIFACT, ANSI X12, HIPAA)
      AS2
      SWIFT
      HL7
      RosettaNet
      Legacy (IBM):
      CICS, IMS
      3270, APPC
      COBOL, RPG
      DB2, VSAM
      Message buses:
      WebSphere MQ
      MSMQ/MSMQT
      TIBCO Rendezvous
      TIBCO Enterprise Message Service
      Other formats:
      SQL Server
      SharePoint
      Oracle DBMS
      File, FTP
      HTTP, SOAP
      POP3 / SMTP
      Windows Communication Foundation – “Framework 内の Interop”
      Web 2.0
      POX
      REST
      JSON
      RSS/ATOM
      Security:
      WS-Security, WS-SecureConversation, WS-Trust
      Reliability and Transactions: WS-Reliable Messaging, WS-Coordination, WS-AtomicTransaction
      Unified protocols:
      ASMX
      WSE
      .NET Remoting
      COM+
      MSMQ
      Messaging:
      SOAP, WS-Addressing, MTOM
      Metadata: WSDL, WS-MetadataExchange, WS-Policy
    • 41. 参考情報
      VBマイグレーション センター
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/vbasic/migration/
      VB マイグレーション Tips
      http://msdn.microsoft.com/ja-jp/vbasic/cc707256.aspx
      Visual Basic .NET へのアップグレードを円滑に行うための Visual Basic 6.0 アプリケーションの準備
      http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa260644(VS.60).aspx
      MSDN
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/
      Visual Basicデベロッパー センター
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/vbasic/
      Visual Studioデベロッパー センター
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/
      ASP.NETデベロッパー センター
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/asp.net/
      スマート クライアント デベロッパー センター
      http://www.microsoft.com/japan/msdn/smartclient/
      導入事例紹介
      http://www.microsoft.com/japan/showcase/
    • 42. PLUS ALPHA
    • 43. マイグレーションを始める前に
      やるか
      or
      やらないか
    • 44. バージョンの遷移
      ライブラリと CLR の変遷
      3.5
      Add
      3.0
      3.0
      Keep
      Add
      1.0
      1.1
      2.0
      2.0
      2.0
      V-UP
      Keep
      Keep
      V-UP
      1.0
      1.1
      2.0
      2.0
      2.0
      V-UP
      Keep
      Keep
      V-UP
      包含
      共存
    • 45. 共通言語ランタイムとは(Common Language Runtime , CLR)
      .NET コード (C++, C#, VB.NET, など)
      CLR
      メモリ管理
      例外処理
      セキュリティ
      スレッド管理
      ガベージコレクション
      その他多数!
    • 46. バージョン番号とアップグレード
      3.5
      3.0
      .NET 4
      Upgrade?
      .NET 2.0
    • 47. Side-by-Side 実行同一プロセス配下
      3.5
      3.0
      .NET 2.0
      .NET 4
      ホストプロセス
    • 48. .NET Framework の歴史
      VisualStudio と共に進化 (例外:3.0)
      2007
      3.5
      2006
      3.0
      2005
      2.0
      2003
      1.1
      2002
      1.0
      6 Years

    ×