レイ・フロンティア株式会社 会社概要

59,374 views
59,684 views

Published on

レイ・フロンティア会社概要の会社概要です。

Published in: Business

レイ・フロンティア株式会社 会社概要

  1. 1. レイ・フロンティア株式会社 / 会社説明資料(2014年9月) 最終更新日:2014年9月1日 http://www.rei-frontier.jp/
  2. 2. 会社概要
  3. 3. 会社概要 社名 ! 設立 ! 本社 開発オフィス 事業内容 ! ! ! ! 経営陣 レイ・フロンティア株式会社 ! 2008年5月27日 ! 東京都江戸川区西葛西3-17-2-303 東京都台東区台東2-7-4 桜田ビル501 ! ・拡張現実および位置情報アプリケーション開発事業 ・プラットフォーム型ARアプリ「LIVE SCOPAR」開発・運用 ・ARG(Alternate Reality Game)事業 ・UI/UX設計、およびHTML,CSS制作事業 ! 代表取締役 CEO       田村 建士 代表取締役 CTO/Founder  大柿 徹 取締役 CCO         澤田 典宏
  4. 4. 沿革 2008年5月27日:レイ・フロンティア設立 2009年12月1日:iPhone向けARアプリ「LiveScopar」リリース 2010年4月14日:Samurai Incubateを割当先とした第三者割当増資を実施 2010年9月27日:TechCrunch DISRUPT(サンフランシスコ/米国)出展 2010年12月27日:株式会社ネットプライスドットコムを割手先とした第三者割当増資を実施 2011年8月10日:第1回 ARサミットを弊社主催で開催(協力:日本マイクロソフト株式会社) 2011年11月21日:日本創生ビレッジビジネスコンテスト EGG賞 受賞 2012年:AR技術に関するセミナーへの登壇およびクライアントワークの増加 2013年:ARアプリ「LIVE SCOPAR」大手企業様への採用が続く 主要取引先(五十音順) 株式会社JTBコーポレートサービス、株式会社東北新社、株式会社サテライト、 株式会社ジェナ、株式会社フジクリエイティブコーポレーション 新日本プロ・レスリング株式会社、ティ・ジョイ株式会社 トヨタメディアサービス株式会社、元気株式会社、キングレコード株式会社 ジェイアール東日本フードビジネス株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社、 らでぃっしゅぼーや株式会社  その他多数
  5. 5. 企業理念 ・現実と仮想をつなぐ世界一のサービスを創る 行動指針 ・コミュニケーションの始まりと終わりの礼(尊敬、感謝)を大切にする ・社会へ心地良さを提供する、高品質な製品を創る ・技術力を継続的に発揮できる環境を増やす ・「人・モノ・場所」×「テクノロジー」=「感動体験」を社会に提供する ・世界中の子供たちに人生の選択肢を広げ、明るい未来を見せ続ける ・技術の力で、多様な価値観が認め合える人材を育成できる仕組みを構築する ・人生のそれぞれのステージ応じて、働き方を柔軟に選択できる企業とする ・都市・地方問わず、全国で雇用を創出する
  6. 6. 代表取締役 CEO 田村 建士 2002年4月 ! 2007年5月 ! ! 2010年10月 2011年12月 橋梁メーカー・川田工業株式会社(現:川田テクノロジーズ/ 東証一部)のグループIT専門部門で、エンジニアを経験 コンシュマーゲーム&Webシステム構築を行う開発会社(京都)へ。 複数のゲームおよびWebプロジェクトのエンジニア、PMを 経験後、東京開発室室長としてマネージメントに従事 レイ・フロンティア株式会社 取締役 として参画 レイ・フロンティア開発会社 代表取締役就任 代表取締役 CTO,Founder 1997年4月 ! ! 2008年5月 大柿 徹 川田工業株式会社入社後、CADアプリケーション開発・マネージ メントに従事。開発したアプリケーションは業界No.1.のシェアを 獲得。メタデータ開発、AR技術の基礎的な技術を習得 レイ・フロンティア株式会社を設立/代表取締役就任 開発現場でのプロジェクト管理 役員紹介
