• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
スマートフォン タブレット市場の現状について
 

スマートフォン タブレット市場の現状について

on

  • 4,936 views

2012年4月にプレゼン資料として作成した資料です。当初、AppleとGoogleのスマートフォンとタブレットの戦略をメインとして作成を開始しました。途中...

2012年4月にプレゼン資料として作成した資料です。当初、AppleとGoogleのスマートフォンとタブレットの戦略をメインとして作成を開始しました。途中、Microsoftの戦略も入れようと最後Microsoftの情報も加えました。参考になれば幸いです。

Statistics

Views

Total Views
4,936
Views on SlideShare
4,936
Embed Views
0

Actions

Likes
2
Downloads
21
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution-ShareAlike LicenseCC Attribution-ShareAlike License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    スマートフォン タブレット市場の現状について スマートフォン タブレット市場の現状について Presentation Transcript

    • スマートフォン・タブレット市場の現状について ~APPLEとGoogleの戦略を軸として~ 2012年4月 荒川 巧也
    • 本日の発表内容1.KayのDynabook構想2.スマートフォン・タブレットPCが今人気になった背景3.スマートフォン・タブレットPCのソフトウェアに関して4.APPLE について5.Google について6.Microsoft について7.スマートフォン・タブレットPC ビジネス戦略各社のまとめ
    • 0.はじめに・・・(荒川所有の書籍) 内容がAPPLE寄りになるかもしれませんがお許しください。 APPLE Google Microsoft
    • 1.KayのDynabook構想 KayのDynabook構想 論文:”A personal computer for children of all ages” (1972) ⇒Kayは論文の中で、理想のパソコン を”Dynabook”と呼んだ。 Alan Kay(通称:パソコンの父)
    • 1.KayのDynabook構想Kayのアイデアが示すように、簡単に使え、簡単に持ち運べるデバイスは、コンセプトとして昔からあるものであり、最近生まれたものではない。 1972 2010
    • 2.スマートフォン・タブレットPCが今人気になった背景1 ) 半導体の進化 (CPU, メモリ)2 ) 通信環境の進化 (3G環境,Wifi環境,通信料定額制導入 )3 ) 購入しやすい価格スマートフォン・タブレットは”オタク向け”デバイス1 ) 動作がキビキビではない。2 ) 通信環境は、3G回線定額制の 普及前3 ) 高価 20万円 vaio TYPE U (2006年) W-Zero 3 (2005年)
    • 3.スマートフォンとタブレットPCの違い 1) .スマートフォンとは “Phone”を出発点としてノートPCの便利さを求めた”Phone”2) .タブレットPC とは “PC”を出発点として携帯電話の手軽さを求めた”PC”
    • 3.スマートフォンとタブレットPCの違い ハイエンド(高価格)各種デバイスの位置付け ノートPC タブレットPC専門的 汎用的 スマートフォン ネットブック 電子書籍 音楽 リーダー 携帯ゲーム機プレーヤー ローエンド(低価格) アップル、アマゾン、グーグルの競争戦略 雨宮寛二 P123 引用
    • 3.スマートフォンとタブレットPCの違い スマートフォンとタブレットPC共にApple Inc.のiOS, Google Inc.のAndroidOSなどが使われておりできるこ とは同じ。(OSは同じであり同じソフトが動きます。) 1.スマートフォン 1)スマートフォンの強み コンパクトで持ち運びしやすい。 2)スマートフォンの弱み 画面が小さい。タブレットPCより性能が低い。2.タブレットPC 1)タブレットPCの強み 画面が大きく見やすい。スマートフォンより性能高い。 2)タブレットPCの弱み (スマートフォンと比較して)大きく重い。
    • 4.スマートフォンとタブレットPCを取り巻くIT環境データ管理について ⇒ 全てのデータの中心はPCになる。(オフライン環境) 2001年 ⇒ 2001年 APPLE Inc. デジタルハブ構想発表
