Linked Data (再)入門

14,449 views

Published on

第7回Linked Data勉強会での資料です。Linked Dataのオープンデータでの位置づけ、Linked Dataとは何か、Linked Dataの利用について語ります。

Published in: Technology
0 Comments
22 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
14,449
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6,093
Actions
Shares
0
Downloads
73
Comments
0
Likes
22
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Linked Data (再)入門

  1. 1. Linked Data(再)入門 武田英明 takeda@nii.ac.jp @takechan2000 国立情報学研究所 NPO法人 リンクト・オープン・データ・イニシアティブ 第7回LinkedData勉強会、2013年10月8日、於:インフォコム株式会社
  2. 2. オープンデータとは • データを公開するということ? • 情報公開とは違うの?
  3. 3. オープンデータとは • オープンデータとは、誰でも自由に使え て再利用もでき、かつ再配布できるよう なデータである。課すべき決まりは、た かだか「作者のクレジットを残す」ある いは「同じ条件で配布する」程度である。 http://opendatahandbook.org/ja/what-is-open-data/ • “A piece of data or content is open if anyone is free to use, reuse, and redistribute it — subject only, at most, to the requirement to attribute and/or share- alike.” http://opendefinition.org/
  4. 4. データは情報流通社会の資源 自由に利用 自由に再加 工 自由に再配 布
  5. 5. オープンデータに必要なもの • オープンライセンス • 機械可読フォーマット
  6. 6. オープンライセンス • 情報を最小限の制約以外で自由に使うこ とを許すライセンス CC0 権利放棄 CC BY 表示 CC BY-SA 表示 - 継承 CC BY-NC 表示 – 非営利 CC BY-ND 表示 – 改変禁止 CC BY-NC-SA 表示 -非営利-継承 CC BY-NC-ND 表示 -非営利-改変禁止 全ての権利の主張 CCライセンス いくつかの権利の主張 オープンライセンス
  7. 7. 機械可読フォーマット • 再利用性を高める – 内容を切ったり、はったりできること • 機械(コンピュータ)が内容を処理でき る形式が望ましい – 特定のプログラムで処理できる – オープンなフォーマットで公開 – Webのようにつながる
  8. 8. オープンデータへの5つのス テップ どんなフォーマットでよいからオープンラインセス でデータ公開 例:PDF, jpg コンピュータが処理可能なフォーマットで公開 例:xls, doc オープンに利用できるフォーマットで公 開 例:csv RDF(とSPARQL)でデータ 公開 例:RDFa, RDFストア 他へのリンクを 入れたデータを 公開
  9. 9. データの公開、共有 Linked Data Linked Open Data (LOD)
  10. 10. http://www.data.gov/
  11. 11. 文書のWeb
  12. 12. データのWeb このデータに 対応する別の データ このデータに 別のデータと 同じ この属性の意 味は? 異なるデータ源のデータが相互に結びつ く
  13. 13. Linked Open Data (LOD) • オープンでリンクできるデータ – 今のWebが“文書のWeb” 、LODは“データのWeb” • Linked Dataの4原則 – 事柄の名前にURIを使うこと – 名前の参照がHTTP URIでできること – URIを参照したときに関連情報が手に入るように 理解可能なデータを提供 – 外部へのリンクも含めよう (必ずしもオープンとは限らない⇒Linked Data)
  14. 14. Linked Dataの記述のしかた • RDF(+RDFS, OWL)の利用 – 簡便な記述方法:<主語> <述語> <目的語> . <http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda#me> rdfs:type foaf:Person . <http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda#me> foaf:name “武田英明” . <http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda#me> foaf:gender “male” . <http://www-kasm.nii.ac.jp/~takeda#me> foaf:knows <http://southampton.rkbexplorer.com/id/person07113> . http://www-kasm.nii.ac.jp/ ~takeda#me http://southampton.rkbexplorer.com /id/person07113 foaf:knows foaf:Person rdfs:type “武田英明” “male” foaf:name foaf:gender
  15. 15. “1955-06-08” Linked Dataの記述 http://www-kasm.nii.ac.jp/ ~takeda#me http://southampton.rkbexplorer.com/ id/person-07113 foaf:knows foaf:Person rdfs:type foaf:name foaf:gender <http://dbpedia.org/resource/Tim_Berners-Lee> owl:sameAs dbpprop:birthDatedbpprop:birthPlacedbpprop:name dbpedia:Computer_scientist dbpprop:occupation “武田英明” “male” “London, England”“Sir Tim Berners-Lee”
  16. 16. LOD Cloud (Linking Open Data)
  17. 17. http://dbpedia.org/page/To
  18. 18. http://en.wikipedia.org/wiki/Tokyo
