• Save
Pacemaker+PostgreSQLレプリケーションで共有ディスクレス高信頼クラスタの構築@OSC 2013 Tokyo/Spring
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Pacemaker+PostgreSQLレプリケーションで共有ディスクレス高信頼クラスタの構築@OSC 2013 Tokyo/Spring

on

  • 7,083 views

http://linux-ha.sourceforge.jp/wp/archives/3589

http://linux-ha.sourceforge.jp/wp/archives/3589

Statistics

Views

Total Views
7,083
Views on SlideShare
7,083
Embed Views
0

Actions

Likes
14
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Pacemaker+PostgreSQLレプリケーションで共有ディスクレス高信頼クラスタの構築@OSC 2013 Tokyo/Spring Pacemaker+PostgreSQLレプリケーションで共有ディスクレス高信頼クラスタの構築@OSC 2013 Tokyo/Spring Presentation Transcript

  • Pacemaker+PostgreSQLレプリケーションで共有ディスクレス高信頼クラスタの構築OSC 2013 Tokyo/Spring 松尾 隆利
  • まずはPostgreSQLのストリーミングレプリケーションの 簡単な紹介Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 2
  • PostgreSQLのレプリケーションとは? 複数のサーバにデータベースを自動的に複製する機能 ■ PostgreSQL 9.0 : 非同期レプリケーション機能 9.1 : 同期レプリケーション機能 9.2 : カスケードレプリケーション機能 書き込み Master 非同期 Slave Slave カスケード レプリケーション レプリケーション 応答 Slave カスケード Slave 同期 レプリケーションレプリケーション Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 3
  • 非同期レプリケーション (PostgreSQL 9.0~) 名前の通り、Masterへ書き込み発生時、 レプリケーションは非同期で実行 故障発生時、データ欠損の可能性あり 複数のSlaveを接続可能 書き込み Master 非同期 Slave レプリケーション Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 4
  • 同期レプリケーション (PostgreSQL 9.1~) Master故障時のデータ欠損なし 同期で動作できるSlaveは一つのみ ■ 複数のSlaveを同期設定で接続した場合、1ノードだけ同期で動作 Slave故障時、MasterはSlaveが復旧するまで待つ → トランザクション停止! ? 書き込み Master 応答待ち! 応答 Slave 同期レプリケーション Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 5
  • カスケードレプリケーション (PostgreSQL 9.2~) SlaveからSlaveへレプリケーション ■ MasterのCPUやネットワーク負荷の削減が可能 カスケードレプリケーションの動作は全て非同期 書き込み Master Slave カスケード Slave レプリケーション Slave カスケード Slave レプリケーション Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 6
  • Slaveの特徴 参照系のSQLを処理可能 SlaveからMasterに接続し、切断時は自動で再接続を試みる レプリケーションの接続先は動的に変更できない ■ 変更にはSlaveのPostgreSQLの再起動が必要 同期・非同期の設定はSlave側では制御できない ■ Master側のpostgresql.confの "synchronous_standby_names" の値を変 更し設定をリロード (再起動は必要なし) 参照可 Master Slave Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 7
  • レプリケーション使用時の注意点① SlaveにWALを書きこむ前にMasterが故障した場合、 MasterとSlave のデータ間に不整合が発生 書き込み Master Slave → Master ②WAL転送 ① WAL書き込み ③ WAL書き込み WAL 不整合 この状態でSlaveをMasterに昇格させ、旧MasterをSlave として組み込む場合、手動でデータの同期が必要 Pacemaker使用時、この状態が起きた場合は旧Masterにロックファイルを 残すことで、不整合のデータをもったPostgreSQLの起動を抑止 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 8
  • レプリケーション使用時の注意点② "TimelineID"の存在 ■ SlaveからMasterへ昇格した際インクリメントされる数値 TimelineID が異なるとレプリケーションできない Slave → Master 5 5 6 異なる SlaveのTimelineIDをMasterと同期させるにはMaster側で生成されるWALアーカイブをSlave 側にコピーするか データの同期が必要 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 9
  • 以上レプリケーションの紹介 ここからは高信頼(HA)クラスタCopyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 10
  • HAクラスタの今までの構成 ~Active/Standby 構成~ PostgreSQLのデータは共有ディスク上に配置し通常はActive サーバでサービスを提供 Activeサーバ故障時はStandbyサーバがActiveとなりサービスを 提供 (フェイルオーバ) フェイル Active Standby オーバ Active 故障 データ 発生 データ 共有ディスク 共有ディスク Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 11
  • レプリケーション構成 ~Master/Slave 構成~ PostgreSQLのストリーミングレプリケーション機能を用いてデー タを共有し、通常はMaster側でサービスを提供 Masterサーバ故障時はSlaveサーバがMasterに昇格しサービスを 継続 フェイル Master Slave オーバ Master 故障 データ データ 発生 データ データ ローカルディスク ローカルディスク ローカルディスク ローカルディスク Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 12