  7. 7. 取締役 CCO 澤田 典宏 愛知県出身。 家庭用ゲーム機の最初期からソーシャルゲームまで、20年以上に渡り、ビデオゲーム の企画・ディレクション・プロデュースに従事。 2011年3月より、ビデオゲームの構造を現実世界に応用し、ARG(代替現実ゲーム) や体験型謎解きイベントの企画・制作・運営も行う。 近年は、これらの経験を元にしたゲーミフィケーションに関する講演も多数。 グロービス経営大学院MBA(専門職)、米国PMI認定PMP 2014年5月 レイ・フロンティア株式会社 取締役 として参画 役員紹介
  8. 8. 自社製品説明
  9. 9. ライブスコーパー LIVE SCOPAR(専用ARアプリケーション) iOS,Android対応 リリース:2009年12月1日(リニューアル:2013年4月18日) URL:http://livescopar.com/ ■2つの特徴 ! (1)位置情報を活用し、特定位置でしか獲得できない情報を提供する ことでユーザーを店舗や観光地へ誘導するきっかけを生み出します。 (ご当地キャラクターやアイドルとの合成写真撮影) ※位置情報型AR技術(GPS、ジャイロセンサー) ! (2)既存の紙媒体(ちらしやDMなど)をスマートフォンでかざし、動 画を再生させることにより、限定された紙面以上の情報を手にとったユー ザーに伝えることができます。 (クーポン、広告配信、キャンペーン情報) ※ビジョン型AR技術(画像認識)
  10. 10. 「LIVE SCOPAR」を活用したARイベントを多数実施 ■2010年5月: A1 渋谷から爆弾を解除するのはあなただ!AR&位置情報型爆弾解除ゲーム ■2011年6月~8月: 群馬県みなかみ町での街おこし/過去の事件を可視化するARアプリ クライアント:元気株式会社 ■2011年12月~2012年1月: 新宿バルト9 など全国シネマコンプレックス運営会社/館内でのARゲーム クライアント: ティ・ジョイ株式会社 ■2012年1月 株式会社フジテレビジョン(番組内でアプリ活用)/番組放映:2012年1月1日 ■2012年4月~5月 おむすび処ほんのり屋/AR実証実験 クライアント:ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 ■2012年6月 大プロレス祭り/AR謎解きゲーム クライアント: 新日本プロ・レスリング株式会社 ■2013年7月~9月、2013年12月~2014年2月 行くぜ、東北/「行くぜ→来たぜ ARフォトアプリ」 採用: 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本) A2
  11. 11. スマートフォンWebシステム UI設計・開発チーム/センスバーン http://sensebahn.com/ know, positive, trust = friend. 「友だち」になることを手助けする、テクノロジーをスパイスした、ウェブサイト& スマートフォンアプリ&サイトのUI/UX設計・開発を行います。 ■UI/UXデザイン ■スマートフォン・ウェブデザイン PCサイトとは異なる。。スマートフォンに特化したUI/UX、デザインを設計・開発することで、 ユーザーフレンドリーなスマートフォン向けウェブサイトをご提供します。 ■レスポンシブ・ウェブデザイン スマートフォンだけでなくタブレット/PCサイトなどの、どのデバイスからのアクセスでも、ひとつの ウェブサイトを一貫したデザインを統一することができます。 見た目のデザインだけでなく、より使いやすく、より分かりやすい、そして個性を考えたデザインをご提供します。
  12. 12. 主なクライアントワーク
  13. 13. ■クライアントワークの開発ポリシー 利用者がどのような体験を提供できるかを意識し、最新技術を取り入れることで、記 憶に残るプロダクト開発を実施します。 スマートフォンARアプリケーション UI(ユーザーインターフェース) 位置情報 技術 センサー 技術 画像認識 技術 ユーザー UX(ユーザー・エクスペリエンス)
  14. 14. ■スマートフォン向けARアプリ開発とUI設計を得意とします ・開発までの要件定義 ・位置情報型(地図型)ARアプリ開発技術 ・画像認識型ARアプリ開発技術 ・スマートフォンUI設計 ・スマートフォンHTML制作 ・スマートフォン向けアプリ開発経験(iOS, Android) ・サーバー開発技術 ・ネットワーク構成技術 ・管理者専用管理ツール制作経験 ・屋外でのアプリケーションテスト(屋外利用の場合) ・アプリケーションリリース、運用経験 レイ・フロンティアはこれらの開発技術・実績がございますので クライアントさまへアプリケーションの開発が可能です。
