0
XP/PFPの超概要説明



         2007年6月26日
               西 丈善
自己紹介

•   名前は?      →   西 丈善(にし たけよし)
•   歳は?       →   46年生まれ(36歳)
•   血液型は?     →   O型です
•   出身は?      →   関西です
•   業務経験...
XP(eXtreamProgramming)



     XP
eXtream Programming
eXtream Programming
XPとの出会い(1)

• 現状の開発方法に疑問
  を抱いていた。
• 更なる改善方法を模索
  していた。
XPとの出会い(2)

• 2003年某月某日、
  XPに出会った!!
• 「これぞ自分の求める
  モノだ!」と直感。
XPが気に入った理由

• 人が中心
• 経験的に大事だと思っていた
  事をズバッと言い切っている
• 想像すらできなかったアイデ
  ィアに溢れている
従来型開発方法の問題点
             なかなか
            出てこない!!
                        リリース
  要求
                             仕様の認識ずれが
...
XP開発方法の特徴
                     リリース
       要求
                 実施ストーリ
   ストーリ
   ストーリ           を決定

       ストーリカード   お客様が...
XPのメリット
 • 作業の粒度を小さくする事で間違いの
   混入を低減できる
• リリースを繰り返すことで、顧客との
   認識のずれを開発期間中に修正可能
• プロジェクトが途中でキャンセルされ
   ても、動作する製品をリリースできる
...
XPのまとめ

楽しくしっかり
ソフトウェアを
開発するための
アイディアの集合
PF(Project Facilitation)



     PF
Project Facilitation
        Facilitation
生産性の問題(1)


• プロジェクトの「生産
  性」を最大限に引き出
  す方法は?
生産性の問題(2)
• プログラム開発は多くのフェー
  ズで「手作業」に頼っている
   •   コーディング      これらの完全
                   なる自動化は
   •   テスト
                ...
ヒトの生産性の上げ方
• ヒトは「やる気」(=モチベーシ
  ョン)が高い時、最大限の生産性
  を発揮する。
• つまり、モチベーションを上げて
  あげれば良い。
• ヒト + モチベーション =高生産性
    PFを活用!!
PFとは?

• チームが最大限の成果を引き出せ
  る様、支援する手法。
• 個人のモチベーションを高める事
  で、最大限の成果を引き出す。

• PFを活用することで、強力なチ
  ーム作りが可能となる。
PFがない時・・・。
• 個人でがんばる。
• コミュニケーション軽視。
• 自発的な助け合いが無い。
• 情報が共有されない。

  チーム力が発揮
  されない
PFがある時!!
• みんなでがんばる!!
• コミュニケーション重視!!
• 自発的な助け合いが実現!!
• 強力な情報共有が実現!!

  チーム力が発揮
  される!!
PFのまとめ

PFとは、
仕事の潤滑剤
である。
PF+XP=XPFP




XPFP
XPFPとは?
•   XPは「ヒト」が中心。
•   PFはチームを支援する手法。
•   PFはXPに非常にマッチする。
•   XPにPFの手法を取り入れる事で
    XPが進化する。
組み込み開発におけるXPFPの事例




• 実践者 : 私のチーム
• 理解者 : 少ない
メンバーの感想
「やりやすい」
「ビルド回数が多くなる」
「メンバー全員の状況を把握できる」
「漏れが減る」
「ボケれて楽しい」
「親しみやすい」
「明るく作業できる」
「ペアプロでスキルアップ」
リーダ(私)の感想
• ビックリするほど原価が上がる訳
  ではない。
• ビックリするほど生産性/品質が
  上がる訳でもない。
• しかし、メンバーに作業を依頼す
  る時の安心感が格段に高い。
• 開発がより楽しくなる!
まとめ
PF+XP= ・・・


 XPの進化形
    である。
ご清聴、
 ありがとう
ございました。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Xpfp 070626

1,171

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,171
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Xpfp 070626"