  • レプリケーション構成の高信頼クラスタ 3大機能 ①フェイルオーバ Master 故障発生 Master フェイル ③ 故障 オーバ デMaster 同期設定 Slave ー 古 DBデータ DBデータ タ の 状 ②同期・非同期の設定切替 態 DBデータ DBデータ 管 Slave 理 故障発生 Master 非同期設定 故障 DBデータ 古 DBデータ Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 13
  • 基本構成 参照負荷分散用 サービス提供用LAN Read/Write Read Only 仮想IP1 仮想IP3 (vip-master) レプリケーション (vip-slave) 用LAN PostgreSQL 仮想IP2 PostgreSQL (Master) (vip-rep) (Slave) Slaveからの接続用 制御 制御 pgsql RA Pacemaker pgsql RA Pacemaker 用LAN Pacemaker STONITH 用LAN サーバ#1 ※次ページからは省略 サーバ#2 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 14
  • 動作1 : Masterのフェイルオーバ vip-master vip-master vip-slave vip-master vip-master vip-slave vip-slavePostgreSQL PostgreSQL 故障 PostgreSQL PostgreSQL 故障 (Master) vip-rep (Slave) ②停止 (Master) vip-rep vip-rep ⑤(Slave) (Master) pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemakerサーバ#1 サーバ#2 サーバ#1 サーバ#1 サーバ#2 サーバ#2 ④ 古 ② #1のPostgreSQLを停止① 故障を検知 ③ 仮想IPを停止 旧Masterは不整合が発生し ④ #1のデータが古いことを記録 ている可能性があるため ⑤ #2をMasterに昇格(promote) ロックファイルが残る ⑥ #2で仮想IPを起動 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 15
  • 動作2: Masterフェイルオーバ後の復旧 vip-master vip-master ⑥ vip-master vip-slave vip-slave vip-slave vip-slave vip-slave vip-slave ⑤ レプリケーション 故障 ①故障復旧 PostgreSQL PostgreSQL PostgreSQL PostgreSQL PostgreSQL vip-rep vip-rep vip-rep (Master) (Master) (Slave) ④ (Slave) (Master) pgsql RA pgsql RA pgsql 故 故 pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker ③ ロック削除 サーバ#1 サーバ#1 サーバ#1 故障情報クリア サーバ#2 サーバ#2 サーバ#2 サーバ#2 サーバ#1 サーバ#2 ② データ同期 古 新① 故障の復旧 ④ #1がSlaveで起動② #1のデータを#2と同期 ⑤ レプリケーション開始 → 不整合解消、TimelineID同期 → 非同期設定で接続③ #1のロックファイル削除と → 同期設定に切替 故障情報をクリア ⑥ Slave用仮想IP移動 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 16
  • 動作3 : 同期・非同期設定の切替 ② ⑤ vip-slave③検知 vip-master 同期 vip-slave vip-master ⑦非同期 vip-slave PostgreSQL 設定 PostgreSQL PostgreSQL 設定 PostgreSQL vip-rep vip-rep ④停止 (Master) (Slave) (Master) (Slave) pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker サーバ#1 サーバ#2 サーバ#1 サーバ#2 サーバ#2 ⑥ 古① Slaveの故障発生 ④ #2のPostgreSQLを停止② Masterのトランザクション停止 ⑤ Slave用仮想IP移動③ Slaveの故障検知と ⑥ #2のデータが古いことを記録 レプリケーション切断を検知 ⑦ 非同期設定に変更 SELECT * from pg_stat_replication → トランザクション再開 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 17
  • 動作4 : 起動 ⑥ vip-slave vip-slave ③仮想IP起動 vip-slave vip-master vip-master PostgreSQL PostgreSQL PostgreSQL 停止 vip-rep 停止 停止 vip-rep 停止 (Slave) (Master) (Master)②起動 pgsql RA pgsql RA pgsql RA pgsql RA ⑤起動 Pacemaker Pacemaker Pacemaker サーバ#1 サーバ#2 サーバ#1 サーバ#2 ① ④ データ同期 新 古 新 古① データが新しい方を選択 (#1とする) ④ データを同期② #1のPacemakerを起動 → TimelineIDがそろう → Slaveで起動 → Masterに遷移 ⑤ Pacemaker起動③ 仮想IPが#1で起動 → レプリケーション開始 ⑥ Slave用仮想IP移動 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 18
  • 初期起動と2回目以降の起動の違い 初期起動 (Pacemakerの設定が空の場合) ■ サーバを単独起動した場合、 Pacemaker上にデータの状態が 記録されていないため、必ずMasterになる • ロックファイルが残っている場合は除く ■ 同時に2つのサーバ起動した場合、お互いのデータの新旧を 比較し、新しい方がMasterになる 2回目以降の起動 ■ Pacemaker上にデータの状態が記録されているため、 この状態を確認し、最新のデータを持っている場合のみ Masterになれる Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 19
  • まとめ レプリケーション構成の高信頼クラスタ3大機能 ■ Masterのフェイルオーバ ■ レプリケーションの同期・非同期設定の切替 ■ データの状態管理 運用時の注意 ■ TimelineIDがずれている場合はレプリケーション接続できない ■ ロックファイルが残っている場合は他のサーバとデータの 整合性が崩れている可能性あり → データを手動で同期して解消 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 20
  • デモCopyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 21