  19. 19. Linked Dataをどうやって使うの か Things Things Things Things Things Linked Data Browser Linked Data Mashup Linked Data Search Engine SPARQL RDF Store
  20. 20. Tabulator
  21. 21. http://sindice.co
  22. 22. DBpedia Mobile
  23. 23. 施 設 ユーザ Yokohama Art Spot RDF ストア SPARQL エンドポイント RDF ストア SPARQL エンドポイント LODAC Museum 横浜LOD 作品 所蔵館 アーティスト アーティス ト 施設 イベント Yokohama Art Spot の構成 全体マップ表示における処理 施設 イベント HTML JavaScript Python SPARQLWrapper OWLIM SE ARC2 RDF ストア SPARQL エンドポイント PinQA 質問 回答 ユーザ SPARQL JSON D2R スポッ ト
  24. 24. 施設情報ページにおける情報取得と表 示 標準化された形式で記述 ユーザに適した表示が 簡単に実現可能 利用
  25. 25. 育なび.net
  26. 26. 育なび.netのシステム 育なび.net 保育園 データ 保育所 空き状況 データ 医療機関 データ 防災・減災 データ 他 元データはExcel RDFに変換 RDFストア データ格納 SPARQLを発行 レスポンス Webサーバ ブラウザ
  27. 27. 育なび.net 公園データ 広域避難場所データ 駐車場データ 健康遊具データ
  28. 28. Linked Dataをどうやって使うの か Things Things Things Things Things Linked Data Browser Linked Data Mashup Linked Data Search Engine SPARQL RDF Store
  29. 29. SPARQL • RDFデータ問い合わせ言語 • SQLに似た構造 PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> SELECT ?name WHERE { ?person foaf:name ?name . } クエリの変数 クエリのパターン (Turtle 形式) クエリのフォーム RDF Store (RDF Database) SPAQL Query SPARQL Query Language for RDF W3C Recommendation 15 Janua http://www.w3.org/TR/rdf-sparq
  30. 30. クエリのフォームと返値 Query form Results SELECT, ASK XML, (JSON) CONSTRUCT, DESCRIBE RDF Graph
  31. 31. CONSTRUCT PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> CONSTRUCT { ?person foaf:name ?name . } FROM <http://fumi.me/foaf.rdf> WHERE { ?person foaf:name ?name . }
  32. 32. 複数クエリパターンの利用 PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> SELECT * WHERE { ?person foaf:name ?name . ?person foaf:mbox ?email . } PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> SELECT * WHERE { ?person foaf:name ?name; foaf:mbox ?email . } 全変数 複数パターンへのマッチ
  33. 33. 接続グラフ PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> SELECT ?name ?uri WHERE { ?person foaf:knows ?who . ?who foaf:name ?name; rdfs:seeAlso ?uri . } ?person ?name ?who ?urifoaf:knows foaf:name rdfs:seeAlso
  34. 34. オプション • OK if it is not matched but return values if matched PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> SELECT ?name ?uri WHERE { ?person foaf:knows ?who . ?who foaf:name ?name . OPTIONAL { ?who rdfs:seeAlso ?uri . } }
  35. 35. 修飾子(Modifiers) PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> SELECT ?name ?uri WHERE { ?person foaf:knows ?who . ?who foaf:name ?name; OPTIONAL { rdfs:seeAlso ?uri . } } 昇順 (降順なら ORDER BY DESC(?name) ) 解の個数の上限 ORDER BY ?name LIMIT 10
  36. 36. 和(UNION) PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> SELECT ?name ?mbox WHERE { { ?person foaf:name ?name; foaf:mbox ?mbox . } UNION { ?person foaf:name ?name; foaf:mbox_sha1sum ?mbox . } }
  37. 37. FILTER: regex PREFIX foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf- schema#> SELECT DISTINCT ?name ?email FROM <http://fumi.me/foaf.rdf> WHERE { ?person foaf:name ?name; foaf:mbox ?email . FILTER regex(str(?email), "w3.org”, “i”) }
  38. 38. まとめ • Linked Open Data (LOD)とは – “データのWeb”、つながるデータ – データの再利用性を高める • LODの技術 – RDF,RDFS,OWL – SPQARL • LODをどう使うか – マッシュアップアプリケーション • データを使い回す – データマネージメント

×