Aws勉強会アップロード用
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Aws勉強会アップロード用

on

  • 2,490 views

外部向けのAWSの勉強会で使用した資料です。

外部向けのAWSの勉強会で使用した資料です。
AWSの概要、EC2、S3の使い方が載っています。

IPROS TECH MEET UP
http://atnd.org/events/41438

Statistics

Views

Total Views
2,490
Views on SlideShare
1,146
Embed Views
1,344

Actions

Likes
5
Downloads
15
Comments
0

5 Embeds 1,344

http://ipros-creators.tumblr.com 1026
http://toatoshi.hatenablog.com 292
http://assets.txmblr.com 23
http://app.imcreator.com 2
http://cloud.feedly.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Aws勉強会アップロード用 Aws勉強会アップロード用 Presentation Transcript

  • + AWS初級編 株式会社イプロス カイゼンチームリーダー 竹内 孝志
  • + 自己紹介  竹内 孝志(たけうち たかし)  1985年12月18日  大学卒業後SIerで3年勤務した後に転職  現在はイプロスにWEBエンジニアとして勤務  主な業務はイプロスサイトの改善と機能拡張  アジャイル開発を極めるため修行中  趣味はオンラインゲーム  ただのひきこもり
  • + 初級編の目的 AWSとは何か理解できるようになること EC2の管理コンソールが使えるようになるこ と S3の管理コンソールが使えるようになるこ と AWSを使ってサービスを作り始められるこ と AWSを知らない人、使ったことがない人が・・・・・・
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2の使い方 EC2を使ってRailsサーバー構築 S3の使い方 S3を使って静的WEBサイト構築 デモ デモ
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2の使い方 EC2を使ってRailsサーバー構築 S3の使い方 S3を使って静的WEBサイト構築 デモ デモ
  • + AWSとは Amazon Web Servicesの略。 Amazon社が提供するクラウドコンピューティング サービス。 Web サービスを通してアクセスできるよう整備され た サービス群の総称を指しています。 Amazon EC2 Amazon EMR Route 53 Amazon VPC Amazon S3 Amazon EBSCloudFront DynamoDB Amazon RDS ・・・ ・・・
  • + AWSのサービス □AmazonElasticComputeCloud □AmazonElasticMapReduce □AutoScaling □ElasticLoadBalancing □AmazonCloudFront □AmazonRelationalDatabaseService □AmazonDynamoDB □AmazonElastiCache □AmazonRedshift □AWSIdentityandAccessManagement(IAM) □AmazonCloudWatch □AWSCloudFormation □AWSDataPipeline □AWSOpsWorks □AWSCloudHSM □AmazonCloudSearch □AmazonSimpleWorkflowService □AmazonSimpleQueueService □AmazonSimpleNotificationService □AmazonSimpleEmailService □AmazonElasticTranscoder □AWSMarketplace □AmazonRoute53 □AmazonVirtualPrivateCloud □AWSDirectConnect □AmazonFlexiblePaymentsService □AmazonDevPay □AmazonSimpleStorageService □AmazonGlacier □AmazonElasticBlockStore □AWSサポート □AlexaWebInformationService □AlexaTopSites □AmazonMechanicalTurk
  • + 代表的なサービスを紹介 Amazon EC2(ElasticComputeCloud)  VPSサービス。 Amazon S3(SimpleStorageService)  ストレージサービス。 Amazon CloudFront  コンテンツ配信サービス。 Amazon RDS  MySQLのデータベースサービス。 Amazon Elastic MapReduce  Hadoopを利用したデータ処理サービス。
  • + イプロスサイトの用途 EC2 ・フロントエンド ・バックエンド ・インデクシング ・監視サーバー ・バッチ実行環境 ・テスト環境など S3 ・静的ファイル ・ログ RDS ・データベース ELB ・負荷分散 CloudFront ・キャッシュ CloudWatch ・監視 EMR ・ログ解析 VPC
  • + 代表的なVPSサービス さくらインターネット http://vps.sakura.ad.jp/ GMOクラウド http://www.onamae-server.com/vps/ WebARENA http://web.arena.ne.jp/vps-cloud/ FC2 VPS http://fc2-vps.com/ ※「VPS」でgoogle検索した 結果の上位4社
  • + 他のVPSとの比較 初期費用 月額 CPU 容量 お試し期間 AWS 0円 1380円 3コア 7.5GB 1年 さくらイン ターネット 0円 1480円 3コア 200GB 2週間 GMOクラ ウド 0円 1380円 3コア 200GB 15日間 WebAREN A 5250円 1450円 1コア 10GB なし FC2 VPS 0円 1380円 2コア 160GB なし ※AWSは720時間インスタンスを起動したと仮定して計算 ※契約はメモリ2GBで統一して比較
  • + AWSを使うに向いてない場面 アクセスの増減が激しい 運用期間が短い アクセス数が予測不能 一時的な大量アクセスに対応する 開発環境を構築する
  • + AWSに使うに向いてない場面 規模が小さい場合(個人で使うなど) 極端に規模が非常に大きい場合
  • + 用語解説 インスタンス  実行中のAMI(Amazone Machine Image)のことを示す。 アベイラビリティゾーン  インスタンスを配置する場所。 リージョン  アベイラビリティゾーンをまとめたもの。 ElasticIPアドレス  インスタンスに割り当てられる固定のグローバルなIPアドレ ス。 セキュリティグループ  1つのインスタンスに許可される一連のネットワーク。
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2の使い方 EC2を使ってRailsサーバー構築 S3の使い方 S3を使って静的WEBサイト構築
  • + EC2について Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)とは、 仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースを レンタルできるサービスである。 必要に応じて即スケールでき、サーバー購入等の初期 費用(イニシャルコスト)が発生せず、従量制の課金 体系で必要分のみ使用できる。 Webサーバーと同様に利用することができるが、デー タの永続的な記録を行うことができない。データを保 存したい場合には永続的な記憶装置を利用できる 「Amazon S3」などが併用される。
