Kansai.AR - ARを作って考える~これであなたも超高音~

1,924
-1

Published on

Kansai.AR たけいひでゆきの発表資料(2008年12月6日)
AR素人がARをやる.探す.歌う.考える.
http://d.hatena.ne.jp/hidep22/20081207/1228685571

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,924
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kansai.AR - ARを作って考える~これであなたも超高音~

  1. 1. Kansai.AR たけいひでゆきARを 作って 考える Dec.7,2008
  2. 2. アジェンダ
  3. 3. ARを… 1.見つける 2.作る 3.考える
  4. 4. ARってなに? •拡張現実とは現実環境にコンピュータを 用いて情報を付加提示する技術、および 情報を付加提示された環境そのものを示す。
  5. 5. CGモノのARが多いけど •情報を付加提示するには… •ARってカメラ+CGを 使ったものだけなのか •世の中にあるARっぽい ものを探してみよう!
  6. 6. その1:化粧 昔からあるアナログAR
  7. 7. その2:オリンピック中継 メディアを利用したAR
  8. 8. その3:ニュース メディアを利用したAR
  9. 9. その4:iPod 聴覚に訴えかけるAR
  10. 10. その5:現実歪曲空間 ジョブズを利用したAR
  11. 11. ARを… 1.見つける 2.作る 3.考える
  12. 12. 超高音Vitas •クチパクARじゃない ホンモノ の声がほしい •リアルタイムに声を作っちゃってAR!
  13. 13. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか
  14. 14. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか 低音 高音 超高音
  15. 15. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか 低音 高音 超高音 45
  16. 16. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか 低音 高音 超高音 45 90
  17. 17. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか 低音 高音 超高音 45 90 135
  18. 18. ピッチを変化させる •音高を上げ下げする音声処理→ピッチシフト •いかに自然な動作でピッチシフトさせるか 低音 高音 超高音 45 90 135 ピッチとマイクの角度には相関がある
  19. 19. Wiiリモコン •加速度センサ搭載 •姿勢角を検出できる •マイクのボディにする •先端にマイクを取り付ける
  20. 20. システム構成 Wiiリモコン マイク スピーカ ・GNU/Linux Debian(sid) ・C++で開発 パソコン
  21. 21. システム構成 Wiiリモコン マイク スピーカ ・GNU/Linux Debian(sid) ・C++で開発 Cwiidで センサ値を取得 パソコン
  22. 22. システム構成 Wiiリモコン マイク スピーカ ・GNU/Linux Debian(sid) ・C++で開発 SndObjで ピッチシフト Cwiidで センサ値を取得 パソコン
  23. 23. ARを… 1.見つける 2.作る 3.考える
  24. 24. 現実を変化させる •ARは視覚だけでなく,身体全体に作用する •ARを「現実の拡張するもの」ではなく, 「現実を変化させるもの」と解釈 現実に新たな 存在を付け足す もとあった存在の性質・ 価値を変える 現実 存在存在 現実現実現実 存在
  25. 25. 拡張された存在との コミュニケーション •最近話題のARは拡張された 存在とインタラクション・ コミュニケーションできる •電脳コイル •電脳フィギュア アリス •物質としてのARから身体と してのARへ
  26. 26. 普通の人には見えない •「ARを見ている人」と   「ARを見ていない人」は  違う現実を見ているにも関 わらず同じ世界に存在する •「ARを見ている人」は   まるで幻視が見える人 •行為のグラウンディングが されない時の違和感
  27. 27. リアル-ヴァーチャル •Vitasの歌声に聞き惚れる人々 •デンスケになつく子どもたち •リアルとヴァーチャルの境界はない?!
  28. 28. ARの2つの側面 •ARということを知りながら見る •いつの間にかARを見せられていた •「いつの間にかAR」は批判対象ともなる
  29. 29. ARの表示 •アリスがもっとヒトらしい形・ 振る舞いになれば… •生中継の「LIVE」のような  サインが必要になるのか
  30. 30. 複数の現実を受け入れる •複数の現実を受け入れられるか •「世界は一つ,物理世界だけではない」   ということ •世代が変わっていくうちにARの性質に慣れて いくのではないか

×