    • 4.スマートフォン・タブレットPCを取り巻くIT環境クラウドコンピュータ ⇒ データ オフライン環境からオンラインへの移行 ⇒ 2011年 APPLE Inc. デジタルハブ構想の再定義
    • 4.スマートフォンとタブレットPCを取り巻くIT環境 ①クラウド(サーバー側)に データを置くことで、 <これまで> 様々なデバイスからアク セス可能。 <これから> Video Camera Video Camera ②万が一、デバイスを無くデータはPC管理が中心 した場合も同じ環境に 戻せる。 データはクラウド管理へCamera Camera Music Music 10年後 ⇒ 物理的メディアの終わり?
    • 4.スマートフォンとタブレットPCを取り巻くIT環境最近、クラウド(Cloud)という言葉をよく聞きます。 アマゾンで検索すると821件の本がヒット
    • しかし、我々は以前よりクラウドサービスを利用してました。例えば、Web上でのフリーメールサービス例えば、ブログサービス
    • 4.スマートフォン・タブレットPCを取り巻くIT環境 クラウドの時代の特徴とは、個人が全ての情報(個人情報含む)をクラウドベースで管理 すること。仕事面では、全ての情報をクラウドに上げることでメンバー全員で共有して編集 も行う。 通信環境が整い、いつでも、どこからでも、 情報がアクセスできる時代! IT企業が抱える義務と課題 1 ) 個人情報の保護 (セキュリティ) 2 ) 増え続けるデータ処理と活用 (ビックデータへの対応) Steve Jobs氏 発言 「例えば、この国が農業国だったころは、車はすべてトラックだった。 農場で必要なものだったからだ。都市部が広がるにつれて乗用車が 普及した。PCはトラックのようなものになるだろう。PCはすぐにはなく ならないが、PCを必要とする人は何人かに1人だけになる。」 All Things Digital(D8)カンファレンス 2010年6月 2004年 APPLE 特許申請書より
    • 5.スマートフォンと携帯電話の違いスマートフォンの特徴(携帯電話と比較して) アプリケーションをダウンロードして追加できる。 OSのアップデート可能。 フルブラウザでインターネットにアクセス可能。 HTC EVO 3D ISW12HT
    • 6.スマートフォンが与える影響について カメラ市場への影響 1.デジカメと違いそのままSNSへ投稿可能。 2.4000万画素のカメラを持ったスマートフォン もあり十分綺麗に撮影できる。 3.アプリケーションで写真の修正作業ができる。 脅威 ・・外出先で検索 カーナビ市場への影響 定期的に地図情報を更新 ・・思い付いた時購入 チャンス 脅威 して最新の地図情報を表 示することができる。 iPhone 3G ・・観光先から投稿 脅威 電話会社への影響 Skypeなどで24時間通話無料環境
    • 7.スマートフォンOS別シェア Sony,東芝,シャープ*2012年2月の米国スマートフォンOS別シェア samsung,LG, HTC,ASUS・・・ Samsung : bada APPLE 1社 http://japan.internet.com/allnet/20120404/6.htmlより引用
    • 8.タブレットPC OS別シェア (2011年日本国内シェア)Sony,東芝,シャープsamsung,LG,HTC,ASUS・・・ APPLE 1社 http://i.impressrd.jp/e/2012/02/02/1184引用
    • 9.スマートフォン・タブレットPCのアプリ開発 1.iOSアプリ 1 ) Objective-Cは(Javaと比べて)マニアック。 2 ) アプリができて配信されるまで1ヶ月とかかかる。 2.Androidアプリ 1 ) ソフト動作を実機全てで検証することが不可能。 2 ) ディスプレイ解像度が違うので端が映らない場合有。 3 ) センサーを使ったアプリが作りにくい。
    • 10. について
    • 10. について 取り扱い製品 TV Business ? entertainment BusinessPC・PC soft business Smart Phone Business Music Business tablet Business
    • 10. について 今は消えた製品達・・Newton (PDA)1992 Quick take (デジカメ)1994 Pippin@ (ゲーム機)1996 Steve Jobs 復帰後姿を消しました。
    • 10. について ブランド力 日経BPコンサルティング調べ