  1. 1. XP/PFPの超概要説明 2007年6月26日 西 丈善
  2. 2. 自己紹介 • 名前は? → 西 丈善(にし たけよし) • 歳は? → 46年生まれ(36歳) • 血液型は? → O型です • 出身は? → 関西です • 業務経験は? → 16年です • 分野は? → ひたすら組み込み系です • XP初体験は? → 2004年頃 • PF初体験は? → 2006年頃
  3. 3. XP(eXtreamProgramming) XP eXtream Programming eXtream Programming
  4. 4. XPとの出会い(1) • 現状の開発方法に疑問 を抱いていた。 • 更なる改善方法を模索 していた。
  5. 5. XPとの出会い(2) • 2003年某月某日、 XPに出会った!! • 「これぞ自分の求める モノだ!」と直感。
  6. 6. XPが気に入った理由 • 人が中心 • 経験的に大事だと思っていた 事をズバッと言い切っている • 想像すらできなかったアイデ ィアに溢れている
  7. 7. 従来型開発方法の問題点 なかなか 出てこない!! リリース 要求 仕様の認識ずれが 表面化!! 仕様書 テスト 設計の問題が ようやく表面化!! 開発中、 仕様が変わる!! コード デスマーチ
  8. 8. XP開発方法の特徴 リリース 要求 実施ストーリ ストーリ ストーリ を決定 ストーリカード お客様が決定 開発者が決定 テスト タスクに 分割 タスク ストーリ ストーリ コード リファクタリング タスクカード 仕様書作成 環境作成 タスクを 実行 その他
  9. 9. XPのメリット • 作業の粒度を小さくする事で間違いの 混入を低減できる • リリースを繰り返すことで、顧客との 認識のずれを開発期間中に修正可能 • プロジェクトが途中でキャンセルされ ても、動作する製品をリリースできる → さまざまなリスクを削減できる
  10. 10. XPのまとめ 楽しくしっかり ソフトウェアを 開発するための アイディアの集合
  11. 11. PF(Project Facilitation) PF Project Facilitation Facilitation
  12. 12. 生産性の問題(1) • プロジェクトの「生産 性」を最大限に引き出 す方法は?
  13. 13. 生産性の問題(2) • プログラム開発は多くのフェー ズで「手作業」に頼っている • コーディング これらの完全 なる自動化は • テスト 困難!! • レビュー • ドキュメント作成 • 最もウェイトの重い「ヒト」の生産 性を上げる事が効率的かつ効果的。
  14. 14. ヒトの生産性の上げ方 • ヒトは「やる気」(=モチベーシ ョン)が高い時、最大限の生産性 を発揮する。 • つまり、モチベーションを上げて あげれば良い。 • ヒト + モチベーション =高生産性 PFを活用!!
  15. 15. PFとは? • チームが最大限の成果を引き出せ る様、支援する手法。 • 個人のモチベーションを高める事 で、最大限の成果を引き出す。 • PFを活用することで、強力なチ ーム作りが可能となる。
  16. 16. PFがない時・・・。 • 個人でがんばる。 • コミュニケーション軽視。 • 自発的な助け合いが無い。 • 情報が共有されない。 チーム力が発揮 されない
  17. 17. PFがある時!! • みんなでがんばる!! • コミュニケーション重視!! • 自発的な助け合いが実現!! • 強力な情報共有が実現!! チーム力が発揮 される!!
  18. 18. PFのまとめ PFとは、 仕事の潤滑剤 である。
  19. 19. PF+XP=XPFP XPFP
  20. 20. XPFPとは? • XPは「ヒト」が中心。 • PFはチームを支援する手法。 • PFはXPに非常にマッチする。 • XPにPFの手法を取り入れる事で XPが進化する。
  21. 21. 組み込み開発におけるXPFPの事例 • 実践者 : 私のチーム • 理解者 : 少ない
  22. 22. メンバーの感想 「やりやすい」 「ビルド回数が多くなる」 「メンバー全員の状況を把握できる」 「漏れが減る」 「ボケれて楽しい」 「親しみやすい」 「明るく作業できる」 「ペアプロでスキルアップ」
  23. 23. リーダ(私)の感想 • ビックリするほど原価が上がる訳 ではない。 • ビックリするほど生産性/品質が 上がる訳でもない。 • しかし、メンバーに作業を依頼す る時の安心感が格段に高い。 • 開発がより楽しくなる!
  24. 24. まとめ
  25. 25. PF+XP= ・・・ XPの進化形 である。
  26. 26. ご清聴、 ありがとう ございました。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×