  • デモ環境 Slave用 サービス提供用LAN VIP省略 仮想IP1 (vip-master) レプリケーション用 LAN PostgreSQL 仮想IP2 PostgreSQL <Master> (vip-rep) <Slave> Pacemaker用 Pacemaker LAN Pacemakerホスト名 : pm01 ホスト名 : pm02 ディスク監視や ネットワーク監視 、STONITH は省略Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 22
  • postgresql.conf (クラスタリングで重要な点のみ)<レプリケーション設定の説明は省略> listen_address = * ■ Slaveには仮想IP(vip-master)が存在しないため特定IPでListen できない synchronous_standby_names はコメントアウト ■ Pacemakerが同期・非同期を切り替えるため動的に書き換える restart_after_crash = off ■ PacemakerがPostgreSQLの状態管理をするため、PostgreSQL プロセスの自動再起動はoff Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 23
  • Pacemakerの設定property primitive pgsql ocf:heartbeat:pgsql no-quorum-policy="ignore" params stonith-enabled="false" pgctl="/usr/pgsql-9.1/bin/pg_ctl" psql="/usr/pgsql-9.1/bin/psql" rsc_defaults pgdata="/var/lib/pgsql/9.1/data/" resource-stickiness="INFINITY" rep_mode="sync" migration-threshold="1" xlog_check_count="0" node_list="pm01 pm02" ms msPostgresql pgsql restore_command="cp /var/lib/pgsql/9.1/data/pg_archive/%f %p" meta primary_conninfo_opt="keepalives_idle=60 keepalives_interval=5 keepalives_count=5" master-max="1" master_ip="192.168.104.110" master-node-max="1" stop_escalate="0" clone-max="2" op start timeout="30s" interval="0s" on-fail="restart" clone-node-max="1" op monitor timeout="30s" interval="4s" on-fail="restart" notify="true" op monitor timeout="30s" interval="2s" on-fail="restart" role="Master" op promote timeout="30s" interval="0s" on-fail="restart" group master-group op demote timeout="30s" interval="0s" on-fail="stop" vip-master vip-rep op stop timeout="30s" interval="0s" on-fail="block" op notify timeout="60s" interval="0s"primitive vip-master ocf:heartbeat:IPaddr2 params colocation rsc_colocation-2 inf: master-group msPostgresql:Master ip="192.168.103.110" nic="eth3" order rsc_order-2 inf: msPostgresql:promote master-group:start symmetrical=false cidr_netmask="24" order rsc_order-3 0: msPostgresql:demote master-group:stop symmetrical=false op start timeout="60s" interval="0s" on-fail="restart" op monitor timeout="60s" interval="10s" on-fail="restart" op stop timeout="60s" interval="0s" on-fail="block"primitive vip-rep ocf:heartbeat:IPaddr2 params ip="192.168.104.110" nic="eth4" cidr_netmask="24" op start timeout="60s" interval="0s" on-fail="restart" op monitor timeout="60s" interval="10s" on-fail="restart" op stop timeout="60s" interval="0s" on-fail="block" Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 24
  • Pacemakerの設定 (抜粋)group master-group Master側で動かす仮想IPは扱いやすいようにグループ化 vip-master vip-rep Master側で動かす仮想IPは扱いやすいようにグループ化primitive vip-rep ocf:heartbeat:IPaddr2 レプリケーション用仮想IPの設定 params ip="192.168.104.110" nic="eth4" cidr_netmask="24" primitive pgsql ocf:heartbeat:pgsql PostgreSQLリソースの設定 params rep_mode="sync" xlog_check_count="0" 同期レプリケーションのMaster/Slave使用を宣言 同期レプリケーションのMaster/Slave使用を宣言 node_list="pm01 pm02" restore_command="cp /var/lib/pgsql/9.1/data/pg_archive/%f %p" primary_conninfo_opt="keepalives_idle=60 keepalives_interval=5 keepalives_count=5 " master_ip="192.168.104.110" stop_escalate="0" レプリケーション接続先はレプリケーション用仮想IP(vip-rep)を設定 レプリケーション接続先はレプリケーション用仮想IP(vip-rep)を設定 リソースの処理順番の設定order rsc_order-3 0:msPostgresql:demote master-group:stop symmetrical=false MasterのPostgreSQLを停止した後に仮想IPを停止することで MasterのPostgreSQLを停止した後に仮想IPを停止することで Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 25 レプリケーションの異常切断を防ぐ