    • 10. について 製品別売り上げ比率 21% 3% 53% 4% 5% 14%http://www.macrumors.com/2012/01/24/apple-reports-best-quarter-ever-in-q1-2012-13-06-billion-profit-on-46-33-billion-in-revenue/ から引用
    • 10. について 株価の推移 iPhone 4S iPad2 発表・発売 発売 iPhone 4 iPad 発表・発売 iPhone3G iPhone3GS 発売 発表・発売 発表・発売iPhone発表 iPhone発売 http://www.google.com/finance?cid=22144引用
    • 11. のスマートフォンビジネス戦略ジョブズは、(iPhone以前の)携帯電話をどう見ていたか? 売られている携帯電話はひどいものばかりで、かつてのポータブル音楽プレイヤーと似たような状 態にあるとジョブズは考えていた、 「携帯電話のあそこがイヤだ、ここがきらいだという話をずいぶんした。とにかく複雑すぎるんだ。 電話帳のように、こんなの使い方がわかる人なんているはずがないと思うような機能がたくさんあ るわけがわからないよ。」 Steve Jobs II ウォルター・アイザックソン P281
    • 11. のスマートフォンビジネス戦略ジョブズは、iPhone以前の携帯電話をどう見ていたか? keynote by steve jobs @ macworld 2007 ⇒不満点1: スマートフォンに入っている機能はいろいろあるのに、ボタンはプラスチックで固定さ れていてどれも同じ使い方しかできない。使いにくい。ボタンは機能別に変わるべき。
    • 11. のスマートフォンビジネス戦略 ジョブズは、iPhone以前の携帯電話をどう見ていたか? keynote by steve jobs @ macworld 2007 ⇒不満点2: 誰がスタイラスなんて使いたんだ?我々は指という最高のポインティングデバイスを 持ってるじゃないか。
    • 11. のスマートフォンビジネス戦略スマートフォン市場へ参入した背景 1⇒iPodが携帯電話に飲まれてしまう恐怖があった。 ジョブズが達した結論は、「徹底的にやられる可能性のある機器は携帯」だった。デジタルカメ ラの市場はカメラ付き携帯電話の普及で食い荒らされていた。携帯に音楽プレイヤー機能が搭 載されればiPodも同じようになりかねない-そう取締役会へ説明した。 Steve Jobs II ウォルター・アイザックソン P278
    • 11. のスマートフォンビジネス戦略 スマートフォン市場へ参入した背景 2 ⇒Mobile Phone の魅力的な市場 keynote by steve jobs @ macworld 2007
    • 12. について
    • 12. について *主要検索サービスを抜粋 映像 地図 検索ビジネス 本 ニュース
    • 12. について 創業者 Larry Page (左) Sergey Brin (右) 会長 Eric Schmidt 2006年8月~2008年8月: Apple 取締役
    • 12. について 検索エンジンの特徴 「ノーベル賞を受賞するような人たちの論文は、1万もの論文に引用されているんだよ。」 ある論文が科学文献にたくさん引用されていたら、「その論文が重要だからだ。」 Google 誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター デビッド・ヴァイス 2006年 P62 ⇒ウェブサイトにも同様なことが言えると判断。 リンクが貼られるなど紹介されている数が多ければ 多いほどそのサイトは重要=価値がある。
    • 12. について 収入のほとんどが 広告ビジネス。 5% 95%http://www.zdnet.com/blog/bott/microsoft-apple-and-google-where-does-the-money-come-from/4469より引用
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略なぜ、スマートフォンビジネスに参入したのか? 1 ) 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけ ではない。 2 ) 発展途上国ではまだまだPCは高く、情報を触れる 手段とし て携帯電話がメインの国々がたくさんある。⇒Googleとしては、モバイル端末に検索需要=広告を出すチャ ンスが魅力的であった。⇒2005年GoogleがAndroid Inc.を買収。