  15. 15. ■主な開発実績 ■国内外利用を想定した観光系アプリケーション開発(iOS, Android) ・AR機能(クラウド型 画像認識)の導入支援、開発 ! ■大手小売店舗さま向け販促用ARアプリケーション開発(iOS, Android) ・AR機能(クラウド型 画像認識)の導入支援、開発 ! ■大手アパレルメーカーさま向けスマートフォンアプリ開発へ技術協力(iOS, Android) ・AppStoreランキング上位にランキングされている、大手アパレルメーカー様向けアプリケーション開発 ・AR機能(画像認識)の導入支援・開発を行う ! ■アニメーション会社様向けスマートフォンアプリ開発へ技術協力(iOS,Android) ・AKB0048 Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.akb0048.android iOS:http://itunes.apple.com/jp/app/akb0048/id543462251?mt=8 ! ■位置情報AR技術を活用した道案内アプリケーション開発へ技術協力(iOS) ARマップ:http://ar-maps.com iOS:http://itunes.apple.com/us/app/armappu/id543874674?l=jals=1mt=8
  16. 16. ■主な開発実績 ■営業用向けARアプリケーション開発(iOS/Unity) ・説明用の媒体をスマートフォンでかざすことで、3D表現を交えながらボイスで説明させる。 日本語、および英語での切り替えも可能。 ■2D、3Dを中心とした、各種ARアプリケーション開発(iOS/Unity) ・動画事例をご確認下さい http://www.youtube.com/watch?v=Y37RsuN2BM4 http://www.youtube.com/watch?v=5R_fu7YPKIo ! ■大手金融機関向け、スマートフォンサイトUI設計、およびHTMLコーディング ! ■法人向けチケットサービス向け、Webページ(管理側)UI設計、およびHTMLコーディング ! ■マッチング用Webサービスのリニューアルに関わる、UI設計、およびHTMLコーディング
  17. 17. ■LIVE SCOPAR 主な採用実績 ■クライアント:東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本) ■実施期間: ・2013年7月18日~2013年9月30日 ・2013年12月17日~2014年2月28日 ・2014年7月17日~2014年9月30日 ! ■概要: JR東日本主要駅(36駅)、各箇所の位置情報を取得して、その駅のみ表示されるご当地キャラクター (Suicaのペンギン)と記念撮影をして、ソーシャルメディアおよびメールで記念写真を共有するキャンペーン キャンペーン名称:「 行くぜ、東北。行くぜ→来たぜ ARフォトアプリ」 ! ■機能詳細: ・カメラを起動すると、GPS機能を利用してその場のご当地キャラクターが表示 ・キャラクターと記念撮影をして「Twitter」「Facebook」「メール」で共有が可能
  18. 18. ■LIVE SCOPARの安心した採用実績 大手鉄道会社様のシーズンキャンペーン、数万部出版の雑誌広告プロモーションなどの 採用実績がございます。積み重ねた経験よりお客様に対して適切なご提案しながら、キャ ンペーン終了までサポートさせていただいております。 ■LIVE SCOPARの主な採用先(五十音順): ・株式会社カプコン ・株式会社JTBコーポレートセールス ・株式会社ティ・ジョイ ・株式会社フジテレビジョン ・キングレコード株式会社 ・元気株式会社 ・ジェイアール東日本フードビジネス株式会社 ・新日本プロレスリング株式会社 ・東日本旅客鉄道株式会社 ・らでぃっしゅぼーや株式会社 ・鳴門市阿波おどり実行委員会 ・baby toi × dacron その他多数
  19. 19. イベント受賞・出展実績
