Klabの梅雨対策

  • 1,183 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,183
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
3

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. KLabの梅雨対策 KLab株式会社 研究開発部 GREE×KLab合同勉強会 竹井英行 2010/05/07
  • 2. 自己紹介 • たけいひでゆき(2年目) • 興味 – 人とロボット、ロボットと ロボットの関わり • 趣味 – 役に立たないモノを作る • モノの新たな価値を創見出す
  • 3. 今日は役に立つモノを発表したいと思います
  • 4. Agenda • Klabオフィス(六本木ヒルズ)の弱点 • 梅雨を快適に過ごすために • Live E! について • GAEまわりについて • デモ
  • 5. 梅雨時期のオフィスの弱点 • 5月とえいば梅雨です! • Klabは六本木ヒルズ22F にオフィスがあります このへん • 雨音が聞こえません • 気づかずに外に出ると 雨・・・・ということが多々 あります • 雨かどうか知るために 我々はどうしているか・・・
  • 6. 傘をさしている人がいる =雨が降っている 「窓から下を覗く」という愚かな行為 注)夜になると、うっすらとしか見えません!
  • 7. 梅雨を快適に過ごすために • リアルタイムな雨状況を知りたい – Not 天気予報 • 下を覗くは面倒 – パソコンなら覗ける • 雨が降ったとき、やんだ時をリアルタイムに Twitしてくれるボットの製作
  • 8. デモ http://twitter.com/roppongi_rain 雨が降っていないとき 雨が降っているとき
  • 9. Live E! ~活きた地球の環境情報~ • http://www.live-e.org/index.html • インターネットに接続されたデジタ ル百葉箱が六本木ヒルズの近くに 設置されている – http://www.map- asp.net/Spatial_Gateway/pl/Live- E_v2.html • 5分置きにデータが中央サーバに 集まる • XMLで取得できます! • 計測できるもの – 温度、湿度、気圧、風向、風速、雨量 の瞬時値
  • 10. XMLの中身はこんな感じ 東京都港区白金6-9-5]" 東京都港区白金 <sensorGroup address="[東京都港区白金 class="combined" id="live-e.org/WXT510/030000049bc2/" latitude="35.640388" location="Shinno elementary 神応小学校]" 神応小学校 school[神応小学校 longitude="139.72783" sensorModel="WXT510" sensorVendor="Vaisala"> <sensor id="live-e.org/WXT510/030000049bc2/DayRainFall" sensorType="DayRainFall"> <value time="2010-04-28T04:03:31.0000000+00:00" jptime="2010-04-28T13:03:31.0000000+09:00">0</value> </sensor> <sensor id="live-e.org/WXT510/030000049bc2/Humidity" sensorType="Humidity"> <value time="2010-05-07T03:33:35.0000000+00:00" jptime="2010-05-07T12:33:35.0000000+09:00">68.5</value> </sensor> ・・・・・・
  • 11. Google App Engineで作ろう • TwitterにはOauthで – Twitter APIのBasic認証は6月30日に終了 – Tweepyというライブラリを使用 • cronで5分おきにデータを取得・DBに保存 – http://live-e.naist.jp/data/getLatestDataAll/ • データストアでDBにつっこむ – RDBではないが、GQLでRDBからデータを取り出すのと 似たような感覚で問い合わせを行うことができる – SELECT * FROM SensorData ORDER BY created_at DESC LIMIT 576
  • 12. データストアの使い方 • エンティティの定義 class Message(db.Model): author = db.UserProperty() content = db.StringProperty() • データストアに保存する ‘ ’ ‘ ’ message = Message(author=‘takei’, content=‘nice guy’) message.put() • GqlQueryによる問い合わせ messages = db.GqlQuery("SELECT * FROM Message” ” “WHERE author = :1”, ‘takei’) ” ’
  • 13. Tweepy • 前提:アクセストークンを取得しておく • 初期化 auth = tweepy.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET) auth.set_access_token(ACCESS_TOKEN, ACCESS_TOKEN_SECRET) auth_api = tweepy.API(auth) • Twitする auth_api.update_status(“takei is nice guy!!!”) • アイコンを変更する auth_api.update_profile_image(“images/cloudy.png”)
  • 14. ついでにグラフも表示してみよう • センサデータをグラフで見たい欲求が 沸き起こる • GAEでグラフサイトを作ろう • デモ↓ http://roppongi-weather.appspot.com/
  • 15. グラフ表示 • Google Visualization APIと Google Chart APIを使う – http://code.google.com/intl/ja/apis/visu alization/documentation/gallery.html • データソースをpython側で作る – google-visualization-python – http://code.google.com/p/google- visualization-python/ • センサデータをjsonに – テンプレート機能を使用し、jsonをテンプ レートに渡す
  • 16. templateを使ってページを表示 • Python側 params[‘name’] = ‘takei’ params[‘content’] = ‘nice guy’ fpath = os.path.join(os.path.dirname(__file__), 'views', 'index.html') html = template.render(fpath, params) self.response.headers['Content-Type'] = 'text/html' self.response.out.write(html) • template側 <html> <body> <h2>{{name}} is {{content}}!!</h2> </body> </html>
  • 17. まとめ • こんかいやったこと – 六本木の雨実況Twitterボットを製作 – 六本木のセンサデータ表示サイト製作 • これでKlabの梅雨対策は完璧です • 今後の展開 – 雨が降ると動くミニ四駆の製作 • ありがとうございました