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 から見たiPhone グーグルとしては、iPhone経由だ ろうが、Android経由だろうが、自 社のサービスを利用してくれれ ば良い。 iPhoneには、YoutubeやGoogle Mapなどのアプリを標準搭載され Macworld 2007 2007年1月 ている。
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00006264-techcr-sci 引用
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略Googleは、Android OSを無償でスマートフォンメーカーに配布。条件としてGoogleのサービスを標準搭載することが条件となっている。各メーカーは無償でGoogleからOSとサポートを受けられるが、どのメーカーも同じOSを使っており、差別化難しい。(OSの改良や独自のアプリを入れることは認められている。)
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 共通プラットホームを手に入れられる代償として、 差別化が難しい。
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 *一部の端末(Samsung)は、iPhoneと良く似ており裁判に なっている。 http://ggsoku.com/2012/03/galaxy-original/から引用
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 http://ggsoku.com/2012/03/galaxy-original/から引用
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 ⇒これらをパクリを感じるかどうかはあなた次第・・・
    • 13. のスマートフォンビジネス戦略 ⇒Androidの端末でありながら差別化を図るモデルも出てきてる ASUS padfone
    • 14. のスマートフォンビジネス戦略
    • 14. のスマートフォンビジネス戦略 マイクロソフトの強み ⇒ 圧倒的なPCのOSシェア+OFFICE Soft (Word,Excel, Powerpointなど) マイクロソフトのスマートフォン戦略 マイクロソフトのスマートフォン=Windows Phone 1. OFFICE softで作ったドキュメントの確認・編集 2. マイクロソフトが提供するクラウドサービスの利用
    • 14. のスマートフォンビジネス戦略 マイクロソフトのタブレットPC戦略 ~Windows8~ 1. OFFICE softで作ったドキュメントの確認・編集 2. マイクロソフトが提供するクラウドサービスの利用
    • 15.スマートフォン・タブレットPC ビジネス戦略 まとめパートナー 主要活動 価値提案 顧客との関係 顧客セグメント① 通信会社 ① ハードデザイン ① 快適なweb体験 マス市場② アプリ提供会社 ② ソフトデザイン ② 豊富なアプリ ③ マーケティング ③ 快適な音楽体験③ OEM企業 リソース チャンネル ① 従業員 ① 家電量販店 ② Appleブランド ② Apple store ③ itunes (管理ソフト) ③ apple.comコスト構造 ① 従業員 ② OEM先に払う製造コスト 収益の流れ ① ハードウェア収益 ③ マーケティング・研究開発 ② アプリ・音楽の販売収益 ④ 販売
    • 15.スマートフォン・タブレットPC ビジネス戦略 まとめパートナー 主要活動 価値提案 顧客との関係 顧客セグメント ① 検索エンジン① 通信会社 ① 情報検索を中心 マス市場 ② 検索エンジン② 携帯電話メーカー とした快適なweb ① ウェブ閲覧者 以外のサービス③ アプリ開発会社 体験 ② 広告主 (個人含む) ② 豊富なアプリ リソース チャンネル ① 従業員 ① 家電量販店 ② 無料 ② web ① 従業員コスト構造 ② サービス研究開発・維持 収益の流れ ③ マーケティング ① 広告収入 ② サービス収入
    • 15.スマートフォン・タブレットPC ビジネス戦略 まとめパートナー 主要活動 価値提案 顧客との関係 顧客セグメント ① ソフト開発 マス市場① タブレットPCメーカー ② Webサービス ① 快適なPC体験② 携帯電話メーカー ② 快適なWeb③ アプリ開発会社 サービス (個人含む) リソース チャンネル ① 従業員 ① 家電量販店 ② Windows ② web ① 従業員コスト構造 ② サービス研究開発・維持 収益の流れ ③ マーケティング ① ソフトウェア収入 ② サービス収入