Hack for japan 情報再利用推進pjご紹介 (2011 07-30)

857 views

Published on

情報再利用推進Pハッカソンでのプロジェクト紹介
第3回 Hack For Japan 東京会場 (2011-07-30)にてプレゼン発表

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
857
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Hack for japan 情報再利用推進pjご紹介 (2011 07-30)

  1. 1. 情報再利用推進PJ   ご紹介 情報再利用、しましょうか 2011年7月30日 東京会場
  2. 2. 現状の情報流通の問題点 現状 情報提供者(政府・企業など)の   CSV化の必要 Webサイト   ・情報がどこにあ 性が分から るかわからない   ない PDF   ・再利用できない など 情報提供者 情報利用者 「IT技術を使って、こんなことがわかれば嬉しい」というアイデア   ↑ 実現のために「情報」(データ)が必要 ↑   •  情報がない場合もあるが、ある情報が使いにくいというケースも多い •  使える情報を探すことに時間がかかるとHackも出来ない(ボランティアでは限界) •  ※使いにくかった例:東京電力の電力使用量など
  3. 3. 問題点解消のステップ ・再利用できる  システム化 ・みんなの役に立 情報提供者(政府・企業など)のWebサイト   CSV化の必要性・ つHackができる 作り方が分かる   正しいかのチェッ CSV   クも出来る CSV公開チェッカ   情報利用者 情報提供者 DB化 ・情報のありかが 分かる 3つの対応策 •  (再利用可能な形式で公開するための)マニュアル整備  →ITに強くない担当者でも再利用可能な形式で情報公開できる •  (公開した情報の形式が適切か否かの)チェックツール作成 •  チェックツールを利用した公開情報のデータベース化  →情報利用者が安心して再利用出来る、情報が見つけられる
  4. 4. 情報流通プロセス・アプローチ 情報流通のプロセス オーナー 提供者 アプリ作る人 見る人 •  提供者・アプリ作る人(システムサイド)   –  情報提供者の手間を増やさず   アプリ作る人の手間を減らす仕組みの提供   –  必要な情報が探しやすく、アプリも作りやすく。   •  オーナー・見る人(促進)   –  情報提供者にも見る人にもメリットを持たせる   –  情報の可視化(グラフなど)、Hack  For  JapanのPJを事例に   情報再利用がしやすい環境を整える 情報再利用の有効性を知ってもらう
  5. 5. システムのイメージ Csv化を依頼 次回ハッカソン計画 将来計画 html 画像 PDF twiFer CSV Csvチェッカー 標準CSVに変換する 標準CSV json アプリケーション DBに保存 可視化を例示する

×