  20. 20. 2011年11月に実施された、日本創生ビレッジビジネスコンテスト 「EGG JAPAN Innovation Cruiser」にてEGG賞受賞 【プレゼンテーション内容】 AR(拡張現実)技術とゲームを活用した、街と協力して創り上げる新しいビジネス提案 ! 【EGG JAPAN Innovation Cruiser】 日本創生ビレッジが運営するビジネスコンテストです。 ! 【日本創生ビレッジ】 主催者である日本創生ビレッジは、会員制ビジネスクラブである「東京21cクラブ」と、事業拡大を目指すアントレプレナーを主なター ゲットとした「インキュベーションオフィス」で構成される、“新事業や次代を担う人材の創造拠点”です。 ■選考審査員 ・アレン・マイナー氏 株式会社サンブリッジ 代表取締役会長 Sunbridge Partners, Inc Founder/General Partner ・川鍋 仁 氏 Sunbridge Partners, Inc. Vice President ・五十嵐 伸吾氏 九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップセンター準教授 ・廣川 克也氏 慶應 SFC KIEP コンソーシアム事務局長 ・北地 達明氏 有限監査法人トーマツ パートナー(公認会計士 ) ・淡島 國和氏 有限監査法人トーマツ パートナー(公認会計士) ・吉村 龍吾氏 伊藤見富法律事務所/モリソンフォースター外国法事務弁護士事務所 パートナー ・長谷川 克也氏 東京大学産学連携本部 事業家推進部 特認教授 ・松田 一敬氏 合同会社 SARR 業務執行社員 ・高宮 慎一氏 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ プリンシパル ・高原 幸男氏 大和企業投資株式会社 VC 投資第一課長 ・田中 克徳氏 三菱地所株式会社 街ブランド企画部 新事業創造支援ユニット マネージングパートナー ・旦部 聡志氏 三菱地所株式会社 街ブランド企画部 新事業創造支援ユニット シニアパートナー ・原 陽年氏 三菱地所株式会社 街ブランド企画部 新事業創造支援ユニット シニアパートナー
  21. 21. 2011年8月に日本マイクロソフト株式会社様と共同でARイベント実施 ※主催:レイ・フロンティア ■イベント名:第1回ARサミット ■主な記事 CNET Japan: http://japan.cnet.com/blog/pmbok/2011/08/14/entry_30021664/ ■場所・日時 場所: 日本マイクロソフト株式会社 31F セミナールーム A 住所:東京都 港区 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー 開催日:2011年8月10日(水) 時間:19:00~21:00 ■参加人数 120名程度 ■登壇企業、組織様 -企業(五十音順) アララ株式会社、株式会社アンビション、株式会社バタフライ クウジット株式会社、チームラボ株式会社、ナレッジワークス株式会社 日本マイクロソフト株式会社、レイ・フロンティア株式会社 -組織団体 ・AR Commons
  22. 22. 2010年9月 サンフランシスコ(米国)でのイベント出展 将来の海外展開を視野に入れ、2010/09/27~29、に実施された サンフランシスコで行われたTechCrunch DISRUPTへ『ララコレ』を出展しました。
  23. 23. 2014年の主な活動 ■2014年 2014年8月27日:第26回 TCシンポジウム登壇(場所:工学院大学) テーマ:「次世代通信配信(拡張現実)でTCにイノベーションを」 2014年7月23日:地域ICT利活用WG第4回研究会 登壇 テーマ:「Google Glassの全貌とAR地域振興の可能性を探る」 (主催:一般社団法人ブロードバンド推進協議会&レイ・フロンティア株式会社、場所:ソフトバンク本社) 2014年6月29日:intelの最新ゼスチャーセンサー技術登壇 (運営:StaruUP44田寮、場所:Intel株式会社/Intel K.K.) 2014年5月29日 : 実践女子大学 人間社会学部 メディア文化論 講義(タイトル:AR技術とエンターテイメント) 2014年5月13日: 大企業幹部向けイベント登壇(タイトル:ICT創造的事業開発・ARのビジネス活用) 2014年4月25日: 会員様向けイベント パネルディスカッション登壇(主催:一般社団法人品川ビジネスクラブ) 2014年2月7日:長崎県自治体職員様向けARセミナー登壇 (長崎県)/ タイトル:観光振興のためのAR技術を学ぶ 2014年1年28日 :CMT 会員さま向けイベント登壇(主催:経済産業省関東経済産業局) テーマ:ARから広がるビジネスの可能性(最新事例紹介と未来ついて)