  • Pacemaker状態表示例 (crm_mon –A 実行時)============Last updated: Sun Feb 17 19:01:31 2013Stack: HeartbeatCurrent DC: pm01 (11111111-1111-1111-1111-111111111111) - partition with quorumVersion: 1.0.12-066152e2 Nodes configured, unknown expected votes2 Resources configured.============Online: [ pm01 pm02 ]Resource Group: master-group vip-master (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started pm01 vip-rep (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started pm01Master/Slave Set: msPostgresql Masters: [ pm01 ] Slaves: [ pm02 ]Node Attributes:* Node pm01: + master-pgsql:0 : 1000 + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-master-baseline : 0000000046000000 + pgsql-status : PRI* Node pm02: + master-pgsql:1 : 100 + pgsql-data-status : STREAMING|SYNC + pgsql-status : HS:sync デモでは見にくいので grep と sed を駆使して・・・ デモでは見にくいので grep と sed を駆使して・・・ Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 26
  • Pacemaker状態表示簡略版 (今回のデモ専用)Online: [ pm01 pm02 ] サーバの状態vip-master Started pm01vip-rep Started pm01 仮想IPの状態 Masters: [ pm01 ] Slaves: [ pm02 ] Master/Slave状態------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : LATEST データの状態 + pgsql-status : PRI PostgreSQLの状態* Node pm02: + pgsql-data-status : STREAMING|SYNC データの状態 + pgsql-status : HS:sync PostgreSQLの状態 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 27
  • 属性値 用途 用途 ・ Masterへの昇格可否の判断 ・ Masterへの昇格可否の判断 pgsql-data-status ■ PostgreSQLのデータ状態。Pacemaker再起動しても残る。 (例) LATEST, STREAMING|ASYNC, STREAMING|SYNC DISCONNECTED 等 pgsql-status 用途 用途 ・ PostgreSQLの状態把握 ・ PostgreSQLの状態把握 ■ 現在のPostgreSQLの状態 ・ 他のリソースとの連携 ・ 他のリソースとの連携 (例) PRI, HS:alone, HS:async, HS:sync, UNKNOWN 等 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 28
  • 【デモ】 Master起動 (初期起動)  pm01のPacemakerを起動し設定を反映 # /etc/init.d/heartbeat start # crm configure load update config.crm仮想IP起動 vip-master vip-rep PostgreSQL (Master)Slaveを経由してMasterが起動 Pacemaker STOP PM01 PM02 → HS:alone → PRI データ状態 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. LATEST 29
  • 【デモ】 Master起動 (初期起動)Online: [ pm01 ]vip-master Started pm01vip-rep Started pm01 Masters: [ pm01 ] Stopped: [ pgsql:1 ]------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-status : PRI Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 30
  • 【デモ】 Slave起動 データを同期してpm02のPacemakerを起動 # <データ同期 (バックアップ・リストア)> # /etc/init.d/heartbeat start PostgreSQL状態 vip-master STOP → HS:alone PostgreSQL vip-rep PostgreSQL → HS:async (Master) (Slave) → HS:sync Pacemaker Pacemaker PM01 PM02 データ状態 →DISCONNECTED 新 同期 →STREAMING|ASYNC Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. →STREAMING|SYNC 31
  • 【デモ】 Slave起動Online: [ pm01 pm02 ]vip-master Started pm01vip-rep Started pm01 Masters: [ pm01 ] Slaves: [ pm02 ]------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-status : PRI* Node pm02: + pgsql-data-status : STREAMING|SYNC + pgsql-status : HS:sync------------------------------------------ Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 32