  • + EC2の使い方 インスタンスの作り方 インスタンスの管理方法 EIPの設定方法
  • + インスタンスの作成手順 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループを設定
  • + ローンチインスタンスを選択 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + インスタンスの作成方式を選択 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + OSを選択する AmazonLinuxAMIは Amazoneが提供する LinuxOS ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + インスタンスタイプ選択 インスタンスの起動台数 インスタンスのスペック ゾーンの設定 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + 追加オプションの設定 TerminationProtectionに チェックを入れて インスタンスの削除が 容易にできなくする ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + ストレージデバイスの設定 デフォルトで8GBのスト レージが割り当てられる ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + 名前を付ける あとで付けれる ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + SSH接続に使用する鍵の設定 既に作ってあれば選択、 なければ鍵を 作成することになる ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + SSH接続に使用する鍵の作成 鍵の名前を入力 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + 秘密鍵のダウンロード 後にSSHでログインする ときに必要になる ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + セキュリティグループ選択 SSHで接続するだけなら quick-start-1を選択 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + インスタンス起動 ①OSを選択 ②スペックを選択 ③オプションを選択 ④ストレージを選択 ⑤SSHで接続する鍵を設定 ⑥セキュリティグループの設定
  • + インスタンスの管理方法 インスタンスの管理画面 インスタンスの操作 インスタンスへの接続
  • + インスタンス管理画面
  • + インスタンス名設定
  • + インスタンス検索
  • + 表示項目変更 表示項目が設定で きる
  • + インスタンスの情報確認 PublicDNS 動的に割り振られる グローバルなホスト名
  • + インスタンスの操作 起動、停止、削除 などができる
  • + インスタンスに接続 表示されるコマンドを ターミナルから叩けば接続可能 ※鍵はさきほど作成したもの
  • + EIP設定方法 EIPの取得 EIPの割り当て
  • + EIP取得
  • + EIP取得
  • + EIPの割り当て
  • + EIPの割り当て 割り当てるインスタンスを 選択する
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2について EC2を使ってRailsサーバー構築 S3について S3を使って静的WEBサイト構築
  • + AWSでRailsサーバー構築デモの内容 EC2 Instance Contents Elastic IP nginx Rails unicorn Amazon Linux AMI
  • + AWSでRailsサーバー構築の手順 ①インスタンスを作成 ②お決まりソフトをインストール ③rails,nginx,unicorn設定 ④railsアプリ作成 ⑤画面確認 ▼手順 http://qiita.com/dahugani/private/3c6649c4d98884e2dc12
  • + AWSでRailsサーバー構築 ▼動画URL http://www.youtube.com/watch?v=TOcB7IWz2Ak&feature=youtu.be
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2について EC2を使ってRailsサーバー構築 S3について S3を使って静的WEBサイト構築
  • + S3とは Amazon S3とは、Amazon.comが提供しているクラ ウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS) の一つとして提供されている、オンラインストレー ジサービスの名称である。 Amazon S3では、保存しているデータ量、データ転 送量などに応じて課金される従量制課金モデルと なっている。 Amazon.comの信頼性、Amazon EC2をはじめとす るAWSのサービス群との連携が可能、といったメ リットとなっている。
  • + S3の使い方 ファイルの管理 静的WEBサイトの利用
  • + ファイルの管理 バケットをつくる リソースをアップロードする パーミッションを設定する
  • + バケットをつくる
  • + バケット名を設定 リージョンの選択も可能だ がTokyoで問題なし
  • + バケット作成完了
  • + リソースのアップロード
  • + リソースのアップロード
  • + リソースの確認
  • + リソースの確認 リソースのURLにブラウザでア クセスしても見れない
  • + パーミッションの設定 パーミッションを設定 する
  • + 静的WEBサイトの利用 バケットのパーミッション設定 WEBサイトの設定
  • + バケットのパーミッション設定 Add Bucket Policyを選び デフォルトのパーミッションを設定
  • + バケットのパーミッション設定 SampleBucketPoliciesの リンクからバケットポリシーの サンプルページへ
  • + バケットのパーミッション設定 全ユーザーの公開する パーミッションの設定を コピーする
  • + バケットのパーミッション設定 貼付けてサンプルの バケット名を変更する
  • + WEBサイトの設定 初期ページとして表示させた い htmlをアップロードする
  • + WEBサイトの設定 初期ページを設定する
  • + AWS初級編 AWSの概要 EC2について EC2を使ってRailsサーバー構築 S3について S3を使って静的WEBサイト構築
  • + S3を使って静的WEBサイト構築の内容 Bucket イメージ css html
  • + S3を使って静的WEBサイト構築の手順 バケットの作成 リソースのアップロード WEBサイトの設定
  • + S3を使って静的WEBサイト構築 ▼動画URL http://www.youtube.com/watch?v=CKsdX5yZz3k&feature=youtu.be
  • + 本日のまとめ  AWSはamazon社提供のWebサービス群の総称。  EC2はサーバーのリソースをレンタルできるサービス。  S3はオンラインストレージサービス。  インスタンスはブラウザから簡単に作れる  バケットはブラウザから簡単に作れる 本資料を参考にして使ってみてください
  • + 参考文献 ▼書籍 Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド よくわかるAmazonEC2/S3入門 ―AmazonWebServicesクラウド活用 と実践 ▼WEBサイト amazon公式 http://aws.amazon.com/jp/