  24. 24. 2013年の主な活動 ■2013年 2013年12月7日 UXの基本を理解し、モバイルに最適なUI設計のアプローチを学ぶ (主催:KnowledgeCOMMONS) 2013年12月5日 Field (MBF+Venture STARTUP) 登壇(主催:一般社団法人ブロードバンド推進委員会) 2013年12月3日 地域ICT利活用WG第3回研究会 登壇(主催:一般社団法人ブロードバンド推進委員会) テーマ:「ARによる観光戦略」 2013年11月27日 武蔵野学院大学 講師(デジタルコミュニケーション学科)/ ARの基礎知識について 2013年10月28日  デジタルコンテンツが拓く新ビジネス創出セミナー2013(電気通信大学 産学官連連携センター)登壇  テーマ:位置情報と画像認識技術を組み合わせたARアプリケーション「LIVE SCOPAR 2013年10月25日 鹿児島県市町村職員ICT利活用勉強会セミナー (鹿児島)登壇 / テーマ:ARによる観光戦略 2013年10月24日 KISA会員向けセミナー (鹿児島)登壇 / テーマ:ARのビジネス活用について 2013年10月4日 モバイルUI/UXのキホンを学ぶ 登壇(主催:KnowledgeCOMMONS) 2013年6月8日 ベンチャー道場 イノベーションとベンチャービジネス~復興の先へ~(仙台) 登壇 (主催:トーマツベンチャーサポート、一般社団法人 MAKOTO、在札幌米国総領事館) 2013年4月~5月 AR(拡張現実)技術に関する講義(女子美術大学) 2013年4月19日 第7回 サムライ・ベンチャー・サミット出展(主催:サムライインキュベート、協力:日本マイクロソフト株式会社) 2013年4月17日 MorningPitch登壇(主催:野村證券、トーマツベンチャーサポート、Skyland Ventures) 2013年2月16日 ものづくりとITベンチャーの祭典 Samurai MONO Festiva出展 (主催:サムライインキュベート/ 協賛:産業技術大学院大学) 2013年2月6日 page2013 カンファレンス-JAGAT 登壇(主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)) 2013年1月23日「AR(拡張現実)技術とアート」講義(女子美術大学)
  25. 25. 2012年の主な活動 ■2012年 2012年12月22日 日本デジタル教科書学会研究会 エデュテク・トーク(Edu×Tech Talk)登壇 (主催:日本デジタル教科書学会、場所:青山学院大学) 2012年9月22日 第6回 サムライ・ベンチャー・サミット出展(主催:サムライインキュベート、協力:日本マイクロソフト株式会社) 2012年9月16日 AR(拡張現実)とNFCRFIDが切り開くこれからの未来 登壇(主催:サムライスタートアップアイランド) 2012年9月4日 Open Media Conference(OMC2012) 登壇 (主催:一般社団法人ブロードバンド推進協議会(BBA)) 2012年8月20日 コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2012(CEDEC2012) 登壇 (主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA) ) 2012年7月27日 紙メディアを効果的に活用しクチコミを誘発する 最新クロスメディア手法ARGの概説 登壇(主催:JAGAT) 2012年6月7日 第2回下町クリエーターズナイト開催(主催:レイ・フロンティア株式会社・合同会社もなみ屋、場所:墨田区) 2012年4月21日 第5回 サムライ・ベンチャー・サミット出展(主催:サムライインキュベート、協力:日本マイクロソフト株式会社) 2012年4月4日 新進気鋭スタートアップのイベント活用戦略~第1回イベント成功会議~ 登壇(主催:Netsket Inc.) 2012年3月15日 AR(拡張現実)活用事例と関連技術の今 【特別セミナー】登壇(主催:JAGAT) 2012年2月4日 Startup Forum for Students出展(場所:サムライ・スタートアップ・アイランド) 2012年1月23日 第8回ジオメディアサミット登壇(場所:東京大学)

×