"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮)

on

  • 2,326 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,326
Views on SlideShare
2,326
Embed Views
0

Actions

Likes
5
Downloads
23
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

"Business Model canvas", "Empathy Map", "Lean Canvas" のワークショップのスライド(仮) Presentation Transcript

  • 1. 2013. 2. 5 クラスメソッド株式会社Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013 ⾏行行ってきた BUSINESS MODEL CANVAS、 EMPATHY MAP, LEAN CANVAS ワークショップ(仮) クラスメソッド株式会社 マーケティンググループ マネージャー 嵩原 將志 (タケハラ マサシ Tw:@take3000)
  • 2. 自己紹介 タケハラ マサシ <資格> 嵩原 將志 認定スクラムプロダクトオーナー Takehara Masashi <コミュニティ>   DevLOVE   BMGで何か   WHY-WG <執筆> 100⼈人のプロが選んだソフトウェア TwitterID:@take3000 開発の名著 君のために選んだ1冊 Blog「たけはらですが」 (翔泳社)http://slideshare.net/takelog3000 http://design.classmethod.jp/ UX重視で変わる開発プロセス (IT Leaders) 達⼈人ライトニングトーカーへの道Marketing/ Project Management (@IT⾃自分戦略研究所) / Agile(Scrum)/ Cloud(AWS) Flashは死んでしまうのか? / UX Design (Codezine)
  • 3. AGENDA Lecturer work 1: Business Model Canvas work 2: 課題発見 work 3: Running Lean work 4: Elevator Pitch
  • 4. LECTURE ワークショップの前フリ
  • 5. WHY ?何故、ビジネスモデルか?
  • 6. PROBLEM 課題
  • 7. WATERFALL ↓ AGILE予測型の計画主導から、現実的な変更受容
  • 8. h"p://pub.ne.jp/Under_the_Bridge/?entry_id=4162678 (賛否両論あるものの)いちおう改善されているらしい
  • 9. NEWPROBLEM 新たな課題
  • 10. h"p://www.ryuzee.com/contents/blog/6262 どうやって作る?  →  そもそも何作る?
  • 11. そもそも何を作る? ユーザー マーケットプロダクトオーナー?
  • 12. PROCESS ?「開発」プロセスだけでいいの?
  • 13. BUSINESSMODELING「どうやって作るか」から「何を作るか」
  • 14.   a long time ago in galaxy far,  far away... 遠い昔、遥か彼⽅方の銀河で 昔から⾔言われてたけど敷居が⾼高かった
  • 15. MOMENTUM 流れの変化
  • 16. USEREXPERIENCE DESIGN UXデザイン
  • 17. ユーザの知覚と振る舞いに影響を与えることを目的とし、特定の企業に対するユーザの体験に影響する要素を創造しシンクロさせること、であるUXデザインプロジェクトガイド「優れたユーザエクスペリエンスを実現するために」
  • 18. 「スペック」が良いではなく「人」にとって「良い」体験をつくる
  • 19. BUSINESS MODELGENERATION ビジネスモデル・ジェネレーション
  • 20. h"p://books.shoeisha.co.jp/book/b94967.html
  • 21. LEANSTARTUP リーン・スタートアップ
  • 22. リーンスタートアップさわり Why? http://lean.st/Copyright (C) CLASSMETHOD All Rights Reserved 23
  • 23. 内的理由による変化 → 変化ではなく読み違いCopyright (C) CLASSMETHOD All Rights Reserved http://www.roomie.jp/2012/06/9565/ 24
  • 24. リーンスタートアップさわり 実用最小限の製品 仮説検証 ピボット 革新会計 学習のサイクル http://lean.st/Copyright (C) CLASSMETHOD All Rights Reserved 25
  • 25. リーンスタートアップさわり Lean(形容詞) :<会社などが>むだがなく活⼒力力があるCopyright (C) CLASSMETHOD All Rights Reserved プログレッシブ英和・和英辞典
  • 26. PROCESS開発プロセスだけ良くても満たされない
  • 27. REPEATABLE 再現性重要
  • 28. IDEA アイディアは⼤大事だけど、それだけではみんなが動けない
  • 29. THEBUISNESS PLAN 事業計画書では重すぎる
  • 30. BUSINESS MODELアイディアと事業計画書の間にビジネスモデル
  • 31. 1.すぐかける 思いついたらすぐ描ける
  • 32. 2.誰でもわかる 誰でもわかるので検証しやすい
  • 33. 3.いじりやすい 変更しやすい
  • 34. work 1ワーク 1(15分)
  • 35. BUSINESS MODEL CANVASビジネスモデルキャンバスを描いてみよう!
  • 36. KEYRESOURCES 主要なリソース
  • 37. KEYACTIVITIES 主要な活動
  • 38. VALUEPROPOSITION 提供価値
  • 39. CUSTOMER SEGMENT 顧客セグメント
  • 40. CHANNELS チャネル
  • 41. CUSTOMERRELATIONSHIPS 顧客との関係性
  • 42. REVENUESTREAMS 収益の流れ
  • 43. KEYPERTNERS 主要なパートナー
  • 44. COSTSTRUCTURE コスト構造
  • 45. バリューストリームはできてますか?
  • 46. work 2ワーク 2(30分)
  • 47. EMPATHY MAP共感マップを描いて課題を探そう
  • 48. h"ps://www.facebook.com/groups/120115278120149/
  • 49. work 3ワーク 3(30分)
  • 50. LEANCANVASリーンキャンバスを描いてみよう
  • 51. リーン・キャンバス課題 ソリューション 独自の価値提案 圧倒的優位性 顧客セグメント 既存の代替品 主要指標 ハイレベル・コンセプト CH  チャネル アーリーアダプター CS  コスト構造 RS  収益の流れ Copyright©2010  by  Alexander  Osterwalder  All  Right  Reserved.  
  • 52. BusinessModel Canvas ↓Lean Canvas ちがうところ
  • 53. パートナー→課題、代替品 リソース→指標VP→UVP・ハイレベルコンセプト顧客との関係性→圧倒的な優位性 左右対称→左から右へ ----
  • 54. PROBLEM 課題
  • 55. EXISTINGALTERNATIVES 既存の代替品
  • 56. UNIQUE VALUEPROPOSITION 独⾃自の提供価値
  • 57. HIGH-LEVEL CONCEPT ハイレベル・コンセプト
  • 58. CUSTOMERSEGMENTS 顧客
  • 59. EARLYADOPTERS アーリーアダプター
  • 60. CHANELLS チャネル
  • 61. UNFAIRADVANTAGE 圧倒的な優位性
  • 62. SOLUTION ソリューション
  • 63. REVENUESTREAMS 収益の流れ
  • 64. COSTSTRUCTURE コスト構造
  • 65. KEY METRICS 主要な指標
  • 66. work 4 ワーク 4
  • 67. Elevator Pitchビジネスモデルを⼿手短に説明しよう
  • 68.   SUCCESs
  • 69.  Simplicity 単純明快Unexpectedness 意外性Concreteness 具体性Credibility 信頼性Emotions 感情に訴えることStories 物語性
  • 70. RECAP ofTODAY S WORK 今⽇日のまとめ
  • 71. Any have Questions ?
  • 72. THANK YOU!