  • 【デモ】 Slaveの故障 pm02のPostgreSQLのプロセスをkill # killall -9 postgres 故障検知 vip-master HS:sync PostgreSQL vip-rep 故障 PostgreSQL ↓ (Master) (停止) STOP非同期設定 Pacemaker Pacemaker へ切替(表示上わからない) PM01 PM02 データ状態 STREAMING|SYNC → DISCONNECTED Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 33
  • 【デモ】 Slaveの故障Online: [ pm01 pm02 ]vip-master Started pm01vip-rep Started pm01 Masters: [ pm01 ] Slaves: [ pgsql:1 ]------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-status : PRI* Node pm02: + pgsql-data-status : DISCONNECT + pgsql-status : STOP------------------------------------------ pgsql:1_monitor_4000 (node=pm02, call=7, 故障情報rc=7, status=complete): not running Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 34
  • 【デモ】 Slaveの復旧pm02のPostgreSQL故障情報クリア # crm resource cleanup msPostgresql pm02 STOP → HS:alone → HS:async vip-master →HS:sync PostgreSQL vip-rep PostgreSQL (Master) (Slave) Pacemaker Pacemaker PM01 PM02 データ状態 DISCONNECTED → STREAMING|ASYNC → STREAMING|SYNC Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 35
  • 【デモ】 Slaveの復旧Online: [ pm01 pm02 ]vip-master Started pm01vip-rep Started pm01 Masters: [ pm01 ] Slaves: [ pm02 ]------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-status : PRI* Node pm02: + pgsql-data-status : STREAMING|SYNC + pgsql-status : HS:sync------------------------------------------ pgsql:1_monitor_4000 (node=pm02, call=7, 故障情報rc=7, status=complete): not running クリア Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 36
  • 【デモ】 Masterの故障 (フェイルオーバ) pm01のPostgreSQLのプロセスをkill # killall -9 postgres 故障検知 vip-master vip-master 仮想IPの移動 vip-rep vip-rep PostgreSQL PostgreSQL (停止) (Master) HS:sync Pacemaker Pacemaker → PRI PM01 PM02データ状態記録 データ状態 LATEST STREAMING|SYNC→ DISCONNECTED → LATEST Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 37
  • 【デモ】 Masterの故障 (フェイルオーバ)Online: [ pm01 pm02 ]vip-master Started pm02vip-rep Started pm02 Masters: [ pm02 ] Slaves: [ pgsql:0 ]------------------------------------------* Node pm01: + pgsql-data-status : DISCONNECT + pgsql-status : STOP* Node pm02: + pgsql-data-status : LATEST + pgsql-status : PRI------------------------------------------ pgsql:0_monitor_2000 (node=pm01, call=25, 故障情報rc=7, status=complete): not running Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 38
  • コミュニティの最近の動き resource-agents 3.9.4 (11/23リリース) ■ Pacemaker 1.1.x の仕様変更に追従 • Pacemaker 1.0.x との互換は保持 ■ recovery.confの、archive_cleanup_commandや recovery_end_commandを設定可能に ■ promote時にPostgreSQLをpromoteするのではなく、 recovery.confを削除して再起動させることでMaster化可能に • Timeline ID のインクリメント防止可能に resource-agents 3.9.5 (2/8リリース) ■ Slave (Hot Stanby)で起動するためだけの機能追加 (Active-Stanby構成で使用) Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 39
  • コミュニティの最近の動き Pacemaker 1.0.13 (2/13リリース) ■ Linux-HA Japan では resource-agents 3.9.5 を同梱し、 リポジトリパッケージとして4月以降にリリース予定 Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 40
  • 動作環境Pacemaker 1.0.12 以上推奨resource-agents 3.9.3 以上 ■ Linux-HA Japan Pacemakerリポジトリパッケージ 1.0.12-1.2 以上に同梱 (2012年7月リリース)PostgreSQL 9.1 以上 ■ 9.0では動きません Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 41
  • 参考ドキュメントおよび設定例 (GitHubのWiki) github t-matsuo 検索 ■ https://github.com/t-matsuo/resource-agents/wiki/Pacemakerダウンロード・インストール Linux-HA Japan 検索 ■ http://linux-ha.sourceforge.jp/ Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 42
  • Question?Copyright(c)2013 NTT, Inc. All Rights Reserved. 43