CODE for IKOMAと生駒市の協働プロジェクト

  • 1,103 views
Uploaded on

Code for Japan Brigadeワークショップ @金沢にて、CODE for IKOMAの今後の活動である、生駒市との協働プロジェクトについて発表しました。 …

Code for Japan Brigadeワークショップ @金沢にて、CODE for IKOMAの今後の活動である、生駒市との協働プロジェクトについて発表しました。
生駒市の主要施策である、誰もが子育てしやすいユニバーサルなものが作れるよう、市民みんなで考えていきます。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,103
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8

Actions

Shares
Downloads
6
Comments
0
Likes
4

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2014.8.30 第7回Brigadeワークショップ@金沢 CODE for IKOMAと 生駒市の協働プロジェクト
  • 2. 奈良県生駒市ってどこ?
  • 3. 奈良県はここ
  • 4. ここです!
  • 5. CODE for IKOMAは、生駒市の 地域課題をITで解決していきます
  • 6. CODE for JAPANの理念に賛同し 2014年1月 CODE for IKOMA立ち上げ 生駒市の市民活動団体としても活動
  • 7. CODE for IKOMAの活動 http://ikoma.5374.jp/
  • 8. CODE for IKOMAの活動 http://ikoma.spending.jp/
  • 9. CODE for IKOMAの活動 @ikoma_weather
  • 10. CODE for IKOMAの活動 ・2014.5.17 マッピングパーティー開催  (商店街と街バルがテーマ)
  • 11. コンセプト 課題 抽出 解決方法 検討 データ 活用検討 アプリ等 開発 運用 アイデア ソン ハッカ ソン
  • 12. 生駒市がCODE for IKOMAの 想いに賛同してくださり協働が実現!
  • 13. 平成26年度 生駒市の主要施策 「子育てしやすく、だれもが成長できるまち」
  • 14. CODE for IKOMAの活動 「iko mama papaアプリ 開発プロジェクト」始動!
  • 15. プロセス 課題抽出 データ
 開示・作成 アプリ
 アイデア アプリ
 開発 •  子育てに関する課題・魅力抽出 •  データを自らつくる、地域にあれば開示依頼 •  地域課題解決アプリのアイデア出し •  アプリ開発(ハッカソン) iko mama papaアプリ開発プロジェクト
  • 16. iko mama papaアプリ開発プロジェクト 2014.10.18(土) アイデアワークショップvol.1 生駒市コミュニティーセンター 子育てに関する課題・魅力抽出 http://codograph.net/
  • 17. iko mama papaアプリ開発プロジェクト 2014.11 ∼ 2015.1 マッピングパーティー 生駒市内複数地域 自ら必要なデータをつくる
  • 18. iko mama papaアプリ開発プロジェクト 2015.2.22(日) アイデアワークショップvol.2 生駒市コミュニティーセンター 課題解決アプリについてアイデア出し
  • 19. iko mama papaアプリ開発プロジェクト 2015.3.1(日) ハッカソン 奈良先端科学技術大学院大学 課題解決アプリの開発・優秀作品の表彰
  • 20. iko mama papaアプリ開発プロジェクト 【市民主体の活動】 市民活動団体間の連携 まちづくりのため活動する方々との連携 【成果物の完成・運用】 【定期的な連携プロジェクト】
  • 21. ありがとうございました 一人じゃできないことを みんなでやろう